玉川大学 お金持ち。 玉川大学 偏差値 2020

玉川大学の評判、入試情報、資格取得や就職状況など|文系大学受験・入試ガイド~ユニナビ

玉川大学 お金持ち

A ベストアンサー 明大OBです。 友人に明学を中退した明大時代の友がいっていたことを書きます。 明治大学と明治学院大学は系列も違うし、カラーも違います。 明大ははっきりいって男臭いです(笑)。 文学部は通常女性の割合が高い学部ですが、明学は通常通り男2:8女でしょうが、明大は男5:5女です。 文学部といえども男の数が多いのです。 でも明学は女性の方が多い大学だと思います。 あとは皆さんも書かれていますが、明大の方が偏差値が高いです。 一応「東京六大学」ですから。 明学の場合はそれよりも落ちます。 よく「MARCH」、「坊ちゃん四大」、「日東駒専」、「大東亜帝国」と大学のレベルを指す表現がありますが、明大はMARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政大学)のレベルに属します。 明学は坊ちゃん四大(学習院・成城・成蹊・武蔵大学)のレベルに入るでしょう。 それと明大は無宗教ですが、明学は宗教色が強いキリスト教のプロテスタントの教えを基盤とした学校です。 以上まとめると、 1. 男臭い(明大)か女臭い(明学)かの違い 2. 無宗教(明大)かキリスト教(明学)かの違い 3. 偏差値の高(明大)低(明学)の違い 4. キャンパスが三箇所(駿河台・和泉・生田)の明大と横浜市戸塚区のキャンパスの明学 この四点が上げられます。 明大OBです。 友人に明学を中退した明大時代の友がいっていたことを書きます。 明治大学と明治学院大学は系列も違うし、カラーも違います。 明大ははっきりいって男臭いです(笑)。 文学部は通常女性の割合が高い学部ですが、明学は通常通り男2:8女でしょうが、明大は男5:5女です。 文学部といえども男の数が多いのです。 でも明学は女性の方が多い大学だと思います。 あとは皆さんも書かれていますが、明大の方が偏差値が高いです。 一応「東京六大学」ですから。 明学の場合はそれよりも落ちます。 よく「M... A ベストアンサー 私は詳しく知りませんが、亜細亜に通ってる友人の先輩が 「一芸入試に頼ってる大学って、その時点で格を落としてるよ。 大体、芸能人に何の一芸があるの?上手くスマイル作れること?うちの大学、馬鹿にされ過ぎで頭にくる。 推薦で入った芸能人とレベル一緒に見られて頭にくる。 そのくせ、この前の事件。 参っちゃうよ・・・」と、もの凄い勢いで友人に愚痴っていたとのことです。 勉強がしたくて入学したその先輩には、亜細亜大を馬鹿にする心無い人の視線がかなり苦痛な様だったらしい。 私自身、推薦で入った芸能人のことを聞くと「はぁ?」と思いますし、英検何級だから・・・とか、ゴミ掃除のボランティアしました・・・、だけで入れる大学には疑問を感じます。 その点、東大は推薦は特殊なのを除いて皆無。 それに、編入制度もないので最高学府としての格があると思います。 しかし、心無い人の視線を気にしなければどこもいい大学だとは思います。 要は自分自身の力だ、という意味で・・・。 不快な文章申し訳ありません。 たまたま上記の話を聞いたので回答してみました。 因みに、その先輩はもっと良い環境と学生の質を求めて他大に編入する(した?)そうです。 私は詳しく知りませんが、亜細亜に通ってる友人の先輩が 「一芸入試に頼ってる大学って、その時点で格を落としてるよ。 大体、芸能人に何の一芸があるの?上手くスマイル作れること?うちの大学、馬鹿にされ過ぎで頭にくる。 推薦で入った芸能人とレベル一緒に見られて頭にくる。 そのくせ、この前の事件。 参っちゃうよ・・・」と、もの凄い勢いで友人に愚痴って... Q 今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。 他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。 そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を いくつか見させていただいたのですが、 その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が いくつかあったので質問させていただきました。 例えば、 ・帰国子女に甘い ・外国語ができれば入れてしまう ・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い ・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが) などです。 特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。 この評判は本当なのでしょうか? できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。 卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。 上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。 今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。 他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。 そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を いくつか見させていただいたのですが、 その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が いくつかあったので質問させていただきました。 例えば、 ・帰国子女に甘い ・外国語ができれば入れてしまう ・実際学生や卒業生も英語... A ベストアンサー 元塾講師です。 帰国子女に甘いというのは事実です。 今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。 帰国子女はまず間違えません。 勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。 その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません) 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。 特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。 ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。 理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。 ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。 マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。 大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。 上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。 内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。 ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。 英文を勉強するには非常にいい環境です。 ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。 ただ、大学名で落とされることはまずありません。 