ソフトバンクair エリア。 【SoftBank Airのエリア】 2つのエリア確認方法や拡大スケジュールについてご紹介!

ソフトバンクエアー エリア別速度情報

ソフトバンクair エリア

エリア、品質が心配…? 開通から 8日間以内なら無料でキャンセル可能 エリア、品質が心配…? 8日間以内なら無料で キャンセル可能• 表記の通信速度はシステム上の最大通信速度であり、全国主要都市で提供中です(Airターミナル3は下り最大350Mbps)。 ご利用のエリアによって、最大通信速度が異なります。 ベストエフォート形式のため、お客様の通信環境により実際の通信速度は変化します。 ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。 動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。 詳しくは、SoftBank Airの速度制限などについてをご確認ください。 賦払金のお支払い途中にSoftBank Airをご解約の場合は、残債を一括にてお支払いいただきます。 解約の申し出がない場合は、更に2年間を契約期間として更新します。 契約期間満了月以外で解約の場合は、9,500円の解除料をSoftBankへお支払いいただきます。 データプランメリハリ/データプランミニフィット -1,000円•

次の

「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」住所別下り最大通信速度情報

ソフトバンクair エリア

SoftBank Air住所別下り最大通信速度情報(ソフトバンク公式) SoftBank Air公式ページには、提供エリアに関する詳しい案内がありませんよね…。 申込時にエリア判定も一緒にしてもらえますが、事前に知っておきたい!という方も多いでしょう。 一応、使えるエリアを検索できるページもあります。 上記の「住所別下り最大通信速度情報」にアクセスし、お住まいのエリアの情報を確認してみてください。 の通信速度は、Airターミナルのバージョン違いや基地局、使用電波の関係から、エリアによって通信速度が異なります。 上記ページは、エリア別の通信速度をまとめたページですね。 SoftBank Airの提供エリア確認用ページがないので、上記ページから確認してみてください。 ついでに最大通信速度もチェックしておきましょう! SoftBank Airの提供エリアを地図で確認する方法は? 通信方式 説明 Airターミナル 2/3/4 4G方式 AXGP 2. 5GHz帯 Wireless City Planning社のモバイル回線 4G方式 TDD-LTE 3. 5GHz帯 SoftBank 4G 4G LTE方式 FDD-LTE 2. 1GHz帯 SoftBank 4G LTE SoftBank Airでどの電波を使用しているか?の詳しい解説はありませんが、 Airターミナル4の仕様を見てみると、上記3つの通信方式が使われている事が分かります。 AXGPは、ソフトバンクの子会社である「Wireless City Planning社」より提供されているモバイル回線です。 TDD-LTEは、同じ通信方式である「SoftBank 4G」、FDD-LTEは同じ通信方式である「SoftBank 4G LTE」を使用していると予想できます。 なので、 「AXGP」と「SoftBank 4G/4G LTE」の提供エリア=SoftBank Airの提供エリア、だと考えられます。 上記回線はマップで確認する事もできるので、下記ページで確認してみてくださいね。 SoftBank Airで使う周波数帯は2. 1、2. 5、3. 5GHz帯のみです。 SoftBank 4G LTEは900MHz帯で提供するエリア(主に地下や山間部)もありますが、このエリアはSoftBank Airでは使えないと考えられます。 なので、上記の SoftBank 4G/4G LTEの対応エリアはSoftBank Airと完全に同等ではないので注意してください。 SoftBank Airのエリアは順次拡大予定! ソフトバンク公式より、 SoftBank Airの提供エリア拡大予定は発表されていません。 が、先ほども紹介した通り、SoftBank Airでは「AXGP」「SoftBank 4G/4G LTE」を使用していると考えられます。 なので、 「AXGP」と「SoftBank 4G/4G LTE」の拡大予定をチェックしてみるといいかと思います! 2020年現在も、AXGP・SoftBank 4G/4G LTEはエリアを拡大し続けています。 サービスエリアマップから拡大予定地域も確認できるので、チェックしてみてくださいね。 現状、最新機種であるでも「SoftBank 5G」には対応していません。 今後、新機種で5Gに対応してくれると嬉しいですね…! SoftBank Airの提供エリアに関する3つの注意点 注意点• ここでは、SoftBank Airのエリアに関する注意事項を紹介しています。 1.厳密なエリア判定は申し込みした際にしてもらう SoftBank Airの「住所別下り最大通信速度情報」や、AXGP・SoftBank 4G/4G LTEのサービスエリアマップから、エリアを確認する方法を紹介しましたが…、 厳密なエリア判定は、申込時にソフトバンク側でしてもらう事になります。 マップ上ではOKでも、使えないという可能性があるので注意してください。 特に「SoftBank 4G LTE」の提供エリアには、SoftBank Airでは使っていない900MHz帯で提供しているエリアも含まれます。 SoftBank 4G/4G LTEやAXGPの対応マップはあるのに、SoftBank Airの公式ページで紹介していないのは、こういった細かい部分で違いがあるからでしょうね。 2.提供エリア内でも通信が不安定な場合もある SoftBank Airで使用している電波は、障害物に対して弱いです。 公式が「窓際への設置を推奨」している事からも分かりますね。 なので、基地局との間に高層ビル群があったりする場合、通信速度が低下したり、通信が不安定になったりする場合があります。 自宅内の設置場所でも通信速度が変わるので、Airターミナルが届いたら、まず電波が良い感じの場所を探してみてくださいね。 3.最悪の場合、端末到着の8日以内なら無料キャンセルも可能 SoftBank Airは理由を問わず、端末到着から8日以内の無料キャンセルが可能です。 クーリングオフと似たような「初期契約解除」という制度が利用できます。 契約事務手数料の3,000円+返却するための送料は取られちゃいますが、高額な違約金を払う必要はありません。 もし 、8日を過ぎてから解約する場合は、違約金9,500円+端末代金最大59,400円も請求されちゃいます…。 なので、SoftBank Airを契約したら、と通信速度が問題ないかを8日以内に判断しましょう!無料キャンセルの方法は下記記事で詳しく紹介しています。 まとめ SoftBank Airエリアまとめ• SoftBank Air公式で詳しいエリア案内はない• SoftBank Airの通信速度情報から確認可能• Airターミナルの仕様から「AXGP」「SoftBank 4G/4G LTE」を使用していると考えられる• AXGP、SoftBank 4G/4G LTEのマップを確認してもOK! SoftBank Airは公式で詳しいエリア案内がなく、不便ですよね…。 申込時に判定してもらえますが、事前に調べたい場合もあるかと思います。 「SoftBank Airの住所別下り最大通信速度情報」で、提供エリアのチェックは可能です。 本来は地域別の通信速度情報をまとめたページですね。 Airターミナルの仕様上、使っている回線は「AXGP」と「SoftBank 4G/4G LTE」と考えらるので、この2つの提供エリアマップ確認もおすすめです! この記事が選びの参考になれば幸いです。 エリアについて詳しくご紹介してきましたが、SoftBank Airについて良いところも悪いところも全部まとめたページを「」で記載しております。 更に詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。 また、SoftBank Airの導入を検討中で高額のキャッシュバックを安心して受け取りたい方は、下記リンク先にて最もお得に申し込める安心の代理店を記載していますので是非 clickして確認してみてください。

