はてなブログ 初心者。 初心者にもおすすめのアフィリエイト方法とは?【はてなブログ公式アフィリエイトブログのススメ第1回】

【ブログ初心者】はてなブログ150記事の結末。アフィリエイト収入は?アクセス数は?

はてなブログ 初心者

「ブログを始めてみよう!でやってみるか」と思った時に役立つまとめを書いておこうと思い立ちまして。 以外でも新しくブログ立ち上げるときに役立つと思います。 「あれ、何やっとけばいいんだっけ?」ってなったときに。 また、すでにブログを開始している方も、意外なところに抜けがあるかもしれません。 (私はありました。 ) ここでは、思い立ったときから自由に記事を書けるようになるまで、後々のアクセスアップを見越した設定がとりあえず終わるように書いておきました。 全部やっておけば、あとは記事を書くのにだいぶ専念できると思います。 おわりに まず、登録をしよう まずのページに行き、「登録」を押して項目を入力します。 「」はで利用する全てのサービスで共通の、あなたのIDになります。 後で変更はできませんので慎重に考えてください。 入力内容を確認したら送信し、メールがくるのを待ちましょう。 「【 】本登録のお 願い」という件名のメールがきたら「本登録用URL」をクリックすればブログの作成ができます。 URLを決めよう もう一つ、あとから変更できないものにURLがあります。 の前のURLを決める デフォルトでは、先ほど決めたIDが入っていると思います。 URLは短い方が覚えやすいからいい、という説もあります。 しかしURLって、覚えているものを直接入力してウェブページにいくことってあるんでしょうか。 それよりも、 サイトの内容と深く関係したキーワードを入れた方が的には有利なんじゃないかと思います。 検索でも、ローマ字であっても日本語としてちゃんとヒットしますし、視覚的にもわかりやすい。 例えば、「自己分析」「比較」で検索して、こんな結果が出たとします。 サイトのタイトルが途中で切れてしまってますね。 テキスト情報では、このサイトがどんなページなのかはよくわかりません。 どんなときの自己分析の話なのかが判別できないわけですね。 しかしURLを見ると「konkatsu」とあります。 それで「あ、このページは婚活の自己分析について書かれているんだな」とわかってもらえるというわけです。 の後ろ()を決める は、以下の5種類から選べます。 これも短さよりも「hatena」「blog」などちゃんとしたキーワードが入っている方が良いのではないかと思います。 日記系だったら「diary」とか。 その意味で、私は失敗しちゃいました。 でももう変えられない。 それから、「com」と「jp」。 一見「com」の方が国際的でかっこよく見えるかもしれません。 しかし「com」は世界中のどこでも取得できるです。 日本語で日本人向きに書くサイトなら「jp」の方がわかりやすいでしょう。 「ブログを作成」ボタンを押すと、まずグループを選ぶ画面が出ます。 このグループは後で設定できますので、とりあえずスキップしてください。 後ほど解説します。 さて、これで真新しい、あなたのブログが生成されました。 基本的な操作を覚えよう 初期画面=トップページ 最初に表示されているのは、あなたのブログそのもののトップページです。 実は私、最初はそれすらよくわからなかったです。 どうやって設定とか色々やるんだろ、失敗したのかな、とか思って、「リンク」の「ブログをはじめる(無料)」から再度生成し直したアホは私だけでいい。 さて、真ん中に「まだ記事がありません」という文字。 右上に「記事を書く」(最初の記事はここから書けます、とがついている)が見えますね。 いかにも「まず記事書いてね」と言わんばかりですが、その前に色々な設定をしていきましょう。 ボード 右上に、万年筆の先っぽのようなマークと「〜's diary」という文字(ブログタイトル)がありますね。 ブログタイトルをクリックすると、メニューが現れます。 もし何も現れない場合。 ちょっと寄り道しましたね?一度ページを更新するとメニューが出るようになるはずです。 「設定」をクリックするとブログの管理画面に移行します。 管理画面の左にメニューが並んでいますね。 これが本来のブログ管理画面です。 先ほど、あなたのブログのトップページから出したメニュー。 