最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。 しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。 乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。 元塾講師です。 帰国子女に甘いというのは事実です。 今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。 帰国子女はまず間違えません。 勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。 その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません) 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。 特に国語はよくできた問題が多く(全... A ベストアンサー 元塾講師です。 結論を書くと「雰囲気で気に入った方でいい」です。 ただ、立教に憧れを強く持たないなら青学がお勧めです。 グローバル落選に関しても大した問題ではないですし、両校のポジションが大きく変わることは10年はないでしょう(というより今後も50年変わらないと思います)。 可能性があるのは法政が日東駒専の最上位になる程度であり、立教・青学ともに早慶に並ぶこともなければ明治に追いつくこともないでしょう。 箱根駅伝も確かに宣伝効果はあるかもしれませんが、だからと言ってそこまで変わりません。 今まで他のマーチに流れていた人が多少青学に来るだけで、早慶合格者が来ることはなく、その効果は限定的で、むしろ一番効果があるのは「青学生・OBの自慢の種」なだけです。 今までに総理大臣はいませんし、最近は有名な女子アナも輩出していませんし、色々な大学ランキングをやっても慶應の下ですし、早慶の学生が憧れる要素があるとすれば「渋谷」という立地…。 そんな状況で文句なしの「日本1」という高揚感をもたらしたのが箱根駅伝であり、逆に書くとそれ以外はないということになります(箱根駅伝は関東の大学だけの大会ですが…)。 また、文面からもともと青学で、立教の方が良ければ立教に変えるようですが、正直お勧めできません。 あなたを文系と仮定して書きますが、立教の現代文は癖があり、勉強して突破できるものではありません。 青学はまだ勉強した分だけ合格率が上がりますが、立教はそうした部分では克服できないもので作られています。 確かに相当勉強すればできるようになりますが、それも幼少期からしっかり文章を読んできた人や何らかのセンスがありそこが伸びた場合だけであり、努力で何とかならない人が90%以上でしょう(国語の塾講師経験から)。 本好きな人には立教は解きやすいようです。 そのため「青学に落ちて立教に合格した」人は国語にセンスがある人が多いです。 逆に「立教に落ちて青学に合格した」人はしっかり勉強してきた人が多いです。 受験生がどちらかは(講師であれば90%受験前に分かりますが)受験生本人には分かりません。 受験してみて片方しか合格しない人がほとんどので、不合格だった方は「縁がなかった」になります。 そもそも、その二校だけを考慮しているか分かりませんが、私なら「まず早慶のどちらがいいか、次に上智で、その次に…」という考えであれば青学をお勧めします。 やはり立教の問題の特殊性がネックであり、第一志望でない以上対策に時間を使いたくないからです。 また第一志望として両校を考えても青学をお勧めします。 やはり滑り止めの日東駒専の受験を考えた時、立教の対策に割ける余裕があるのかという疑問が残りますし、仮に余裕があるなら早慶の対策をした方がいいと思うからです。 立教そのものを否定するつもりはりませんが、やはり現在の入試制度の下では多少問題に特性がある私立は避けることが無難です。 そこが第一志望ならそれ専門の対策をする価値はありますが、悩んでいる以上やらない方がいいです。 ご参考までに 元塾講師です。 結論を書くと「雰囲気で気に入った方でいい」です。 ただ、立教に憧れを強く持たないなら青学がお勧めです。 グローバル落選に関しても大した問題ではないですし、両校のポジションが大きく変わることは10年はないでしょう(というより今後も50年変わらないと思います)。 可能性があるのは法政が日東駒専の最上位になる程度であり、立教・青学ともに早慶に並ぶこともなければ明治に追いつくこともないでしょう。 箱根駅伝も確かに宣伝効果はあるかもしれませんが、だからと言ってそこま... keinet. cgi ) 以下、右端の 内は昨年1月~3月実施の実質合格倍率です。 5位 2 1 早稲田 5. 3 5. 5位 7 10 慶應 4. 2 4. 5位 3 6 上智 4. 9 4. 5位 9 8 明治 4. 0 4. 5位 1 2 青学 5. 5 5. 5位 3 4 立教 4. 9 4. 5位 10 9 中央 3. 9 4. 0 位 5 5 法政 4. 6 4. 5位 7 6 関西 4. 2 4. 5位 12 11 関西学院 3. 1 3. 5位 16 15 同志社 2. 7 3. 0位 15 17 立命館 2. 8 2. 0位 12 12 日本 3. 1 3. 0 位 5 3 近畿 4. 6 5. 0位 11 13 東洋 3. 4 3. 5位 12 13 駒沢 3. 1 3. 0位 16 16 専修 2. 7 2. 9 平均順位から算出した総合順位は 1位早稲田、青学 3位立教 4位近畿 5位上智 6位法政 7位関西 8位慶應、明治 --------------早慶上智ライン 中央を除いたMARCHライン 10位中央 --------------MARCHライン 11位関西学院 12位東洋、日本 14位駒沢 15位同志社 16位専修、立命館 --------------関関同立・ 近畿を除いた 日近東駒専ライン 以上の結果から、 やはり知名度抜群で私大の代名詞ともいえる早稲田大学は人気が根強いことが分かります。 また、青学は青山回帰や箱根駅伝優勝で知名度や志願度がアップし、早稲田と肩を並べるほどの大人気私大と言えると思います。 立教もそれなりに安定した健闘をしています。 早稲田と双璧をなす慶應については、8位とパッとしない順位ですが、これは、慶應の国語に代わる、小論文に対するとっつきにくさからの受験生の回避も関係してるかもしれません。 あと、MARCHの中では、中央大学が4. 0倍を切っており、 人気面では、MARCHのお荷物になっているようです(中央大の法以外が対象です) --------------------------------------- 私は、立教or青学で志望を迷っています。 青学は青山回帰や箱根駅伝優勝等で知名度も志願度も上昇傾向です。 しかし、グローバル大選出で漏れ、これから人気など、どうなるのか心配です。 立教は、特に目立ったことはありませんが、安定感は青学よりもある気はします。 きちんとグローバル大にも選ばれていますし。 あと、青学はアホ学と呼ばれて馬鹿にされたりしますが、 立教については影が薄いとは言われても、 MARCHツートップ(明治、立教)が確立されているので、(一般的には)バカ扱いはあまりされない印象があります。 立教と青学でどちらの方が一般的に印象(頭の良し悪し、知名度の差など)が良いでしょうか? 知名度に大した差はないでしょうか?青学の方がやっぱり断然有名ですか? また、今後の状況を考慮した結果、あなたなら、どちらに進学しますか? ぜひ、ご意見を拝聴したいです。 以下の、大学ブランドランキングも決定材料として気になります。 nikkeibp. keinet. cgi ) 以下、右端の 内は昨年1月~3月実施の実質合格倍率です。 5位 2 1 早稲田 5. 3 5. 5位 7 10 慶應 4. 2 4. A ベストアンサー 私なら、大学だけで選ぶなら 研究内容等は一切無視 、その二つからなら立教です。 青山渋谷より池袋の方が段違いに好きだからです。 青山渋谷は、むしろ嫌い。 面白くない。 私はそうです。 