バンギラス ようき。 【ポケモン ソード&シールド】弱点保険バンギラスの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【ポケモン剣盾】バンギラスの対策

バンギラス ようき

どうも、ゆーdです。 多分あんまり剣盾やらないので高い勝率を維持して勝ち続ける事ができたパーティを公開します。 控えめHC 陽気AS 慎重HDアーマーガア 臆病CS 控えめCSドラパルト 意地AS 調整は無し。 マスボ級までの戦績 マスボ級からの戦績 過去最高にしっくりきたパーティで使いやすいと思うのでみんな使ってくれ。 特にランクバトル慣れしてない人や受け回しにブチギレてる人にはオススメ。 コンセプトは砂パ偽装+積みサイクル 初手で荒らして裏のやで詰める。 パーティの上に露骨にバンドリを並べる事で砂パを偽装しとの型誤認やダイストリームで天候を奪うための初手を誘ったりできた。 も一応砂かきに見えるので型破りもあまり警戒されずも簡単に倒せた。 初見殺し要素がありバレていたら構築のパワーは落ちそうだけどバズったり流行る事は無いだろうから問題無し。 ・立ち回りの解説 基本は、、ドラパルト、の中から3体選出し、受け回しには確実にを選出した。 アーマーガアは活躍できそうな時にしか出さなかったが仕事はしてくれた。 はあくまで受け回しに出すために採用しているため、などの受けが一体のみいる場合などは無理して選出する必要はない。 初手は確定ではないが、ほとんどの試合でドラパルトかを出した。 ドラパルトから出す選出 ・初手に呼びやすいがいる場合 ・ウオノラゴンやなどこちらのパーティに 通りが良く、スカーフを持っていそうながいる場合 ・が何もできないなどがいる場合 ・シンプルに通りがいい場合 初手から広い技範囲で上から殴る。 有利対面からに下げられる事もあるのでミミバック読みとんぼがえりを押す勇気が必要な場面もある。 対面は割とックスされる事が多いががックス状態だとダイサンダーでも耐えられるのでこちらはックスを切らずに上から10万ボルト連打する。 ックスを切らずに10万ボルトを撃てばスカーフの恩恵を残せるため、仮にダイジェットでの素早さを上げられても上を取れる。 どの階級でも同じような動きをされた。 ダイアイスで倒された場合は裏の 主に で上から処理する。 から出す選出 ・初手でドラパルトが来そうな場合 ・特殊技持ちや抜群を取れるが多い場合 ・ドラパルトがあまり有利を取れず出しづらい場合 初手のドラパルトにめっぽう強い。 ほとんどの場合とんぼがえりかバックで逃げるので岩石封じを押す。 ダイドラグーンでAを下げにきた試合もあったが後手ックスで押し勝てる。 高耐久と技範囲で幅広く戦える。 特殊は後出しされるなどに強くドヤ顔鋼タイプやコオリッポを焼き払うのが死ぬほど気持ちいい。 このように役割対象がホイホイ釣れてとてもいい気分です。 麻薬とかに手を染めないで対戦して欲しい。 特殊ならも救えたかもしれない。 みんなが嫌いなもダイアークが受からない。 初手でと対面してしまった場合はされるケースが多いのでできれば岩封を撃ちたい。 とドラパルトは初手出ししなくても強く同時に選出する事も多い。 初手出しの解説が長くなりましたが使い方が分かればすぐにマスボ級に上がれるポテンシャルがあると思うので使ってみてください。 勝つのが難しくてもまだ辞めないでくださいお願いします。 youdchang.

