マツキヨ ヒルメナイド 顔。 マツキヨからヒルドイドの類似品「ヒルメナイド」はベタつく?!【口コミ】|【本当に優秀?】おすすめプチプラコスメを体験口コミブログ

マツキヨで手に入る!SNSで話題の「ヒルメナイド」は保湿力バツグン!

マツキヨ ヒルメナイド 顔

この記事でわかること• ヒルメナイドとは ヒルメナイド油性クリームは有効成分としてヘパリン類似物質を含みます。 ヒルドイドやビーソフテンシリーズなどで知られる保湿剤の一般用医薬品版です。 医師の処方箋が必要なく、 保険も使わないため、ドラッグストアなどで 自由に購入できることが特徴です。 ヒルメナイドの価格 値段は50gで1280円です。 (2018年9月時点) ヒルドイドの薬価と同じくらいの値段設定です。 一般用医薬品は医師の処方箋が必要なく、保険も使用しないので、薬局やドラッグストアで必要な時に、必要な分だけ、自由な量を購入することができるのが特徴です。 ネットでも購入可能 一般用医薬品は、 アマゾンや楽天などのネット通販でも購入が可能であり、 通常のドラッグストアで購入するよりもお得に購入できる場合があります。 保湿剤の処方のためにクリニックや薬局で長時間待つのは退屈だと思います。 次に、ヒルメナイドの有効成分である、ヘパリン類似物質の効果についてまとめます。 ヘパリン類似物質の効果 ヘパリン類似物質は、親水性(水分と仲が良い)という性質を持っています。 また、血を固まりにくくする作用もあります。 そのため、ヘパリン類似物質は水分を引き寄せる性質や血液をサラサラにして血行を促進する作用を持ちます。 水分を引きつける作用 空気中の水分をたくさん集めて肌の潤いを保ちます。 この高い保湿効果によって、皮膚の天然保湿因子が増加します。 天然の保湿因子が増えることで角質の構造が修復されやすくなり、皮膚のバリア能が回復します。 血行促進作用 ヘパリン類似物質には、血行を促進する作用があり、皮膚の血行が良くなります。 血流量が増えることにより皮膚の代謝が活性化され、傷跡などが治りやすくなると考えられています。 ヘパリン類似物質を有効成分としたヒルドイドについてはこちらの記事で解説しております。 合わせてご覧ください。 ヒルメナイドを上手に塗るポイント ヒルメナイドの保湿力を最大限に活かすポイントを解説します。 保湿は皮膚科系のあらゆる治療で一番重要といっても過言ではありません。 保湿剤を適切に使うことが、治療の効果を左右します。 塗る量 FTU(フィンガーチップユニット)という単位を基準に考えて塗ります。 FTUとは、成人の人差し指の先端から、第一関節までの長さのお薬をチューブから出した量を言います。 ただし、FTUはチューブの口径により、お薬の量が変化します。 成人の手のひら2枚分の面積に対して、1FTUを目安に塗ります。 チューブの口径サイズによってFTUで取れるお薬の量が変化します。 少しテカってテッシュが1枚張り付いて落ちないくらいを目安に、 少し(気持ち)多めに塗るとちょうど良い量になります。 タイミング ヒルメナイドは肌の潤いを閉じ込めてくれるため、入浴後の皮膚が潤っている時にすぐに塗るのがベストです。 体の水分を拭き取った後に一気に塗ってしまいましょう。 水分は、入浴後はすぐに体から蒸発してしますので 素早く塗るのがコツです。 入浴後5分以内に塗ると、とても効果的です。 塗る向き 皮膚には横向きに細かなシワがあります。 シワに沿って横に塗ることがヒルメナイドをムラなく塗るコツです。 塗った感覚の目安 FTUを意識して塗っていても、 塗っているうちに薄くなってしまいがちです。 塗った部分がテカって光るくらいが適量です。 また、ティッシュペーパー1枚をくっつけてみて、手を離しても落ちずにくっつく程度が適量です。 使用上の注意点 ヒルメナイドの副作用 ヒルメナイド油性クリームは副作用が比較的少なく、安全に使用できます。 しかし、 皮膚に以下のような症状が見られる場合は副作用が起きている可能性があります。 ヒルメナイドは高い保湿作用を持つ塗り薬です• 市販薬であるため、処方箋なしに購入できます• 保険上の制限もないため、自由な量を購入できます• 保湿効果を最大に活かすには入浴後5分以内が効果的です• 皮膚のシワの向きに合わせて塗るとよく馴染みます• 成人の手のひら約2枚分の面積に対して1FTUを目安に塗ります• 皮膚がテカり、テッシュが落ちずにくっつく程度が目安です 一般用医薬品は医師の処方箋が必要なく、保険も使用しないので、薬局やドラッグストアで必要な時に、必要な分だけ、自由な量を購入することができるのが特徴です。 もちろん楽天などのネット通販でも購入が可能であり、通常のドラッグストアで購入するよりもお得に購入できる場合があります。 保湿剤の処方のためにクリニックや薬局で長時間待つのは退屈だと思います。