青山渋谷が好きな人なら、また話が変わるかもしれません。 ちなみに、就職のときどうかなら、青学も立教も知らないようなバカは採用に関わってないでしょうから、関係ない、でしょう。 0倍を切っており、人気面では うん。 場所がねぇ。 あなただって、青学の本キャンパスが厚木の山奥にあれば、また考え方も変わりますよね。 同じようなレベル同士で比べた場合、法科の中央、という飛び道具でブランド力が上がっていても、その結果、ということです。 勿論、地理的に、あるいは雰囲気的に、立教青山より中央を好む人も居るとは思いますが。 個人的にはあの手の僻地キャンパスはまっぴらごめんです。 雰囲気なら青山立教より好ましいかもしれませんが。 似たようなグループで比べる場合は、その表はそこそこの資料にはなると思います。 野球やラグビーで早明戦がある、なんてのとは明らかに違いますよね。 青学の箱根優勝なんかより、帝京ラグビー部の5連覇の方が遙かにインパクトが大きいんですが、じゃぁあなたは帝京に行きたいと思いますか? 山梨学院とか大東文化だとか、せいぜい東洋だとか、その辺りなら、宣伝効果があると思いますがね。 早慶MARCレベルなら無関係でしょう。 バカすら来ないのと、バカはそもそも殆ど居ないのと。 早稲田辺りが、スポーツも「セットで」凄い、というのとも違いますし。 最近それもね そういえば、次の「箱根」駅伝はあるんですかね。 私なら、大学だけで選ぶなら 研究内容等は一切無視 、その二つからなら立教です。 青山渋谷より池袋の方が段違いに好きだからです。 青山渋谷は、むしろ嫌い。 面白くない。 私はそうです。 青山渋谷が好きな人なら、また話が変わるかもしれません。 ちなみに、就職のときどうかなら、青学も立教も知らないようなバカは採用に関わってないでしょうから、関... Q 娘の大学進学ことで相談です。 私自身が大学についての知識が乏しいため娘任せで大学受験を終えました。 なんとか私立大学3校合格しました。 合格した3校の中では学習院が一番ランクは高いです。 娘も(私と同じで知識不足のため?深く考えず?に)学習院(英文学科)に行きたいと行っています。 情けないことに、この場になって初めて気がついたのですが、田舎(静岡県)の庶民サラリーマン(年収800万程度)の娘が学習院に進学して、肩身の狭い思いをするのではないか?と非常に心配になってきました。 実際、学習院大学には、一般庶民の学生は少ないのでしょうか?一般庶民の学生は肩身の狭い思いをするのでしょうか?どうか助けて教えて(助けて)ください。 A ベストアンサー 私の従姉妹(叔父の娘2人)が学習院に通っています。 1人はすでに卒業しましたが、1人は在学中です。 最近ではお金持ちだけ、という様子ではないようですが、 やはりお嬢様が多い事は多いようです。 寄付金などを求められることもあるようですが、そういったものには 無理なく応じれる分だけ応じれば良いでしょう。 強制ではありません。 部活やサークル活動などでは、他の大学よりも親御さんの負担が 大きいようです。 が、これは部活にもよるでしょう。 合宿などがある部活だと、お金よりも応援に行ったりご飯を作ったり、 そういうことに熱心な親御さんが多いようです。 叔父は零細企業とはいえ役員を務めており、また奥さんも 成金のお嬢様(帝国ホテルで結婚式を挙げられないなら 結婚させない、と言われたそうな・・・)ですが、まぁ 学習院ともなると「うちみたいな中途半端な金持ちでは 相手にならないほどすごいところのお嬢様がゴロゴロ してるから、張り合う気も失せた」というのが当の従姉妹達の 言葉です。 彼女らに感想を聞いて見ると、「親が金を持っているかどうか」 よりも「しつけがちゃんとされているか」「物怖じしない性格か」 のほうが重要なようです。 つまり、「どうせ私なんか・・・」と萎縮してしまうタイプの 人にはつまらない大学だけれど、「人は人、自分は自分」と 思えて、「へー、そんな世界あるんだー」と素直に感心できる 人には、面白い人脈が広がる楽しい大学だそうです。 言い方を変えれば、見栄っ張りな人にはしんどい大学なんでしょうね。 思うに、本当のお嬢様は、お父さんがサラリーマンだからといって 馬鹿にしたりしません。 むしろ中途半端なお嬢様ほど自分を高く 見せようとして他人を蔑みます。 そういう人たちを相手にせず、自分に敬意を払ってくれる人にだけ こちらも敬意を払うようにしていれば、自然と居心地よい友人関係が 作れるのではないでしょうか。 あとは、娘さんがそういうことができる性格かどうかですね・・・。 苦労もあるでしょうが、就職してからでは得られない人脈が 広がると思います。 納得行く結論が出るといいですね! 私の従姉妹(叔父の娘2人)が学習院に通っています。 1人はすでに卒業しましたが、1人は在学中です。 最近ではお金持ちだけ、という様子ではないようですが、 やはりお嬢様が多い事は多いようです。 寄付金などを求められることもあるようですが、そういったものには 無理なく応じれる分だけ応じれば良いでしょう。 強制ではありません。 部活やサークル活動などでは、他の大学よりも親御さんの負担が 大きいようです。 が、これは部活にもよるでしょう。 合宿などがある部活だと、お金よりも応援... 下記URLの英検や旺文社のページをご覧になってご自分でお探し下さい。 eiken. evidus. 大学の評判と基準偏差値の間に差がある場合には以下のことが考えられます。 1、競合校と日程が重なる、またはずれている 2、合格者が極めて少ない 3、入試問題が受験生の能力に見合っていない 4、他大学にその学部がないために集中する 1、中学受験などでは多く見受けられることですが、競合校と入試日程が重なる場合は、受験生が分散し両校の合格者偏差値が下がる傾向にあります。 また、今まで同じだった学校のどちらかが日程をずれして両方上がることがあります。 大学の入試偏差値は大抵、「その偏差値で合格確率50~60%」というもので(模試のC判定あたりです)、その基準が下がるだけです。 2、女子アナなどの超高倍率の試験では、「どうすれば合格する」という基準は作れません。 大学入試でも合格者1人の試験の場合はその年のトップだけが合格することになり、「合格偏差値=合格した1人の偏差値」となり、これは毎年変わってしまいます。 これは極端な例ですが、そこまで合格者人数がでない大学では多少影響があります。 もっとも最近は、(定員割れしそうな大学はよくすることですが)推薦入試でかなりの定員を埋めて一般試験の募集数をかなり少なくして入試偏差値を高めに操作(?)している大学も少なくありません。 その証拠に、武蔵野大では入学定員の半数近くが推薦等の一般試験を経ないで入学していますが、日大では内部進学を含めてもそこまでではありません。 企業などがその大学の学生の質を判断するのはあくまで「その大学に入学・卒業した全学生(の平均)」であり、一般試験を受験した以外の能力も含めています。 早慶や国公立などの難関大学では「一般入試では測れない能力の持ち主」を推薦入試などで選抜しますが、日本のほとんどの大学の推薦入試は「定員の穴埋め・他に逃げられないように青田買い」であり、推薦入試の入学者は能力的には一般試験よりかなり低いと見積もられています(そのため企業では、一般試験かの質問をそれとなくしたり、筆記試験でふるい落とします、その影響か最近は大学入学後に基礎学力養成講座をしている大学もあります、それならそいつらを入学させなければいいだけですが、それでは定員割れしてしまうのでできません。 そうした講座を持つ大学はまともな人間を入学させていないことになります)。 つまり、「推薦入試の多用で一般入試の偏差値よりかなり低能力の学生が多く存在する=世間とのギャプが生まれる」ことになります。 3、入試というのはその受験生(もしくは合格相当の学力をもった人間)の能力に見合ったもの出ないと選抜ができません。 小学生にセンター試験をやらせて、今までの試験と同じような成績順にはならず、ほとんど運に左右されます。 また、逆に東大生に小学校の単純な計算問題をやらせても、そこで計られる能力は「ケアレスミスの少なさ」だけであり、学力の判定はできません。 