これは、自分のブログページからも操作しやすいよう使用頻度の高いメニューが選べるようになっているだけなんです。 なので「記事の管理」や「デザイン」などを選んでも、同じように管理画面に行けます。 また、ブログページの右上「記事を書く」の隣にユーザーIDが出ています。 ここをクリックすると、ブログタイトルや「ボード(管理画面トップ)」のメニューも選べます。 ブログタイトルにマウスを置くと、やはり使用頻度の高いメニューが選べます。 基本設定をしよう さて、設定を選ぶとまず「基本設定」画面が表示されていますね。 ここから取りかかりましょう。 ブログのタイトルを決めよう 「ブログ名(ブログのタイトル)」は必ず変えましょう。 もし日記のブログだとしても、そのままではいくらなんでも手抜き感が否めません。 その手抜き感は読者にも伝わります。 に効果的なタイトルを望むのなら、簡単な方法が一つあります。 検索画面で、ブログの内容に一番適したキーワードを一つ入れ、検索候補からさらにキーワードを拾い組み合わせること。 キーワードの後スペースや助詞を入れてもいいと思います。 ただしこれ、検索履歴があるとあなた用にカスタマイズされた検索候補が出ている場合があります。 ブラウザアイコンを右クリックして「プライベートモード」でやる方が確実です。 タイトルの決定は、今までのどの内容よりでは重要です。 これだけで本が一冊あってもおかしくないくらい。 色々な方法論や解説がありますので、こだわる方は熟考してみてください。 ブログの説明 「ブログの説明」は、ブログタイトルの下にちょこちょこっと書かれるあの部分です。 (画像はです) これも必ず入れましょう。 後でタイトルを画像にするにしても、ブログの説明文はその他の画面にも出てきます。 その他というのは、プロフィールの説明文のところ。 それからそのIDをクリックしたときに出てくるブログについての画面です。 プロフィールの説明文は後でサイドバーの設定で変更できます。 やり方は後述します。 「変更する」ボタンをクリック 「変更する」ボタンの場所が、最初はわかりにくいです。 入力したらOKなのかと最初勘違いし「あれ?なんで反映されないんだろー」とかちょっと考えちゃいましたよ。 一番下までスクロールすると左に出てくるので見逃さないで押しましょー。 詳細設定をしよう 「デザイン」とどちらが先がやりやすいかは人によるでしょう。 ロゴが決まっている方はこちらの詳細設定から。 決まっていない方は後々、ブログを書き始めてからでもいいと思います。 ブログアイコン これは、 ファビコンと ウェブクリップアイコン(のホーム画面のアイコン。 アイコンとも言うのかな?)のことです。 ファビコンは、今この画面の上部に出ている(はずの)これですね。 ブラウザのお気に入りやでも、設定してあると登場します。 本当は別々が望ましいと思うのですが、の仕様では仕方ありません。 諦めてシンプルなロゴを作成してください。 ロゴを無料作成してくれるサイトはたくさんあります。 私はのロゴは以下でお世話になりました。 クオリティの高いきれいなロゴがたくさん選べますが、1メールアドレスで1つのロゴしか作れないので注意してください。 他にもたくさんありますので、まとめをリンクしておきます。 画像 まず、とは。 記事と一緒に画像がついてるのって見かけませんか?開いたサイトの出だしに画像があると、つい読み出していたり内容が頭に入りやすかったりしませんか? このページの頭にも、を始めるページの画像がありますよね。 これです。 その記事のイメージに合った画像がある効果は大きいので、ここではなく「記事ごと」に設定する方をおすすめします。 (記事に画像を入れると自動で設定されます。 手動でも選べます。 ) ただ、画像が登場しない記事や読み取ってもらえない場合も考えて念のため私は設定しています。 でも正方形はあってるはず。 記事のURL 記事ごとにURLをカスタマイズすることもできますが、それが面倒な方で効果を狙うなら「タイトル」を選んでおきましょう。 解析ツール 、 ウェブマスター ツール。 共にアクセスアップには書かせないツールです。 あなたのブログにアクセスしてくれた人がどんな動きをするのか、どんな検索ワードでどの記事にアクセスしてくれているのか、などがわかります。 