マルエツ キャッシュ レス。 「マルエツカード」入会キャンペーン・申込方法・ときめきポイント還元率は?電子マネーWAON一体型・毎週日曜日5%OFF特典 イオンカード提携

【増税対策】キャッシュレス・消費者還元事業とは? どこが対象でどんな仕組み?|まるわかりキャッシュレス

マルエツ キャッシュ レス

キャッシュレスを推進しよう!と日本でも政府主導で普及に力を入れつつある。 しかし、各企業が独自に決済サービスを展開していて、キャッシュレスで決済しようにも選択肢が多すぎて考えることが面倒になってしまうだろう。 現金よりキャッシュレス決済を利用した方がはるかにお得なので、種類を整理して手軽に使える方法を選んでみよう! 選ぶべきキャッシュレス キャッシュレス決済手段が多いので選ぶことが面倒ならば、最低限次の手段を選んでおけば良い。 QRコード決済1つ• 電子マネー交通系1つ• クレジットカード1枚 QRコード決済は、PayPay 電子マネーは、交通系のSuica クレジットカードは、楽天カード 最低限この3つがあればキャッシュレスに対応できる。 電子マネー 電子マネーにはおおまかに分類すると、交通系と流通系に分けることができる。 交通系の主なものは、Suica・ICOCAなど• 流通系の主なものは、WAON・nanacoなど• その他、Edy(エディ)など 使用するとポイントを貯めることができる電子マネーもある。 交通系電子マネーは、流通店舗で使えるところが増えてきている。 しかし流通系電子マネーで電車に乗ることは出来ないことから、キャッシュレス生活を始めるなら「交通系電子マネー」をおすすめする。 デビットカード デビットカードは銀行預金を連動しており、支払いに使うと即預金口座から引き落としされる。 そのためにクレジットカードと比べて使いすぎる心配が軽減される。 デビットカードが登場してかなりの年数が過ぎているが広く普及しているとは言い難い。 クレジットカード Amazonなどのインターネットを使った商品購入ではあると便利なクレジットカード。 高額な決済にも利用できることがメリット。 利用に応じてポイントが貯まるため1つのカードを集中して使うと効率がよい。 カード情報が流出することによる不正利用が多く発生している安全面や使い過ぎの不安からクレジットカードを利用しない人も多い。 信用情報の関係で持つことができない場合もある。 QRコード決済 QRコード決済は中国で爆発的に普及した決済方法で、中国で誕生したAlipayやWeChat Payが普及している。 日本では中国人観光客向けにQRコード決済を導入せざるを得ない事情から徐々に広がりつつある。 日本で誕生したQRコード決済は、楽天ペイ・LINE Pay(ラインペイ)・Origami Pay(オリガミペイ)など。 QRコード決済を使うにはスマートフォンが必須となるが、日本ではすでにスマホ決済はApple Pay(アップルペイ)やおサイフケータイが普及しているため、それを上回るメリットが無いと爆発的に普及しないのでは?と考える。 仮想通貨決済 様々な仮想通貨がある中で決済に使えそうなものは「ビットコイン」の決済だ。 現時点では仮想通貨が本来の通貨としてではなく投機対象となっていることから価格変動が激しく、決済手段として主流になってゆくにはまだまだ課題が多いと考える。 キャッシュレス化が進まない理由 キャッシュレス化のメリットを薄々頭ではわかっていてもなかなか利用しない理由は、先に述べたようにサービスの共通化が進んでおらず個々の企業が独自にサービス展開するため、利用者の選択する面倒さがひとつ。 もう一つの理由は、店舗側のキャッシュレスサービス導入費用の高さから特に小規模店舗での対応が進まないことです。 キャッシュレス化を進めるとお得だと皆がわかるようなきっかけがあれば一気に進むのだろう。 まとめ 先に記載したとおり、現時点でキャッシュレス生活を始めるなら「交通系電子マネー」をおすすめする。 いろいろなキャッシュレス方法に手を出すと利用履歴の把握や資金が分散したり何かと管理が大変になる。 将来は種類が集約されて主流となる決済方法を見極めてゆくことが必要となるが、個人的予測では、今後はQRコード決済が主流になるのではと考える。 スマートフォンなどのモバイル端末をみんなが所有することになるし、クレジットカードや交通系電子マネーのような物理的なカードも発行コストを削減するためにスマホに集約されるかもしれない。 さらに先を考えると画像解析や生体認証で個人を特定して決済するような仕組みが出現するかもしれない。 そうなるとスマホすら要らなくなる。 きっとそんな将来が待ち受けていることに私はとてもワクワクしている。

