標記 の 件 につきまして。 「つきましては」の意味と正しい使い方!間違う前に例文で理解!

「表記」と「標記」の違いや使い分けをビジネスメール等の例文で解説

標記 の 件 につきまして

Contents• 「標記」「表記」意味と違いについて 「標記」「表記」のそれぞれの意味と違いをみていきたいと思います。 日常語としては、どちらもほとんど使われない言葉となっていますが、ビジネス文書やメールなどでは頻繁に使われる言葉です。 意味は、調べると辞書では、こういったことになっています。 1. 目印をつけること。 または、 その文字や符号である。 2. 標題として書きしるすこと。 または、 その事柄のことである。 意味は、調べると辞書では、こういった意味がかかれています。 1. おもてに書きしるすこと。 また、 その書かれたものである。 「おもて書き」 2. 文字や記号を用いて書き表すこと。 「標記」「表記」の大きな違いは、 「表記」の意味が「おもてが書き」であることです。 「標題として書きしるす」ことの意味をもつのは、「標記」だということですね。 「表記」は、「 おもて書きやそれを書きしるすこと」と 「文字や記号を用いて書き表すこと」でした。 「表書き」というのは、 封書・小包・文書・ハガキなどの表にで宛先や差出人の住所・氏名を書くこと また、 その文字のことです。 ですので 「表記」を使うのは、表書きや表面に書きしるすことや文字や記号を表すとき、 「漢字で表記する」といったようにそのこと自体をあらわすとき、 表面に書く、内容をはっきり文章にする時などや 「書き表し方」の意味で使います。 ・標記の議題について考えたい。 ・標記のとおりです。 ・現代仮名遣いで表記する。 ・表記の住所あて送って下さい。 ・漢字仮名まじりで表記する ビジネルメールや文書で使うのは「標記」! スポンサードリンク ビジネスメールなどでよく使う表現の 「標記の件について・・・」と「表記の件について・・・」は どちらも「件名に書いた事柄について・・・」という意味で使われています。 これは、 どちらが正しいのでしょうか? 先程から「標記」と「表記」みていると 「標記」のほうだけが、「標題として書くこと」という意味をもっていました。 ビジネス文書やメールでよく使う「(ひょうき)の件について」というのは、 「標題として書いた件について」 「件名に書いた内容について・・・」という意味 で使用されていることがほとんどだと思います。 ですので、 「標記の件について」と「標記」の漢字を使うといったことが適切な使い方といえます。 メールでいえば、「メールの件名に書いた件について」という意味での使い方も 「標記の件について」になりますね。 ただ、 メールにおいての手紙などの「表書き」にあたるものが、 宛先、差出人、それに件名なども含めたといったことになると メールの件名 = 「表書き」であるということで メールでは、 「表記の件」という表現を使うことも正しいといった考え方もできなくともありません。 となってくるとかなりややこしくなりますが、やはり通常は メールの件名は、文書でも標題と同じように考えていいと思います。 結論的には、 ビジネス文書などでは「標記」の漢字を使う方が間違いではないです。 ただ、メールの場合 メールの件名 = 「表書き」と意識して「表記」 使われている方もいるかもしれないといったことです。 ま と め 「標記」「表記」意味の違いと使い分けとビジネル文書やメールで使うのは?といったことをみていきました。 いつも使っている「標記」「表記」などの漢字でも意外と意味などの違いをしっかり理解はできてないことも多いものです。 日本語の漢字はややこしいので「標記の件」しか使ったことがなかった人も「表記の件」と書かれていたらふと「標記の件」ではなくこちらの方が適切なのかな? と不安になってしまいますよね。 意味からさまざまみてきたようなことから、何故、ビジネス文書では、「標記の件」で正しいかといったことが使われている意味からしっかりわかったかと思います。 「標記」「表記」使い分け方の参考になれば幸いです。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

