嫌 な こと ばかり 考える。 嫌なことから逃げる逃げ癖の性格の原因!治す方法はある?

過去の嫌なことを思い出すのはうつ?病気?【原因とつらい記憶への対処法】

嫌 な こと ばかり 考える

毎日、昔のことを思い出し嫌な気分になります。 具体的には中学、高校時代のイジメについてです。 殴られたりというようなものではなく、聞こえるように悪口を言うとか、 話しかけても無視をするといったものでした。 中高一貫の私立だったので、中学の目立つグループになぜか嫌われた私は六年間いじめられました。 高校進学の際、外部受験も考えましたが、どうしても親にいじめられてることを言えず(親が非常に厳しく、気軽に思っていることを言える様な関係ではなく、母親からは躾とは片付けられないような暴力もうけていました) 親や教師からそのまま私立校へ進学するように勧められ断れませんでした。 大学へ進学し就職で地元を離れ、二十代前半まではそんなイジメのことを忘れ(もしくは思い出さず)生きることが出来ましたが、 二十代中ごろ病気のため(精神的なものではなく、肉体的な病気です) 休職してから思い出し嫌な気分になることが増えました。 高校を卒業して10年ほど経っているのに、今では毎日ほぼ起きている間中、虐められていた現場に今いるような気分になってしまいます。 一人でいるときだけではなく、友人と遊んでいる時、婚約者と出かけている時などもです。 目の前にある事柄に集中できれば忘れられるのかと考え、読書をしてみたり、楽器をひいてみたりしてみましたが駄目でした。 こんな状況では生きているのが辛いです。 未来の楽しい事を考えてみても、昔の嫌なことが強烈すぎて、人に馬鹿にされている笑われていると思ってしまい辛いです。 いじめられた経験がある方、辛い思い出がある方、どのようにしてその気持ちを忘れましたか。 また、生きているのが辛いと考えてしまう気持ちはどう乗り越えればいいのでしょうか。 死ねば嫌な思い出で悩むこともないと考えてしまいがちです。 ユーザーID: 6457379123 なぜか意味も分からず、クラス中の女子に無視され、男子にも・・。 (多分女子リーダーが牛耳っていたから・・) 親は中学1年の秋に離婚し、必死に2人の子供を育てている状態。 学校でイジメられてるなんて口が裂けても言い出せません。 クラス担任に相談しても、全く対処してくれず、まるでイジメられている子がおかしいといわんばかり。 悔しくてたまりませんでした。 先生も当てにならない。 味方は誰もいない。 でも心の中で「イジメに負けたら終わり」って思ってました。 「別にこいつらに好かれなくてもいいや。 」 そんな感じで思って過ごしていきましたけど、同じクラスの女子が、校内掃除のときのちょっとしたキッカケで仲良しになれました。 「声かけたかったけどかけれなかった」とそんな感じで言ってくれました。 今は付き合いなくなってる状態ですけど、私の中では彼女の存在で救われたかもって感じ。 イジメられたことは忘れてませんよ、やっぱつらかったし。 でもそれはもう終わったことと思うしかないです。 人間、辛いことばっかりじゃないはずだから。 どっかで最低でもプラマイゼロになってるものだと思ってますよ。 ユーザーID: 9336889808• 辛かったですね 辛い思いをされましたね。 今までよく耐え忍んでこられましたね。 辛い時期を乗り越えて友人や恋人もいらっしゃるのですから、あなたはきっと人の痛みのわかる優しい人になられている事と思います。 そんなあなたが過去を思いだし、再び辛い思いをされる事はありませんよ。 元気を出して下さい。 美味しいものを食べて楽しい未来を想像し、前を向いて下さい。 過去は過去です。 忘れる事なんて簡単な事ではないでしょうが、記憶のすみに置いておいて。 トピ主さんを悲しい目に合わせた人たちを見返すつもりで幸せになって欲しいです。 その人たちはいつか自分に子供が出来たら思い知らされる事になるかもしれません。 元気出してね。 ユーザーID: 3643212558• 今を楽しく 辛い目にあわれたのに、家が安らぎの場ではなかったのですね。 私も、学校でされたことなどを、家で話せませんでした。 そんな親から聞かされた言葉は「死んで戻ってきた人がいないから死んだ後どうなるかわからない」 死んで、本当に楽になるのでしょうか。 試すのもひとつだ、と思います。 私は、親のその言葉を聞き、死後について調べ、仏教に落ち着きました。 しかし、一番もうちょっと生きてみようか、と思うのは、 過去の事件を調べ、自分では考えられないような事件を起こしているのにも関わらず 生きようともがいている人たちです。 (綾瀬の事件の主犯4人組の一人が、また報道されていた件とか) あれだけやっても、まだ生きているんだなって… 自分も、生きてみようかなって思います。 全部、実験だと思ってます。 生きている価値があるのかなって自分じゃなくて他人で やったんですよね。 でも、実感できなかったのかな。 今は誰もいじめてないし、いじめられてないし私は幸せです。 ここだけの話、実験したいことを全て試してからでも、死ぬのは遅くないと思います。 復讐でもいいと思いますよ。 ユーザーID: 9770518029• 嫌な事を こんにちは。 貴女はかなり過去の悪い思い出に悩ませれているみたいですね。 「生きてるのが辛い」など考えてはいけません。 過去は過去、今は今。 考え方を少し変えて、今の人生の中のいいとこに集中したらいいのでは? トピ主さんは、信頼できるお医者さんはいますか? その先生(内科や心療内科が望ましい)に相談してみるのをお勧めします。 これから良い思いでを作っていくには、まず悪い思い出への執着心をなくすことです。 現在のうつ状態をなくすには、良い先生と相談して害はありません。 命は尊いものです。 冗談でも「死んだ方がマシ」なんておもってはいけません。 病気や事故で死んでしまう人々に申し訳ないですよ。 ユーザーID: 6588239779• 私もです 私も小学生時代に下級生男子からある一時期必要に暴力を振るわれていました。 親に虐められている事がばれるのが怖くて最初だまっていましたが、思い切って親に言ったら親が激怒して学校に連絡してくれたのでなくなりました。 父親は育児にはまったくの無関心。 中学時代はクラスメイとのとある男子がなぜか私にばかり意地悪をしてくるので怖くて不登校になりました。 両親が世間体を気にする人だったのでかなり学校にも家にも居場所がなくて辛かったです。 それと2コ上の兄の家庭内暴力も加わっています 高校は3流高校でそれはそれで自分の行きたい高校にいけなかったことが今でもコンプレックスです。 (まあ中学生の時に不登校していたので当たり前ですが) 県外の大学卒業してその大学の事務職として就職したのですが、同僚たちの執拗なイジメのターゲット・上司のパワハラの対象になり追い詰められて4年で退職。 今までの一連の事は私もトラウマでふとした瞬間に思い出しては涙目になります。 楽しい事をやっているときは思い出しませんが、どうしても暇な時は過去のことばかり思い出しています。 前向きになれる方法教えてください ユーザーID: 6739518489• 2度目の投稿です 40歳6ヶ月、2人の子供を持つ主婦です。 私にも思い出すと辛くなる記憶がたくさんあります。 親の離婚で母に引き取られ、母が再婚した養父がいます。 中3の10月に養父の転職で転校しました。 この時、母と養父は「卒業まであと5ヶ月だから」と制服を買ってくれず、担任から「落し物箱から拾って洗って着る様に」と言われました。 今でも忘れません、朝礼の後に階段の横にあった落し物箱から拾えと、仁王立ちする担任の横で朝礼から帰ってくる人たちの好奇の目の中で、着られそうな制服を探したことを。 担任は笑いながら「本当のことを指摘したらダメなんだぞ」と言いました。 これらのシーンは、もう何度も脳内再放送されていますが、それは決まって自分が弱っている時だとある時気が付きました。 忘れようとしても無駄なので、寧ろ忘れまいと思っています。 他者から受けたことに左右されない自分でいようと思う「支え」です。 乗り越えるべき「壁」ではなく、ちょっと錆びた扉です。 工夫すれば開くものだと思います。 ユーザーID: 2130337442• 中学校がひとつしか無い田舎で、中学高校といじめられ続けました。 実家が商売してたから、転校できるはずもなく、親にも言えませんでした。 死にたい…逃げたい… そんなんでしたよ。 30年経過しつつある今でも、忘れることはできません。 結婚に失敗したり、仕事で嫌なことあったりした時は、苦しくもなるんです。 でもね、それでも生きてますよ。 死ぬ勇気が無いだけかもしれないけれど、普通に働いて、たまに美味しいもの食べて、好きな本読んで、知らず知らずのうちに誰かに影響されてたり、影響を与えたりしてて、そんなこと知ると、面白く思えたりして。 何言いたいか、うまく伝えられないけど、死ぬことを考えてもいいけど、本当に死んだらつまらないだろうし。 生きているといろんな経験できて、それがまた違う自分の発見にもなるし。 肩の力抜いて、リラックスしてみない? ユーザーID: 1869249421.

