御足労頂きありがとうございました。 「ご足労いただき」【意味・使い方・例文・類語】目上の人には使える?|語彙力.com

「ご来社・ご来訪」の使い方と違いは?お礼メールの送り方【例文】|語彙力.com

御足労頂きありがとうございました

「お越しいただき」の意味は? 「お越しいただき」の意味は「来てもらう」 「お越しいただき」は、相手に来てもらうことを丁寧に表現した言葉です。 相手が自分のところへ来たことを「お越しいただいた」と言います。 お客様が自分の会社に来たときなどに「お越しいただきありがとうございます。 」と使うことが多い表現です。 「お越しいただき」は謙譲語 「お越しいただき」は、「来る」を表す「お越し」と、「~してもらう」を表す「いただく」に分けられます。 お客様に「来てもらう」のは自分ですので、自分がへりくだった表現である謙譲語を使います。 「お越しいただき」と「お越しくださり」の違い 「お越しいただき」と似ている表現に「お越しくださり」があります。 どちらを使うべきか迷う方も多いかもしれません。 ここでは両者の違いと使い分け方を解説します。 「お越しくださり」は尊敬語 「お越しくださり」は、「来る」を表す「お越し」と、「くれる」を表す「くださる」に分けられます。 お客様が「来てくれる」ことを表していますので、お客様を持ち上げる尊敬語を使います。 「お越しいただき」と「お越しくださり」の使い分け 「お越しいただき」、そして「お越しくださり」は、相手が自分のところへ来るという同じ内容を表しています。 ビジネスでよく利用されている「お越しいただき、ありがとうございます。 」と「お越しくださり、ありがとうございます。 」は、どちらを使っても正しい表現です。 厳密にいうと、「お越しいただき」は「私が来てもらう」という謙譲語で、「お越しくださり」は「お客様が来てくれる」という尊敬語です。 主語が「私」か「お客様」という違いがあります。 自分がお願いして来てもらうときには「お越しいただき」を使うとよいでしょう。 覚えておきたい「お越しいただき」を使った例文 「お越しいただき」は、挨拶やお礼のメールなど、ビジネスのいろいろな場面で利用されています。 よく使われるフレーズで覚えておくと便利です。 ここではよく使われるフレーズを紹介します。 「お越しいただきありがとうございました」が基本 「お越しいただき」を使った表現で多いのが、「お越しいただきありがとうございました。 」です。 来ていただいたときの最初の挨拶や、ビジネスメールでお礼を伝えるときなどに利用します。 先日は弊社までお越しいただき、ありがとうございました。 天候が悪い中、こちらまでお越しいただき、ありがとうございます。 「お忙しい中お越しいただき」を使った例文 「お忙しい中お越しいただき」も、よく利用される表現ですので、覚えておくと便利です。 本日はお忙しい中お越しいただき、ありがとうございます。 先日はお忙しい中お越しいただき、大変感謝しております。 「遠路お越しいただき」を使った表現 「遠路お越しいただき」や「遠路はるばるお越しいただき」も、よく利用される表現です。 遠方から来たほうが、来るために多くの時間や労力がかかっています。 より丁寧にお礼の言葉を述べるために「お越しいただき」は適した表現です。 本日は遠路はるばるお越しいただき、誠にありがとうございます。 「お越しいただきたい」ことを伝える例文 「お越しいただき」は、来てもらったことに対する感謝の気持ちを伝えることが多いです。 「来てもらいたい」という気持ちを伝えるときには、疑問文にするなど、少し言い回しを変えるといいでしょう。 弊社までお越しいただけますでしょうか。 直接会場にお越し願えますか。 「お越しいただき」の類語や言い換え 「お越しいただき」は「おいでいただき」や「ご足労いただき」に言い換えて使うことができます。 それぞれ例文で紹介します。 「おいでいただき」に言い換えた例文• 先日は弊社までおいでいただき、ありがとうございました。 本日は遠路はるばるおいでいただき、感謝しております。 「ご足労いただき」に言い換えた例文• 先日はご足労いただきまして、感謝しております。 わざわざご足労いただき、恐縮です。 「お越しいただき」を英語で表現すると? 「お越しいただき」は英語で「all the way from」 「all the way from~」で、「~からお越しいただいた」や「~からはるばる来てくれた」という意味になります。 例えば「Thank you very much for coming all the way from Japan. 」は、「日本からお越しいただきありがとうございます。 」と意訳できます。 「way」は「道」や「方法」を表しますので、日本から来るための道のりや方法、行動などすべてに感謝しているという表現です。 まとめ 「お越しいただき」は、感謝の言葉といっしょに使うことの多い敬語表現です。 感謝の言葉をつかいこなせるようになると、ビジネスで信頼関係を築きやすくなるかもしれません。 ぜひ、本記事を参考にして、「お越しいただき」や言い換えた表現を使ってみてください。