「表記」と「標記」の違いや使い分けをビジネスメール等の例文で解説

標記 の 件 につきまして

首記の意味とは? 首記とは「冒頭に記されたもの」を意味する語 首記の意味は「文書や掲示の冒頭に記してあること」です。 「首」は一般的に「体の部位(頭と胴体の間の部分)」の意味で用いられますが、二足歩行生物において最も上の位置にある頭と近い部位のために「長・かしら」や「物事の始め・最初・先・前・第一」などの意味もあります。 また、頭は昔から大事な部分であるという認識がありました。 その頭を胴体と繋げて支えていることから「要」の意味もあります。 首記の読み方は「しゅき」 首記の読み方は「しゅき」です。 「首」と言えば「くび」ですが、首記の形になる際は「首相・首席・首尾」の時のように「しゅ」と読みます。 「記」の方は一般的に、「しるす」よりも「記号・記帳・簿記」などの形で「き」の読みをすることが多いため首記の時にも読み間違いは少ないとされます。 「件」は「あることに対する事項」を表し、「ご回答願います」は「答えてほしい」ことを表す表現なので、この使い方・例文の意味は「文書や掲示の最初に書かれていることについて答えてほしい」になります。 「首記の件につきましてご相談があります」や「首記の件につきましてご確認の程よろしくお願い申し上げます」の文で用いられることがある使い方で、「つきまして」には「前の内容に基づき話題を次に運ぶ接続詞的な意味」があります。 ここで言う「とおり」には「それと同じ状態や方法であること(前述のままであること)」の意味があるため、「首記のとおり」は「最初に書きつけた内容と同じである」ことを表しています。 「首記のとおり進めてまいります」などの文で使います。 題記・標記・標題・掲題・主題の意味とは? 「題記」の意味 題記(だいき)の意味は「文書のタイトルや電子メールの件名など」で、それらを指す時に使います。 しかし、文書のタイトルや電子メールの件名などを指す時には「首記」や「標記」などを使うこともあります。 また、題記は辞書によっては記載されていない点から首記や標記よりも一般的ではない印象です。 ビジネスシーンなどで気を付けたい、メールの件名のマナーについて知りたい方は以下の記事をおすすめします。 現代ではメールという残る形でやり取りをすることが基本のため、マナーについて学んでおくことはためになるでしょう。 また、メールでは表情や口調のニュアンスが伝わりにくいので表現にはマナーと工夫を要します。 「標記」の意味 標記(ひょうき)の意味は「目印として記すこと、または記した目印」と「標題として書くこと、または書いた題」の2つです。 「標」には「目印」の意味があるため、標記の漢字には「目印を記す」の意味があります。 前者の「目印として記す・記した目印」の意味は、そういった漢字が持つ意味に由来します。 後者の意味「標題として書くこと」の「標題」は首記の類語としきて後ほど登場しますが、本のタイトルや講義・演説・演劇の題目を意味する言葉です。 つまり、後者の意味で用いられた標記が表すのは「本のタイトルや講義または演劇などの題目を書くこと」になります。 「目印を記す」から「目立つ所に書く」連想が生じ、それが後者の意味になったと考えられます。 「表記」の意味 「表記(ひょうき)」の意味は「表に書き記すこと、または表に書き記した文字」と「文字や記号で書き記すこと」の2つです。 前者の意味は言い換えれば「表書き・表書きした文字」で、表記の漢字そのままの意味とされます。 後者の意味には「表」の要素が無く、「ただ文字や記号を書き記す行為」を表します。 どこに書くという要素が無いため、場所を問わず文字や記号を書き記した行為を表す時の意味です。 同音語「標記」とは意味が異なるため、混同したり間違えて書いたりしないよう気を付けましょう。 「標題」の意味 「標題(ひょうだい)」の意味は、「本の表紙に書かれている本の名」「講義や演説などの題目」「演劇などの題目」の3つです。 標題については標記の項目で少し触れましたが、意味は本・講義や演説(口頭で説明や意見を述べる行動)・演劇(脚本に従って表現する行動)の3つに分かれています。 表に書かれる本の名や講義・演劇などの題目は、はじめに示されるものです。 使用する状況は異なる場合も多いとされますが、「はじめに示される」という点で首記と似た言葉だと言われています。 「掲題」の意味 「掲題(けいだい)」の意味は「題として掲げること、または掲げられた題」です。 ここで言う「掲げる」というのは「示す(明らかに分かるように見せる)」の意味を持つため、掲題は「題を分かりやすく見せる・分かりやすく見せた題」を表す時に使います。 首記は「冒頭に記されたこと」を意味するので掲題とは使う場面が違うこともありますが、「掲げられた題」は「タイトル」のように基本的に「はじめに示されるもの」であります。 そういったことから首記を掲題と言い換えたり、掲題を首記と言い換えられる場合もあります。 意味は異なりますが、状況により似るということです。 「主題」の意味 「主題(しゅだい)」の意味は、「中心となる題目」「文章・談話・研究などで中心となる問題」「芸術作品において作者が表そうとする基本的な思想内容」「楽曲において中心になる楽想を端的に表現しながら全体の発展の基礎になる音楽的素材」の4つです。 意味が多い上に説明が長いものもあるため掴みにくい感じですが、英語に言い換えると少し分かりやすくなります。 まず「中心となる題目」の意味は英語に言い換えると「タイトル」になりますが、他の3つの意味は「テーマ」という英語が当てられます。 タイトルは「表題や見出し」のことで、テーマは「創作や議論の根本的意図や題目や中心の課題」のことを言います。 そのため、表に示す題を表す「中心となる題目」の意味は「タイトル」となり、中心となる問題を表す意味と創作の類である芸術作品や音楽の意味は「テーマ」になるのです。 首記と同じ意味で使える言葉は? タイトルや件名を指す「題記」 文書のタイトルや電子メールの件名などを表すために首記を使う場合は、「題記」が同じ意味になります。 首記は「冒頭に記されたこと」を表す言葉なのでタイトルや件名以外にも使えますが、題記は「文書のタイトルや電子メールの件名などを指す」言葉なのでうってつけとも言えます。 題に掲げるを意味する「掲題」 題を表すために首記を使う場合は、「題として掲げること」や「掲げられた題」を意味する「掲題」を同じように使うことができます。 題ははじめに記すものなので、何かの題を「冒頭に記したもの(首記)」として表す時もあります。 時と場合によって首記と掲題を使い分けましょう。 表題や主旨を意味する「主題」 はじめに示されることになる表題や主旨を表す時に首記を使う場合には、「主題」が同じ意味になります。 主題には4つの意味があり、それらは「タイトル」と「テーマ」に分けることができました。 首記と同じ意味で使う際、主題は「タイトル(中心となる題目の意味)」の意味になります。 最初の題目を意味する「首題」 首記と似た言葉に「首題(しゅだい)」というものがあり、これは「手紙や通達書などのはじめに書いてあること(最初の題目)」や「経典のはじめに書かれた文句」の意味を持ちます。 前者の意味が首記や題記とよく似ています。 しかし首題は題記のように「タイトルや件名」だけではなく、「文書のタイトル・メールの件名・文中の冒頭に書いたもの」といった最初の方に書いた内容であれば何でも表せます。 その点は首記と同じであり、これまでにご紹介した言葉の中で最も首記に近いものだと言えます。 似た意味の言葉と使い分けて首記を正しく使おう! 首記の意味は「冒頭に記されていること」であり、「首記の件について(はじめに記されていることについて)」の形でよく用いられます。 題記・主題・標題など似た意味を持つ言葉もたくさんありますが、それぞれに違いがあります。 しかし場合によって首記と同じ意味で使える時があるため、その使い分けも意識してみると表現の幅が広がると共に伝えたい内容に適切な言葉選びができるようになります。 時と場合に合わせて、首記と似た言葉たちを使い分けてみましょう。