次の

嫌なことから逃げる逃げ癖の性格の原因!治す方法はある?

嫌 な こと ばかり 考える

「第1章 不安と感情について」 「No. 22 悪い事ばかり想像するようになったら、することはこれ」 行動をベースに考える 想像の力は強力である。 アラン先生「幸福論」より引用 悪いことを考えちゃう• 大きな仕事をまかされたとき• 大きな夢があるとき• 告白するとき• 受験や試験のとき• 合格発表のとき っていろいろと「悪いこと」を考えてしまいますよね。 失敗したらどうしよう? うまくいかなかったらどうしよう? 相手に拒絶されたらどうしよう? 落ちてたらどうしよう? もう、こんな感じです。 あいたた~! 頭痛してきたやんか。 寝ても覚めても考えて悩んじゃうのです。 それば~っかりがアタマの中を陣取って、エライことになります。 想像力が 悪く働くと、めっさ厄介やねん! 想像力に押しつぶされるから 次に、想像力を働かせすぎると、ついつい想像力に自分が押しつぶされてしまうからです。 たとえば、• 事態の深刻さ、重大さ• 人間の弱さ を必要以上に大きく想像してしまうと、負担が大きくなって、萎縮して身動きがとれなくなります。 あか~ん。 重すぎてつぶされとる~。 ヘタすると 「自分の可能性」にまで、想像力がフタをして、押し潰してしまいます。 想像力によって洗脳されるから また、想像力によって、自分が洗脳されるおそれがあるからです。 想像の世界にどっぷりつかると、本当に「その通り」になってしまうことがあるのです。 ようは、自己暗示に かかっちゃうねん。 よくあるのが「 恐ろしいこと」を想像しちゃうことです。 うひょ~怖すぎる! と、「恐ろしいこと」をどんどん想像してしまうと、気づいたときには手遅れです。 立派な「へなちょこ野郎」になってます。 あっ、あかん、あかんのや。 腰が立たんのや。 暗いとこ怖いねん。 となるねん。 じゃあ、どうすればいいのかな? 想像は、断固やめるべし! 言いたいことはです! 「悪いこと」を想像することは、断固やめるべしなのです。 ほんまに、やめたほうがいいです。 ここは 力説しときます。 もちろん、 「楽しいこと」を想像するのはOKです。 むしろ、どんどんやって欲しいくらいです。 でも、「悪いこと」を想像することは、どうしてもネガティブな方向に働くので絶対にダメなのです。 「百害あって一利なし」です。 やったらあきません。 行動する! そして、「悪いこと」を想像するよりも、行動します。 具体的には、どうするのかな? 問題の重大さや人間の弱さを想像しない まず、• 直面している「問題の重大さ」や• 自分の「人間の弱さ」 ばかりに焦点を合わして、想像しないことです。 これらを想像すると、どんどん緊張して追い込まれるからです。 わっ、わっ、わわわ。 さらに不安も倍増します。 緊張して不安だらけの状況は、なにごともうまくいきません。 実力を発揮できないし、失敗ばかりを重ねることになります。 すべてを行動に置き換える なので、ここは「 想像」をすべて「行動」に置き換えてみます。 たとえば、過剰に緊張するときはこんな対応!• 心臓がドキドキするときは、深呼吸してみる• 顔が引きつるときは、顔のストレッチしてみる• 足がガクガクするときは、踊ってみる、歩いてみる というように、あらかじめ 自分がリラックスできる「ルーティン」を作って、行動します。 頭で想像するばかりではなくて、実際に身体を使って行動してみることは大事なのです。 