次の

SoftBankAirのエリアを調べる方法

ソフトバンクair エリア

Contents• ソフトバンクエアーを利用する前に事前にエリア確認が必須 Softbank Air ソフトバンクエアー は、回線工事が不要なインターネット回線です。 商品名の通りソフトバンクから販売されており、通信方式は4G、AXGP、TDD-LTE Airターミナル3のみ の3種類です。 光回線なら通常、光ファイバーケーブルを部屋に引き込む為に屋内・屋外で回線工事をする必要があり、回線業者との調整に手間がかかる、回線工事に1ヶ月〜2ヶ月近い時間がかかるなどのデメリットが、Softbank Airにはありません。 すぐにインターネットを利用したい、という人には便利な回線だと思います。 また、 面倒な手続きが不要というのもSoftbank Airの良さの一つですね。 光回線なら固定回線とプロバイダの2社を申し込まなければなりませんし、それぞれキャンペーンや制約条件もあるので選ぶだけでも大変です。 Softbank Airなら、ソフトバンクに申し込みをするだけですぐに利用することができます ただ、こちらがSoftbank Airの公式ホームページになるんですが、カバーエリアを確認しづらいんですよね。 このままだと、自宅でSoftbank Airを使えるかどうかの判断ができないということで、このページではSoftbank Airのエリア確認方法をご紹介します。 Softbank Airのエリア確認・キャンセル方法 Softbank Airは、ソフトバンクのスマホの回線の一部を利用しているのですが、Softbank Airが若干特殊なこともあり、 Softbank Air=ソフトバンクのスマホではないので注意が必要です。 Softbank Airは、Wireless City PlannningのAXGPという通信方式を利用しているので、Wireless City Plannningのページの方が確認しやすいです。 都道府県を選択すればエリアを確認することができます。 赤く塗られているのがSoftbank Air使用可能エリアということです。 Softbank Airのメリットでもありデメリットでもあるのですが、Softbank Airは固定回線ではないので建物や周囲の影響を受けて、思うような通信速度にならない、あるいは接続できないなどのトラブルが起こる可能性があります。 その場合には、 Softbank Airの契約をキャンセルすることが出来ます。 契約のキャンセルは解約とは違い、契約そのものを無かったものにすることが出来るので、解約手数料は不要です。 Softbank Airをキャンセルするには、契約当日から8日以内に行う必要があります。 それを過ぎてしまうと契約をキャンセルすることが出来ないので自宅に届いたらすぐに試してみる必要があります。 固定回線よりもSoftbank Airがおすすめな理由 Softbank Airの最大の魅力が、回線工事が不要ですぐにインターネットを使える点です。 引越しシーズンなどでは光回線やADSLの場合、回線工事に1ヵ月~2ヵ月近く時間がかかることがあります。 ですが、 Softbank Airであればその工事が不要なので面倒な手続きをせずに、すぐにインターネットを使うことができます。 もちろん、Softbank Airはスマホがドコモやauを使っている人も利用することができ、このようなメリットがあるインターネット回線は中々ないのでソフトバンクユーザー以外でも使う人は多いです。 また、 Softbank Airのメリットは、速度制限もなく、インターネットが使い放題のところにあります。 従来までは光回線ならどのプロバイダでも無制限でインターネットを利用することができたのですが、OCNなどいくつかのプロバイダが光回線でも速度を制限するようになっています。 その点、 Softbank Airは速度制限もありませんし、何より光回線並みに速い通信速度で、ネット閲覧はもちろん、音楽や動画も自由に楽しむことができます。 さらに、 持ち運びが自由なので引越し先でも解約せずに使い続けることができるのもメリットだと思います。 光回線の工事費は1万円~4万円くらいかかりますが、よくある「工事費無料」というのは3年間使い続けることが前提で、それまでに解約したら残額を支払う必要があります。 ずっと住まいが同じであればその心配は不要ですが、まだ工事費を支払っていないうちに引っ越しをしてしまえば工事費と解約手数料で結構なお金がかかってしまいます。

次の