次の

「標記の件」と「表記の件」の違い!それぞれの正しい使い方とは

標記 の 件 につきまして

まず表記の使い方ですがよく出てくる使い方としては、文字や記号の種類を指定する時です。 例えばネットショッピングで名前や住所を記載する際、電話番号の入力について「半角表記でお願いします」と使われます。 またクレジットカードの名前を指定する際は「ローマ字表記でお願いします」と使われます。 ミーティングなどで使われる場合は、資料に載っているグラフや図を説明する場合に「2ページ目に表記されているグラフですが」や「ここに表記されている図を参考に」という使い方ができます。 また連絡先をお伝えする際は名刺に記載の電話番号を指し、「こちらに表記の番号へご連絡下さい」と使えます。 このように「表記」はビジネスシーン以外でも日常の中で頻繁に使われる言葉ということが分かります。 続いて「標記」について見てみましょう。 標記は主にメールや手紙等の文面で使うことの方が多く、使い方としては以下のような場合です。 この時、「表記の件について」や「表記の件につきまして」と使うと意味が異なってしまいますので注意が必要です。 ビジネスメールでは件名が長い場合、本文中に同じ件名を書くのではなく「標記の件」と表す事があります。 実際に置き換えてみると以下のようになります。 以上、それぞれの使い方についての説明でした。 表記は身近な言葉なので分かりやすいでしょう。 もう1つの標記についてはビジネスシーンで使う事が多いため、この後のメールでの例文も合わせて参考にして下さい。

次の