導入方法は、下記サイトが非常にわかりやすかったです。 特にウェブマールは最初にやった方がいいです。 の追加は早めにやりましょう。 最適化• ブログの概要 検索などの検索結果にトップページが表示された場合、ここにブログの説明文を書いておくと表示してもらえます。 当然設定しておいた方が良いです。 と言いつつ私は設定してませんが、表示してくれるのはここの部分ですね。 全角124字まで。 それ以上はきえちゃいます。 ブログのキーワード ブログの内容を表すキーワードを3つくらい、","で区切って書きましょう。 ここに書かれているワードで検索された場合に検索にかかりやすいです。 ただしたくさん書くと、それだけ内容が分散されていると見なされ効果が薄れると言われています。 2〜3個がいいところでしょう。 プロフィール 連動させたい場合はこれも設定しておきましょう。 私はやったことないですが。 こちらにやり方が載っています。 headに要素を追加 最初から見本が「」と書かれてますね。 これは著者(=auther)がHATENA Tarouという人ですよ、という意味です。 これも設定した方がでは有利と言われています。 あとはなど使用するときに使うことがある程度でしょうか。 私はではあまりカスタマイズしていないので使ってませんが。 あとはの項目はデフォルトで良いと思います。 「変更する」を押して反映させましょう。 デザインを変えよう 次はデザインの設定です。 デフォルトのテーマも結構きれいですが、アクセスが欲しいならサイドバーがあるタイプの方が良いでしょう。 記事を読んでいるときに目に入るからです。 気になるタイトルが目に入れば「あとでこれも読もう」と思ってもらえる可能性がありますよね。 もちろんデフォルトのように下にサイドバーが出るタイプもメリットがあります。 が、最初はそのメリットを使いこなすのはちょっと難しいと思うのであまりおすすめしないかな。 ボードから「デザイン」を選択すると、公式テーマがずらりと並びます。 さらに、一番下までスクロールすると「テーマストアでテーマを探す」とあります。 ここをクリックするとさらに豊富なデザインが選べます。 「人気順」「新着順」から検索できます。 有志の方々が無償で提供してくれているのでもちろん無料。 選びがいがありますね。 ここでも「変更を保存する」ボタンを押さずに管理画面に戻らないよう注意しましょう。 プロフィールを設定しよう 次はプロフィールです。 右上の、あなたのユーザーIDをクリックして「アカウント設定」を選んでください。 を変更する まずは画像の変更からです。 ほどではありませんが、の方々はこの画像で個人を識別しているところがあります。 それは、「」があるから。 の記事を読んでいると、その最後にスターマークが出ていますよね。 このスターをログイン中にクリックすると「この記事良かったよ!」という気持ちを書いている人に伝えることができます。 試しに、というか良かったらこの記事のスターをクリックしてみてください。 ちっちゃい画像が足され、マウスをおくとあなたのIDが出てきます。 この画像が、今から設定する「(プロフィールアイコン)」です。 デフォルトの画像をクリックすると設定画面に行けます。 小さい画像にも対応できるようこれもシンプルな画像にしましょう。 画像サイズは自動で変えてくれますが、正方形にしてください。 なお、どうしてもアップできない場合はの不具合かもしれません。 詳細は以下。 その他のプロフィールを埋めよう 設定できたら、右上の「プロフィール」をクリックし、「編集」(どちらでもOK)をクリック。 各項目が埋めてあった方がファンがつきやすいのではないかと思います。 それから、ここにも「プロフィール写真」という画像設定が出てきます。 これはこのプロフィールページでのみ使われる画像です。 先ほどのようにシンプルなものである必要はありませんのでお好きなものをアップしてください。 終わったら「保存する」を忘れないように! グループを設定しよう さて、グループの設定です。 「ブログを作成する」を押したら始めに出てきたこれのことですね。 管理画面にも「グループ」というメニューがありますので、まずはそこから「グループを見る」をクリックしましょう。 グループには、「公式」と「非公式」の二つがあります。 