他に、こんな場合も考えてみたよ! たとえば、大きなイベントのとき たとえば、大きなイベントがあるです。 失敗したらどうしようと「悪いこと」をついつい想像しちゃいます。 こんなときは、 イベント当日から逆算して、準備終了日を設定してみます。 一番賢いと思うねん。 そうすると、準備することや注意することが山積みになって見えてきます。 やるべきことが山積みになって ど~んと目の前に現れてきます。 こうなると、想像もへったくれもないです。 もう行動するしかなくなります。 行動するべきことがハッキリと分かると「悪いこと」を想像する暇がなくなります。 めっさ、慌てるわ~! と、なるよね。 忙しくなれば、当然余計なことを考える暇がなくなります。 自分にとって有害でしかない 「悪いこと」を想像する思考パターンを自然とシャッターアウトできます。 もし仮に、不安なことが脳みそに浮かんできても大丈夫です。 忙しいときは、 とにかく必死で何とかしようとするので、必要以上に恐怖を覚えないからです。 こんなときは、不安が生じたら、そのまま「リスク対策」として利用すればいいです。 一石二鳥です。 ネガティブとは?ポジティブとは? ネガティブは、消極的、後ろ向きという意味で使っています。 ポジティブとは、積極的に、前向きという意味で使っています。 たとえば、大きな夢のとき たとえば、大きな夢があるときも同じです。 あれこれ「悪いこと」を想像して悩まないことです。 悩むとロクなことないです。 迷いが出てくるねん。 ここは、想像するよりも、 挑戦あるのみ! です。 「 やったるで~!」と、実際に行動を起こして果敢に挑戦してください。 こんな崖くらい、なんやねん。 登ってやるで! と、思っちゃう! 行動を起せば、当然、新たな課題がどんどん出てきます。 新たな課題が出るたびに、試行錯誤しながら、どんどん突き進んでいくと、• 自分の足を引っ張る• 自分の夢の可能性にフタをする といった、「悪いこと」を想像する思考パターンも、試行錯誤のプロセスで排除されていきます。 ダメもととは? 「ダメでもともと」という言葉の略語です。 同じダメなら、何もしないよりは、したほうがいいという意味です。 うまくいかないかも? と、「悪いこと」をあれこれ想像するからよけいに緊張して、腰が引けるのです。 とは言ってもです。 告白は「人生の大事なイベント」です。 もちろん相手の反応も大事ですが、 ここは、自分にとってできるだけ「 思い出深いものにしてやる!」というスタンスで行動するのがいいです。 キツイ言い方ですが、 たとえ失恋しても、 告白したその瞬間に「自分が充実」できていたら、大正解だと思うのです。 何十年先に、自分の人生を振り返ってみたときに、自分の淡い「告白タイム」を必ず笑えるときがきます。 これは、ハッキリしたことやねん。 だからこそ、ここは「 笑ってなんぼや!」の気持ちで臨むのが一番なのです。 自分のドキドキ告白も 笑える時がくるねんでぇ! こんなワクワクする思い出を作れるチャンスを、 みすみす「悪いこと」を想像することで、浸食されないようにするのが大切になります。 ほんまに、あほらしいから。 ワクワクすることをベースに行動すると「悪いこと」を想像する自分もどこかへ消えます。 たとえば、受験や試験のとき たとえば、受験や試験のときです。 この場合はちょっと特殊です。 「いいこと」を想像しているつもりが、いつの間にか「悪いこと」を想像していることに 変化していることがあるからです。 まずは本番の試験まで時間がある場合は、「 絶対合格だ」と思い込むことを やめてみるのがいいです。