次の

ヒルメナイドをマツキヨで購入※使い方・成分、口コミまとめ

マツキヨ ヒルメナイド 顔

使用上の注意点 【してはいけないこと】 (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。 ) 1.次の人は使用しないでください。 (1)出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の人 (2)わずかな出血でも重大な結果をきたすことが予想される人(血液凝固抑制作用を有し出血を助長するおそれがあります) 2.次の部位には使用しないでください。 目、粘膜(口腔、鼻腔、膣など) 使用上の相談点 1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 (1)医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 (3)湿潤やただれのひどい人 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 【関係部位・・・症状】 皮ふ・・・発疹、発赤、かゆみ、はれ、紫斑 3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は、使用を中止しこの箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 保管および取扱上の注意点 1.直射日光の当たらない涼しいところに密栓して保管してください。 2.小児の手の届かないところに保管してください。 3.他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わります。 ) 4.使用期限を過ぎた製品は、使用しないでください。

次の

マツキヨで手に入る!SNSで話題の「ヒルメナイド」は保湿力バツグン!

マツキヨ ヒルメナイド 顔

ヒルドイドの類似品が購入できるお店は? 美容愛好者の間で注目されたのは、 「 ヒルドイドソフト軟膏0. やわらかめのクリームタイプと、ボディなど広範囲にも使いやすいローションタイプ。 このヒルドイドの類似品もクリームとローション、両方市販されています。 ネット通販でも取扱いが豊富で、 ヘパリン類似物質配合のクリームやローションは楽天でもかなりの人気です。 CHECK! 皮膚科で美容目的処方を希望する人が激増し、社会問題となって以降、 市販の類似品を探す人が増えたようです。 ヒルドイドはソフトクリームもローションもヘパリン類似物質が100g中0. 3g配合されたクリーム。 類似品を探すなら、 同様に ヘパリン類似物質が100g中0. 3g配合されたもの、ということになります。 まず、上記人気ランキングにも登場している一部のクリームやローションに含まれているヘパリン類似物質の配合量を調べてみました。 <ヘパリン類似物質の配合量(100g中)> 製品名 配合量 製造販売元 キルカミンHPクリーム (第2類医薬品) 0. 3g 万協製薬(株) グラクソ・スミスクラインHPクリーム (第2類医薬品) 0. 3g ジャパンメディック 株 ピアソンHPクリーム (第2類医薬品) 0. 3g 新新薬品工業(株) ピアソンHPローション (第2類医薬品) 0. 3g 新新薬品工業(株) マーカムHPクリーム (第2類医薬品) 0. 3g 日医工(株) ヘパリペア (第2類医薬品) 0. 3g ロート製薬 株 ヘパソフトプラス (第2類医薬品) 0. 3g ロート製薬 株 ヘパドロイド油性クリーム (第2類医薬品) 0. 3g 株 浅田飴 ヘパソフト薬用顔ローション (医薬部外品) 0. 3g配合していますね。 