公式グループは3つしか参加できません。 非公式グループはいくつでも参加できますし、誰でも作れるのでたくさんあります。 まずは公式グループだけでも参加しておきましょう。 ところでこのグループについてですが、調べてもあまり情報が出てきません。 おそらくに掲載される際にカテゴリ分けに使われているのではないかと思うのですが。 でもカテゴリの種類が一致しないんだよね。 いずれにせよこの「グループ」から検索してあなたのブログを訪れる人もいるかもしれませんので、参加はしておいた方が良いと思います。 非公式はたくさんあるので、時間のあるときに眺めてみてください。 最低限のカスタマイズをしておこう 最後は、最低限のカスタマイズです。 これが終わればあとは記事を書くのに専念できます。 あとひと頑張りしておきましょう。 カスタマイズをするには管理画面から「デザイン」に行きます。 「デザインテーマ」の右にある「カスタマイズ」をクリックしましょう。 サイドバーをカスタマイズしよう 「サイドバー」をクリックすると、今サイドバーに配置されているもの(モジュール)たちが表示されます。 サイドバーに必須なのはプロフィール、最新記事、カテゴリあたり。 あるといいのは、記事検索、参加グループあたり、でしょうか。 内容やデザインによっても変わりますし、好みでもあります。 しかし余計なモジュールを置きすぎると、本当に見て欲しい物を見てもらえません。 置き過ぎは程々に。 プロフィールには、画像は で指定した画像。 「ブログの説明」のところには で設定した文章が入っています。 プロフィール下の文章はここで変更できます。 ブログの説明文ではなく、自分について書いても良いでしょう。 「読者になる」ボタンは必須です。 も連携させたい方はひも付けもしておきましょう。 また「モジュールの追加」から「 HTML」を選べば好きなものを配置できます。 ボタンを設置しよう(サイドバー) でも、に登録するためのボタンを設置することができます。 って何ぞや?というところから以下の記事で解説していますのでどうぞ。 記事下にソーシャルボタンを配置しよう(記事) 「記事」をクリックするとたくさんの用ボタンが用意されているのがわかります。 はじめは関連記事がないので、Zenback以外に全てチェックを入れておきましょう。 念のため、これのことね。 LINEはのときだけ表示されます。 タイトル画像を設定しよう(ヘッダ) タイトルロゴとなどを入れた画像をつくって設定しましょう。 トップページの一番上は、真っ先に閲覧者の視界に入る最重要スペースです。 それを活用しないのは勿体ない。 ここの活用は、には必須です。 自分のサイトを覚えてもらいたいと思っているならと合わせて設定をおすすめします。 タイトルロゴですが、私は以下にお世話になりました。 見出しの色を変えよう() HTMLに慣れている方なら、色を変えるくらいおちゃのこさいさい、と思いきや。 これが全然反映されなくて本当に頭を悩ませました。 解決はこちらの記事でしてくれた。 本当にありがたい限りです。 見出しに数字をつけよう() 見出しに数字が自動でつくようにしておくと便利です。 これ、後から導入しようとすると手動で入力した分をちまちま消さなきゃならない。 ということで最初にやるのがおすすめ。 私は以下にお世話になりました。 こちらも大変ありがたい。 グローバルナビ(ナビゲーションメニュー)をつけよう って、私つけてないんですけどね。 代わりにメインブログから。 この赤枠部分のことです。 付け方は、これまた先人がわかりやすく解説していらっしゃいます。 オシャレな帯だなおい。 おわりに ブログを始めよう!と思い立っても、最初にやらなければならないことって結構たくさんあります。 それに、適当に設定してしまうと取り返しがつかないこともあります。 (の選択は結構後悔してます。 ) そして記事を書く段階まで行くのにすんごい時間がかかる。 それを解消するためにまとめを書きました。 書いてみたらメタタグなどの詳細設定を自分がとばしていたことに気づいたり、けっこう発見もありました。 すでにブログを開始している方も、各項目をチェックしてみてはいかがでしょうか。 enokonkatsu.

次の

【ブログ初心者】はてなブログ150記事の結末。アフィリエイト収入は?アクセス数は?

