軽井沢 別荘 ビルゲイツ。 「春の叙勲」受章でわかる日本の異常性!ビル・ゲイツが無差別爆撃指揮官カーチス・ルメイに続く | 地球人類の光と闇

ビルゲイツの家は軽井沢にもある?ビルゲイツ財団日本の採用は?おすすめ本も紹介!|世界の富豪、スポーツ選手、セレブ、海外、英語

軽井沢 別荘 ビルゲイツ

ずっと以前、たぶん2015年にカレイド・スコープ氏のブログで、ビル・ゲイツが軽井沢に巨大建造物を建てていて、それは地下にシェルターがあるとの情報を出されていました。 プレジデントによると以下のような内容で記事が掲載されていました。 住民大激怒! 「ビル・ゲイツの軽井沢別荘」噂検証 軽井沢……日本の先人たちが大切に守り育ててきた自然と文化が残る場所。 そんな場所で地域環境を蹂躙する巨大別荘の建設が進んでいる。 しかも、その別荘の主は……渾身の取材でお届けする怒りの告発である。 その年の1月、環境アドバイザーの鈴木美津子さんは「木がすべて切られ、ひどいことになっている」と知人から連絡を受けて、千ヶ滝西区の別荘地へ向かった。 小高い丘の約6000坪の土地に木が1本もなくなったことを悲しんだ。 鈴木さんは伐採予定の樹木を引き取って移植するボランティアを行っている。 それだけに、野鳥や小動物たちが暮らす林を簡単に伐採するということが許せなかった。 鈴木さんが、噂の別荘を建設する場所が、そこだと知ったのはそれからしばらく経ってからだった。 2月のある日、軽井沢町議会議員のMさんは軽井沢新聞社を訪れ、千ヶ滝西区に巨大な別荘ができるという話をした。 それはこんな内容だった。 大成建設の担当者が図面を持って千ヶ滝西区の区長の家を訪ね、丘の上に建設する別荘の計画を説明した。 建物の図面は回廊式になっているもので、IT関係にはよくある設計だという。 「中庭があるから電波が入りやすい。 別荘地なので夏以外はパソコンを使う人が少なく、丘の上だから木を切ってしまえば、電波が入りにくいという問題はまったくない。 東日本大震災があってから東京も大地震がいつ起こるかわからないと心配されているが、軽井沢は岩盤が固く地震の可能性は低い。 しかも東京から新幹線で1時間という好アクセス」。 Mさんは、「これはマイクロソフト社がアジアの本拠地にしようという計画ではないか」と推測した。 不動産業者からのルートで聞いたという近隣の住民は「ビル・ゲイツは日本好きで京都にも別荘を持っている。 孫正義さんと仲が良くて軽井沢も気に入った。 この場所を勧めたのは孫さんだよ」と、まことしやかに話す。 噂は広がり、「本当の施主はビル・ゲイツの妹だ」とか、「息子の名前になっている」などの情報が入ってきた。 建築申請が会社の山荘ではなく個人の別荘だったことから、マイクロソフトではなく、ビル・ゲイツの別荘だという臆測が強くなった。 春になると工事が開始された。 建築現場にある看板の建築主は、土地の所有者でもある「株式会社ピーエムリゾート」だった。 (一部引用、以下省略) より 悪魔崇拝者、イルミナティ、人口削減計画推進者、ワクチン詐欺師のビル・ゲイツが軽井沢に巨大な建物を建てています。 別荘と言われていますが、別荘ではないでしょうね。 アメリカから多くのグローバル・エリートが日本に逃げてくるとも言われています。 彼等はアメリカで行ってきた悪事の数々により米国民に狙われていますから、逮捕される前に日本に逃げてくるのでしょうか。 ビル・ゲイツの別荘と言ってもあまりにも巨大すぎますし、地下3階だそうですから、地下で悪魔崇拝儀式が行われるのかもしれません。 日本に悪魔崇拝の悪者たちが集まるということは日本が悪魔に管理されそうです。 日本には怪しいカルト教団や新興宗教が星の数ほどあります。 それだけ、日本は悪魔に支配されやすいのでしょうかね。 既に日本にもイルミナティのメンバーがうじゃうじゃいるのでしょうけどね。 もしイルミナティが日本に集まってくるようになれば、日本の子供たちは益々危険にさらされることになります。 ディスニーランドでも誘拐事件が頻発しているそうですが、街中で女の子だけでなく男の子も誘拐されるようになるのかもしれません。 ぞーっとします。 詳細はこちらのビデオからどうぞ! RAPTブログ【読み上げ】 軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。 20 11 10 15 31 1 7 31 30 31 31 1 25 28 31 4 0 725 12 34 352 616 215 490 80 13 59 4 6 11 298 30 25 10 24 10 52 6 41 5 12 3 33 31 30 19 30 26 28 31 31 31 30 30 31 32 30 31 28 31 30 30 31 30 31 31 30 31 30 31 29 31 30 30 31 30 32 32 30 31 31 32 29 32 31 32 32 31 32 33 31 32 31 33 28 32 31 27 32 30.

