けい しぶく りょう が ん。 ツムラ漢方苓桂朮甘湯エキス顆粒(リョウケイジュツカントウ) : 一般用漢方製剤・一般用医薬品

圭弥茶寮 (けいやさりょう)

けい しぶく りょう が ん

測定の科学。 測定を計画・実践し、その結果を評価して活用するまでの幅広い内容を含む。 「ヒト」が生活を開始した時点での必須 ひっす 要件は多々あったと思われるが、その一つに「モノ」を「はかる」という要素があった。 とくに、人間生活に集団としての社会的位置づけが求められるようになると、「はかる」ことの意義がいっそう明確化されて、生活の目安となる公共財としての「はかる」ことの科学的客観性あるいは法的な基準とルール、さらにはそのための道具(計量器、計器、測定器、試験機、測定装置、分析機器など)が必要となってきた。 はかること、すなわち、計量計測に関連する分野は、日常生活から産業・経済・通商と幅広く、政治にも深く関与してきた。 洋の東西を問わず、国の統治に関しては、土地の面積や穀物などを「はかる」技術や取決めが構築されてきたことにもその重要性が示されている。 「計量」という学問体系も、以前の度量衡(度:長さ、量:かさ・体積、衡:秤 はかり ・質量)の時代から進化し、近年の「メートル条約」や「国際法定計量機関(OIML:International Organization of Legal Metrology)を設立する条約」の二つの国際条約、さらには安全・安心の目安となる基準認証の視点を基盤に置く国際連携がきめ細かく結ばれている。 そして現在は、「はかる」世界の国際的統一がいっそう注目を集めるようになってきたが、その背景に、学問的位置づけ、産業的位置づけ、そして社会生活的位置づけがあるといえる。 メートル条約が締結された1875年当時は、計量の標準を必要とする分野が物理学と電磁気学に集約されていたが、近年ではその領域が化学、生物学、臨床科学、食品科学、環境科学、さらには気象学へと急速に広がってきている。 計量の対象も「モノ」のみならず、「事象」をも含むようになってきた。 そして、学問的には、1960年に承認された国際単位系(SI)が新たな国際統一の起点となり、現在では「はかる」計量単位の国際標準をSIに置くことが国際的にも学術的な面からも広く認められている。 日本においては小学校から高等学校までの教科書にもSIが採用されている。 計量の流れは、 1 測定計画の策定(目的の確認)、 2 測定の実施(原理・原則と道具)、 3 測定結果のまとめと活用、に大別することができる。 1 は、何の目的で何を測定の対象とするかを明確化することであり、 2 では、そのための原理や原則を利用してどのような装置や道具を使うかを確定する。 3 では、 1 および 2 の準備のもとに実際に測定を実施して結果をまとめ、その結果を有効に活用することで所期の目標が達成される。 最近の最先端の計量、とくに国際比較などの客観性が求められる分野では、どのような計量標準を基盤としているかという計量計測トレーサビリティ(metrological traceability)を示すことと、測定された結果の信頼性を付与する測定不確かさ(measurement uncertainty)の表記が必須の要件とされている。 このために、国際比較の結果を用いて国際的な相互承認を実践するために、メートル条約のもとで実施された、長さ、時間、質量、温度、電圧、力、圧力、などの主要な量についての国際的な基幹比較の結果が、データベース(KCDB:Key Comparison Database)として国際度量衡局(BIPM:Bureau International des Poids et Mesures)のホームページ上に確保されて、利用できるようになっている。 [今井秀孝].

次の

圭弥茶寮 (けいやさりょう)

