ヤマギシ 会 カルト。 『ヤマギシ会の実態』ヤマギシズム学園の子供たちと性生活

ヤマギシ会の有名人や芸能人は?カルト村として有名な宗教な実態

ヤマギシ 会 カルト

これは本当に面白いエッセイ漫画です。 ガチの教団の子供がどういう生い立ちなのか、本人の口から語られる事は珍しいと思います。 身近な宗教といえば、精々創価学会の家の子供とか、2世・3世会員の話くらいしか耳にした事がありませんでしたが、在家では無く生まれた時から集団生活で親と離れて暮らすというのは想像を絶します。 子供でも労働を課せられて、しかも毎日空腹で私有財産の概念が無いなんて、ホントに平成の世の話なのかにわかに信じがたいレベルです。 体罰と情報遮断もヒドいし、なによりも子供に教育を受けさせないのは最悪です。 毛沢東でもポルポトでも農業万歳系の人は無知=純粋で知識は害毒って考えてますから、カルト村もその系譜にあるといえるでしょう。 作中の親や周囲の大人も大分特殊な思考をしていて、可愛い絵柄でサラッと書かれている事でも、ちょっと考えてみるとかなり気持ち悪い。 親と一緒にいたいという娘に淡々と離れて暮らせといったり、炎天下に食事抜きで半日立たせるとか、子供に平手打ちして髪を掴んで引きずり回して壁にぶつけるって、マトモや大人のやる事では無い。 ドン引きです。 youtubeにアップしたら炎上するでしょうね。 そんなカルト村で育った作者の高田かやさんは本作でよくある被害者意識バリバリの告発ではなく、むしろ童話的に感じられるくらい客観的に自分の体験をつづっています。 女性の作家だと怨みMAXで、読者まで不幸がうつりそうなヘヴィーなエッセイを書く人が居ますけど、漫画の形にしている人は客観視出来ている傾向があるように思えます。 おそらく、文字だけのメディアとは違って勢いだけで書き進む事が出来ないし、見直しの手間がかかるせいだと思うのです。 情念と客観性のバランスがとれていないと内容が凄くても読むのに疲れる作品になってしまいます。 幸福会ヤマギシ 高田さんが暮らしたカルト村が一体どこにあるのか、なんという集団だったのか調べてみたらあっさりと判明。 あの有名なヤマギシ会でした(確定ではないですが、ほぼ間違いない様子)。 wikiで調べてみたら案の定、私有財産一切のお布施とマインドコントロールの合わせ技から入って農場集団生活をするもので、最盛期には年商150億円もあったようです。 信者の脱退率は66%程で、今では売り上げも60億円位。 それでも働いている人は無給で私有財産放棄、しかも集団生活ですから、マトモな農家が太刀打ちできるコスト構造ではありません。 加えて児童労働までありますからホントに凄い。 そんなヤマギシ会の理念やら事件やらは調べればいくらでも出てきますが、ちょっと気になる噂があるのです。 それは漫画家の松本大洋さんもヤマギシ会出身ではないか、というもの。 これ、ユリイカか何かの雑誌の対談で知ったんです。 ホントか嘘かはともかく、あの独特な作品とカルト村のイメージは容易に結びつきます。 情報統制されて育った人が生み出す作品だからこそ、無意識に受けた影響が少なくてオリジナル性が出てくると思うのです。 本作では子供目線での暮らしでしたが、気になるのが自意識がしっかりして来て、一般社会を選ぶ事になった心の動きです。 アメリカのアーミッシュでも都会暮らし期間の後で、村に戻る人が多数だと聞きます。 村の生活と一般社会は大分違いますから大きな決断だったと思います。 結局、どんな宗教を選ぼうと個人の自由ですけど、生まれた時から親の選んだ宗教コード、しかもカルトに従わざるを得ない子供たちは自分で自分の生き方を選択するべきでしょう。 次回の作品があれば、自意識の目覚めとカルト村を出るエピソードを読みたいですね。 なお、こちらは良く知られた別宗教ですがかなり興味深い本です。 「農業万歳系の人は無知=純粋で知識は害毒」についてですが、ポルポトは存じ上げないので何とも言えませんが、毛沢東については恐らく誤解があるかと思います。 毛沢東は十年文革とか色々やらかしてますけど、学ぶことに関しては少し逆なのかと。 無階級者に知恵を与えて改革することを求めた一派なので、当時の農民意識「お金を使う知識の勉強より稼げる体力労働が大事」とかの思想を逆に否定して常に学ぶことを提唱してきたんですよ。 実は今年イギリスの議会でも引用されてたんですが 新着任した財務関係者の官僚さんを非難するためにでしたが 「無知は無知である。 それを潔く認め、謙虚に学ぶことが大事なのだ」ということ言うような人なので恐らく前記の例えは良くないかもしれないです。 気を悪くしてしまったら済みません。

