どんなときもwi-fi解約。 どんなときもWiFiからの乗り換えにおすすめのモバイルデータ通信サービスは?

どんなときもWiFiを解約して端末返却|送料最安値を比較した結果は「佐川急便」

どんなときもwi-fi解約

このページの結論としては、一部利用者に対して月間25GBの速度制限をかけるという形で終了したという内容となっています。 そのため、 どんなときもWiFiは実質無制限ではなくなったという認識で良いでしょう。 では、今も無制限で利用できるモバイルWiFiはあるのか?ということですが、「あることはありますが、新規契約はできない」ところがほとんどです。 例えば 「限界突破WiFi」や「Mugen WiFi」更に「よくばりWiFi」と言った主要の無制限系WiFiは、サイトを見ても新規受付を終了している状況です。 速度は最大150Mbpsなので、どんなときもWiFiと同等のものとなっています。 エリアに関してはクラウドSIMを採用しているので、どんなときもWiFiと同じです。 月額は3,280円と安いうえに、途中で値上げしない定額なので、どんなときもWiFiよりもかなり安い料金設定です。 今のタイミングで無制限系のモバイルWiFiが必要なのであれば、 ギガWi-Fi以外は考えられないくらいの状況です。 しかし、安さで大人気だったMugen WiFiよりも安いモバイルWiFiがあると話題になり、3機種あるうちの2機種はすでに在庫切れという状況になっています。 それだけ人気ということですが、 ゆっくり検討していると他のWiFiと同じように新規受付中止になる可能性が高いです。 モバイルWiFiが必要な方は、受付可能な今のうちに、急いでギガWi-Fiを申し込むようにしましょう。 どんなときもWiFiが繋がらない!通信障害で返金・解約金免除~現在まで どんなときもWiFiのサポートセンターからの通知内容 2020年3月30日、どんなときもWiFiの公式サイトにて「サービス復旧時期と今後の対応に関するお知らせ」が発表されました。 内容としては、休止措置は3月31日までで、4月1日より再開となりますという内容と、基本料金の返金に関するものでした。 結局のところ、休止と返金で逃げ切ったのか…と残念に思っていましたが、中盤まで読み進めていくと「万が一、4月以降も障害が継続してしまったお客様へ」という内容が書かれていました。 そこには、2020年4月1日午前0時以降も障害が続いている方は、解約手数料を免除するという内容の文言が書かれていました。 この通知には、解約金が免除される対象の方の条件も書かれていました。 どんなときもWiFiの解約金が免除される対象者の条件 解約金が免除される条件の方は、2020年4月1日の午前0時以降に通信障害が発生している人が対象で、2つのケースで解約金が免除されます。 1つ目のケースとしては、1週間で2回以上、30分以上連続で384Kbps以下になった場合です。 ユーザー的には1回の通信障害でも解約したいところですが、1週間で2回以上の通信障害が起きる必要があるという条件となっています。 2つ目のケースは、3時間以上384Kbpsの低速状態が続いた場合、解約金が免除される対象になるという条件です。 こちらのケースでは、1回でも3時間以上の低速が起きた場合に適用されます。 1週間で2回以上、30分以上連続で低速(384kbps以下)になった場合• 3時間以上の低速(384kbps以下)が一度でも発生した場合 2020年4月1日以降にどちらかの通信障害が発生した場合は「無償解約申請フォーム」から解約可能になります。 現在は、一定の期間が経過したことからか、無償解約受付フォームでの受付は終了しています。 どんなときもWiFiを解約金無しで解約するための申請フォーム 通信障害により無料解約を希望する方は「無償解約申請フォーム」から解約の手続きを行います。 「無償解約申請フォーム」は4月8日以降に解約の申請ができるようになります。 4月8日以降にこちらのリンクから無償解約を申請しましょう。 どんなときもWiFiを解約した後は、どんなときもWiFiに代わるモバイルWiFiを用意する必要が出てきます。 しかし、コロナの影響でテレワーク・リモートワークを行う方が急増し、他のモバイルWiFiでも通信障害にならないかと心配ですよね? そこで、次の項目では「どんなときもWiFiよりも利用者が少ないうえに、現状で通信障害になっていないモバイルWiFi」をいくつか紹介します。 どんなときもWiFiの代わりのモバイルWiFi選びの参考にして下さい。 どんなときもWiFiの2020年5月21日現在の状況 どんなときもWiFiは、一部ユーザーに月間25GBという制限を付けるのとともに、乗り換えを想定して上限10,000円までを負担するという案を、個別でメールしています。 25G組です。 どんなときもwifi動かん。 ノートPCでGoogle検索すら出来ない状況。 一刻も早くメールか何かで原因のアクションが欲しい。 新規受付は当然中止しています。 どんなときもWiFiに代わる「現状通信障害の無いモバイルWiFi」 1つのサービスに絞ってしまうと、そのサービスがパンクして通信障害になってしまう可能性が高くなります。 そのため「こんな方にはこのモバイルWiFi」という内容を紹介し、利用者が1ヵ所に固まらないようにしています。 どのモバイルWiFiも、ロックダウンなどで配送されなくなる可能性があります。 どんなときもWiFiからの乗り換え者が多いタイミングなので、 申し込みが遅くなるほど端末不足で契約できなくなります。 ゆっくり検討している時間は無い状況なので、ある程度妥協してでも早めに申し込むようにしましょう。 現状コレ1択! THE WiFi 無制限系のモバイルWiFiは、利用者が多いサービスほど新規受付を中止しています。 