けい しぶく りょう が ん

不安神経症とパニック障害 苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)は不安神経症やパニック障害によく使用されます。 不安神経症やパニック障害と一言で言っても、その症状は様々です。 確定には医師の診断が欠かせませんが、それぞれの代表的な症状は以下のようなものです。 【不安神経症】 突然の動悸、突然の不安感、パニック発作、息苦しい、めまい、過呼吸症候群、心臓神経症(動悸や胸の痛みなど)、各種恐怖症(乗り物、留守番、外出恐怖、閉所、電車、飛行機、広場、嘔吐、高所、外食など) 【パニック障害】 不安神経症の症状が特別な原因やきっかけはなく起こる。 苓桂甘棗湯の証は「奔豚(ほんとん)」 苓桂甘棗湯が全ての不安神経症やパニック障害に効くかというとそうではありません。 漢方で大切な考え方の一つに「」があります。 これは、たとえ同じ病気だとしても、証(体質)によって治し方が違うという治療原則です。 当然、不安神経証やパニック障害もこの原則に従わなければ、うまく改善していきません。 苓桂甘棗湯の証とは、お腹の中から頭に激しく突き上げてくる動悸です。 イメージとしては、まるでお腹の中に豚がいて急にドコドコドコドコ!ピギィーーッ!と胸の方にすごい勢いで駆け抜けてくるような感じです。 急にお腹あたりから激しい動悸が始まり、上がってきて胸の動悸、そしてさらに上がってめまいや意識混乱になってしまう特徴があります。 こういった証を昔の人は一言で「奔豚(ほんとん)」と呼んでいました。 奔豚(ほんとん)とは豚の脱走劇 私見ですが、お臍の下あたりに本来の豚の棲家(豚小屋!?)があるように思います。 ここは丹田と言う場所で、ここに気を込めると心身ともに安定するところです。 この場所に豚が戻れば、あの凄まじいエネルギーが上手に使えるようになると考えています。 奔豚とは丹田(豚小屋)からの豚の脱走劇のようなものかもしれません。 捕まえようとするとドンドン逃げる。 だからおいしいエサで再び丹田へ導く。 苓桂甘棗湯とはそういう漢方薬なのかもしれません。 奔豚の証とは、自分ではどうしようもないような急激な症状で、いつその発作がくるかの恐怖感も非常に強く、また以前発作がでた場所などにも怖くて行けなくなってしまいます。 自分が自分でなくなるというか、そういったどうしようもない姿を人に見られてしまうことも心に大きな傷を残してしまいます。 その事が新たな悩みの種になり、ますます豚が走り回る悪循環に・・・。 しかし、少しずつ自分に自信を取り戻し、自分自身でお腹の中の豚と上手に付き合えるようになることは可能です。 漢方薬もその良いきっかけの一つになると思います。 無理やり捕まえて抑えるのではなく、もとのあるべき場所に自主的に戻してくれるところが漢方薬の良い所ですね。 私もこれまでに数名の奔豚の証を持つパニック障害や不安神経症の方に、この苓桂甘棗湯を使用して、動悸や不安感、めまいなどの症状が良くなって喜ばれた経験があります。 苓桂甘棗湯の中身 茯苓(ぶくりょう):サルノコシカケ科の菌類。 水気の逆行を下降する働きがあり、精神安定や水分代謝を整える働きがあります。 :クスノキ科の常緑高木の樹皮。 上衝を主治すると言われ、シナモン特有の香りも手伝い、のぼせや動悸など気の異常を鎮める働きがあります。 甘草(かんぞう):マメ科カンゾウの根。 急迫を主治すると言われ、発作のような症状をその甘さで鎮めてくれます。 大棗(たいそう):クトウメモドキ科のナツメの果実。 気や水の逆行と共に上がってくる血分を下降させる働きがあり、精神安定に働きます。 簡単に言うと、キノコ、シナモン、天然甘味料、ナツメの実で、食べ物ばかりです。 これをコトコト煎じて飲むと、お腹の中の豚がおとなしくなってしまいます。 きっとお腹の中の豚も雑食なのでしょう。 症状別で探す•