はてなブログ 初心者

Contents• 1.初心者ブロガーにはてなブログを勧める理由 初心者ブロガーには、はてなブログを僕は勧めています。 なぜか。 答えはシンプルで、 「ブログを始めたい多くの人に合っていると思うから」です。 ブログを始めたい人の多くは、「とりあえずブログを書いてみたい!」という人がほとんどだと思います。 WordPressに手を出して改めて感じましたが、 やっぱり記事を書くまでの設定が面倒です。 WordPressはなんだかんだ設定が面倒だなと思う事は、今でもたまにあります。 ちなみにWordPressの人気テーマ「STORK」を使う前に、 外注で25,820円を使ったのは今では黒歴史です…。 その点、 はてなブログは始めるのがとても簡単です。 簡易なカスタマイズなら、だれでもサクサク行えますし。 これが初心者ブロガーにはてなブログを勧める、最大の理由ですね。 2.はてなブログのメリット・デメリット せっかくなので、 はてなブログの メリットと デメリットにも触れておきます。 当然メリットだけでなく、デメリットももちろんあるので。 特にはてなブログで始めるなら、 必ずデメリット(注意点)には目を通しておきましょう。 ざっくりまとめておきますね。 ちなみにはてなの公式ページは、こちらからどうぞ。 はてなブログは始めるのがとっても簡単です。 もちろん、これはアメブロなどでも同じですが、誰でもすぐに始める事ができます。 はてなブログやアメブロといった 『レンタルブログ』と呼ばれるサービスは、 マンションの部屋を借りるようなイメージです。 なので、借りたマンション(ブログ)はすぐに使う事ができますね。 「まずはブログで、好きな事を書いてみたい」という人には大事なメリットですよね。 はてなブログは無料で始められるサービスなので、手軽にスタートできます。 後述しますが、 有料課金(はてなブログpro)は、最初は必要ないと思います。 課金をすると、はてな運営側の広告を消せたり、独自ドメインに申し込むことが出来ますが、初心者はスルーでOKです。 いきなり課金して、 「やっぱりブログは向いてない…」ということになったら、もったいないですからね。 ブログ執筆を3ヶ月くらい継続出来たら有料サービスにすれば良い思うので、最初は無料のまま記事を書いていきましょう。 なのでAdSenseを使うには、はてなブログproに課金して独自ドメイン設定をしないと利用できません。 無料ブログのなかで、はてなブログはかなり人気で、使っている人は結構います。 Twitterなどをやっていれば、はてなブロガー同士の繋がりもできやすいので良いですよね。 繋がりができれば早い段階で記事を人に読んでもらえるので、初心者には本当に嬉しいと思います。 あとは、 「はてなブログはSEOに強い」とよく言われますよね。 もちろん一概には言えないですが、 確かに結構上位表示されやすい気はします。 これもはてなブログの大きな強みですね。 ただ、これははてなブログがどうこうというより、 WordPressが自由度に富んでいるだけです。 背景をいじったり、ヘッダー画像を変えたりといった、初心者がやりたくなる機能は一通りできます。 なので 初心者ははてなブログでも、そこそこカスタマイズが自由にできると思って下さい。 また、はてなブログは検索すれば、 すぐカスタマイズ用のコード等が書かれた記事も出てくるので困らないですよ。 はてなブログは運営にある程度、縛りがあります。 最近ブログに興味を持った人は初めて聞く話だと思いますが、 有名ブロガーのやぎぺーさんが、自身のはてなブログを運営側に消された事件がありました。 当時はかなり話題になり、噂では出会い系のアフィリエイトが引っかかったのでは?と予測されました。 はてなブログでは、出会い系やアダルトなどは基本的にNGです。 そう、はてなブログに限らず、 レンタルブログを使う限り運営規約を守らなければなりません。 規約に違反すると、ブログが削除される可能性もあります。 アメブロも運営規約は結構厳しいですし、レンタルブログを使う以上は気をつける必要があります。 ただはてなブログに関して言うとごく普通な、一般的なテーマでブログを書いていくなら、そこまで問題は無いと思います。 僕は運営しているはてなブログの方では、収益化は特に問題なくできています。 よほどのジャンルでなければ、広告を貼っても問題はないですが、念のためご注意を。 3.WordPressのメリット・デメリット 最初の結論として、僕ははてなブログをお勧めしました。 