電子 レンジ 一人暮らし。 一人暮らし用の電子レンジ・オーブンレンジの選び方 [一人暮らし] All About

【2020年版】一人暮らしにおすすめの電子レンジランキング6選!選び方のポイントを参考に選りすぐりの電子レンジを紹介します。

電子 レンジ 一人暮らし

こちらは レンジ・オーブン・グリル・発酵といった、オーブンレンジでよく使われる機能に絞りこんだ設計が特徴的。 必要な機能に絞ってはいますが、高出力かつ省エネなインバーター式を採用しているため、効率よくお料理ができます。 レンジ機能では、食材に合うモード・温度・時間を自動設定してくれるメニューも8種類用意されていますが、操作パネルはごちゃついておらず、すっきりしたデザインなのも魅力。 コストは抑えたいけれど、なるべく生活感のない家電が欲しい!という方の要望に応えてくれますよ。 例えばローストビーフなら、まずレンジで肉の内部温度を上げ、オーブンと過熱水蒸気機能で表面を焼き固めて旨味を閉じ込め、その後オーブンのみでじっくり焼き上げるという工程を、全てお任せで行ってくれます。 レシピサービス「クックパッド」で殿堂入りした、30品のメニューも登録されているため、下ごしらえさえ済めば、あとはオーブンレンジのボタンを押すのみ。 手間なく・頑張らずお料理を仕上げられるのは嬉しいですね。 インバーター式を採用したこちらは、それ以外の ヘルツフリー機種に比べて出力が高いにも関わらず、省エネなのが強みです。 900W・600W・500W・200W相当の 4段階から出力を選ぶことができるため、素早く短時間で温めたい時にも、食材をじっくり解凍したいときにも役立ってくれます。 また、 フラットタイプのテーブルで、庫内のお掃除が楽なのもポイントです。 高出力かつ扱いやすいので、何かと頼れる一台になりますよ。 後継のNE-MS266に比べて、お惣菜の調理に便利な「つくりおき」メニューは6種類・自動メニュー数も53と少なめ(NE-MS266はそれぞれ15種類・62種類搭載)ですが、基本機能については遜色ありません。 また、お手入れしやすいフラットタイプかつ、 高温加熱で臭いの原因となる汚れを分解してくれる 「脱臭」ボタンを備えているのも便利です。 見た目にはきれいになっているはずなのに、どうしても庫内の臭いが気になる…という時に活躍してくれますよ。 機能性・コスト・デザインも妥協したくない方に! ノンフライ調理ができるオーブンレンジ 11種類のオートメニューが持ち味。 一人暮らしにも スチームの力で料理をしっとり仕上げる。 初心者も簡単調理 無駄を廃した機能美が魅力のオーブンレンジ パンやお菓子作りにも使える、高コスパのオーブンレンジ 高精細センサーで2品同時の温めも可能! 充実の自動メニューで簡単調理。

次の

単機能電子レンジのおすすめ10選【2020年版】

電子 レンジ 一人暮らし

この種類でできるのは、出力レベル(温めるパワー)の強弱の変更。 それによって、『解凍』『温める』『炊く』『煮る』ことはできますが、『焼く』ことはできません。 基本的に自炊はせず、たまにコンビニ弁当やお惣菜、冷凍食品を温める程度であれば、単機能レンジでも事足ります。 ただし、トーストやピザを食べたり、今後自炊をする可能性がある人には機能が足りなく感じられることもあるかもしれません。 なお、コンロに魚焼きグリルがついている場合は、電子レンジのトースターやオーブン、グリル機能として代用することができます。 料理をラップなしで温めると、パサパサになったり固くなったりしてしまったと思いますが、スチーム機能があると、しっとりと美味しく温まります。 また、魚や肉を焼くときに、中に含まれる油や塩分を落として、ヘルシーに仕上げてくれるものも。 その他にも油を使わずに唐揚げを作ることができたり、表面をカリッと中をふっくら焼き上げたり、それぞれのメーカーの製品ごとに特長があります。 ただし、その分値段も高くなり、3万円前後~。 高機能なものほど高くなるので、値段に幅があります。 また、電子レンジ・オーブンレンジと同じ容量でもやや大きめになるので、一人暮らしの場合は置けるスペースが確保できるか、必ず確認してから購入しましょう。 料理にこだわりのある人にはおすすめです。

次の

電子レンジは一人暮らしの必需品 おすすめの機種はこれ!