次の

カード一覧|イオンカード 暮らしのマネーサイト

マルエツ キャッシュ レス

もくじ• コード決済(スマホ決済) マルエツ(マルエツプチ・リンコス含む。 以下同)で使えるコード決済は、以下の通りです。 マルエツプチ・リンコスでは、全店舗でPayPayに対応しています。 対応していないコード決済は、PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、d払い(コード決済)、メルペイ(コード決済)、au PAY(エーユーペイ)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、ネイバーペイなどです。 クレジットカード・電子マネーは使える? マルエツでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。 Visaのタッチ決済にも対応しています。 2019年9月1日からは、「マルエツカード」の発行が始まっています。 電子マネーは、WAONがほぼ全店舗で使えます。 一部の店舗では、交通系電子マネー、楽天Edyにも、対応しています。 nanaco、iD、QUICPayには対応していません。 セミセルフレジが導入されている店舗・レジレーンで交通系電子マネーを利用する場合は、レジスタッフに交通系電子マネーを使う旨を伝えて、レジで決済することになります。 セミセルフレジでの精算機では、現金・クレジットカード(タッチ決済対応)・WAONに対応しています。 そのほかの支払い方法は? マルエツでは、マルエツ商品券・カスミ商品券が使えます(お釣りは出ます)。 また、クレジットカード会社発行のギフトカード(商品券)も使えます(お釣りは出ません)。 ビール券、おこめ券、たまご券なども使えます。 イオングループではありますが、イオン商品券は使えません。 共通ポイントカード マルエツでは、Tポイントカードに対応しています。 プラスチックカードのTポイントカードのみ対応です。 アプリ画面のバーコード(モバイルTカードなど)では使えません。 また、マルエツはイオングループではありますが、WAON POINTカードには対応してません。 2020年3月以降も毎週日曜日5%割引となる「マルエツカード」の申し込みをご検討ください。 毎週日曜日は「マルエツカード」でのクレジット払いで5%割引となります。 お酒等は割引対象外です。 深夜営業店舗では、24時を過ぎると、営業時間中でも割引対象外となりますのでご注意ください。 また、マルエツの親会社である、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U. Holdings)の株主になるともらえる株主優待券が使えます。 株主優待券は100円割引券で、税込1,000円ごとに1枚使えます。 ビールなどを含むお酒類の購入にも使えます。 たばこや金券類は対象外です。

