札幌 はちきょう。 海味 はちきょう 本店(すすきの駅/居酒屋)

海味 はちきょう 別亭 おやじ(札幌すすきの/和食)

札幌 はちきょう

他の料理も美味! ここの名物は「つっこ飯」なんですが、それ以外の料理も美味しい。 今回は特に美味しかった料理をご紹介します。 行者にんにくの醤油漬け。 北海道の春の人気山菜。 濃い味と強い旨味でビールがすすむ! 笑 アスパラガス。 北海道のアスパラは大きいんですよね。 絶対食べたいと思っていたので満足。 鮭ハラス焼き。 美味しくないわけありません! ご飯がほしかった 笑 ラーメンサラダ。 ラーメンとサラダが合わさった異色の料理。 北海道では小学校の給食に出るほどメジャーだそうです。 味は冷やし中華に似てる! いよいよ、つっこ飯の登場! 一番初めにオーダーしたけど、なかなか来なくて最後らへんになって大きなおたまを持ったお兄さんが登場しました。 あーなるほど、オーダーが溜まってきたらテーブルを周る仕組みなんですね。 オーダーしたときに下記の注意点を説明されます。 ・イクラが全部盛られるまで白米には触らない ・食べ残したら罰金(鮭の漁は死人が出るほど危険なので、お残しはやってはダメ) ・客がストップと言うまで盛られるが、ストップを言わなければ適度なところで終了する 上記のことから2名で食べられそうな 中サイズ 2,290円 をオーダーしました。 そうこうしている内に、ついに私たちのテーブルまできました。 「つっこ飯はいりまーす!!」 というお兄さんの大きな声とともにスタートして 「おいさ!おいさ!おいさ!」 という掛け声と一緒にイクラがドシドシ盛られていきます! すげー豪快! そりゃ人気でるわ〜(笑) 私たちはストップをしなかったので満杯に盛られました! どうです? もう椀からはみでてるでしょ笑 きれいに光り輝いていて宝石みたい! 見た目だけじゃないです。 味もプチプチと弾力があり、超美味しい。 昔、函館の某ホテルの朝食ビュッフェでイクラを食べすぎて気持ち悪くなったトラウマがあり、それからイクラは避けてたんですが、ここのイクラはトラウマが払拭するほど美味しかったです! 札幌にお立ち寄りの際は、ぜひ前もって予約して行くことをオススメします! ちなみに、いっぱい食べて飲んで1人5,000円ほどでした! 本日のお役立ち どの料理も味が美味しく、見た目のエンターテイメント性もあって楽しかったです。 行ったことない方が行くと結構楽しめるんじゃないかと思います! また別亭ができたおかげで当日予約も取りやすくなったようで、とても使い勝手のよい店ではなのではないしょうか。 23:00) ・金、土 17:00~24:00(L. 23:00) ・日 17:00~23:00(L. 22:00) 定休日:無休 行き方:地下鉄南北線すすきの駅から徒歩1分 その他:観光客向けのお店だけど美味しい。

次の

海味はちきょう いくら御殿

札幌 はちきょう

と、今回紹介する【八響】があります。 エントランスが隠れ家風 初めて行く方は、多分エントランスがどこなのか分からないかもしれません。 はちきょう本店の奥の方?!にあります。 奥の方と言っても、はちきょうの中にはありませんよ~。 店内はカウンターのみです。 入ってすぐの所にいけすがありました。 モカさんは、タチの天ぷらが大好きなので大喜び! 逆に旦那っちはタチが苦手なのですが、こちらは美味しく食べる事が出来たそうです。 ジビエも大好きです。 本当は鯖の所を、モカさんがアレルギー持ちなので甘エビです。 お待ちかねの【つっこ飯】です!! まさか【八響】で掛け声をかけてイクラを突っ込むとは想像していなくて、動画が間に合いませんでした。。 欲張り過ぎました。。。 ひつまぶし方式ですね! スイーツ 和食屋さんの最後の水菓ってフルーツだったりが多いのですが、ジェラートやイチゴと餡子が入っている春巻き的なのも美味しかったです。 食べてみた感想は? 本家の【海味はちきょう】は、とっても元気な海鮮居酒屋で客層も若い方が多いです。 一方【八響】は、とても静かな大人の雰囲気なので賑やかなのが苦手な方や、仕事関係やデートは八響の方が良いと思います。 個室があったら接待も可能なのに残念! 置いているワインもケンゾーエステートのワインを5種類取り扱っています。 モカさんは、こんな静かな店内でまさか掛け声を大きな声でかけるとは思っていなかったので、最初は驚きましたが一種のショーのようで楽しかったです。