次の

【剣盾S1使用構築】受からないバンギヌオー【最高43位最終死亡】

バンギラス ようき

はじめに こんにちは、 Paul Chua です。 私はアメリカのVGCプレイヤーです。 そのため、私はその並びに対して有利なパーティを組むため、はじめはトリックルームを使用したパーティを組もうと考えました。 そのときは次の6体を使用していました。 しかしこのパーティのサマヨールがサポートに寄りすぎているポケモンであるため、相手を削ることができない点が欠点でした。 これにより多くのダメージを相手に与えられるようにしましたが、ウオノラゴンを採用した場合 アイアントやドリュウズが厳しいことが気になりました。 ギャラドスは特性のいかくだけではなく、 たきのぼりとパワーウィップによる優れた攻撃範囲を持っている点も強力です。 このような経緯で、最終的に次の6体になりました。 この6体は シーズン1で最終1位を獲得したもちはさん の構築と同じ並びです。 また、配分ももちはさんのものをいくつか使用させていただきました。 もともとはラムのみを持たせていましたが、こうかばつぐんの技にも動じない耐久を活かすために、じゃくてんほけんを持たせました。 少しだけ素早さに振っていますが、これによって無振りもしくは4振りが目立つバンギラスミラーで優位に立つことが出来ます。 地面技には全体技の 「じしん」を選択しました。 このパーティではバンギラスの「じゃくてんほけん」のトリガーとして使えるほかトゲキッス・ギャラドス・ロトムと地面耐性を持つ相方が多いため、「10まんばりき」よりもこちらを優先しています。 相手のトゲキッスと組んだドリュウズを攻撃できるのも重要なポイントです。 「まもる」の枠には当初「つるぎのまい」を採用していましたが、守りたくても守れない場面が散見され他ので変更しました。 また 「まもる」を採用することは「おいかぜ」「トリックルーム」といった素早さ操作への時間稼ぎとしても有効です。 「いのちのたま」を持たせたのはダイマックス状態、きあいのタスキ持ち以外の相手のドリュウズを一撃で倒すためです。 また私は「つるぎのまい」を搭載しないようきドリュウズは弱いと考えているので、火力不足を補う意味でもこのアイテムは必須でした。 タイプ一致技の2つは当然として、 「かえんほうしゃ」はやや増えつつあるアイアントへの打点として必須です。 10まんボルトは同様に増えてきているミロカロスやカシブのみ(ゴースト半減)ブルンゲルに対して有効な技となっています。 効果は「ピントレンズ」と同じなのですが、知名度の低さによって相手が効果を誤認してくれることもあるのではないか、と考えてこちらを選びました。 攻撃技はごく普通ですが、最後に「このゆびとまれ」を採用したのはドリュウズを少しでも長くフィールドに残し、ダメージを稼いでもらうことが目的です。 炎技にはいくつか候補がありますが、ドリュウズの「じしん」同様に「このゆびとまれ」を無視できる点、特性の発動率を上げられる点から 「ねっぷう」を選択しています。 素早さはダイジェット後にドラパルトを抜いてもらうために最速としました。 耐久無振りだと非ダイマックス時に187ドリュウズの「アイアンヘッド」で倒されてしまうのが心もとないため、高確率で耐えられるところまでHPに振って残りは火力に配分しました。 唯一手を加えたのはアイテムで、発動機会の多さを考えてフィラのみからオボンのみに変更しています。 このギャラドスには様々な物理攻撃を乗り越えて「いかく」を撒いてくれることを期待しているので、その殆どを物理耐久に割いています。 技構成は構築経緯でも述べたようにパーティの範囲を上手く補ってくれる「たきのぼり」と「パワーウィップ」、後述する対トリックルームで必要な「ちょうはつ」、大事に扱うための「まもる」の4つに落ち着きました。 一つ目の変更点は彼が素早さに振っていた分を火力に回したことです。 「おにび」を使わない以上無理に相手の上を取る必要はないと考えました。 「てだすけ」はバンギラスをはじめとしたアタッカー達の打点を底上げし、確定数を変えることを狙って採用しました。 例えば、「ダイアーク」と合わせてダイマックスドラパルトやサマヨールを倒したい場面で役立ちます。 そして最後の枠には安定した立ち回りを取るため、「サイドチェンジ」ではなく「まもる」を採用しました。 採用せずとも相手が「サイドチェンジ」を勝手に警戒してターンを無駄にしてくれることもあります。 隣にはトゲキッスと横の相性が良いドリュウズまたはドラパルトを出すことが多いです。 ギャラドスは威嚇でのサポートのために裏に控えさせておくと良いです。 カットロトムはこれらのポケモンで苦しくなりがちなウォッシュロトムなどと戦うのに役立ちます。 相手のパーティが遅めのポケモンで固まっている場合は、不意にトリックルームを決められてしまった場合に備えてバンギラスを選出するのが良いでしょう。 トゲキッス+ドリュウズの先発は、想定される全てのトゲキッス絡みの選出を対処できます。 こちらのポケモンが動きやすくなるように、トゲキッスドリュウズドラパルトの3体のうち1体を倒すことを目指します。 例えば、相手のドリュウズを倒すことができればこちらのトゲキッスをダイマックスさせて通しやすくなります。 相手のドリュウズが剣の舞から入ってきた場合にはギャラドスの威嚇が有効に働きます。 最後のポケモンはドラパルトかカットロトムを相手に合わせて出しますが、相手にウォッシュロトム等がいた場合はカットロトムを、そうでない場合はこだわりメガネによる後発からのスイープ性能が優秀なドラパルトを出していました。 相手のトリックルーム要因を怯ませることをまずは試みます。 (挑発を防がれてしまう場合、トリックルームを防ぐ術がありません) トリックルームを決められてしまっても即負けというわけではなく、ダイマックスターンを有効に活用してトリックルームを凌ぎきることを目指します。 この動きが決まれば、その後は上から攻撃するだけで勝てます。 エルフーン+リザードンの場合、リザードンのキョダイマックスワザをこの指止まれで吸いながらドリュウズでリザードンを倒します。 相手の後発にいることが多いローブシンに威嚇を入れるためにギャラドスを裏に控えさせておきます。 レンタルパーティも公開しているのでぜひ使ってみてください! レンタルチームID:0000 0008 KLC6 VC パーティ作成者 Paul Chua I like anime and Pokemon 2018年世界大会TOP16 Regional優勝 5回• ダブルバトルメイン。 ウインディ、ウツロイドが好き。 ポケモンカードもプレイしており各地のチャンピオンズリーグに遠征しているが、毎回敗退しているため「旅行が趣味」という設定にしている。 <ゲーム部門> 全国大会 2017~2019出場 WCS2017 Day2出場 WCS2019 Day1出場 <カード部門> 2019シーズン:住所を登録し忘れてプレイヤーズセレモニーが届かない 関連する記事• 2020. 13 目次 1. はじめに2. 寄稿される方へ3. 上位リスト3. Wolfey3. […][…]• 2019. 07 先日、イシヘンジンの特性「パワースポット」の倍率を検証し、「パワースポット」による強化倍率は1. 33 […][…]• 2020. 25 目次 1. はじめに2. 寄稿される方へ3. 上位リスト4. 情報ソース4. テル4. しあ […][…]• 2019. 03 目次 1. お詫び2. はじめに3. イシヘンジンとは4. 検証開始4. パルシェ […][…]• 2020. 01 目次 1. はじめに2. ダブルバトル シーズン2上位30人 はじめに デラヒーバです。 今回はシー […][…].

