こんにちは と こんにちわ。 こんにちは 下松店

表現が丁寧でも相手を怒らせる文例

こんにちは と こんにちわ

次はつい先日ご回答申し上げたものです。 御参考になれば幸いです。 旧仮名遣い(歴史的仮名遣い)とは、平安時代の標準語(京言葉) をもとに、それを仮名で表したものです。 その当時は「い・え」と「ゐ・ゑ」、「じ・ず」と「ぢ・づ」、「お」と「を」など は、違った音として発音されていました。 また、「川」は「かは」、「家」は 「いへ」と書き、実際の音も「wa・e」よりは「ha・he」に近い音で発音して いました。 しかし、発音は時代とともに変化していきます。 早くも平安時代末期には「川」は「かわ」、「家」は「いえ」と発音する ようになりました。 (この現象をハ行転呼音といいます。 ) また、「お」と「を」が統合されたのも平安末期ごろとされています。 「い」と「ゐ」、「え」と「ゑ」が統合されて一つの音になったのは鎌倉 時代の末期とされています。 (次のURLによると、異説もあるようです。 ) 「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」は室町時代まで違った音に発音されてきましたが、 江戸時代初期以降、同じ音として発音されるようになりました。 もっとも 地方差があって、西日本ではその後も長く区別して発音され、高知県など では最近まで(いわゆる方言の形で)区別されてきたといいます。 ところが、仮名遣いは、平安時代に決められたままでした。 つまり、長い間、 発音とそれを表す仮名文字との間に齟齬があったわけです。 明治以降、それでは不便だということで、仮名遣いの体系を改めようという 動きが出てきました(よく、第二次大戦後アメリカの指示で一気に国語改革 がなされたといわれますが、それは誤りです。 国語改革の動きは明治時代 からずっと続いていたのです。 ただ、下記のように敗戦が一つの契機になった こと、アメリカから指示があったことは事実です)。 その動きはなかなか実践されませんでしたが、戦後になって、一気呵成に 実現に移されました。 その一つが現代仮名遣いの採用です。 現代仮名遣いでは、発音通りに仮名を書くというのが大原則です。 例A 縮む(ちぢむ) 続く(つづく) 例B 三日月(みかづき) 近付く(ちかづく) ここからが本題です。 >「こんにちわ」と書いたら、間違いになるのでしょうか? 現在は内閣告示・訓令「現代仮名遣い」が規範とされているので、「こんにちわ」は 今のところ間違いです。 「こんにちは」は、「今日は、~」という形の省略形です。 つまりこの「は」 は助詞の「は」なのです。 よって、現在のところ、「こんにちは」と書くのが正しい、 ということになります。 ) >「ず」や「づ」 の使い方は 旧仮名遣いと現代仮名遣いの違いで どちらを使っても間違いにはならないみたいですが そんなことはありません。 「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」は、上記のように使うべき基準が 決められており、「どちらを使っても間違いにはならない」などということはありません。 世の中には、現代仮名遣いそのものに反対し、旧仮名を復活させたい(実際に旧仮名 を使う)人もいます。 しかし、そういう立場の人も、「どちらを使っても」よいとはいわない でしょう。 なお、現代仮名遣いについては上記の内容も含めて下記URL(文化庁HP 内の 「現代仮名遣い」(昭和61年 内閣告示・訓令)をご覧ください。 その観点から説明された方の御回答(下記URL があるので、そちらもご覧ください。 ポイントは、「こんにちは」の「は」を助詞ととるか、「こんにちわ」の全体で挨拶言葉と なっているととるか、ということです。 前者の立場に立てば「は」、後者の立場に立てば「わ」 がふさわしいということになります。 今のところ前者が規範とされているが、いずれ、後者 の説が主流となる可能性も十分ある、といえます。 の「『現代かなづかい』との主な相違点」の記事は、恥ずかしながらついさきほど私が 書いたものです。 こちらもご覧ください。

次の

「こんにちは」と「こんにちわ」の違いとは?正しいのはどっち?

こんにちは と こんにちわ

[2010. 20]• [2010. 30]• [2010. 16]• [2010. 25]• [2010. 27]• [2010. 28]• [2010. 16]• [2010. 04]• [2010. 01]• [2010. 10]• [2010. 18]• [2010. 13]• [2010. [2010. [2009. 16]• [2009. 29]• [2009. 26]• [2009. 20]• [2009. 20]• [2009. 13]• [2009. [2009. 30]• [2009. 25]• [2009. [2009. 14]• [2009. 13]• [2009. [2009. [2009. 29]• [2009. 28]• [2009. 16]• [2009. [2009. 15]• [2009. [2009. [2009. 14]• [2009. [2009. 22]• [2009. 17]• [2009. 17]• [2009. [2009. 17]• [2009. 11]• [2009. 11]• [2009. [2009. [2009. 27]• [2009. 24]• [2009. 16]• [2009. 10]• [2009. 10].

次の

「こんにちは」と「こんにちわ」の違いは何?

