ミラボレアス アイスボーン。 『モンハン:アイスボーン』謎の“チラ見せ”モンスターを読者が予想! ゼノ・ジーヴァ派とミラボレアス派に分かれる─新規モンスターを期待する声も

【アイスボーン】ミラボレアスは登場するのか?|新モンスター考察【モンハンワールド(MHW)】

ミラボレアス アイスボーン

では順番にその根拠となるものを説明していく。 MHP2Gの看板モンスター「ナルガクルガ」が追加決定 2018年12月10日にアイスボーンのティザー映像が公開。 その動画の最後に、発売は2019年秋と告知がされた。 が、その後すぐに赤い爪跡の攻撃が画面に映り、MHP2G(モンスターハンターポータブル2G)の看板モンスター、ナルガクルガと思われる鳴き声が入っていた。 赤い爪跡 ナルガクルガの目? ナルガクルガは怒り状態になると目が赤く光る。 これはMHP2GのOP映像に写っていたものとそっくりだ。 MHP2GのOPに映るナルガクルガ その後公式からナルガクルガ追加が公式発表された。 迅竜 ナルガクルガ 全身を獣のような漆黒の体毛に覆われた飛竜。 素早い攻撃やトリッキーな立ち回り。 暗がりに身を潜め、恐るべき素早さで獲物を狙う特徴は残しつつ、古代樹の森で「リオレウス」との縄張り争いなどならではの豊かな生態表現も見られる。 猛牛竜 バフバロ 凍魚竜 ブラントドス 迅竜 ナルガクルガ 冰龍 イヴェルカーナ 紹介はこの4体だけだと思われたが、実はPVの最後に謎のモンスターの鳴き声が入っていた。 その情報からしばらくして公式Twitterからティガレックス追加確定の情報が発信され、追加が確定となった。 今まで痕跡が発見されなかったモンスター「ティガレックス」 原始的な風貌を色濃く残す飛竜。 斬竜 ディノバルド このモンスターは大剣の如き尾から斬竜と呼ばれ、その特徴的な攻撃方法は体を大回転させ燃え上がる尻尾で必殺の一閃を放つというものなのだが、最近公開されたアイスボーンのPV第2弾では動画の最後にディノバルドの攻撃のようなものが映り、またまたSNSで話題に。 ハンターの後ろに謎のモンスターの足が 火花を散らす激しい一閃 その後激しい炎が燃え盛る これはMHXをプレイした人ならすぐにピンときたのではないか。 ディノバルドも追加が濃厚だ。 MHP3の看板モンスター「ジンオウガ」が追加? アイスボーンのPVを見た人はわかると思うが、PVの最後に予約特典として「ユクモノ」シリーズの重ね着がGETできる。 予約限定特典 「ユクモノ」シリーズの重ね着 これはMHP3(モンスターハンターポータブル3rd)のハンターの初期装備であり、公式の発表時やMHP3パッケージイラストのハンターが装備している。 MHP3と関係もないのにこれを出すとは思えない。 ちょっと弱いがMHP3の看板モンスターであるジンオウガも追加されるのではないかと予想ができる。 デラックス特典「銀騎士」シリーズ(重ね着)の謎 アイスボーンPVの最後にデラックス特典では、防具「銀騎士」シリーズの重ね着がGETできるという情報が流れる。 アイスボーン デラックス版特典 「銀騎士」シリーズの重ね着 これは今までなかった装備なので巷では無印ダークソウルの銀騎士装備みたいだなどと言われているが、ちょっとまってほしい。 銀騎士装備に装飾されているこのマーク。 銀騎士装備に装飾されているマーク これはシュレイド城の旗のマークとそっくりなのだ。 MHXXのシュレイド城にある旗 ということはこの防具は、ミラボレアスによって滅ぼされたシュレイド城の兵士の防具だったのではないか? もしそうだとしたら「ユクモノ」装備もそうだが、なんの理由もなく追加されるとは思えない。 ミラボレアスは看板モンスターではないが、MH史上では禁忌とされる伝説のモンスターであり、開発陣も特別視しているモンスターだ。 以上のことからミラボレアスの追加も十分予想できる。 MH15周年記念ページの謎 実は今年の3月にMH15周年記念ページが公開されていた。 ここには15周年記念としてアイスボーンを含む歴代看板モンスターたちが入った画像がTOPに掲載されている。 15周年記念 看板モンスターたち ここで気になるのはどのモンスターもMHW仕様のグラフィックのように見えること。 そして今回追加が予想された MHP2G 看板モンスター ナルガクルガ MHP2 看板モンスター ティガレックス MHX 看板モンスター ディノバルド MHP3 看板モンスター ジンオウガ 伝説のモンスター ミラボレアス が全て入っている。 このことから、この15周年記念ページに掲載されているモンスターたちはアイスボーンで追加されるのではないかという予想が(ちょっと強引だが)たてられる。 この画像から今回追加を予想したモンスター以外でMHW(モンスターハンターワールド)に存在しないモンスターは MH3 看板モンスター ラギアクルス MH3G 看板モンスター ブラキディオス MH4 看板モンスター ゴア・マガラ MH4G 看板モンスター セルレギオス MHXX 看板モンスター バルファルク の5体だ。 この5体のモンスターもまだ情報はでていないがアイスボーンで追加されるのではと予想ができる。 まとめ もし、ここで予想した看板モンスターたち+ミラボレアスが追加されるとの情報が増えれば増えるほど、15周年記念ページのモンスター全てが追加される説が濃厚になっていく。 今後発売に向けて情報が小出しになると思うが、どのモンスターが追加されるかどうか公式の発表やPVに注目したい。