次の

嫌なことを考えない、今すぐ「クリアな思考」に変える方法

嫌 な こと ばかり 考える

記事の目次• 嫌なことが続く時 あの時の経験は必要なものだと思えるのは、 嫌な出来事に大きな秘密が隠されてました。 まるで何かの力が働いてるかのように続く… 仕事では注意しててもミスを繰り返したり、 うっかり忘れ物や友達の約束が急にキャンセル・・・ 恋人とケンカしたり、急用ができてしまったり・・・ 嫌なことが続くときってホントうんざりしますね。 まるで見えない何かに動かされてるような・・・ 自分の人生をコントロールできなくて、 誰かに操られてるとさえ感じたりしませんか? 嫌なことが続く時の原因とは何なのでしょう。 必ず内面的な部分での原因があります。 そして内面の心理的な原因を解明し、 その上で乗り越える為の方法をお伝えします。 目の前で起こる出来事を 違う視点で見れるようになり、 落ち着いて物事を対処できるようになるでしょう。 そもそも嫌なこととは何なのか? あなたにとって嫌なことって何ですか? それは勿論嫌に感じる出来事ですよね。 それさえなければ嫌に感じない訳です。 だけどもっと踏み込んで考えてみた時、 嫌に感じる感情が嫌だから・・・ ということが言えるんですね。 「どういうこと?」って思いましたか? 確かに目の前に起こる出来事が原因で、 自分が嫌に感じてしまうと思います。 だけど自分と出来事を切り離して考えた時、 確かにきっかけは出来事ではあるんですが、 感情そのものは自分の中から出てる訳です。 原因は自分!だけど悪い訳じゃない 自分の中から出てくる感情なので、 たとえきっかけが外側が原因だったとしても、 結局のところ自分が選んだ感情となります。 例えばAさんとBさんが同じりんごを見て、 Aさんは小さくてBさんは大きく感じるなど、 人によって感じ方が違うの分かりますよね? もしかすると他の人が同じ状況だと、 全く嫌とは感じないかもしれないんですね。 けど嫌と感じるあなたが悪い訳じゃないんです。 だって自然にそう感じたからではありませんか? つまり脳にプログラミングされてるんですね。 Aという出来事に対してBという感情みたいに、 過去の経験を元に脳にプロブラムされてるんです。 脳のプログラムを書き換えること ということで結論を言うと、 嫌なことは脳のプログラムを書き換えることで、 自分の感じ方を変えることが出来る訳です。 「そうか、分かった!解決だ!」 だからと言ってそうはならないですよね! 理屈としては書き換えればOKではあるんですが、 まあ現実はそんな簡単な話ではないですよね。 ここまでの話としては、 そもそも嫌に感じる嫌なこととは何なのか? ということでその心理を語らせて頂きました。 というのもここからの内容を理解する上で、 予め知っておいてほしい前提だったんですね。 なぜか嫌なことが続いてしまう原因 嫌なことって不思議と続きませんか? 僕達は嫌なことが続いてしまうと、 嫌なことばかりを連想してしまいます。 「またかよ・・・」 「次は何が起こるんだろう?」 「何が原因なんだろう?」 嫌なことがグルグルと頭の中を回りませんか? そこでポジティブに考えるなんて難しいですね。 そうなると嫌なことを繰り返してしまうんですね。 嫌なことばかりイメージしてしまうからです。 嫌なことが続くのとイメージの関係 人ってイメージしたことしか実現できません。 スポーツは練習を繰り返して技術が身に付きますが、 それはイメージして練習したからこそ出来る訳です。 なので全てのことはまずイメージから入るのです。 更に人は良いことより悪いことを信じやすいです。 なぜなら痛みと感じることの方が避けたいからです。 例えば以下の質問をすると分かりやすいです。 痛みを避けることを意識し過ぎてしまう• 意識したことが実現してしまう 嫌なことが続く原因は、このような心理があります。 意識し過ぎれば無意識レベルにまで落とし込まれ、 不思議と嫌なことが続いてしまうという訳です。 つまり無意識に引き寄せられてしまうわけです。 山の時期と谷の時期を乗り越える方法 けどこうした心理を理解したとしても、 嫌なことが続く時はどうしようもないですね。 上手く自分をコントロールできれば苦労はしません。 だけど原因が分かれば対処の仕方も見えてきます。 予め訪れるものだと想定して準備しておく 僕は今、ネットビジネスで独立してます。 独立して生計を立てるという生き方になると、 様々な状況をリアルに受けることになります。 バブル景気のように良いことが続くこともあれば、 当然、その逆に嫌なことが続く時だってあります。 そこで分かったことが1つありました。 それは先のことを想定して常に考えること。 スポンサーリンク 良いことが起こる山の時期では、 つい浮かれて欲しい物を買ってしまいそうになります。 そこで嫌なことという谷の時期が訪れることを想定し、 訪れた時の為に段取りを考えて行動することです。 そうすれば谷の時期が訪れた時は、 腰を据えて状況を静観することだって出来る訳です。 目に見えることばかりに意識が向いてしまうと、 状況に振り回されて人生が苦しくなってしまいます。 それに嫌なことが続く時というのは、 まさしく谷の時期が訪れているんだと解釈し、 山の時期が訪れるまでジッと耐える気持ちも大切です。 