このように受験生の能力に見合わない試験の場合、合格者偏差値は高めに出やすいです。 というのも、先に挙げたように「合格率50%」のところを偏差値にしていおり、ある程度の倍率になると、(試験が難しすぎる場合には)ほとんどの人は全問題を正解せず、それでは合格しません。 そうなるとその問題の中に「ある程度知っていて解けた人達」の層にまで行かないと50%にならず、異様に高い偏差値になります(先に挙げた小学生にセンター試験を課して合格する人は「飛び級予備軍」であり、そうした人を選抜する目的としては正しいものになります)。 ただ、この場合、偏差値30の人からも運で合格している人も誕生し、それが30~70までひとりずつ存在し71のところで半数以上だから「偏差値71」ということになりますが、合格者の平均偏差値は50いかない場合も考えられます。 むやみに偏差値を高く算出したい場合にできるテクニックですが、ある程度優秀な受験生を取りこぼす可能性が高く、「学生の質なんか下から気にしていなくて世間体だけが欲しい」大学にはうってつけです。 4、医学部や教育学部等に見られます。 慶應の医学部は私立最難関で慶應の理工学部等よりも偏差値が高いのは納得できます。 そこを基準として他の私立大学は「慶應の医学部は偏差値70で、うちは慶應の次に難しいら69」というように算出されちるとしか思えないような数値が出ています。 実際早慶の理工学部より高めの偏差値が出ている大学がありますが、早慶の合格者が不合格になるような問題とは思えません。 日大や帝京等は同じ大学に違う学部もあるのでそことの比較で算出するのが妥当なはずです。 教育学部も、私立では早稲田の教育がトップにあり、マーチには青学や立教に資格が取れる学部がある程度であり教育学部はありません。 日東駒専でも充実しているとは言えない状況なので上の大学の偏差値に引っ張られて偏差値が上昇しやすいです。 早稲田の教育で、絶対に浪人したくない人が桜美林等を受験することがありますが、これが法学部などでは考えられません。 ただ、(言い方は悪いですが)自身の受験勉強をまともにしてこなかった人が優秀な生徒を前に教育出来るものでしょうか?賢い子供は「この人頭の回転遅いな」というのは分かりますし、実際私はそう感じた先生はいました。 そうした状況で教壇た立ち続けるのは相当なストレスですし、相当な鈍感人間にしか無理です。 特に2、と3、を組み合わせれば入試偏差値(倍率)と学生の質に大きな差を生じさせることができます。 しかも「実際は大したことないのに入試偏差値だけが高くなる」という悪質なものです。 ただ、人気企業などはその辺も十分わかっているので、同じような偏差値の大学と比べると就職実績でおとる場合も多いですし、教員採用試験などの実績も違ってきます。 また、以前より安定志向の若者が増えたことから医療系・教員・公務員志望の人が増えて、教育学部志望の倍率は上がっています。 ただ、優秀な受験生が流入しているよりも、「短期的にしかものを考えられない人」が教育や医療系に集まっているだけであり、合格偏差値上昇には無影響で、倍率だけが上がる現象に貢献しています。 武蔵野大学に関しては、確かに倍率は高めですが、難易度としてはそこまでではありません。 入試というのは 受験生にとっては 「合格最低点を1点でも越えればいい」わけであり、その点数だけを意識すればいいはずです。 東大の倍率より高いからといって東大の方が合格しやすいわけではりませんから…。 もっとも、学力が足らず運で合格しようとする人間にとっては運は非常に重要な要素になりあます。 ご参考までに。 元塾講師です。 大学の評判と基準偏差値の間に差がある場合には以下のことが考えられます。 1、競合校と日程が重なる、またはずれている 2、合格者が極めて少ない 3、入試問題が受験生の能力に見合っていない 4、他大学にその学部がないために集中する 1、中学受験などでは多く見受けられることですが、競合校と入試日程が重なる場合は、受験生が分散し両校の合格者偏差値が下がる傾向にあります。 また、今まで同じだった学校のどちらかが日程をずれして両方上がることがあります。 大学の入試偏...

次の

玉川大学の学費一覧

玉川大学 お金持ち

A ベストアンサー 明大OBです。 友人に明学を中退した明大時代の友がいっていたことを書きます。 明治大学と明治学院大学は系列も違うし、カラーも違います。 明大ははっきりいって男臭いです(笑)。 文学部は通常女性の割合が高い学部ですが、明学は通常通り男2:8女でしょうが、明大は男5:5女です。 文学部といえども男の数が多いのです。 でも明学は女性の方が多い大学だと思います。 あとは皆さんも書かれていますが、明大の方が偏差値が高いです。 一応「東京六大学」ですから。 明学の場合はそれよりも落ちます。 よく「MARCH」、「坊ちゃん四大」、「日東駒専」、「大東亜帝国」と大学のレベルを指す表現がありますが、明大はMARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政大学)のレベルに属します。 明学は坊ちゃん四大(学習院・成城・成蹊・武蔵大学)のレベルに入るでしょう。 それと明大は無宗教ですが、明学は宗教色が強いキリスト教のプロテスタントの教えを基盤とした学校です。 以上まとめると、 1. 男臭い(明大)か女臭い(明学)かの違い 2. 無宗教(明大)かキリスト教(明学)かの違い 3. 偏差値の高(明大)低(明学)の違い 4. キャンパスが三箇所(駿河台・和泉・生田)の明大と横浜市戸塚区のキャンパスの明学 この四点が上げられます。 明大OBです。 友人に明学を中退した明大時代の友がいっていたことを書きます。 明治大学と明治学院大学は系列も違うし、カラーも違います。 明大ははっきりいって男臭いです(笑)。 文学部は通常女性の割合が高い学部ですが、明学は通常通り男2:8女でしょうが、明大は男5:5女です。 文学部といえども男の数が多いのです。 でも明学は女性の方が多い大学だと思います。 あとは皆さんも書かれていますが、明大の方が偏差値が高いです。 一応「東京六大学」ですから。 明学の場合はそれよりも落ちます。 よく「M... A ベストアンサー 私は詳しく知りませんが、亜細亜に通ってる友人の先輩が 「一芸入試に頼ってる大学って、その時点で格を落としてるよ。 大体、芸能人に何の一芸があるの?上手くスマイル作れること?うちの大学、馬鹿にされ過ぎで頭にくる。 推薦で入った芸能人とレベル一緒に見られて頭にくる。 そのくせ、この前の事件。 参っちゃうよ・・・」と、もの凄い勢いで友人に愚痴っていたとのことです。 勉強がしたくて入学したその先輩には、亜細亜大を馬鹿にする心無い人の視線がかなり苦痛な様だったらしい。 私自身、推薦で入った芸能人のことを聞くと「はぁ?」と思いますし、英検何級だから・・・とか、ゴミ掃除のボランティアしました・・・、だけで入れる大学には疑問を感じます。 その点、東大は推薦は特殊なのを除いて皆無。 それに、編入制度もないので最高学府としての格があると思います。 しかし、心無い人の視線を気にしなければどこもいい大学だとは思います。 要は自分自身の力だ、という意味で・・・。 不快な文章申し訳ありません。 たまたま上記の話を聞いたので回答してみました。 因みに、その先輩はもっと良い環境と学生の質を求めて他大に編入する(した?)そうです。 私は詳しく知りませんが、亜細亜に通ってる友人の先輩が 「一芸入試に頼ってる大学って、その時点で格を落としてるよ。 大体、芸能人に何の一芸があるの?上手くスマイル作れること?うちの大学、馬鹿にされ過ぎで頭にくる。 推薦で入った芸能人とレベル一緒に見られて頭にくる。 そのくせ、この前の事件。 参っちゃうよ・・・」と、もの凄い勢いで友人に愚痴って... Q 今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。 他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。 そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を いくつか見させていただいたのですが、 その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が いくつかあったので質問させていただきました。 例えば、 ・帰国子女に甘い ・外国語ができれば入れてしまう ・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い ・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが) などです。 特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。 この評判は本当なのでしょうか? できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。 卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。 上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。 今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。 他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。 そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を いくつか見させていただいたのですが、 その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が いくつかあったので質問させていただきました。 例えば、 ・帰国子女に甘い ・外国語ができれば入れてしまう ・実際学生や卒業生も英語... A ベストアンサー 元塾講師です。 帰国子女に甘いというのは事実です。 今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。 帰国子女はまず間違えません。 勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。 その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません) 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。 特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。 ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。 理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。 ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。 マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。 大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。 上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。 内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。 ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。 英文を勉強するには非常にいい環境です。 ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。 ただ、大学名で落とされることはまずありません。 最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。 しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。 乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。 元塾講師です。 帰国子女に甘いというのは事実です。 今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。 帰国子女はまず間違えません。 勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。 その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません) 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。 特に国語はよくできた問題が多く(全... A ベストアンサー 元塾講師です。 結論を書くと「雰囲気で気に入った方でいい」です。 ただ、立教に憧れを強く持たないなら青学がお勧めです。 グローバル落選に関しても大した問題ではないですし、両校のポジションが大きく変わることは10年はないでしょう(というより今後も50年変わらないと思います)。 可能性があるのは法政が日東駒専の最上位になる程度であり、立教・青学ともに早慶に並ぶこともなければ明治に追いつくこともないでしょう。 箱根駅伝も確かに宣伝効果はあるかもしれませんが、だからと言ってそこまで変わりません。 今まで他のマーチに流れていた人が多少青学に来るだけで、早慶合格者が来ることはなく、その効果は限定的で、むしろ一番効果があるのは「青学生・OBの自慢の種」なだけです。 今までに総理大臣はいませんし、最近は有名な女子アナも輩出していませんし、色々な大学ランキングをやっても慶應の下ですし、早慶の学生が憧れる要素があるとすれば「渋谷」という立地…。 そんな状況で文句なしの「日本1」という高揚感をもたらしたのが箱根駅伝であり、逆に書くとそれ以外はないということになります(箱根駅伝は関東の大学だけの大会ですが…)。 また、文面からもともと青学で、立教の方が良ければ立教に変えるようですが、正直お勧めできません。 あなたを文系と仮定して書きますが、立教の現代文は癖があり、勉強して突破できるものではありません。 青学はまだ勉強した分だけ合格率が上がりますが、立教はそうした部分では克服できないもので作られています。 確かに相当勉強すればできるようになりますが、それも幼少期からしっかり文章を読んできた人や何らかのセンスがありそこが伸びた場合だけであり、努力で何とかならない人が90%以上でしょう(国語の塾講師経験から)。 本好きな人には立教は解きやすいようです。 そのため「青学に落ちて立教に合格した」人は国語にセンスがある人が多いです。 逆に「立教に落ちて青学に合格した」人はしっかり勉強してきた人が多いです。 受験生がどちらかは(講師であれば90%受験前に分かりますが)受験生本人には分かりません。 受験してみて片方しか合格しない人がほとんどので、不合格だった方は「縁がなかった」になります。 そもそも、その二校だけを考慮しているか分かりませんが、私なら「まず早慶のどちらがいいか、次に上智で、その次に…」という考えであれば青学をお勧めします。 やはり立教の問題の特殊性がネックであり、第一志望でない以上対策に時間を使いたくないからです。 また第一志望として両校を考えても青学をお勧めします。 やはり滑り止めの日東駒専の受験を考えた時、立教の対策に割ける余裕があるのかという疑問が残りますし、仮に余裕があるなら早慶の対策をした方がいいと思うからです。 立教そのものを否定するつもりはりませんが、やはり現在の入試制度の下では多少問題に特性がある私立は避けることが無難です。 そこが第一志望ならそれ専門の対策をする価値はありますが、悩んでいる以上やらない方がいいです。 ご参考までに 元塾講師です。 結論を書くと「雰囲気で気に入った方でいい」です。 