次の

MHWIB ゼノ成体や黒龍ミラボレアス 出し方・リーク情報・12月アプデ内容!セリエナ祭の重ね着装備! 【ゼノジーヴァ・MHWアイスボーン】

ミラボレアス アイスボーン

海竜種でありながら地上での活動に適した進化を遂げ、俊敏な動きでハンターたちを翻弄。 その美しい見た目も含めて非常に特徴的なモンスターなので、登場を要望する声が大きいのも頷ける話です。 【読者の声】 ・雅の体現者とも言える見た目が好きだから。 また、装備も狐面や袴、美しい装飾が施された刀身などを進化したグラフィックで見たい。 ・戦闘時に流れるあの音楽や、武器や防具の和装感が好きだから。 ・美しい見た目。 武器防具の秀逸なデザイン。 メリットとデメリットがある泡やられのゲーム性。 ・一番好きなモンスターで、泡とフォルムが美しい、動きが美しい、狩る時たのしい、生態が気になる。 ・現段階で、水属性のモンスターが少なく武器にも偏りが大きい。 その為、水属性モンスターを追加し、攻撃パターンも面白いタマミツネを追加して欲しい。 海竜種と言えばこのモンスターを思い出す方も多いのでは。 フォルムも美しく、泳いでる姿を遠くから見かけると神秘的ですらあります。 しかし、間近で対面した時の圧力は相当なもの。 それが水中であれば、絶望的な気持ちにすら駆られます。 大海の王の名に恥じぬ、実力と人気の持ち主です。 【読者の声】 ・1,2を争うカッコよさと戦闘力、そして3のメインであり、リオレウスの宿命のライバル的存在。 ・皮膚の質感や電気のカッコ良さを高画質で見てみたいから。 ・3から始めたって言うのもあり、とてもいい印象が焼き付いています! またあのBGMと共に戦いたいです。 お願いします。 ・運営から無理だと聞いていても、出て欲しいものは出て欲しいのである。 ・MHWIに水棲モンスターが少なく、またラギアクルス自体も3と3G、X、XXだけの登場にも関わらず人気が高いこと。 現状まともな雷属性モンスターといえばキリンぐらいしかおらず、もっと属性にも幅が欲しい。 純粋にかっこいい。 かつては、生半可な装備では一撃で沈められることも多々あり、恐怖の象徴ですらありました。 また、後の作品では戦い方に変化を見せ、ハンターたちに新たな刺激をもたらします。 ボスクラスのモンスターと言えば、「ミラボレアス」の名前も必ず挙がるほどなので、ベスト3入りも納得です。 【読者の声】 ・言わずと知れた設定上は最強の古龍。 ワールドのモンスターは基本的に対策さえすれば負けることはほぼない為、絶望的なまでの強さを体感させて欲しい。 ・戦っていて楽しいモンスターだから。 戦っていてストレスがなく、ギミックなどもあり楽しい。 弱点を攻撃した時の気持ちよさもある。 ・禁忌のモンスターという話題性と、最近の運営の黒龍推しに期待をしているから。 ・子供の頃に出会い、絶対に勝てないだろうと思い戦うことすらできなかったが、大人になった今なら互角以上に戦えるのではないかと思ったから戦ってみたい。 3桁の票数を稼ぐデッドヒートが、上位3位で繰り広げられています。 その中でちょうど真ん中に位置した「ゴア・マガラ」は、眼に当たる器官がないため、その風貌はモンスターの中でも特に異様さが際立っています。 体躯の禍々しさもあり、非常に恐るべき存在ですが、だからこそ惹かれる方も多いのでしょう。 【読者の声】 ・とにかくかっこいい!!! ダークヒーロー感と厨二病感が満載で狂竜化で見た目が変わる所もポイント高い!!! ・過去作で狂竜化ウイルスとかいう魅力なものにひかれたし、普通にカッコよかったから。 ・モンハンを始めたのがMH4なのでゴアが凄く思い出に残っており、ワールドという新しい舞台で再戦したいからです。 幼体が生体になるという激アツな展開が用意されているのも、グットポイントです! ・あの禍々しい姿をアイスボーンで見てみたいのと、死闘をしてみたいですね。 ・まずモンスターのビジュアルがドンピシャで好きだからです。 武器、防具のデザインもモンハン開発陣のセンスの良さを最大限に引き出しているので、モンスターのビジュアル、モーション、設定、武器防具のデザイン、bgm、全て合わせて最高です。 『MHXX』の顔とも言える「バルファルク」が139票を集め、読者が最も要望する参戦モンスターとなりました。 独自の進化を遂げた翼は、龍気の放出による飛行や、千差万別な攻撃手段として活用。 他のモンスターとはひと味違うバトルは、多くのハンターを虜としました。 その強さはもちろん、ビジュアルに惹かれる声も多く届いており、「バルファルク」実装への期待は高まるばかりです。 【読者の声】 ・MHXXでのバルファルクの思い入れが強いため HD画質のバルファルクが見てみたいです! ・カッコイイ ・狩り甲斐がある ・神BGM ・MHXXは正直あまり期待はしていませんでした。 ですがその期待を爽快に裏切り神ゲーとまで言わせた理由の一つが天彗龍バルファルクです。 彼の外観的かっこよさ、生態、モーションどれをとっても文句ありません。 そしてかっこいいだけでなく強いです。 是非新大陸に飛ばしてやってください。 お願いします。 ・バルファルクが追加されると、歴代古龍メインモンスターが揃うから。 ・龍気を使うという謎に満ちた生態がMHWなら解明されるのではと期待がある。 古龍なのに龍属性を使うというのも他のモンスターにあまり見られない特徴がある。 距離感が大切なモンスターなのでクラッチクローなどが追加されたMHWで面白い闘いができると思う。 単純にカッコイイ、だからこそMHWの高画質でどのような姿になるのか楽しみ。 《臥待 弦》.