次の

「ご助言」の意味とは|覚えておきたいビジネス用語の使い方を解説

御足労頂きありがとうございました

敬語の中には間違った使われ方をしているものがあり、誤用として広く知られていない敬語もあります。 では、「くださり」はどうでしょうか。 「くださり」は「くれる」の敬語、尊敬語なので正しい敬語となります。 似たような意味の敬語としては「いただく」があります。 「いただく」は「もらう」の謙譲語であり、こちらも敬語になります。 「くださる」の意味 「くれる」の尊敬語である「くださる」という言葉は、相手の好意や相手の意思によって何かを与えられることを意味しています。 相手が相手の意思でしてくれたことで自分が恩恵を受けたときに、恩恵を受けた者から見て相手に尊敬を表す意味があります。 「くださり」と「いただく」の違いは? 「くださり」も「いただく」も相手からしてもらったことによって自分がなんらかの恩恵をうけた、という場合に使います。 ・〇〇をくださり、ありがとうございました。 ・〇〇していただき、ありがとうございました。 似たような意味にはなるのですが、「くださり」を使った「〇〇をくださり、ありがとうございました」は相手に対する尊敬の念が込められた使い方をしています。 それに対して「〇〇していただき、ありがとうございました」では自らをへりくだる謙譲語を使って相手を立てるという使い方になります。 「くださり」と「いただく」の使い分け 最近では「いただく」を使う人が増え、「くださり」という言葉を使う人は減少しているという傾向がありますが、実はわりとしっかりした使い分ける方法があります。 「くださり」は相手の自主的な行動に対して使うものであり、「いただく」はこちらから求めてしてもらった場合に使う言葉となります。 以下で詳しく説明します。 「くださり」が使えない場合とは? ほとんど同じ意味をもつ「くださり」と「いただく」ですが、「くださり」を使うことができない場面があります。 こちらが依頼して相手に何かしらの行動をしてもらう必要があるときは、「いただく」は使えますが「くださる」は使えません。 例えば、以下の例文のような例です。 正:〇〇の申し込みには、こちらまでいらしていただくことになります。 誤:〇〇の申し込みには、こちらまでいらしてくださることになります。 下の「くださる」の文章はおかしいです。 「いらしてくださり、ありがとうございます」なら正しい敬語なのですが、こちらは来てくれたことに対する感謝の言葉なので、こちらから来てくださいと依頼するときには使えません。 こういった場合には「いただく」を使うようにしましょう。 「くださり」と似たような言葉として「くださって」があります。 これは実は、どちらを使っても間違いではありませんしたいした違いもありません。 例文を挙げてみましょうか。 ・教えてくださり、ありがとうございます。 ・教えてくださって、ありがとうございます。 「くださり」でも「くださって」、でも違和感のない言葉であり敬語としても間違っていません。 しいて言うならば、「教えてくださり、ありがとうございます」よりは「教えてくださって、ありがとうございます」の方がより気安い印象はあります。 かしこまった堅い言い方をするなら「くださり」を使い、柔らかく使いたいなら「くださって」を使うと良いでしょう。 「くださり」の漢字表記 ここでは「くださり」の使い方を見ていきます。 日本語の中でも敬語は少しややこしいところがあり、うっかりすると間違った使い方をしている時もあります。 メール メールの文章で「くださり」を使う場合にも、「いただく」との使い分けのように気をつけた方がよいでしょう。 相手が自発的な行動をとって、それに自分が恩恵を受けた場合のみ「くださり」を使うことになります。 ・先日は丁寧に教えてくださり、誠にありがとうございました。 ・素敵なおすそ分けをくださり、ありがとうございました。 ・先日は〇〇をお届けくださり、誠にありがとうございました。 これらの例文は相手に依頼したのではなく、相手の自主的な行動に対するお礼となっています。 もしもこちらから相手に依頼したことをしてもらって、そのことのお礼を書きたい場合には「〇〇していただき助かりました。 ありがとうございました」と「いただく」を使いましょう。 「くださり」の例文 「くださりました」は動詞である「くださる」を連用形にした「くださり」に、丁寧語として「ます」をつけた過去形の敬語になります。 そのため、使うときは過去の事柄に対する感謝を表す形になります。 ・先日はお忙しい中、おいでくださりました。 誠にありがとうございました。 ・〇〇さまが先日届けてくださりました。 本当にありがとうございました。 ・先日当ホテルをご利用くださりましたこと、厚くお礼申し上げます。 以上の例文のように、すべて過去に相手にしてもらったことに対するお礼として使われます。 現在進行形でしてもらっていることに対しては使えませんので、気をつけましょう。 くださります 実は「くださります」は現在ではあまり使われない言葉となっています。 現在はむしろ「くださいます」の方が使用頻度が高いでしょう。 元々は「くださります」だったのですが、だんだんと変化して「くださいます」となったと言われています。 理由は諸説あり、どれが正しいのかは分かっていません。 ・ぜひご対応くださりますよう、お願い申し上げます。 ・ぜひご理解くださりますよう、お願い申し上げます。 ・ぜひご参加くださりますよう。 などが例文となりますが、やはりちょっと古めかしい印象があるのではないでしょうか。 「ぜひご対応くださいますよう、お願いもうしあげます」や「ぜひご参加くださいますよう」の方が聞き覚えもあるでしょう。 「くださりますよう」はちょっと古い印象を与える言葉ですので、堅い印象にしたくない場合は「くださいますよう」を使ってもよいでしょう。 くださりありがとうございます 相手がしてくれたことに対して、お礼の言葉として「〇〇くださり、ありがとうございます」はよく使われる言葉です。 ただ「くださり」の使い方のところでも解説しましたが、相手が自発的に行ったことに対してのみ「くださり」と使うのがふさわしく、自分が依頼したことをしてもらってお礼をいうときには「くださり」ではなく「いただく」を使いましょう。 ・本日は丁寧にご指導くださり、ありがとうございます。 ・資料をお送りくださり、たすかりました。 ありがとうございます。 ・この度はご参加くださり、ありがとうございます。 このような例文があります。 悩みやすいのが招待状などを贈って来てもらったという場合です。 自分の方から招待状を贈ったとはいえ、相手の意思で来てくださったのですから「くださり」でも問題ないでしょう。 「ご足労いただきありがとうございます」でも間違いではありません。 適切な使い分けを心掛ける 敬語としてよく使われているのが「いただく」です。 あまりに便利な言葉なので、いつでもなんでも「いただく」と使って敬語の誤用をしていることもあるくらいです。 「いただく」と「くださり」は近いニュアンスの言葉なのですが、相手が自発的かどうかで適切に使い分けることが可能です。 相手が自発的にしてくれたことは「くださり」や「くださる」を、こちらからの働きかけで相手が行動した場合には「いただく」を使うとよいでしょう。 わりと迷わず使い分けできますので、参考になれば幸いです。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「ご尽力いただき」の意味と使い方・例文・類語|相手別/メール