ただ、立教に憧れを強く持たないなら青学がお勧めです。 グローバル落選に関しても大した問題ではないですし、両校のポジションが大きく変わることは10年はないでしょう(というより今後も50年変わらないと思います)。 可能性があるのは法政が日東駒専の最上位になる程度であり、立教・青学ともに早慶に並ぶこともなければ明治に追いつくこともないでしょう。 箱根駅伝も確かに宣伝効果はあるかもしれませんが、だからと言ってそこま... keinet. cgi ) 以下、右端の 内は昨年1月~3月実施の実質合格倍率です。 5位 2 1 早稲田 5. 3 5. 5位 7 10 慶應 4. 2 4. 5位 3 6 上智 4. 9 4. 5位 9 8 明治 4. 0 4. 5位 1 2 青学 5. 5 5. 5位 3 4 立教 4. 9 4. 5位 10 9 中央 3. 9 4. 0 位 5 5 法政 4. 6 4. 5位 7 6 関西 4. 2 4. 5位 12 11 関西学院 3. 1 3. 5位 16 15 同志社 2. 7 3. 0位 15 17 立命館 2. 8 2. 0位 12 12 日本 3. 1 3. 0 位 5 3 近畿 4. 6 5. 0位 11 13 東洋 3. 4 3. 5位 12 13 駒沢 3. 1 3. 0位 16 16 専修 2. 7 2. 9 平均順位から算出した総合順位は 1位早稲田、青学 3位立教 4位近畿 5位上智 6位法政 7位関西 8位慶應、明治 --------------早慶上智ライン 中央を除いたMARCHライン 10位中央 --------------MARCHライン 11位関西学院 12位東洋、日本 14位駒沢 15位同志社 16位専修、立命館 --------------関関同立・ 近畿を除いた 日近東駒専ライン 以上の結果から、 やはり知名度抜群で私大の代名詞ともいえる早稲田大学は人気が根強いことが分かります。 また、青学は青山回帰や箱根駅伝優勝で知名度や志願度がアップし、早稲田と肩を並べるほどの大人気私大と言えると思います。 立教もそれなりに安定した健闘をしています。 早稲田と双璧をなす慶應については、8位とパッとしない順位ですが、これは、慶應の国語に代わる、小論文に対するとっつきにくさからの受験生の回避も関係してるかもしれません。 あと、MARCHの中では、中央大学が4. 0倍を切っており、 人気面では、MARCHのお荷物になっているようです(中央大の法以外が対象です) --------------------------------------- 私は、立教or青学で志望を迷っています。 青学は青山回帰や箱根駅伝優勝等で知名度も志願度も上昇傾向です。 しかし、グローバル大選出で漏れ、これから人気など、どうなるのか心配です。 立教は、特に目立ったことはありませんが、安定感は青学よりもある気はします。 きちんとグローバル大にも選ばれていますし。 あと、青学はアホ学と呼ばれて馬鹿にされたりしますが、 立教については影が薄いとは言われても、 MARCHツートップ(明治、立教)が確立されているので、(一般的には)バカ扱いはあまりされない印象があります。 立教と青学でどちらの方が一般的に印象(頭の良し悪し、知名度の差など)が良いでしょうか? 知名度に大した差はないでしょうか?青学の方がやっぱり断然有名ですか? また、今後の状況を考慮した結果、あなたなら、どちらに進学しますか? ぜひ、ご意見を拝聴したいです。 以下の、大学ブランドランキングも決定材料として気になります。 nikkeibp. keinet. cgi ) 以下、右端の 内は昨年1月~3月実施の実質合格倍率です。 5位 2 1 早稲田 5. 3 5. 5位 7 10 慶應 4. 2 4. A ベストアンサー 私なら、大学だけで選ぶなら 研究内容等は一切無視 、その二つからなら立教です。 青山渋谷より池袋の方が段違いに好きだからです。 青山渋谷は、むしろ嫌い。 面白くない。 私はそうです。 青山渋谷が好きな人なら、また話が変わるかもしれません。 ちなみに、就職のときどうかなら、青学も立教も知らないようなバカは採用に関わってないでしょうから、関係ない、でしょう。 0倍を切っており、人気面では うん。 場所がねぇ。 あなただって、青学の本キャンパスが厚木の山奥にあれば、また考え方も変わりますよね。 同じようなレベル同士で比べた場合、法科の中央、という飛び道具でブランド力が上がっていても、その結果、ということです。 勿論、地理的に、あるいは雰囲気的に、立教青山より中央を好む人も居るとは思いますが。 個人的にはあの手の僻地キャンパスはまっぴらごめんです。 雰囲気なら青山立教より好ましいかもしれませんが。 似たようなグループで比べる場合は、その表はそこそこの資料にはなると思います。 野球やラグビーで早明戦がある、なんてのとは明らかに違いますよね。 青学の箱根優勝なんかより、帝京ラグビー部の5連覇の方が遙かにインパクトが大きいんですが、じゃぁあなたは帝京に行きたいと思いますか? 山梨学院とか大東文化だとか、せいぜい東洋だとか、その辺りなら、宣伝効果があると思いますがね。 早慶MARCレベルなら無関係でしょう。 バカすら来ないのと、バカはそもそも殆ど居ないのと。 早稲田辺りが、スポーツも「セットで」凄い、というのとも違いますし。 最近それもね そういえば、次の「箱根」駅伝はあるんですかね。 私なら、大学だけで選ぶなら 研究内容等は一切無視 、その二つからなら立教です。 青山渋谷より池袋の方が段違いに好きだからです。 青山渋谷は、むしろ嫌い。 面白くない。 私はそうです。 青山渋谷が好きな人なら、また話が変わるかもしれません。 ちなみに、就職のときどうかなら、青学も立教も知らないようなバカは採用に関わってないでしょうから、関... Q 娘の大学進学ことで相談です。 私自身が大学についての知識が乏しいため娘任せで大学受験を終えました。 なんとか私立大学3校合格しました。 合格した3校の中では学習院が一番ランクは高いです。 娘も(私と同じで知識不足のため?深く考えず?に)学習院(英文学科)に行きたいと行っています。 情けないことに、この場になって初めて気がついたのですが、田舎(静岡県)の庶民サラリーマン(年収800万程度)の娘が学習院に進学して、肩身の狭い思いをするのではないか?と非常に心配になってきました。 実際、学習院大学には、一般庶民の学生は少ないのでしょうか?一般庶民の学生は肩身の狭い思いをするのでしょうか?どうか助けて教えて(助けて)ください。 A ベストアンサー 私の従姉妹(叔父の娘2人)が学習院に通っています。 1人はすでに卒業しましたが、1人は在学中です。 最近ではお金持ちだけ、という様子ではないようですが、 やはりお嬢様が多い事は多いようです。 寄付金などを求められることもあるようですが、そういったものには 無理なく応じれる分だけ応じれば良いでしょう。 強制ではありません。 部活やサークル活動などでは、他の大学よりも親御さんの負担が 大きいようです。 が、これは部活にもよるでしょう。 合宿などがある部活だと、お金よりも応援に行ったりご飯を作ったり、 そういうことに熱心な親御さんが多いようです。 叔父は零細企業とはいえ役員を務めており、また奥さんも 成金のお嬢様(帝国ホテルで結婚式を挙げられないなら 結婚させない、と言われたそうな・・・)ですが、まぁ 学習院ともなると「うちみたいな中途半端な金持ちでは 相手にならないほどすごいところのお嬢様がゴロゴロ してるから、張り合う気も失せた」というのが当の従姉妹達の 言葉です。 彼女らに感想を聞いて見ると、「親が金を持っているかどうか」 よりも「しつけがちゃんとされているか」「物怖じしない性格か」 のほうが重要なようです。 つまり、「どうせ私なんか・・・」と萎縮してしまうタイプの 人にはつまらない大学だけれど、「人は人、自分は自分」と 思えて、「へー、そんな世界あるんだー」と素直に感心できる 人には、面白い人脈が広がる楽しい大学だそうです。 言い方を変えれば、見栄っ張りな人にはしんどい大学なんでしょうね。 思うに、本当のお嬢様は、お父さんがサラリーマンだからといって 馬鹿にしたりしません。 