次の

「ビル・ゲイツの別荘」軽井沢に建設中の噂 総工費80億円か(2013年7月1日)|BIGLOBEニュース

軽井沢 別荘 ビルゲイツ

建設中の別荘は、地上1階・地下3階建てと言われている マイクロソフト社の共同創業者・会長であり、世界的な大富豪であるビル・ゲイツ氏が、軽井沢町内の敷地2万2,000平米に別荘を建設中というのは、地元では誰もが知るところ。 完成の暁には、日本有数の避暑地はどのように変貌するのだろう。 現地でレポートするとともに、軽井沢の方向性を探ってみる。 別荘というより巨大な建物が出現! ゲイツ氏の別荘については、2012年3月に長野県の業界紙が初めて報道し、その後、情報が広まっていたため、今更特に驚くことではない。 しかし、なぜゲイツ氏がこの時期に日本の軽井沢に別荘を造るのかということには、多くの人が興味を抱いていることであろう。 建設地は軽井沢町長倉千ケ滝西区にあり、敷地約2万2,000平米 =約6,600坪 、総工費約80億円で、地上1階・地下3階、回廊式和風建築の豪邸と言われている。 現場全体は工事用の塀に囲まれ、内部に入り込むことは不可能。 加えて、塀には薄い布が張られているため、中の様子を観察することも困難であった。 規模は不明であるが、広い森林の中に4階建て程度の巨大なビルが建ち始めているという感じだ。 一帯は薄い布で覆われているので、内部を観察することは困難 ゲイツ氏の別荘建設を地元はどう考えている? では、ゲイツ氏の別荘建設を地元はどう考えているのか? 関係方面に取材してみた。 まずは地元から。 しかし、「役場としては、ゲイツ氏の別荘建設について正式な通知は届いておらず、このような状態で取材に応じることはできません」と断られてしまった。 よく考えてみれば個人情報に値するので、情報が出にくいというのは当たり前だろう。 そこで、地元不動産業者の社長に訪ねたところ、「地元では、ゲイツ氏の別荘の話は既に出回っているよ。 ほとんどの人が内面では歓迎しているんじゃないかな」とのこと。 20世紀にはジョン・レノン氏と家族が度々滞在していた軽井沢。 21世紀になって新たに世界の著名人が進出したとしても、何ら不思議ではないということか。 夏休みに入って、軽井沢の別荘地には滞在者が急増しているとのこと 軽井沢は明らかに変貌している! ところで、軽井沢における近年の別荘事情はどうなっているのか。 前出の社長に尋ねてみると、「うちは30年以上ここで商売をしているけど、1店舗しかなくて事業規模が小さいせいもあり、業況にほとんど変化はないよ。 逆に、ゲイツ氏の別荘建設後の景気に期待している」とのこと。 加えて、町内で3店舗を営業しているというA社の役員にも質問。 「当社は不況と言われる中でも、比較的土地・建物の需要に恵まれています。 別荘の建設現場が途切れたことはほとんどありません。 聞くところによると、近年は他県の別荘を売り払い、ここで新たな別荘を求める富裕層が増加しているそうです」。 確かに、軽井沢は傍目 はため にも分かるように、この5年間くらいで確実に変わってきている。 ひとつは、自転車利用者が増えたということ。 これに伴って、至る所に自転車を貸し出す店舗が出店している。 これにはいろいろな理由が考えられるが、自転車の性能が向上し、より乗りやすく安全になったことなども影響しているらしい。 また、自転車のデザイン自体も優れている。 軽井沢では自転車での移動が盛んで、至る所で自転車が貸し出されている 通年型のリゾート地へと変貌する軽井沢 また、軽井沢と言えば避暑地・別荘地としての印象が強く、冬場などはシーズン・オフという印象をお持ちの読者も多いであろうが、今ではこの考え方は通用しない。 軽井沢は既に、通年型のリゾート地へと変貌しつつある。 その強力な原動力となったのが、だ。 同施設はかつてゴルフ場があった場所に、長野新幹線軽井沢駅とともに設けられた。 これまでに、East・New East・New East Garden Mall・味の街・West・New Westの6つの店舗群が配置されている。 軽井沢・プリンスショッピングプラザの出現に伴って年間を通して顧客が訪れるようになり、この影響で、ツルヤ軽井沢店、マツヤ軽井沢店などのスーパーマーケットが取扱量を拡大。 並行して、コンビニエンスストアなどの小規模店舗も相次いで出店した。 こうなってくると、冬期は閉鎖していた各種店舗も需要の高まりから通年型へと営業形態を変化させ、結果として、軽井沢は通年型のリゾート地へと変貌を遂げつつあるのだ。 ただし、冬場の軽井沢は気温が低く積雪もあり、防寒と乗用車の冬用タイヤ装着は必須条件である。 軽井沢・プリンスショッピングプラザは、夏休みに入って連日の大賑わい 軽井沢でおすすめのスポットとは? では、軽井沢でおすすめスポットはどこか。 前述の通り軽井沢は通年型のリゾート地へと変貌しつつあるため、ほとんどのリゾート客の要望に応えられるほど、多くの立ち寄りスポットを抱えていること間違いなしだ。 旧軽井沢メインストリート 旧軽井沢銀座)、旧三笠ホテル、雲場池、白糸の滝、千ヶ滝、碓氷峠、塩沢湖、浅間山、油屋旅館、つるや旅館、万平ホテル、軽井沢大賀ホール、ショー記念礼拝堂他、矢ヶ崎公園、堀辰雄文学記念館、セゾン現代美術館、小瀬温泉、ゆうすげ温泉、塩沢温泉、塩壺温泉、星野温泉トンボの湯、立ち寄りの湯 軽井沢千ヶ滝温泉……。 枚挙にいとまがない。 そこで、旧軽井沢ホテルの近くにある小洒落 しゃれ たお店へ。 このは森の中の小さなお店で、アーティストによるクラフトや雑貨を選りすぐって集めている。 そして、ゆっくりと軽井沢を過ごせるカフェ・コテージも併設している。 筆者はここで、素朴な味のチーズケーキ 400円・税込み とシナモンが掛かったカプチーノ 650円・税込み を注文。 手作りの味と静寂感のある店で浸れる幸せをかみしめた。 ちなみにLa volonteは、4月中旬~11月下旬のみ展開している。 軽井沢にはこういった憩いの空間が普通にあるのがまた魅力 軽井沢は国際的なリゾート地へ!? 本題から逸れてしまったが、今回の取材のテーマ、ゲイツ氏の別荘出現で軽井沢はどんな影響を受けるのか? ということである。 これに対する答えは簡単には出てきそうにないが、ある意味軽井沢がいよいよ、日本有数の避暑地から国際的なリゾート地へと、変貌を遂げる過程と見ることもできるのではないだろうか。 ゲイツ氏別荘の完成は今冬と言われており、一体どういう影響が出てくるのか、注目せざるを得ない。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