「じゃあ、誰でもWordPressは辞めておくべき?」と言う人もいるでしょう。 そんな事は無いです。 人によっては、WordPressで始めるのが良いでしょう。 そこでWordPressの メリット・ デメリットも、ざっくりまとめておきますね。 基本的に、さっきのはてなブログのメリット・デメリットが入れ替わる形だと思って下さい。 これが、WordPressの一番の特徴ですね。 マンションを借りるのではなく、広い土地に自分で家を建てていくようなイメージです。 好きな内容を書いて、 好きなように収益化してOKです。 (サーバーの利用規約はありますが) 特にブログのジャンルが少し危なそうだな…と思った際には、迷わずWordPressにするのが良いと思います。 ブログが消えてしまったら、泣くに泣けないと思うので。 始め方は検索すればいくらでも出てきますが、初めての人は結構戸惑うと思います。 「すぐに記事を書きたいんだ!」というのであれば、迷わずはてなブログ等のレンタルブログが良いでしょう。 ちなみに WordPressでのサイト開設を外注するサービスもありますが、 辞めておいた方が良いです。 厳しい意見かもしれませんが、これくらい自分一人でできないと、ブログで稼ぐなんてとてもできません。 レンタルサーバーを借りて、自分のドメインを取得して~という流れが必要になるので。 ただそこまでたいした費用ではありません。 月500~1,000円くらいあれば、レンタルサーバーは借りれますし。 レンタルサーバーは、 王道のエックスサーバーがお勧めです。 \僕はエックスサーバーを使ってます!/ 4.最初はこれでOK!はてなブログの始め方 さて、では実際にはてなブログを始めて行きましょう。 先ほどお話した通り、最初は 無料ブログでOKです。 とにかく書きたい事を書いていきましょう。 20~30記事書いて、少し軌道に乗ってきたら、 有料の『はてなブログpro』を申し込んでみましょう。 プレミアム会員みたいなもので、プラスアルファのサービスが使えます。 初心者はまずはてなブログを無料で始める。 数十記事書いて、少し軌道に乗ったらワードプレスかはてなブログproを考える。 5.はてなブログからWordPressへの移行もOK 「はてなブログかWordPressか、どうしても決められない…」というあなたに。 大丈夫、後でWordPressへ移行もできます。 やや面倒ですが、はてなブログで始めた後にWordPressへ移る人も結構います。 なので、「まずは記事を書いていきたい」という人は、ひとまずはてなブログで始めましょう。 「いや、自分は最初から本気で取り組みたいから、WordPressが良い!」という人はもちろんWordPressでOKです。 ただし消耗しないように気を付けて下さい。 ブログは、スピードより続けるのが一番大事だと思うので。 はてなブログとWordPressの比較を、表でまとめておきました。 本記事では、僕ははてなブログを勧めましたが、 あくまで自分にあったサービスを使うのが大事だと思います。 初心者には、はてなの方がベターというだけで、 「自分はWordPressだと思いました!」というなら、もちろんそれでOKです。 ぜひこれからブログを始める方の後押しになれば幸いです。 書くのが苦で無ければ、ブログは本当に楽しいですよ。 さっそく、ブログを始めてみましょう!.

次の

はてなブログ初心者必見!アクセスアップまとめ!13の読者を増やす方法

はてなブログ 初心者

三度の飯よりブログが好き!なりっぴ です。 初心者の私…何も知らず書き続けて20記事。 ここにきて、 ブログが重いと検索順位に響くという事実を知りました。 爆 物凄い今更感…! パソコンでもでも開くのが遅いことに気付き、私のアイフォンがおかしいのか?と色々調べた結果、工夫をしないとどんどん重くなっていく&検索順位が落ちるということがわかりました。 うわーん!涙 私のようにド初心者のお仲間が記事を書いてから修正に困ってしまう…なんてことのないよう、自分の失敗の戒めの意味も込めて今回行ったことをUPしておきます!• まずはページの重さを調べてみた。 ページ測定は皆さん で確認していると知り、早速私も試してみましたた。 使い方は超簡単! 自分のHPのURLをコピペして「分析」ボタンをクリックするだけです。 分析の結果… モバイル:90 パソコン: 46 これは100点中何点かという評価らしいのですが、低いですね。 