むしろ中途半端なお嬢様ほど自分を高く 見せようとして他人を蔑みます。 そういう人たちを相手にせず、自分に敬意を払ってくれる人にだけ こちらも敬意を払うようにしていれば、自然と居心地よい友人関係が 作れるのではないでしょうか。 あとは、娘さんがそういうことができる性格かどうかですね・・・。 苦労もあるでしょうが、就職してからでは得られない人脈が 広がると思います。 納得行く結論が出るといいですね! 私の従姉妹(叔父の娘2人)が学習院に通っています。 1人はすでに卒業しましたが、1人は在学中です。 最近ではお金持ちだけ、という様子ではないようですが、 やはりお嬢様が多い事は多いようです。 寄付金などを求められることもあるようですが、そういったものには 無理なく応じれる分だけ応じれば良いでしょう。 強制ではありません。 部活やサークル活動などでは、他の大学よりも親御さんの負担が 大きいようです。 が、これは部活にもよるでしょう。 合宿などがある部活だと、お金よりも応援... 下記URLの英検や旺文社のページをご覧になってご自分でお探し下さい。 eiken. evidus. 大学の評判と基準偏差値の間に差がある場合には以下のことが考えられます。 1、競合校と日程が重なる、またはずれている 2、合格者が極めて少ない 3、入試問題が受験生の能力に見合っていない 4、他大学にその学部がないために集中する 1、中学受験などでは多く見受けられることですが、競合校と入試日程が重なる場合は、受験生が分散し両校の合格者偏差値が下がる傾向にあります。 また、今まで同じだった学校のどちらかが日程をずれして両方上がることがあります。 大学の入試偏差値は大抵、「その偏差値で合格確率50~60%」というもので(模試のC判定あたりです)、その基準が下がるだけです。 2、女子アナなどの超高倍率の試験では、「どうすれば合格する」という基準は作れません。 大学入試でも合格者1人の試験の場合はその年のトップだけが合格することになり、「合格偏差値=合格した1人の偏差値」となり、これは毎年変わってしまいます。 これは極端な例ですが、そこまで合格者人数がでない大学では多少影響があります。 もっとも最近は、(定員割れしそうな大学はよくすることですが)推薦入試でかなりの定員を埋めて一般試験の募集数をかなり少なくして入試偏差値を高めに操作(?)している大学も少なくありません。 その証拠に、武蔵野大では入学定員の半数近くが推薦等の一般試験を経ないで入学していますが、日大では内部進学を含めてもそこまでではありません。 企業などがその大学の学生の質を判断するのはあくまで「その大学に入学・卒業した全学生(の平均)」であり、一般試験を受験した以外の能力も含めています。 早慶や国公立などの難関大学では「一般入試では測れない能力の持ち主」を推薦入試などで選抜しますが、日本のほとんどの大学の推薦入試は「定員の穴埋め・他に逃げられないように青田買い」であり、推薦入試の入学者は能力的には一般試験よりかなり低いと見積もられています(そのため企業では、一般試験かの質問をそれとなくしたり、筆記試験でふるい落とします、その影響か最近は大学入学後に基礎学力養成講座をしている大学もあります、それならそいつらを入学させなければいいだけですが、それでは定員割れしてしまうのでできません。 そうした講座を持つ大学はまともな人間を入学させていないことになります)。 つまり、「推薦入試の多用で一般入試の偏差値よりかなり低能力の学生が多く存在する=世間とのギャプが生まれる」ことになります。 3、入試というのはその受験生(もしくは合格相当の学力をもった人間)の能力に見合ったもの出ないと選抜ができません。 小学生にセンター試験をやらせて、今までの試験と同じような成績順にはならず、ほとんど運に左右されます。 また、逆に東大生に小学校の単純な計算問題をやらせても、そこで計られる能力は「ケアレスミスの少なさ」だけであり、学力の判定はできません。 このように受験生の能力に見合わない試験の場合、合格者偏差値は高めに出やすいです。 というのも、先に挙げたように「合格率50%」のところを偏差値にしていおり、ある程度の倍率になると、(試験が難しすぎる場合には)ほとんどの人は全問題を正解せず、それでは合格しません。 そうなるとその問題の中に「ある程度知っていて解けた人達」の層にまで行かないと50%にならず、異様に高い偏差値になります(先に挙げた小学生にセンター試験を課して合格する人は「飛び級予備軍」であり、そうした人を選抜する目的としては正しいものになります)。 ただ、この場合、偏差値30の人からも運で合格している人も誕生し、それが30~70までひとりずつ存在し71のところで半数以上だから「偏差値71」ということになりますが、合格者の平均偏差値は50いかない場合も考えられます。 むやみに偏差値を高く算出したい場合にできるテクニックですが、ある程度優秀な受験生を取りこぼす可能性が高く、「学生の質なんか下から気にしていなくて世間体だけが欲しい」大学にはうってつけです。 4、医学部や教育学部等に見られます。 慶應の医学部は私立最難関で慶應の理工学部等よりも偏差値が高いのは納得できます。 そこを基準として他の私立大学は「慶應の医学部は偏差値70で、うちは慶應の次に難しいら69」というように算出されちるとしか思えないような数値が出ています。 実際早慶の理工学部より高めの偏差値が出ている大学がありますが、早慶の合格者が不合格になるような問題とは思えません。 日大や帝京等は同じ大学に違う学部もあるのでそことの比較で算出するのが妥当なはずです。 教育学部も、私立では早稲田の教育がトップにあり、マーチには青学や立教に資格が取れる学部がある程度であり教育学部はありません。 日東駒専でも充実しているとは言えない状況なので上の大学の偏差値に引っ張られて偏差値が上昇しやすいです。 早稲田の教育で、絶対に浪人したくない人が桜美林等を受験することがありますが、これが法学部などでは考えられません。 ただ、(言い方は悪いですが)自身の受験勉強をまともにしてこなかった人が優秀な生徒を前に教育出来るものでしょうか?賢い子供は「この人頭の回転遅いな」というのは分かりますし、実際私はそう感じた先生はいました。 そうした状況で教壇た立ち続けるのは相当なストレスですし、相当な鈍感人間にしか無理です。 特に2、と3、を組み合わせれば入試偏差値(倍率)と学生の質に大きな差を生じさせることができます。 しかも「実際は大したことないのに入試偏差値だけが高くなる」という悪質なものです。 ただ、人気企業などはその辺も十分わかっているので、同じような偏差値の大学と比べると就職実績でおとる場合も多いですし、教員採用試験などの実績も違ってきます。 また、以前より安定志向の若者が増えたことから医療系・教員・公務員志望の人が増えて、教育学部志望の倍率は上がっています。 ただ、優秀な受験生が流入しているよりも、「短期的にしかものを考えられない人」が教育や医療系に集まっているだけであり、合格偏差値上昇には無影響で、倍率だけが上がる現象に貢献しています。 武蔵野大学に関しては、確かに倍率は高めですが、難易度としてはそこまでではありません。 入試というのは 受験生にとっては 「合格最低点を1点でも越えればいい」わけであり、その点数だけを意識すればいいはずです。 東大の倍率より高いからといって東大の方が合格しやすいわけではりませんから…。 もっとも、学力が足らず運で合格しようとする人間にとっては運は非常に重要な要素になりあます。 ご参考までに。 元塾講師です。 大学の評判と基準偏差値の間に差がある場合には以下のことが考えられます。 1、競合校と日程が重なる、またはずれている 2、合格者が極めて少ない 3、入試問題が受験生の能力に見合っていない 4、他大学にその学部がないために集中する 1、中学受験などでは多く見受けられることですが、競合校と入試日程が重なる場合は、受験生が分散し両校の合格者偏差値が下がる傾向にあります。 また、今まで同じだった学校のどちらかが日程をずれして両方上がることがあります。 大学の入試偏...