大富豪ビルゲイツが日本に別荘!?軽井沢に建てた理由は??

軽井沢 別荘 ビルゲイツ

問題の建築物の北側北面図。 敷地面積2万1969. 47平方メートル(約6657坪・テニスコート換算で84面分)、延床面積6238. 63平方メートル(約1890坪)、地上1階、地下3階の超巨大別荘(個人4~5人での使用)。 県に届け出た建築計画書によると、敷地面積2万1969. 47平方メートル(約6657坪・テニスコート換算で84面分)、延床面積6238. 63平方メートル(約1890坪)、地上1階、地下3階。 個人の別荘というにはあまりに大きく、どうしてこれが個人の別荘として認められるのか、という疑問はぬぐえない。 企業の山荘として申請すると近隣への説明会が必要になり反対される可能性もあるが、個人の別荘なら説明会はいらない。 そのために個人と言っているのではないか、という疑問を感じさせるほど巨大な建物なのだ。 噂どおりビル・ゲイツだというなら、このピーエムリゾートの存在は何なのか。 そして代表取締役の黒川正博なる人物とは? 東京新橋にあるピーエムリゾートの設立は2009年で、10年2月に虎ノ門から新橋へ移転している。 会社の業務としては、リゾート開発、不動産業、投資業、金融業などが掲げられている。 新橋のピーエムリゾートに事実関係の確認をしたが、期日までに返事はなかった。 やはり噂どおりペーパーカンパニーなのだろうか。 日本マイクロソフト社に、ビル・ゲイツとの関連を尋ねると、こんな返事が来た。 「ご指摘の土地・建物は、弊社とは一切関係ない。 ビル・ゲイツおよびその家族についてはわからない」 (写真上)2012年1月撮影、約6000坪の丘の木を伐採した。 (写真中)13年4月4日撮影、超巨大な屋根が見えてきた。 (写真下)13年6月23日撮影、コンクリート4階建てのビルが姿を現した。 今でも着々と工事が進む。 12年6月頃から工事現場は巨大な白いテントに覆われて見えなくなった。 テントの中では小山を削っているらしく、土砂を運ぶダンプカーが毎日約100台出入りする。 その通り道となったのは、「ロイヤルプリンス通り」と呼ばれる天皇皇后両陛下にゆかりのある道路も含まれていた。 近隣に住むYさんは朝早くから夜遅くまで続く騒音と揺れに悩まされていた。 「夜9時までミキサー車やダンプが通り、埃もすごくて窓も開けられません」。 1年前に別荘を建てたばかりの住民も「こんなことならここに建てるのではなかった」と嘆く。 計画書どおりなら、これから3階部分を埋めて地下とし、見た目には平屋の建物になる予定だ。 この別荘について、近隣の人たちの声は2つに分かれていた。 噂どおりビル・ゲイツの別荘ならこの辺り一帯の価値も上がると歓迎する人がいる一方、建設のやり方に疑問を持つ人も多かった。 千ヶ滝西区に40年以上暮らしている別荘族の塚田宏さんは「個人の別荘としての届けであっても、これだけ大きな建物はもはや別荘ではないし、ひと山削るというのは自然破壊の問題がある」と指摘する。 塚田さんは別荘ではなく、「シェルター」と呼んでいる。

次の