電子 レンジ 一人暮らし

一人暮らしで電子レンジを選ぶ際の7つのポイントを大公開します!また、おすすめ単機能レンジBEST5、オーブンレンジBEST3、その他「価格重視・デザイン性・ヘルシー」などテーマに沿った電子レンジを紹介しています。 一人暮らしは電子レンジの置き場所に困ることが多いので、置く際のポイントも解説します。 電子レンジを選ぶ7つのポイント 一人暮らしの電子レンジは以下の7つのポイントを元に考えて決めましょう。 ・加熱方法 ・容量とサイズ、置き場所 ・レンジ出力 ・自動温め機能 ・扉の開き方 ・テーブルタイプ ・消費電力、省エネ度 それぞれ詳しく解説していきます。 加熱方法の種類 電子レンジは、単機能レンジ・オーブンレンジ・スチームレンジの3種類の加熱方法があります。 それぞれの特徴は以下のとおりです。 単機能レンジ 食品の温めと解凍に特化した電子レンジです。 価格は1万円前後で小型の製品が多いので、一人暮らしではこのタイプを選ぶ人が多いです。 オーブンレンジ 温めと解凍に加え、オーブン加熱とグリル加熱ができ、幅広い調理が可能な電子レンジです。 価格は2万円前後しますが、自炊に積極的に取り組みたい人におすすめです。 スチームレンジ スチームレンジでも加熱調理が可能ですが、オーブンレンジと異なるのは、水蒸気によって加熱するため余分な油分を落としてヘルシーな仕上がりにしてくれる点です。 また、ラップなしでも温められるのも魅力です。 平均価格は3~4万円と高いですが、電子レンジを活用して本格的な調理をしたい人などにおすすめです。 レンジ出力 レンジ出力はW ワット で表示される数値で、W数が高くなると調理時間が短縮できます。 例えばご飯1杯の温めに、500Wだと約1分30秒かかりますが、1000Wなら約45秒まで短縮できます。 一人暮らしの人が選ぶ単機能レンジは500~600Wがほとんどです。 自炊を頑張りたい人は、1000Wのオーブンレンジ・スチームレンジを選ぶと良いです。 また、W数は細かく段階調整できるタイプの方が加熱調理の幅が広がります。 例えば、100~200Wが選択できれば半解凍ができたり、400Wが選択できれば煮込みができます。 自動温め機能の有無 単機能レンジでも飲み物・ご飯・お弁当など、それぞれの食材に合わせて適温に加熱してくれる自動温め機能を搭載した機種があります。 自動温め機能があれば、ボタン一つで温め操作が可能で、細かい時間を自分で設定する必要がありません。 容量とサイズ、置き場所 一人暮らしに最適な容量の電子レンジは20L前後です。 買ってきたお弁当や総菜、冷凍食品を温める程度であれば18~20L程度がおすすめで、自炊でしっかり料理をしたい人は21~23Lがおすすめです。 配置する際は、天面15cm以上、背面と左右は10cm以上の放熱スペースが必要になります。 一人暮らしの調理家電の中では冷蔵庫の次に場所を取るので、置き場所を工夫する必要があります。 例えば、天板が耐熱仕様の冷蔵庫の上に置いたり、冷蔵庫の上に収納棚を設置するのがおすすめです。 扉の開く方向 電子レンジの扉は、横開きと縦開きの2タイプがあります。 どちらのタイプが良いかはほとんど好みです。 ただ、扉をしっかり開けられるスペースを確保できるのか確認して選びましょう。 例えば、横開きタイプのレンジを収納棚に設置した場合、棚の板や支柱が邪魔になって扉をしっかり開けられないことがあります。 食品を上手く取り出せなかったり、高温部分に触れて火傷をしたりする可能性があります。 購入の際に配置場所が決まっていない場合は、縦開きのレンジを選ぶと良いです。 フラットテーブル フラットテーブルなら、庫内の幅ギリギリの食材で温められるほか、掃除が簡単です。 ひと昔前はターンテーブルに比べて温めムラがあると言われていましたが、今の製品はほとんど差異がありません。 shopping. yahoo. html ターンテーブル ターンテーブルは安価で、一人暮らし向けの単機能レンジの多くで採用されています。 ただ、ターンテーブルに乗る食材はテーブルの直径までに限られるので、お弁当など大きめの食材の温めに不便することがあります。 kohnan-eshop. 使用時間は短いので年間でも1600円~2000円程度の電気代で済みますが、使っている間の消費電力が大きいので、電気の契約プランが20Aで他の電化製品と併用しているとブレーカーが落ちることがあります。 また、電子レンジは待機時間が長くなりがちなので、省エネ性能がなるべく優れた機種にすると良いです。 省エネ性能をチェックする際は、省エネラベルの表示を確認しましょう。 省エネ基準達成率がより高ければ省エネ性能に優れていて、年間消費電力量も少なくなります。 