御足労頂きありがとうございました

ビジネスシーンでも、打ち合わせで会社にやってきた取引先の人などを労うときなどに、口をついて出る「ご足労」「ご足労いただき」「ご足労いただく」といった言葉。 基本的には、相手に来てもらった事実への感謝を表すもの、いう認知で使っている場合がほとんどでしょう。 それ自体が正しい敬語として普及している「御足労」ですので、使い方を間違えるケースはあまりなさそうですが、まずは改めて、ご足労の意味とビジネスシーンの中でも使っていいシチュエーションをしっかりとおさえておきましょう。 意味は「ご足労=わざわざお越しいただいた」という感謝を表すもの ご足労(御足労)とは、「足労」に丁寧語の「御」をつけた言葉です。 「足労」は「歩く」「行く」などの意味を丁寧にしたもので、意味は「わざわざお越しいただく」です。 ですので「ご足労」とは、こちらが足を運ばなければいけないところを、わざわざお越しいただいたことに、感謝の気持ちを表した言葉なのです。 この意味をしっかりと頭に入れて、「ご足労」を使う場合は、「ご足労頂きありがとうございます」「ご足労頂きありがとうございました」といったように、相手をねぎらう想いを直接伝えるか、ビジネスメールで送るようにしましょう。 「ご足労いただき」は来てもらった後に使うのがベストの使い方 ご足労(御足労)は基本的に、どのような場合でも使える敬語ですが、御礼として使うのが最も良い使い方なです。 ですので、「ご足労おかけいたしますが」と使うのではなく「ご足労頂きありがとうございました」といった使い方がよいでしょう。 「ご足労おかけしますが」をメールで使う場合 「ご足労」という単語は来てもらう前にメール等で使っても問題ありません。 来てもらう前であれば、「御足労おかけしますが」「ご足労いただき恐縮ですが」といったようにメールなどで表現するのが良いでしょう。 また例えばですが、ミーティング終了後に再度メール等で日程調整をするなど、何かしらメールをいれる際には、「先日はご足労をおかけしてしまい申し訳ありません」や、あるいは「先日はご足労いただきありがとうございました」といった表現をまずいれるというのがマナーとしては適切でしょう。 目上の方に対するお願いのクッション言葉としても有効 ビジネスパーソンとして頭を悩ますもののひとつに、目上の方に対する「お願い」や「お断り」など言いにくいことを伝える場面があります。 相手が目上の人だからこそ、慎重に言葉を選ばなければいけません。 そんなときに活躍するのが「クッション言葉」とよばれるものです。 「クッション言葉」とは、相手に受け入れやすい態勢をとってもらうための、前置き文です。 「ご足労ですが」などのクッション言葉から始め、本題に入るといった使い方も、ビジネスメールなどでは有効なのです。 ビジネスをスムーズに進める手段として、覚えておきましょう。 「御足労」のビジネスで使える言い回しと例文 ビジネスメールや打ち合わせで使える「ご足労」の言い回し一覧 では最後に、「ご足労(御足労)」を使う際に注意したい点も見ておきましょう。 「御足労いただきありがとうございました」など、ご足労はどんなシーンでも使える正しい敬語とはいえ、状況やあなたや相手の立場によって、失礼になってしまう敬語ともいえるのです。 「ご足労」を使う際は、以下の注意点はしっかりと意識してください。 社内向けに使うのはNG! 目上でも上司などには使わないように 「ご足労おかけしますが」「ご足労いただくことになり」「ご足労いただく」などは、一般的に取引先など社外の来客に使う敬語です。 ですので、社内で使う言葉としては言葉としては相応しくありません。 上司などの目上の方には「ご足労」を使わないのが正解なので、いくら目上の方とはいえ、正しい言葉遣いを意識して分けるようにしましょう。 「ご足労」の意味と目上の方への正しい使い方を覚えビジネスマンとして印象UPを! 今回は、「ご足労おかけしますが」は目上の人にOK? ご足労の意味と使い方と題して見てきました。 「ご足労(御足労)」という言葉は、様々なシーンで使用する機会が多い敬語のひとつです。 そのため、「ご足労おかけしますが」「ご足労いただき」といった言葉の使い方をしっかりとマスターしましょう。 とはいえ、送るタイミングなどの基本的なマナーには十分注意する必要があります。 研修担当者からマナーについて:来訪が当たり前な場面でも「ご足労」を使うべき 「ご足労」という敬語は基本的には自分が訪問すべきところ、相手に来訪していただいた場合に使う言葉です。 ただし、相手に来ていただくのが通例の場面、例えば自分が営業を受ける立場の場合でも、「ご足労」は使うべきでしょう。 得てして来訪を受け続けるとそれが当たり前という感覚になってしまい、このようなちょっとした気遣いがおろそかになることがあります。 特に新入社員の方や年次が比較的若い方の場合は、どういった場面であれ、意識的に使うのが好ましいでしょう。 また、自分が明らかに立場、役職が上の場合でも、「ご足労いただき」と冒頭で謝辞を述べることで、印象がよくなりますね。 出来るビジネスパーソンほど謙虚である、といわれるように、仮に来てもらうことが当たり前の場面でもこういった気遣いの言葉を使えるようにしましょう。

次の