次の

玉川大学の評判、入試情報、資格取得や就職状況など|文系大学受験・入試ガイド~ユニナビ

玉川大学 お金持ち

玉川学園中学から入学しました。 やはり父母会にいっても裕福そうな貴金属をつけられた方々が大勢いらっしゃって、なんだか住む世界がちがうかも・・・と思うことしばしば。 あと圧倒的に玉川信者のような方々が圧倒的で、入学後の説明会に親子で校歌を指導され、実際入学式後の会でも父兄の方で卒業生でしょうか、お父様が在校生の生徒以上に大きな声で校歌を歌われる姿を目にして正直驚きました。 どこにそれほどに魅力を感じるのか、私自身は子供を通わせることになっても正直わかりませんが、いろいろな考えの方がいらっしゃるのであえて何も言う気はありません。 だた大学の外部受験に関しては、まあ以前よりは外部を目指す方が増えてきてると聞いています。 あと説明会のときに、外部の場合、一学年の生徒分くらいが入れる大学推薦枠を自分のところの学校はもっているので、えり好みをしなければ他の大学でも入学できますとアピールしていました。 それがいいかどうかは個人の判断に任せますが・・・。 SSHに関しては、たしかに理科系の設備はすごくいいみたいです。 だた、広くて設備がいいせいか、科目に関わらず、生徒たちはやたら毎時間移動を強いられて、ふつう中学は自分の教室ベースで、先生が科目ごとに変わるのだと思いますが、こちらの学校は科目ごとに教室も変わるので、休み時間はトイレ休憩と教室移動で終わってしまっていて、忘れ物したことにあとで気づいても、荷物が置いてあるのは自分の教室のある廊下のロッカーの中なので取りに戻る暇がないということです。 参考になるかどうかわかりませんが、書き込ませていただきました。 子どもが小学部からお世話になっております。 中学からの入学の友達とも子ども同士はそんなに違和感なく打ち解けていましたよ。 最初は内部と外部の隔たりは感じることもあるかと思いますが、玉川に限らず一貫校ではどこでもそんな感じではないでしょうか。 クラブ活動は5年からスタートして早いと3年生から活動しているお子さんもいますが、同じ目標や興味の元集っていますし顧問の先生もいろいろと配慮なさってくれると思いますよ。 この学校に子どもを幼い時から入れて感じるのは、本当に友達も先生もあっけらかんとして大らかだなということです。 確かに裕福な方もいらっしゃいますが、だからといってひけらかすようなこともないと思います。 幼稚部、小学部からの入学ですと家族ぐるみのお付き合いが長年続いていますので、親同士はいろいろと繋がっているかもしれませんね。 幼稚部から入園致しましたが、ファーストをもって学園を卒業致しました。 上の保護者がおっしゃるように下から入るほど保護者同士のつながりは非常に密度が濃いです。 それはいいことも沢山ありましたが、正直、非常に煩わしいこともありました。 今も幼稚部から親しくして頂いているご家族との交流はありますのでミドル以降の様子も 耳にすることがございます。 玉川は良い学校とは思いますが、子供の将来をどう考えるかで賛否分かれる学校ですね。 個々の家庭のあり方や子供の性格にも寄りますので一概には言えません。 と、言うのには正直びっくりしました。 推薦枠なんてどこの高校でも持っています。 あえて推薦で大学進学させようと考えている学園の方針はやはり勉強に対しては、 のんびりしているんだなと思いました。 我が子の通う現在の学校にも沢山の推薦枠がありますが、保護者会では 「6年間、目標を持って勉強し正面からと受験に挑んでもらうこと、そのことが大事であると考えていますので 推薦枠で入学させようという考えは我が校にはありません。 しっかり勉強してもらうことが前提です。 」 とのことでした。 学校によってベクトルは違うのだなと、と思います。 勿論どちらがいいと言うことではありませんが我が家は外部の中学に行って正解だったと感じました。 でも、幼稚部、ファーストは楽しかったですよ。 楽しい思い出がいっぱい。 玉川の初等教育は良いと思いますが 外部受験を考える家庭には不向きではありますね。 小学部からお世話になっています。 中学年(5-8年)と高学年(9-12年)に子供が通っています。 10年も玉川の丘に通っていると、やっぱりワタシも玉川信者に見えるんだろうなぁ 行事で校歌、ちゃんと歌います。 礼拝で賛美も歌います。 歌うのって恥ずかしいですか? 確かにほかの学校よりもお金がかかります。 当たり前のように「海外への短期研修」が勧められ、その費用が 20万、30万と提示されても「お金がもったいないから行かせられないわ」 なんておっしゃる父兄に出会ったことはありません。 実は、内心では「こんなにお金をかけて意味あるのかな」と思っていたのですが 海外研修を終えて戻った子供の自信に満ちた顔を見たら 費用のことは忘れてしまいました。 玉川でこういう機会に恵まれてよかった、と思う気持ちが勝りました。 今、中学年の子供は小学校後半ぐらいのころにお交友関係で悩んで、 中受をして他校に行きたいようなことを言っていたのですが 中学から入ってきたお友達と仲良くなって元気になりました。 そうすると小学部から一緒だった友人とも新たに仲良しになり みんな玉川っ子になりきっています。 将来についても、ふたりとも玉川大には行かないそうで 単に偏差値のいい大学に行ってできれば一流企業に就職!という夢ではなく 具体的な職業を思い描きつつ、その実現のために進むべき学部を 見つけたようです。 世の中の人に必要にされる人間になりたい、といわれ親としては嬉しいです。 ところで教室移動ってそんなに大変なのでしょうか? 都内の私立女子一貫校出身ですがフツーに教室移動、ありましたよ。 もっとも確かにプールの体育授業のための山越えはしませんでしたけど。

次の