それは遅いはずだ… モバイルが90なのに私が開けないのはアイフォン自体が重いせいなのかしら? ということで、ド素人ながら軽量化を試みました。 真顔 軽量化するべき2ポイント 軽量化するにはいくつか項目があるようですが、とりあえずよく見かけた2項目についてまとめました。 だってこんな英語だらけの言語難しいんだもん 誰 難しい言葉はわからないので置いておいて、とりあえず 無駄な改行などがページを重くさせてしまう要因になっていることは理解しました。 ということで、よくわかりませんが無駄に改行していた部分を消してみました。 真顔 初心者でも簡単にできることがあれば誰か教えてください… 小声 画像を圧縮する どうやらこれが めっちゃんこ大事なのだそうです。 本来は記事をUPする時点から、ちゃんと画像を圧縮してアップするべきところを私gは 何も考えずにペタペタ貼ってたせいで…知らぬ間に画像のデータサイズがかさんで、ページがかなり重くなっていたようです。 涙 ということで、画像を圧縮してブログへ貼りなおしました。 その際にぶち当たった壁 疑問 も含めて解説致します。 私のように記事を書いた後に気付いた人もいらっしゃると思いますゆえ! 圧縮した画像は再アップロードが必要だった まず、圧縮する以前にぶち当たった壁。 画像圧縮は記事上では当然行えないため、各画像を圧縮した後に記事に 貼りなおさなければならないということ。 真顔 しかも私相当のアホで、 原本画像を全部削除してしまってたんです。 ということで、の記事にUPした画像をPCに再ダウンロードするところから始まりました…。 画像は再ダウンロードはできるが超絶面倒くさい 原本がないので、私はフォト ブログ記事の画像がアップロード&保存される場所ですね! から一枚一枚、右クリックでダウンロードし直しました。 フォトへはブログの管理画面右上のところから飛べます! 押すと今までアップロードした写真が一覧で出てきますので、保存したい画像をクリック。 画像の上で右クリックをして「名前を付けて保存」で任意のフォルダに保存します。 この作業の面倒くさいこと面倒くさいこと… 自業自得ですが、本当に…念には念をで消すべきではなかったですね。 涙 20記事分、頑張って保存し直しました。 画像をオンラインで圧縮する さて、やっと本題へ。 ここからオンラインで画像圧縮をします。 これをするだけで画像のデータサイズがものすごおおおく小さくなります。 私は で圧縮しました。 先ほどと同様フォトの管理画面へ飛び、右上の「設定」をクリック。 70%にしようかと思ったのですが画像に文字があると読みづらくなるという口コミを発見したので、80%と安全パイで。 笑 フォトへ再アップロードし、貼り直し。 さて、やっとラストスパート。 ここで注意しなければならないのは フォトからアップロードした写真のみ設定が適用されるということ。 つまり、私が今まで使っていた ブログの編集ページ右側の「写真投稿」ボタンからアップロードした場合は先ほど設定したと画質が反映されないということです。 うおおお…まじか…となりながら、地道にフォトへアップロード開始。 そしてここでまた壁が。 フォトは 一括アップロードする方法がないということです…。 最大で5枚までだったので、地道に5枚ずつアップロードし直しました…。 5枚画像を入れたら、下の「アップロード」ボタンでアップロードされます。 この時、新規フォルダ先に入れると圧縮前の画像と混乱しないで済みます! そして、アップロードし終わったすべての画像を地道にブログ編集画面から一枚一枚貼り替えて行きます。 たかだか20記事でも、結構疲れました。 これは…やってよかった。 というか、記事書く前に知っておきたかった。 涙 切実 最後のあがきでブログ設定も変更 ここまで頑張ったんだからもう少し改善できることはないのか…と調べましたら、どうやらに付属されてるソーシャルパーツも重くなる要因なのだとか。 あるに越したことはないだろう~!と思って全て表示していましたが、いらなそうなボタンを非公開にしました。 笑 まだMedium評価ではありますが、私は まだ無料版なので消せない広告やいじれない部分があるせいでこれ以上の改善は難しいのかな?と思います。 画像アップロードが面倒くさくはなってしまいましたが、せっかく一生懸命書いた記事が遅いってだけで読まれないほうがショックなので…! 私と同じような失敗をしないよう、初心者仲間の皆様! 十分にお気を付けくださいませっ!! 最後までお読み頂きありがとうございましたっ! meymei.

次の