おすすめの単機能電子レンジBEST5 一人暮らしにおすすめの単機能電子レンジを、ランキング形式で5つ紹介します。 html パナソニックの「NE-E22A3」は、蒸気センサーがついており、ごはん・おかず・冷凍食品などを分量に関係なくワンタッチで温められます。 手動レンジは700W・500W・150Wの3段階に切り替えが可能で、高出力から低出力に自動で切り換える「連動調理機能」も搭載しています。 価格 15,942円 最大レンジ出力 850W ドア開閉方向 横開き 庫内容量 22L 庫内構造 ターンテーブル 年間消費電力 58. yodobashi. また、頻繁に利用するごはん・飲み物・お弁当は、ワンタッチで温める専用ボタンがついてます。 庫内はフラット設計なので、大きめのお弁当も余裕で加熱できて掃除も楽々です。 ワンタッチで使える自動温め機能は、例えば、ごはんとおかずで切り替えて解凍することができ、牛乳ボタンも1、2杯を切り替えられます。 価格 13,390円 最大レンジ出力 900W ドア開閉方向 横開き 庫内容量 22L 庫内構造 ターンテーブル 年間消費電力 54. また、温め過ぎを防ぐための湿度センサーが搭載されている点もポイントです。 ただ、価格が2万円超えなので、ほかの電子レンジに比べると高めです。 価格 20,835円 最大レンジ出力 800W ドア開閉方向 横開き 庫内容量 17L 庫内構造 フラット 年間消費電力 59. twinbird. html ツインバード工業の「DR-D269B」は、おしゃれな外観とオリジナリティのある機能性が特徴の電子レンジです。 調理中のみ庫内灯が点灯する仕組みになっていて、普段はミラーガラスに反射して中が見えない工夫がされています。 また、ボタンはタッチパネル式になっているので、凹凸が少なく掃除がラクです。 頻繁に使う出力と時間設定を記憶させるメモリー機能を搭載しているので、ワンプッシュで設定を呼び出して温めを開始してくれます。 消音機能を使えば温め終わりのブザー音を消すことができます。 5cm カラー展開 ブラック おすすめのオーブンレンジBEST3 一人暮らしにおすすめのオーブンレンジを3つ紹介します。 料理メニューの幅を広げたい人におすすめです。 野菜を使ったおかずだけでなく、からあげなども作れます。 煮物を約10分で作れたり、付属の角皿を使用することで茶碗蒸しやプリンの蒸し料理もできます。 料理好きな人の一人暮らしだと重宝する1台となっています。 irisohyama. html アイリスオーヤマの「MO-F1801」は、1万円台の低価格で900Wの最大出力、18種類の自動調理メニューが搭載された、コストパフォーマンスの高いオーブンレンジです。 また、価格. comのユーザーが高く評価した製品を選ぶ「価格. comプロダクトアワード2017」では銀賞を受賞しています。 5千円ほどで購入できます。 また、シンプルながらも700W・500W・200Wの3段階にレンジ出力を切り替えることができ、時間もダイヤルで簡単に操作できます。 価格 5,500円 最大レンジ出力 700W ドア開閉方向 横開き 庫内容量 17L 庫内構造 ターンテーブル 年間消費電力 59. muji. そんな人はシンプルで美しいデザインが特徴の、無印良品「MJ-ER19A2」がおすすめです。 簡単にご飯やおかずを温めたり、冷凍食品を解凍することに特化した設計になっています。 価格 14,900円 最大レンジ出力 650W ドア開閉方向 横開き 庫内容量 19L 庫内構造 ターンテーブル 年間消費電力 60. yodobashi. 過熱水蒸気が余分な油や塩分を落としてくれるので、一般的な電子レンジよりも格段にヘルシーに仕上がります。 また、加熱の質がとても高く、パンや惣菜は作り立てのおいしさを復元することができ、油を使わずに揚げ物ができるノンフライ機能まで充実しています。 ・調理スペースの横や背面に置く ・耐熱トップテーブル仕様の冷蔵庫の上に置く ・冷蔵庫の上に収納を設ける 電子レンジは調理スペースの横や背面に置きしましょう。 調理スペースに近い場所に配置することで、食材を出したらすぐに温めることができます。 ただ、キッチン横や背面にレンジ用のスペースが設けられない場合は、冷蔵庫の上に置くと良いです。 天板が耐熱トップテーブル仕様になっていれば、電子レンジを置いて使うことができ、スペースの有効活用にもなります。 blog. so-net. rakuten. 自炊をする人であれば、調理時間を短縮したり、料理のメニューの幅を広げたりできます。 毎日お弁当や冷凍食品を買って食べることが多いという人でも、自分の好きなタイミングで温められるのは便利です。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の