次の

ヤマギシ会の正体【カルトと言われる理由】

ヤマギシ 会 カルト

みんなで幸せになるために、農業や牧畜をやりながら、共同生活をしよう!そして、メンバー1人1人は何も持たない。 財産は「みんなのもの=ヤマギシ会のもの」だ! という考え・行動・生活をしているということですね。 ヤマギシ会は宗教ではない ヤマギシ会は宗教ではないか?と思われがちですが、ヤマギシ会は宗教ではありません。 農業組合法人になります。 そのため、ヤマギシ会を発足させた山岸巳代蔵も、神格化されているわけではないんです。 農業組合法人としてのヤマギシ会はかなり大規模で、ヤマギシ会の社会実顕地では野菜や果物、家畜が育てられていて、食品加工なども行われています。 その売上高は農業組合法人トップで、最盛期にはヤマギシ会の最大の実顕地である豊里だけで140億円を超えていたそうです。 最近は農産物のネット販売なども始めています。 ヤマギシ会の芸能人・有名人6名 ヤマギシ会の芸能人や有名人をご紹介します。 実は、ヤマギシ会に入会している芸能人・有名人はほとんどいないんです。 1.島田裕巳さん ・私有財産はヤマギシ会に入るとヤマギシ会に無条件委任する ・衣類はもちろん、パンツも共用 ・1日の行動予定を自分で決めることができない(世話係が決める) ・住民同士の結婚は調整機関が決める ・妊娠や出産も調整機関が決める ・基本的に男尊女卑 ・勤勉な男性は結婚する資格を与えられるが、勤勉でないと結婚は許されない ・男性は再婚OKだが、女性は基本的にない ・1日2食 ・住居に家賃はいらないがカギはない ・共同生活なので夫婦水入らずの生活はない ・子どもは年齢・性別で共同生活を送る ・教育については義務教育だけで十分という考え これらが主なヤマギシ会の生活になります。 現代の日本で一般的な生活を送っている人にとっては、ヤマギシ会の生活がいかにヤバいのかがわかると思います。 ヤマギシ会の評判や危険性は? ヤマギシ会の評判や危険性を見ていきましょう。 現代の一般社会に暮らす私たちにとっては、ヤマギシ会のことは、まったく理解できないことばかりなんです。 結婚・妊娠・出産もヤマギシ会が決めること ヤマギシ会では、恋愛結婚はありません。 調整機関が誰と誰を結婚させるかを決めるそうです。 先ほども書きましたが、勤勉な男性は結婚できるけれど、勤勉でない人は結婚できない。 さらに、 男性は一度離婚しても再婚できるけれど、女性の再婚はないなどがあります。 しかも、30~40歳代の男性と20代前半の女性というカップルが多く、一応制度的には拒否はできるものの、小さいころから洗脳状態にあるため、拒否することはほとんどないとのことです。 妊娠や出産も調整機関が決めるそうです。 出産が許された夫婦にはコンドームが配られなくなる。 また、子作りは夫婦間だけでなく、生産部の中で行われることもあるとのことで、「夫婦」という概念すらあまりないのかもしれません。 こういう結婚制度を見ると、ヤマギシ会は危険な会だと思わざるを得ません。 退会すると貧乏な状態で放り出される ヤマギシ会は宗教ではありませんので、自分の意志で退会することはできます。 ただ、簡単には退会できないのです。 なぜなら、ヤマギシ会に入会した時点で、私有財産はヤマギシ会のものになっているからです。 退会したからといって、私有財産を簡単に返してもらえるわけではありません。 過去には裁判を起こされているケースもあります。 ヤマギシ会を退会するということは、 私有財産はなく、一般社会に数十万円だけ持たされていきなり放り出されることになるので、まともな生活をすることができません。 さらには、帳簿上ではヤマギシ会から給料が支払われている形になっています。 でも、給料は「みんなもの」ですから、実際は個人には支払われていません。 給料が支払われていると、税金がかかります。 