ヘパソフト薬用顔ローションはヘパリン類似物質の配合量を非開示ですが、 同じロート製薬のヘパソフトプラスクリームは0. 3g配合です。 配合量が低いのは気になるとか、ヒルドイドと同じ配合量の類似品が欲しい人は、 買う前にパッケージやネットの説明表示でヘパリン類似物質の配合量を確認してみて下さい。 ちなみに、上記類似品の中で、 マーカムHPクリームは、 (出典:) さいきは化粧品では治せない顔の乾燥荒れ肌医薬品で治す、をコンセプトに開発され、 「医薬品」と「化粧品」の両方の使い心地を両立させた、 日本初処方の「医薬品治療ローションと乳液」(クリームは製造・出荷終了しています)。 第2類医薬品です。 治療、ってつくところに、 製薬会社のコスメを感じるし、期待も高まりますよね。 さいきa治療ローション 100g:2400円(税別) 30g: 950円(税別)• さいきn治療乳液 80g:2400円(税別) 25g: 950円(税別) 公式サイトによると、上記のように表示されています。 また、成分分量(100g中)を確認したところ、ローションも乳液ともに、 ヘパリン類似物質 0. 3g グリチルリチン酸二カリウム 0. 5g アラントイン 0. 2g で全く同じでしたので、使用感の好みで選べばいいのかなと思います。 CHECK! 気になったのは 医薬品なのでずっと使い続けるのは良くないという声が結構見受けられたこと。 確かに、さいきSaikiは第2類医薬品、なんですよね。 公式サイトに記載されている使用上の注意を確認すると、 まず、ヘパリン類似物質配合のさいきSaikiは長期間利用による副作用の報告はありません。 とはいえ第2類医薬品ですので、使用期間には注意をお願いしています。 まず肌の治療を目的として使用する場合は、5、6日使ってみて、全く効果を感じない場合は使用を中止して、医療機関の受診をおすすめします。 効果を感じられれば1ヶ月を目安にご使用を継続して肌の調子を確認してみて下さい。 また、特に肌トラブルがないけれど保湿目的で使用する場合、5、6日使ってみて何らかのトラブルがなければ、そのまま1ヶ月を目安に使用を継続してみて下さい。 調子がよければそこで使用を中止しておやすみ頂くことをご案内しています。 1ヶ月というのは、肌のターンオーバーを目安にしています。 お休みの期間に特に決まりはありませんが医薬品としては2週間は間をあけていただくようお願いしています。 つまり、医薬品なのでずっと使い続けていいですよ、とは言えないけれど、副作用の報告はなく、1ヶ月使って2週間休みというサイクル程度ならいいのではないかという説明です。 多分ずっと継続しても大丈夫なんでしょうけれど、第2類医薬品としてはそうは言えない、 ということだろうと感じました。 あくまでも自己責任で継続使用、心配な方は間にお休みをはさむのが安心ですね。 お客さま相談センターの相談員さんはとにかく感じがよいので、不安があったらすぐ電話してみるといいと思います。 「アドライズ アクティブローション(医薬部外品)}(化粧水)と 「アドライズ アクティブクリーム(医薬部外品)」(クリーム)の両方とも、 ヘパリン類似物質(配合量非開示)と水溶性プラセンタエキスが配合されている医薬部外品です。 さいき(Saiki が第2類医薬品で使用期間に注意が必要、との声がありましたが、 アドライズは医薬部外品なのでそのような心配はなさそうですね。 @コスメではモニターさんの声が多く、僅かな購入者の口コミしたが、 総じて「うるおい」を実感、特にローションの評価が高い印象を受けました。 ちなみに、楽天では販売していなくて、公式サイトに10日間トライアルが売っています。 ヘパリン類似物質配合の保湿力をコスメでリーズナブルに試すにはいいかなと思います。 CHECK!

次の