そもそも良かろうが悪かろうがずっとは続きません。 だけど谷の時期が訪れることって、 誰だって頭では分かっていることだと思います。 けどもしもの時に備えて準備をしておいて、 それが役に立ったって経験はありませんか? 最初はそんな簡単な意識でいいと思います。 嫌なことが続く状況での意識すべきこと 今度は嫌なことが続く時の特効薬をお伝えします。 これは僕も今でも実践している効果的な方法です。 とは言っても何も特別なことではなく、 その中でも良い部分はどこなのか? という視点を変える方法です。 「それだけ?」て思われたかもしれませんが、 視点を意識して変えることは人生を変えるくらい、 かなり重要なことだったりするんですね。 視点を変えることで自分を見失わなくなる 例えば僕は趣味でスノーボードをしてますが、 スノーボードってゲレンデのコンディションが変わるし、 キッカーというジャンプ台だって雪で作ったものなので、 ディガーが作り直して形状が変わったりもします。 そうなると今までは出来ていたことが、 全く出来なくなって混乱することがありました。 そして下手になったと勘違いしてしまうんですね。 実際は状況や形状の変化に身体が対応してないだけで、 練習を繰り返していけば同じように出来る訳です。 それどころか以前よりもいろんな状況に対応でき、 以前よりも遥かに安定した完成度の高い技になります。 そんな時に大切になるのが視点を変えることです。 これがシンプルかつ効果的な乗り越え方です。 僕達は嫌なことが続く時って、 どうしても嫌なことばかりを考えてしまいがちです。 その中でも必ず良い部分があったりもするんです。 それが難しければまだマシなことを考えればいいのです。 例えば過去の最悪の時期だった時のこととかです。 僕は2008年の11月頃に絶望を味わいました。 職を失って、借金も300万近くあり、貯金もなく、 財布にもわずか数百円で、家族からはあしらわれ、 頼れる友人も1人もいないということに気付き、 「俺って本当に孤独だったんだな・・・」 本当に心の底から絶望を味わいました。 あの頃と比べるとそれ以外の出来事なんて些細なもので、 けど、あの経験があったから今の自分になれたわけです。 あの経験があったから今の自分があるという感じです。 このように過去の自分と比較してみるのも効果的です。 それに以下の記事にも書いてるんですが、 人は見たいものしか見えないという心理があります。 視点を変えることは欠点を強みに変えられるんです。 詳しく知りたい方はぜひご覧になって下さい。 最近で嫌なことが続いた最も重かったこと ここからは少し雰囲気を変えて、 最近の出来事を話していきたいと思います。 僕は2018年9月にある教材を買いました。 そこでネットビジネスのコンサルに200万払い、 その後まんまと騙されてしまったんですね。 また2018年から2019年の時でしたが、 1年契約で140万のコーチングを受けたんです。 すると丁度1年後に収入が1/10になってしまい、 その後二桁赤字の大変な時期を過ごしました。 それから2018年4月頃から、 40万のFX高額塾で1年間勉強してました。 そして1年半後には証券口座に入れた30万が、 きれいさっぱり溶かしてしまったんですね。 塾費用やその他合わせて80万です。 これらが1年半の間に全て降り掛かりました。 大金を奪われ収入は激減、学んだことは実らず、 もう途方に暮れて何を信じたらいいか分からず、 世の中の全てのことが歪んで見えてましたね。 けど今はどうなったのかと言うと、 今まで積み重ねてきたビジネスが少しずつ戻り、 そこで自分の出来る限りの施策をやってきた結果、 何とかこれまでの生活を取り戻せてるんですね。 結局長い目で見ると何とかなるもんなんです。 今ではあの時の辛い経験をしたからこそ、 複数の事業をやったりリスク分散をしたり、 お金を貯める守る稼ぐ増やす使う知識を養い、 以前よりも地に足が付いてる感じがあります。 細かく話すと本一冊分になってしまうので、 ここでは端折って簡単に話してますが、 辛いことって辛いことばかりじゃなくて、 もっと別の意味もあるんだと気付きました。 当事者の立場としては辛いばかりですが、 今の自分から当時を振り返ってみると、 必要な経験だったように感じてます。 あの頃があったから今の自分がある 嫌なことが続く時って、 嫌なことばかりが頭の中をグルグル回ります。 そして嫌な気持ちでずっと過ごしてしまいます。 けどそんな自分をどうか責めないでほしいのです。 嫌なことを考えやすいのは人間の心理だからです。 ただ、嫌なことが続く時というのは、 実際の目の前で起こっている状況であれ、 気持ちの中で起こっていることであれ、 次のステージへと上がる移行期に差し掛かってる。 という風に僕自身は感じざるを得ないのです。 実際に こうした時期を通して成長してきたからです。 それに 問題があるからこそ解決しようとするものです。 問題を感じなければ解決する必要なんてありません。 あなたはどんな自分へとなっていきたいですか? もし今の状況から成長できるとしたら、 どんな自分へと変わっていけそうでしょうか。 そんなことも考えてみると良いかもしれませんね。

次の