特に、住民税は前年の所得から計算するので、無一文で実際は給料を支払っていないのに高額な税金を支払わなければいけないというわけなんです。 これはひどいですよね。 この財産に関する評判は、ヤマギシ会は非常に悪く、危険性が高いと言えるでしょう。 子どもすら「誰のものでもない」 ヤマギシズムは「無所有」が基本です。 そのため、自分が産んだ子どもですら、誰のものでもないという考え方があります。 これは、洗脳されてしまうと、「そういうものだ」、「当然のことだ」と考えられるのかもしれませんが、一般的に考えると、かなりきついものですよね。 親の愛情を十分に受けられずに育つ。 子どもへの愛情思う存分注ぐことができない。 これは悲しいことです。 また、洗脳されている時はそれで良いかもしれませんが、ヤマギシ会から脱出した時には、親子の愛情が希薄になっているということもあり得るんです。 子どもに労働をさせる ヤマギシ会は独自のヤマギシズム学園を設立していますが、一般常識や教養は義務教育程度で十分と考えています。 そのため、中等部は週25時間、高等部は1日16時間も労働を強制されられるそうです。 中学生に労働させるのは、児童労働になり、労働基準法に違反しますので、かなり危険なことです。 また、ヤマギシズム学園では、子どもは親と2ヶ月に1回しか面会できず、1つの布団に2人で寝なければいけない、1日2食しか食べられないなどの劣悪な環境で生活しなければいけません。 山岸会事件 ヤマギシ会を語る上で欠かせないことが、「山岸会事件」です。 山岸会事件とは1958年に100万羽の鶏を養育するための土地を開拓するのが困難になったため、会員の知人に「ヨウアリ、スグコイ」などの電報を送り付け、監禁し、無理にヤマギシ会に参加させようとした事件です。 ・「包丁を突きつけられて脅される」 ・「風呂に連れていかれ熱湯をかけられる」 ・「竹刀で20回も殴られる」 ・「部屋に呼ばれて裸にされて殴られる」 これらのような体罰があったことが日本テレビのニュースで取り上げられています。 体罰については、高田かやさんの本にも書かれているので、ほぼ間違いないでしょう。 漫画やアニメ、ゲームなども禁止 ヤマギシ会の子どもたちは、漫画やアニメ、ゲームなどの娯楽は一切禁止だったそうです。 電話や恋愛なども禁止だったとのこと。 高田かやさんは、図書室に行くのすら禁じられていたと本の中で語っています。 脱税していた? ヤマギシ会は1997年に国税庁の調査を受けて、本来なら支払われるべき給料が会員に支払われておらず、ヤマギシ会が保管していたことについて、「贈与」に当たるとして、200億円もの申告漏れを指摘。 60億円の追徴課税を課しています。 200億円ものお金があったというだけでも、相当ヤバいですよね。 ヤマギシ会の現在 ヤマギシ会はバブル期には参画者がどんどん増え、社会にも好意的に見られていましたが、1995年のオウムのサリン事件をきっかけに、「怪しいカルト集団」という印象が強くなり、参画者はどんどん減っていきます。 1999年には2150名程度だった会員は、2001年には1700名程度にまで減少し、現在はさらに減ってきているそうです。 それでも、農事組合法人の中ではトップですし、最大のコミューンであることには変わりはありません。 ただ、これだけインターネットが発達した情報社会の中では、ヤマギシ会のやり方に疑問を持ち、脱会する人は増えていくことが予想されます。 まとめ ヤマギシ会の基礎知識や場所、芸能人・有名人、評判や危険性、現在についてまとめましたが、いかがでしたか? ヤマギシ会のやり方は、私たちの日常生活とあまりにも違うので、「危険な団体」と思った人も少なくないと思います。 ただ、偏見は持たずに、自分の目でヤマギシ会はどんな団体なのかを確かめるようにしたいですね。