次の

凌遅刑

けい しぶく りょう が ん

概要 [ ] 歴代中国王朝が科した刑罰の中でも最も重い刑とされ、反乱の首謀者などに科された。 「」に凌遅刑の記述が記されている。 別名を剮、とも称し、中国の史書に「磔死」の語が多く登場するが、いわゆるではなく凌遅 を指し、が最も重い刑罰とされた でも実施された。 酷似した処刑法に 隗肉刑がある。 刑罰ではないが、人間を神へのいけにえに捧げることも散発的に行われたらしい。 この刑に処したのちに がとして売られることになっていたとされている [ ]。 中国 [ ] 死体を陵辱する刑罰は、有史以前から中国で存在した。 「の弟子であるが反乱で落命し、体を切り刻まれて塩漬けにされる刑罰を受けた」の記述が『』「孔子世家」にあり、の時代は、がされて腐敗しないようにその死骸を切り刻まれて塩漬けにされたほか、首を市にさらす棄市という処刑法もあり、の時代にもほぼ同様に処刑され、にされた。 、、、隋までは、反乱者も単なるでに処すことが原則で、凌遅刑が法制化されたのは唐滅亡後のである。 混迷した中国大陸を統一したの時代に、斬首、にならぶ死刑の手段とされたが実施されなかった。 これらの時代は、少数民族が言語や文化・習俗などが大きく異なる圧倒的大多数のを中央集権的に統治するため、恐怖政治に頼らざるを得なかった 征服王朝の制度も影響し、「長時間苦痛を与えたうえで死に至らす刑」として凌遅刑がの刑罰として定着 [ ]した。 同じ少数民族同士のの時代は、のに対して「木馬に、」処刑を執った。 はが、は、を企図した人に対する処刑方法とされた。 この手法は残虐であるとして何度か廃止が建議された。 清末にのらがこの刑罰の凄惨な様子を当時の最新機器であった写真などで伝えると「中国の野蛮な刑罰」と非難された。 31年()に公式に廃止されたが、地方で1910年頃まで行われていたという記録もある。 朝鮮 [ ] 朝鮮では 凌遅処斬 능지처참, 凌遲處斬 または 凌遅処死 능지처사, 凌遲處死 と称される。 三つの等級に分けられ、一等級は墓に葬られた死体を掘り起こして胴体、腕、脚など六部分に切り取って晒し、二等級はを用いて、三等級は存命のまま皮膚を剥ぐ。 のの時代に導入され、ののほか、ややの治世でしばしば執行されたとされる。 その後はにより段階的に禁止されたものの、実際はの時代に実施された()に際して廃止された。 朝鮮では、罪人への懲罰刑以外にもとして行われ、残虐であるほど呪いの効果が上がると信じられた [ ]。 凌遅刑にされた人々 [ ] 唐代 [ ] (ただしこれは反乱軍による処刑である) 明代 [ ] 鄭旺 北京の貧民。 の首謀者、の母方祖父を自称した。 1507年、処刑された。 の劉瑾は「を晦まし、国政を壟断した」罪で「凌遅三日」を宣告され1510年、処刑された。 絶命するまで3,357刀を加えられた。 記録によると一日目、3000刀ほどを加えられて夜はいったん獄舎に戻されたが、夕食に出たをお代わりし、二杯を完食した。 二日目、400回程度切り刻まれた時点でついに死亡した。 屍骸の肉片は彼に殺された者の遺族に配られ、に捧げるものや憎さのあまり食う者もいたという。 嘉靖帝の宮女。 の犯人の一人。 1542年、処刑された。 嘉靖帝の妃嬪。 の主犯とされ、1542年、処刑された。 嘉靖帝の妃嬪。 に直接関与しなかったが内情を知っていたために、1542年、処刑された。 にの指示により処刑された、を経て官僚になった人物で、派閥争いに巻き込まれ、(強引に? )罪(母を虐待し妹を犯した)を突きつけられた上に凌遅刑に処された。 劉瑾と同じく処刑の詳細が記されている。 処刑された後の鄭鄤の肉を拾い販売する業者もいたと記されている。 斜陽のにありながら()の侵攻を何度も撃退し、のにも比較されるほどの名将だったが、身内に疑われて(清による策略)明最後の皇帝である崇禎帝により1630年、処刑された。 ので捕らえられた日本人捕虜で麾下の武将とされる人物。 1599年、処刑された。 享年40。 文禄・慶長の役の露梁海戦で捕らえられた薩摩の日本人捕虜で島津義弘の族姪とされる。 1599年、処刑された。 享年27。 清代 [ ] 清朝の軍人、靖南王。 清に対してを起こし失敗。 1682年、北京で処刑された。 明の皇族の末裔。 私塾を開いてひっそりと生きていたところ、75歳で捕縛され、「心の中で謀反を考えなかったとは言えない」という罪で1708年、北京で処刑された。 プイ族の女巫。 清に対して蜂起の指導者。 1797年、北京で処刑された。 の乱の指導者。 1813年、北京で処刑された。 太平天国の武将。 1855年、北京で処刑された。 太平天国の武将。 1855年、北京で処刑された。 太平天国の武将。 1862年、河南で処刑された。 の武将。 張洛行ともいう。 1863年、亳州で処刑された。 捻軍の武将。 1863年、北京で処刑された。 の「翼王」。 成都で部下の、、と共に1863年、処刑された。 太平天国の「忠王」。 1864年、南京で処刑された。 太平天国の「幼天王」。 の長男。 1864年、南昌で処刑された。 捻軍の武将。 1868年、北京で処刑された。 捻軍の武将。 1868年、揚州で処刑された。 暗殺事件の犯人として1870年、南昌で処刑された。 公式には最後の受刑者として1905年4月10日、北京で処刑された。 の代に『』を批判して、岳鍾琪を唆して、逮捕されたが助命された。 しかし、即位したばかりのによって、北京で処刑された。 [ — ] [ — ] 朝鮮 [ ] 画像外部リンク 閲覧注意 - 凌遅刑の後、晒し首にされた金玉均 の首謀者の1人。 彼以外に10名以上が同処刑法で処罰された。 暗殺された後、朝鮮政府によって遺体がこの刑に処された。 写真も現存している。 に仕えた文人。 李氏朝鮮の宮中において内紛が続くなか、讒言によって叛乱計画の首謀者に問われた。 備考 [ ] 近代以前は、イギリスやフランスにおいても類似した処刑方法が行われていた。 詳細についてはを参照。 脚注 [ ] []• 磔の中国語記事は十字架になる。 朝鮮15代国王の光海君は、王位継承者として自身と対を成す幼い王子の永昌大君を、流刑地の住居に設置されたを利用して蒸殺した。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 "Abolishing 'Cruel Punishments': A Reappraisal of the Chinese Roots and Long-Term Efficiency of the in Legal Reforms. " Modern Asian Studies 37, no. 4 2003 : 851-62. この項目は、に関連した です。

次の