次の

札幌すすきのでイクラの溢れ盛り“つっこ飯”を!「海味 はちきょう」

札幌 はちきょう

札幌はちきょうのイクラ丼 お店の場所は道路沿いの1階なので、すごくわかりやすかったです。 すすきのが初めてでも問題なし。 お通しが昆布とイクラおろし。 北海道のお店ですよーっていう主張がすごいw アイコンにも使えそうですよね。 味は想像通りですけど見た目が素敵。 たちポン酢です。 どうやら北海道では白子を「たち」というようです。 思った以上に白子の量が多かったんですが、ポン酢が美味しかったのでペロリと食べれました。 目的のつっこ飯。 昔と違ってイクラの量は決まっているみたいです。 確かに今はイクラ高いですしね。 でもパフォーマンスを目の前で見れるし、お店の活気を感じれて楽しいです。 大将と従業員数人でテーブルまで来て「オイサー!オイサー!オイサー!!」と掛け声をかけながらイクラを乗せてくれますよ。 いろんなテーブルを一気に回っていました。 パッと見た感じですが、ほとんどの席で頼んでました。 他にもいろいろ食べたかったので今回は小を頼みましたが、ふたりで食べてちょっと物足りないくらい。 ふたりともイクラが好きなので(笑) つっこ飯は話のネタとして一度は食べておきたいと思ったけど、冷静に考えて値段は安くないです。 つっこ飯の値段は大4,990円、中2,490円、小1,990円ですからね。 市場で海鮮丼を食べるよりも少し高いくらいかな。 でもイクラの味付けはお店で違うし、はちきょうはパフォーマンス込みなので、雰囲気も楽しめる人におすすめです。 ちなみにサーモンが乗っている親子つっこ飯というのもあります。 画像では見切れてますけどw 北海道名物のザンギ。 試しに食べてみたかったけど、ひとつが大きいと聞いたので、「2個」でお願いしてみたら嫌な顔せずに作ってくださいました^^ コマイとかいう焼き魚。 大きさはししゃもくらい。 たんぱくな味で初めて食べました。 鮭キムチ。 名前の通りですが、鮭が入ったキムチです。 これは私の口には合いませんでした^^; はちきょう本店の感想 つっこ飯だけじゃなくて、はちきょうは全体的に美味しいけどコスパは良くないかな。 観光客向けのお店だと思います。 チャージ料金は500円だし。 特に九州から行くと特に焼酎の値段の高さに驚きます。 比べてはいけないけど芋焼酎が2倍近い料金だからちょっと手が出ないww でも北海道らしいメニューが沢山あるので、観光料金、旅の思い出と考えればいいかな、って感じです。 有名なお店だし、一度は行くといいと思います。 はちきょうの予約の電話がつながらない? はちきょうは予約しておかないとほとんど入れないって聞いてたんですよ。 でも電話がつながらない。 何度かけても、日を改めても、コール音しかしません。 なんでだろ?って思ったら営業時間前じゃないとダメみたいですね。 もしかしたら営業時間中は電話線を抜いてるか、音をOFFにしてるのかも。 なので営業時間前に電話をして無事につながり、予約することができました。 木曜日の22時半という遅い時間でしたが満席でした。 やっぱり予約は必須ですね。 ただ予約したときに「カウンターで禁煙」と聞いてたのに、当日に案内された席は座敷でした。 5分くらい早く到着したのがいけなかったのかな… 隣の席と近いから、タバコの煙がつらかったですね。 パテーションもないし。 自分も昔は喫煙者だったからある程度は平気なんです。 でも常にタバコを吸い続けている人だったし、こっちの席に向かって煙を吐くし、空気の流れがさらに煙を押しやるんですよ。 居酒屋だから禁煙じゃないのはしょうがないけど、あまりにも辛くて長くは居られなかったです。 このせいでどうしてもお店の印象が悪くなってしまいます…。 もともとタバコが苦手な人は予約の際に相談したほうがいいかもしれません。

次の