次の

【感想】カルト村で生まれました

ヤマギシ 会 カルト

ヤマギシ会を聞いたことがあるでしょうか?農業などを基盤とした活動を行っているのですが、実態が少々不気味に感じる活動内容で謎めいています。 フランスや韓国、アメリカなどでも活動拠点を置いており、会員数も多いようです。 一見、世の中のために活動されている団体のようにも思えますが、特定の集団や個人に対して否定的な考えを持っていたり1000人以上が共同生活をしているのですが、その生活は普通では無くマインドコントロールされてたような生活をしています。 その中にはもちろん親子もいます。 今回はそんな謎めいた団体「ヤマギシ会」についてご紹介します。 ヤマギシ会には有名人や芸能人がいるのか、どんな生活をしているのか詳しく見ていきましょう。 日本の宗教学者で大学教授でもある「島田博巳」さんは、ヤマギシ会の会員になっていた時期がありました。 宗教学者の柳川啓一さんに強く関心を示し、自ら社会の幸福を目指すヤマギシ会の会員の一員になり、この生活をして生きていくと決心しますが、少しづつヤマギシ会での日々が窮屈に感じるようになっていき、結局辞めてしまいます。 こういったことから島田博巳さんは自分が経験したヤマギシ会での生活や体験を考えるようになり、宗教学者として進んでいきます。 それから、オウム真理教を肯定したり評価するようになり批判されるようになったりオウム真理教に利用され殺されかけるなどの出来事が起こります。 現在はYouTube活動をしているようです。 ユーミンの愛称で親しみられている有名女性歌手の「松任谷由実」さんがヤマギシ会の会員なのではないかと噂された時があったようです。 こういった方が宗教信者であればネットでもかなりの噂になりそうなのですがネットでもそういった記事は全くありません。 松任谷由実さんは、天河大弁財天社という芸能の神とされる市杵島姫命 いちきしまひめのみこと を主祭神とされる宗教に入っていることが確実だとされているようなので、松任谷由実さんはヤマギシ会には入っていないようです。 また、以前に入っていたこともないでしょう。 ヤマギシ会に入っていると結婚相手は自分の意思では決められず勝手に決められてしまうというので、こういったことからも松任谷由実さんが会員だというのは嘘だと言えるでしょう。 ヤマギシ村に入ると、自分が持っている全財産を完全に放棄しヤマギシ会に委任しなければなりません。 これを聞いただけでも、宗教的なこわさを感じるのではないでしょうか。 また、財産を委任する際には念書を書かなければならないなどの徹底ぶりです。 ヤマギシ村では共有や共同が約束なので自分だけが持つ財産は許されないのでしょうが、ヤマギシ会に委任した場合、もう財産は戻ってこないと思っていいでしょう。 また、ヤマギシ村ではどれだけ労働したとしても給料などの収入は全くなく「ただ働き」状態になります。 放棄した全財産が離脱したとしても帰ってくることが無いので、一度ヤマギシ村に入った人のほとんどは生活に困ることになります。 また、ヤマギシ会を離脱した女性が入村した際に没収された全財産の返却を求める裁判を起こすなど、かなり問題になっています。 全財産が戻ってこないということから離れないようにしているようです。 ヤマギシ村に入ると、労働は絶対です。 朝6時~18時まで労働しなければなりません。 朝から夜まで働かなければなりませんが、財産や収入を許されていないヤマギシ村ですから、そこに給料は一切発生しませんしどれだけ労働しても収入は得られません。 また、労働は自分たちが生きていくためにも必要な手段なので苦痛だとか面倒だとか感じて労働を放棄してしまうと、食べるものなどに困って生活が苦しくなってしまいます。 また、大人だけでなく子供も親と離れて朝から夜まで働かなければならず「虐待」ではないかとも言われています。 