次の

【サンムーン】バンギラスのおすすめ育成論と厳選方法!【ポケモンSM】

バンギラス ようき

結果は残せませんでしたが剣盾s1で使用していた構築について書いていきたいと思います。 また、のダイホロウの火力不足を感じ、出しにくかったので意地に変更した。 圧倒的な素早さのおかげであまりSに割かなくても充分ストッパーとしての役割を果たすことが出来た。 耐久振り特殊ではなく小学生みたいな振り方になったのはスカーフでの枯らし性能とダイホロウのBダウンの恩恵を受けれること、そしてダルマをワンパン出来ることを両立したかったため。 だがこのおかげで初手だるまを文字で落としたあと出てきたキッスがドラパルトが特殊型だと思い込み大体巧んでくるため、物理ダイホロウを当てることでキッスも仕事させずに落とせたり、逆にダイドラグーンやダイホロウでa振りの火力見せつけた後アーマーガアなどの鋼に大ダメージを与えたりなど、活躍の機会は多かった。 物理か特殊1本のスカーフドラパルトを使う場合はダイウォールが欲しいので鬼火か呪いを採用し得だと思う。 格闘タイプがいない構築には基本的にこいつを通すことを第一に考える。 従来のより耐久を大幅に削ってるが、それでもすれば耐えたい攻撃は基本的に耐えるのでそこまで耐久不足を感じる場面はなかった。 また、バンギにックスを切れなかった試合でも、元の数値が高いので雑に殴り合いさせたり、sに振ってるおかげで襷ガルドに対しドラパのトンボと合わせてほぼ無償突破したり、の上から殴れたりなど調整が生きる場面は多かった。 バンギが苦手な格闘や鋼、地面を受けたり、相手のックスを欠伸守る再生を駆使して消化させたりしてバンギの展開を補助してた。 ただ終盤は相手のアーマーガアが早いのしかいなかったのでほとんど投げれず、要検討枠。 ただバンギ以外とのが微妙過ぎたので構築にもう1匹全抜きエース系のを入れとけばよかったかもしれない。 目安としては陽気Dシャドクロを確定で耐える連中 エースバーンなど がちょうど確定で落ちるようになる。 再戦の頻発する最終盤まではの巧みがあまり読まれることが少なく、かなりイーウィンを決めやすかった。 端数はDL調整が不要になったため適当にSに振ったが、ミラーで上を取れてることが割と多かったのでこれで正解だと思う。 バンギドラパルトヌオーカットムまでは良かったとは思うが、残り2枠が終盤ほとんど出せなかったのにより良い枠を見つけられなかったのが反省点。 特に最終盤激増したダルマ 特に耐久振り 、強運キッス、インテレオン、残飯ガルド辺りへの回答が少なくそれが原因で溶かしまくったのでそこへの回答と、抜きエースがバンギしかいないのでもう1匹採用するべきだったとは思う。 知り合いみんな相変らず強くて萎えてるのでS2は追いつけるように頑張りたい。

次の