こんにちは と こんにちわ

もくじ• 「こんにちは」と「こんにちわ」どちらが正しいの? 「こんにち は」と「こんにち わ」、インターネット上ではどちらもよく見かけます。 普段、何気なく使っている挨拶言葉ですが、意識して考えてみると、どちらが正しいのか自信が無くなりませんか? 「こんにちは」が正しい じつは、 「こんにちは」が正解です。 「こんにちわ」は間違いですから、使わないように注意しましょう。 昭和61年7月1日に内閣府から告示された「現代仮名遣い(内閣告示第1号)」でも、「こんにちは」が正しい使い方ですよ!と示されています。 また、広辞苑や国語辞典といった辞書にも「こんにちわ」の表記はありません。 載っているとしても、誤用としての表記だけです。 「こんにちは」が正しい理由 では、なぜ「こんにち わ」ではなく、「こんにち は」になったのでしょうか? その理由を 語源から見てみたいと思います。 昔の日本人は、次のような挨拶をしていました。 そして、「今日」と言う漢字は「きょう」とも読めてしまうため、「こんにち」とひらがなで表記するようになり、今の「こんにちは」になったのです。 つまり、「こんにちは」は次の3つの過程で変わってきたのです。 1.「今日(こんにち)はご機嫌いかがですか?」 2.「今日(こんにち)は」・・・後半が省略された 3.「こんにちは」・・・読みやすいようにひらがなに変わった スポンサーリンク なぜ「こんにちわ」と間違えるの? では、どうして「こんにち わ」という間違いが生まれたのでしょうか。 諸説ありますが、今回はその理由を3つ紹介します。 昔は「こんばんわ」が正しかったから 昔は「こんばんわ」でも遣い方として正しかったことから、勘違いして「こんにちわ」を遣うようになった人がいる、というのが1つ目の理由です。 「は」と「わ」、どちらを使うのかは、内閣府によって告示される「現代仮名遣い」で決められています。 じつは、この歴史に1つ目の原因があるのです。 昭和21年に告示された現代仮名遣い 昭和21年11月16日に公示された「現代仮名遣い(内閣告示第33号)」により、内閣府から 発音通りのかな遣いが推奨されました。 この時、 「こんにちは」と「こんばんわ」が、両方とも正しい言葉遣いとして使われるようになりました。 昼の挨拶は「は」であり、夜の挨拶は「わ」なんですね。 「こんにちは」が「こんにちわ」と間違って使われるようになったのも、この頃からと言われています。 「は」と「わ」を昼と夜で使い分けるのが難しかったようですね。 昭和61年に告示された現代仮名遣い このような混乱を経て、昭和61年7月1日に告示された「現代仮名遣い(内閣告示第1号)」によって、「こんにちは」「こんばんは」が正しい使い方ですよ!と内閣府から示されました。 これにより、 「こんにちは」「こんばんは」は共に「は」を遣うことで統一されたのです。 このように時代が変わると共に、現代仮名遣いの「は」と「わ」の使い分けが変わったことが、「こんにちわ」を生む1つの理由として考えられます。 日本は「和(わ)」の国だから 日本は昔から「和(わ)」を重んじる国民性があり、 「は」という文字よりも「わ」という文字に親しみがあるから、というのが2つ目の理由です。 昔、歴史で習った魏志倭人伝にも、日本は倭(わ)の国として登場します。 日本を「大和(やまと)」と書きます。 日本風のことを「和風(わふう)」と言います。 このように、日本人は昔から「わ」という言葉に親しみを感じているから、間違って「こんにちわ」と無意識に遣ってしまうのかもしれません。 声に出すと「わ」だから 「こんにちは」を音声にすれば、「コンニチワ」だからというのが3つ目の理由です。 確かに、「コンニチハ」と言う人はいませんよね。 シンプルですが、これが理由で間違っている人は多いのではないでしょうか? その他の言葉 挨拶には「こんにちは」だけではなく、その他の言葉もきちんと意味があります。 ただの社交辞令ではなく、 挨拶の言葉の意味を知って、正しく挨拶をするようにしましょう。 おはよう(お早う) 「おはよう」は朝の挨拶ですね。 この言葉は昔、次のように使われていました。 さようなら(然様なら) 「さようなら」は別れの挨拶です。 この言葉は昔、次のように遣われていました。 「然様ならば」は「そうであるなら」という意味になります。 しかし、 これも後半部分の、もともとの別れの言葉は省略され、前半部分の言葉「さようなら」だけが別れの意味を持って残ったのです。 たまに「左様(さよう)ならば」という表記を見かけますが、正確には「然様」です。 すみません(済みません) 「すみません」は、感謝する時と謝罪する時、両方遣います。 この言葉は、感謝の意味では「たいしたお礼もできずに、自分の気持ちがこれでは 済みません」というように遣われています。 逆に、謝罪の意味では「大変申し訳なくて、自分の気持ちがこれぐらいでは 済みません」というように遣われています。 「すみません」とは自分の気持ちが「済まない」という意味なんですね。 まとめ 今回は普段、何げなく遣っている「こんにちは」という挨拶の正しい使い方を紹介しました。 正しくは「こんにちは」であり、「こんにちわ」は間違いです。 この「こんにちは」は次のように、時代とともに形を変えてきました。

次の