財産も没収されてどれだけ働いても収入が得られないわけですから、少しづつ苦痛に感じてしまうでしょう。 実際に離脱する人はかなり多く、会員の半分以上は離脱するそうです。 幼い子供にすら強制的に働かせるのも問題になっています。 先ほども少し触れましたが、ヤマギシ村では子供は親と一緒に過ごすことが出来ません。 どれだけ幼くても親と離れて他の子供と共同生活を強いられます。 子供は年齢や性別で分けて集団で過ごすことになり、朝早くから遊ぶことも出来ず労働をさせられてしまいます。 トイレ掃除から農業作業、動物のお世話まで大人と同じように働きます。 また、子供にとって娯楽も禁止されていたり、幼いころから「マインドコントロール」のようなものをされるため自分自身の生活やまわりの考えに疑問を持つことが出来ないようです。 ましてや、大人に思ったことを言えば最悪の場合、体罰を受けることもあるんだとか。 親に甘えることもまわりの大人に甘えることも出来ずに、楽しい事をすることも出来ずに労働をして過ごす日々に苦痛を感じる子は離脱することもあるそうですが、疑問を持たず育つ子もいるそうです。 そういった子がまた子供を産むと同じ事が繰り返される、という、まさに悪循環となってしまうようです。 新島涼良さんの提唱によって作られたヤマギシズム学園は、決して幸福なものとは言えません。 ヤマギシズム学園は幼年部から、初等部、中等部、高等部、大学部の計5部が存在します。 ここに入学できるのは会員の子供であるか、特別講習に参加したことがある人だけです。 しかし、ここでの生活は子供にとって苦痛になることばかり。 親とは幼いころから離れて暮らし、10人ほどと同じ部屋に住んで一つの布団に2人が入って寝なければならないそう。 また、子供にとっての楽しみであるお菓子や漫画、アニメ、ゲーム、非会員である友達との交流などは一切禁じられています。 親と合えるのは月に1,2回ほどだけ。 また、子供達に必要な教養の勉強も中等部のみで、それ以降の高等部からは進学などに大事な勉強は一切されないそうです。 高等部に入ってしまえば一生ヤマギシ村で過ごすことになるそうなので、必死にヤマギシ会から抜ける人もいるそうです。 ヤマギシ会では色々な問題があり例えば、ヤマギシ会を離脱した女性が財産の返還を求める裁判や、子供に対する虐待と思える出来事や決まり事、無償の強制労働、マインドコントロール、自分の結婚相手などを決めることが出来ない事、欲することへの否定、などの問題があります。 社会の幸福を目的としていながら、1人1人の思いや考え、欲しいと思う感情は一切否定され、報酬も発生しない労働を行わなければならなかったり、親と過ごすことも許されない苦痛の生活を強いられるヤマギシ会は現在も存在しており、活動しています。 前よりも生活が楽になり、一日2食だった食事が3食になったり小遣い程度の収入などがあるようです。 しかし、それでも人間としての生きがいや権限が全くないのは変わっていないようで、問題は解決していないまま。 今回は、謎の団体「ヤマギシ会」に入っていた有名人や実態などについてご紹介しました。 ヤマギシ会は表向きには「ユートピア」や「社会が幸せに暮らせる」といったプラスなことを見せていますが実態そのものは不気味でこわく、人間としての自由や考え、権限が全くないようです。 ヤマギシ会では子供や女性が苦痛に感じやすい生活や決まり事ばかりで、さらに、「嫌だ」と言うことが出来ません。 洗脳状態に陥ってしまい考えることが出来なくなるのです。 信念や理想に向かって頑張ることは素晴らしいですが、人の自由な考えや思いを認めないのは、おかしな話ではないでしょうか。 また、私たちには分からない様々な問題もたくさんあるでしょう。 嫌なことも欲しいと思うことも許されないヤマギシ会、これからどうなっていくのでしょうか。

次の