次の

【増税対策】キャッシュレス・消費者還元事業とは? どこが対象でどんな仕組み?|まるわかりキャッシュレス

マルエツ キャッシュ レス

マルエツカード マルエツから、イオンカードとの提携によるクレジットカード「マルエツカード」が登場しました。 カード発行開始(登録申込受付開始)は、2019年9月1日から始まっています。 マルエツカードは、クレジットカード機能のほか、イオンの電子マネー「WAON(ワオン)」も使える一体型のカードとなっています。 マルエツ・マルエツ プチ・リンコス・魚悦(魚悦糀谷店を除く)では、「ときめきポイント」がいつでも2倍貯まります(基本は税込200円につき1ポイントのところ、税込200円につき2ポイント)。 イオン・ダイエーなどでの利用でも2倍となります。 毎週日曜日には、マルエツカードのクレジット払いで、5%OFFになる特典も用意されます。 マルエツ・マルエツ プチ・リンコス・魚悦(魚悦糀谷店を除く)の全298店舗が対象です。 マルエツ等では一部店舗で交通系電子マネーが使えますが、マルエツカードの登場に合わせて、魚悦糀谷店を除く全店舗でWAONが使えるようになりました。 WAONが全店で使えるようになったことで、キャッシュレスでの買い物がよりスムーズになることが期待されます。 なお、マルエツ等では、PayPay(ペイペイ)・LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、d払い、メルペイなどのコード払い(QRコード決済)にはまだ対応していません。 マルエツプチ・リンコスでは、全店舗でPayPayに対応。 もくじ• マルエツカードのスペック概要 「マルエツカード」の主なカードスペック(機能・サービス)は、以下のとおりです。 ・イオンカード提携クレジットカード ・電子マネー「WAON」一体型 ・入会金、年会費は無料 ・国際決済ブランドは、VISA、MasterCard、JCBから選択可能 ・マルエツ・マルエツ プチ・リンコス・魚悦(魚悦糀谷店を除く)で、毎週日曜日はクレジット払いで5%OFF(レジ精算時で割引)、「ときめきポイント」はいつでも2倍 ・たまった「ときめきポイント」は、「電子マネーWAONポイント」や「マルエツ商品券」に交換可能 ・電子マネー「WAON」利用で、「電子マネーWAONポイント」を税込200円につき1ポイント付与 ・ETCカード、家族カードを無料で発行可能 ・イオンiD(おサイフケータイ)、Apple Pay対応 ・イオンシネマ300円引き、毎月20日・30日の「お客様感謝デー」は5%OFF(イオン・マックスバリュなど。 マルエツは対象外)など、イオンカードの基本特典も利用可 マルエツカードへの申込登録(入会申込)は、ウェブサイトからが便利です。 マルエツなどの店頭でも募集されることがありますが、店頭で即時発行は基本的にはできません(後日郵送)。 WEB(スマホ・パソコンなど)からの申し込みのほうが気軽ですし、申し込み特典も多くもらえます。 すでにイオンカード各種をお持ちの方でも、追加でマルエツカードを申し込むことができます。 追加で申し込んでもカードの切替にはなりませんので、現在使っているイオンカード各種もそのまま使い続けることができます。 Tポイントカードも併用可能 マルエツ等では、Tポイントカードに対応しており、税抜200円につき1ポイント貯まります。 ときどき、Tポイント475ポイントで500円分の買い物券に交換できるキャンペーンが開催されることもあります(450ポイントで500円分の買い物券に交換できることもあります)。 「マルエツカード」で支払う場合でも、Tポイントカードが使えます。 Tポイントを貯めたり使ったりできます。 プラスチックカードのTカードのみ対応です。 なお、マルエツ等では、イオングループの店舗で使えるポイントカードの「WAON POINT カード」は使えません。 株主優待券との併用も可能 マルエツの親会社(持株会社)となるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)の株主になるともらえる株主優待券は、税込1,000円につき1枚(100円割引)使えます。 マルエツカードで支払う場合でも、この株主優待券を使うことができます。 毎週日曜日ならば、株主優待券の割引と、クレジット払いの5%OFF特典とが、併用可能となっています。 マルエツカードの入会キャンペーン ・500円分の優待券をプレゼント 期間:2019年9月1日~ 2019年12月31日 2020年3月1日現在継続実施中 「マルエツカード」を発行した方全員に、マルエツ・マルエツ プチ・リンコス・魚悦(魚悦糀谷店を除く)で使える500円分の優待券をプレゼント(マルエツカードでの支払い時に利用可)。 カード発行時に同封されます。 ・WEB申込限定で「ときめきポイント」最大5,000円相当分のときめきポイントプレゼント 期間:2020年3月1日~2020年5月10日(継続する場合あり) WEBから「マルエツカード」に新規入会でもれなく500ポイント、さらに対象期間中(入会日から2020年6月10日までの期間)にカードのショッピング利用(クレジット払い)が合計20,000円以上50,000円未満で2,000ポイント、合計50,000円以上で4,500ポイントをプレゼント。 ・店頭募集限定で「10%割引券」プレゼント 期間:2019年9月1日~2019年12月31日 店頭で「マルエツカード」に新規申し込みをするともれなく「10%割引券」プレゼント(割引対象上限額は5,000円。 1回のみ使用可能)。 カードは後日郵送されます。 (終了しました) ・「ときめきポイント」10倍キャンペーン 期間:2019年9月13日~2019年9月30日 マルエツ・マルエツ プチ・リンコス・魚悦(魚悦糀谷店を除く)全店で、「マルエツカード」のクレジット払いで「ときめきポイント」10倍付与(税込200円につき10ポイント。 還元率5%)。 (終了しました) ・WEB申込限定で「ときめきポイント」最大7,000ポイントプレゼント 期間:2019年9月1日~2019年11月30日 WEBから「マルエツカード」に新規入会でもれなく1,500ポイント、さらに期間中にカードのショッピング利用(クレジット払い)が合計20,000円以上で2,000ポイント、合計50,000円以上で5,500ポイントをプレゼント。 (終了しました) イオンカード最大20%キャッシュバックキャンペーンは対象外 マルエツカードは、イオンカードで実施されている「最大20%キャッシュバックキャンペーン」(2020年3月1日~2020年5月10日)の対象外となっています。 最大20%キャッシュバックキャンペーンに参加するには、マルエツカード以外のイオンカードを申し込んでください。 イオンカード各種は、1人で複数の種類のカードを作ることができますので、マルエツカードのほかにイオンカードセレクトなどを合わせて複数枚を保有することができます。 OMCカードの優待は2020年2月まで セディナが発行しているクレジットカード「OMCカード」などでも、マルエツ等で毎週日曜日のクレジット払いが5%OFFになる優待が以前より実施されていますが、 こちらの優待もこれまで通り継続されます。 2020年2月をもって優待が終了となりました。 なので、すでにOMCカードをお持ちの方は、急いでマルエツカードに申し込む必要は無さそうですが、OMCカードは年会費が有料(税別1,000円。 年間60万円以上利用で次年度年会費無料)なので、この機会に年会費無料のマルエツカードに乗り換えるか2枚持ちするのも一考です。 2020年3月以降にも「毎週日曜日5%割引」の優待を受けるには、に申し込みましょう。

次の