ナイト モード カメラ。 iPhone11カメラのナイトモードが夜景を綺麗に撮れると聞いたので、iPhone5と比較するためにドライブしてきた|blog(スワブロ)

iPhone 11、11 Pro 、XR、SEのカメラ性能を比較!カメラと価格で選ぶなら11がおすすめ

ナイト モード カメラ

先ほどと違って、灯が有るためより綺麗に写っていることが分かると思います。 一方iPhone Xは暗くて表情が分かり難い…。 この比較を見て思い出すのがPixel3ですよね。 比較画像を使って散々けなされていましたが、iPhone11シリーズのナイトモードなら細部の描写において決して負けているとは言えないでしょう。 むしろPixel3の方が過度に明るくしているようにも見えます。 ナイトモードはA13 Bionicによって完成した このナイトモードはA13 Bionicチップの力によって非常にうまく機能することができます。 暗闇での撮影ではシャッターを押す際にiPhoneは自動的に明るさを判断し、ナイトモードを作動させます。 その上で光学手ぶれ補正が被写体を固定し、一気に複数枚の写真を撮りそれらをAIが自動的に合成し補正を行います。 A13 Bionicの力で複数枚の写真の中でブレが少ない部分を融合させノイズを消し、コントラストを調整して自然な見た目にするそうですよ。 これによってiPhone11シリーズのナイトモードは恐ろしくシャープに自然な1枚を作り上げられるのです。 だからこんなに自然で綺麗なんですね。 iPhone11凄いな〜。

次の

ナイトモードがついてるビデオカメラを教えて下さい 4Kは、いりませ...

ナイト モード カメラ

先ほどと違って、灯が有るためより綺麗に写っていることが分かると思います。 一方iPhone Xは暗くて表情が分かり難い…。 この比較を見て思い出すのがPixel3ですよね。 比較画像を使って散々けなされていましたが、iPhone11シリーズのナイトモードなら細部の描写において決して負けているとは言えないでしょう。 むしろPixel3の方が過度に明るくしているようにも見えます。 ナイトモードはA13 Bionicによって完成した このナイトモードはA13 Bionicチップの力によって非常にうまく機能することができます。 暗闇での撮影ではシャッターを押す際にiPhoneは自動的に明るさを判断し、ナイトモードを作動させます。 その上で光学手ぶれ補正が被写体を固定し、一気に複数枚の写真を撮りそれらをAIが自動的に合成し補正を行います。 A13 Bionicの力で複数枚の写真の中でブレが少ない部分を融合させノイズを消し、コントラストを調整して自然な見た目にするそうですよ。 これによってiPhone11シリーズのナイトモードは恐ろしくシャープに自然な1枚を作り上げられるのです。 だからこんなに自然で綺麗なんですね。 iPhone11凄いな〜。

次の

【カメラ】iPhone 11 Proとミラーレス一眼を比較!実際に撮った写真の差は?

ナイト モード カメラ

ナイトショットはSONYの名称で、一般名称は「赤外線モード」とか言いますが… 10年前のDVテープ時代のSONYハンディカムだと4万円の普及機にも付いてましたが、年々搭載機が減って上級モデルだけになっていきます。 一方、Panasonicは中級機にも搭載するようになります。 6万円出せるならばPanasonicの昨年モデル、W870Mがベストバイだと思います。 次いで一昨年のW850M。 マイナーチェンジ改良なので基本的な撮影と赤外線モードだけあれば良いというならどちらでも良くて、W850Mの方が安い。 4Kカメラでハイビジョンモードでも撮れますが、パナの4Kモデルのハイビジョンモードはオマケチックでイマイチ。 ハイビジョンではW870Mが最後の中級機でした。 小型HDD内蔵型のXRシリーズはオススメしません。 淘汰されたものですし。 逆のみ可)、2012年から空間光学手ブレ補正が付きました。 ただ、望遠重視ならば無理してもPanasonicの800番台になると思います。

次の