次の

『モンハン:アイスボーン』謎の“チラ見せ”モンスターを読者が予想! ゼノ・ジーヴァ派とミラボレアス派に分かれる─新規モンスターを期待する声も

ミラボレアス アイスボーン

はるかな昔からその名が語り継がれる伝説の龍。 各地に残る壁画や竜人族に伝わる口伝などから、自然をも超越する存在と推測されていたが、実体は確認できておらず伝説のままだった。 人間が繁栄を極めたころ、一夜にしてとある王国を滅ぼし、その城に棲みついたことでその存在が実証されたが、調査者の誰もが帰還せず、ついには侵入禁止区域となり、再び伝説の存在となっている。 引用元: 禁忌のモンスターの1体 ミラボレアスは「禁忌のモンスター」と言われるモンスターの1体で、初代MHで登場した。 自然現象を司る古龍以上の力を持ち、 1体で世界を滅ぼす力を持つと言われている。 MH世界における生態系の頂点の存在でもある。 他の禁忌のモンスター 紅龍ミラバルカン 【MHGで初登場】 ミラボレアスが怒った姿。 「ミララース」と呼ばれる特殊個体もいる。 祖龍ミラルーツ 【MH2で初登場】 全ての龍の祖と言われる存在。 伝承で語られることすらない。 煌黒龍アルバトリオン 【MH3で初登場】 全ての属性を持つ規格外のモンスター。 「神域」と呼ばれるマグマが充満しているマップに生息している。 煉黒龍グランミラオス 【MH3Gで初登場】 絶えず体からマグマを放出している大地の化身。 「厄海」と呼ばれるマップに生息している。 初代MHで登場 ミラボレアスは初代MHから登場しているモンスター。 シュレイド城という専用マップに出現し、撃龍槍やバリスタ、大砲などのマップギミックも使えた。 そのため剣士で挑むのは効率が悪く、 ガンナーで拡散祭りと言われる戦法がよくとられた。 攻撃力もトップクラス 禁忌のモンスターだけあって攻撃力もハンパではなく、一般的な攻撃である 「倒れこみ」や、そこから派生する「這いずり」を受けるだけで即死ということもザラだった。 もちろん現実的な範囲で防御力を高めた状態で即死である。 MH4で復活! MH3とMH3Gでは登場が見送られたが、MH4で復活!初代MH〜MHP2Gまで変わらなかった モーションもほぼ全て一新され、実質新モンスターと呼べるほどになった。 さらに、専用マップであるシュレイド城も一新された。 アイスボーン攻略情報 アイスボーン攻略の注目記事.

次の