今までに契約していた方が一斉にテレワークなどで利用し始めたため、回線がパンク状態になっているようです。 そんな中で、かろうじて申し込み可能な無制限系のモバイルWiFiが 「THE WiFi」という加藤浩次さんがイメージキャラクターのモバイルWiFiです。 速度は最大150Mbpsなので、どんなときもWiFiと同等のものとなっています。 エリアに関してはクラウドSIMを採用しているので、どんなときもWiFiと同じです。 月額は3,480円と安いうえに、途中で値上げしない定額なので、どんなときもWiFiよりも安い料金設定です。 今のタイミングで無制限系のモバイルWiFiが必要なのであれば、 THE WiFi以外は考えられないくらいの状況です。 しかし、5月前半では申し込みから1週間程度で配送可能でしたが、5月中旬には2週間程度待つことになり、現在では1ヶ月待ちとなっている状況です。 それだけ人気ということですが、 ゆっくり検討していると他のWiFiと同じように新規受付中止になる可能性が高いです。 モバイルWiFiが必要な方は、受付可能な今のうちに、急いでTHE WiFiを申し込むようにしましょう。 どんなときもWiFiと同じく無制限系のクラウドSIMを採用していて、2020年4月時点でも通信障害なく利用できています。 速度については僕のツイートでも紹介しました。 限界突破WiFiの4月2日時点の速度です。 以前よりも速度は落ちていますが、それでも安定して繋がっています。 しかし、現状は プランの変更を余儀なくされています。 この姿勢がある限り、限界突破WiFiは今後も期待できるサービスだと確信しています。 そのため、どんなときもWiFiからの乗り換え先の候補として1番に紹介させていただきました。 どんなときもWiFiの通信障害が発生した時点で、次の乗り換え先はMugen WiFiだと考えていた方も多いようです。 しかし、Mugen WiFiの欠点として、端末欠品による配送遅れが頻繁していることがあげられます。 そのため、急いでモバイルWiFiが必要という方にはオススメできない状況になっています。 しばらくはモバイルWiFiが無くても大丈夫!という緊急性の無い方であれば、安く使えるので申し込む価値ありです。 即日発送してほしい! よくばりWiFi 一日でも早くモバイルWiFiが必要という方は、よくばりWiFiがオススメです。 よくばりWiFiは即日発送を売りにしているモバイルWiFiなので、手元に届くのが速いというメリットを持っています。 安さが売りのMugen WiFiよりは200円程度高いですが、限界突破WiFiよりは50円安く利用できます。 限界突破WiFiやMugen WiFiと比べて知名度が低いので、込み合いすぎての遅延になるリスクが低いという点が、現在ではまさかのメリットとなっています。 1日でも早く利用したい!という方には最適な選択となっています。 どちらのサービスを選ぶにしても、ロックダウン的な規制によって新規受付ができなくなる可能性があります。 そのため、モバイルWiFiが必要な方は、大至急申し込んでおきましょう。 「使えないならせめて無料で解約させてくれ」という声がSNSを中心に多発しました。 新型コロナウイルスの影響でテレワークや在宅勤務を行うことになり、今こそネット環境が必要という状況で通信障害が出ているのであれば、他の回線を契約するしか選択肢がありません。 しかし、どんなときもWiFiが解約できなければ、2回線分契約している状態になってしまいます。 後になってどんなときもWiFiが「通信障害が終わったのでこのまま使ってください」と言われてしまったら、どちらかを解約金を支払って解約することになってしまいます。 そのため、使えないならせめて無料で解約させてほしいと炎上しました。 通信障害の状況について聞きたくても聞けないし、無料で解約させてほしいというむねを伝えることも出来ない。 この「聞けないし言えない」の状況が続いたことで、利用者の怒りが爆発しました。 そこで、どんなときもWiFiは3月19日にコールセンターのスタッフを増やして、サポートセンターの受付時間を長くするという対応をしました。 しかし、それでもコールセンターが繋がらない状況が続いたことで、利用者の不信感は大きく膨れ上がってしまいました。 さらに、まだ通信障害が改善されていない状況でコールセンターの受付時間を通常時に戻してしまいました。 では、4月に入ってから、改善した方と改善していない方の割合はどのくらいになっているのでしょうか? 気になっている方が多いので、ツイッターでアンケートを行ってみました。 4月になって、どんなときもWiFiの通信障害が改善されたのか? 気になっている方が多いようなので、アンケートを実施したいと思います。 どんなときもWiFiは利用者が非常に多いモバイルWiFiなので、一気に乗り換えが行われてしまうと、乗り換え先のモバイルWiFiがなかなか手元に届かないというトラブルが発生します。 Wi-Fi環境が必要な方は、少しでも早く申し込んで、確実にWiFiを手に入れるように行動しましょう。 現状でのモバイルWiFiの選び方 社長が誠実 安さが売り 配送が速い どんなときもWiFiが繋がらない通信障害の経緯 どんなときもWiFiの通信障害の経緯を、通信障害当初から時系列で紹介しています。 かなり簡潔に要点だけをまとめているので、詳細は公式サイトにて確認しましょう。 2020年2月の通信障害.

次の

解約までの流れとお手続きについて

どんなときもwi-fi解約

こんにちは。 「」編集部のダイゴです。 2019年の3月17日のサービス開始から一気に人気急上昇中の「」。 新しく契約しようと考えている人も多いのではないでしょうか?WiFi端末を契約する場合事前に解約方法について調べる人もいると思います。 ですが、1〜10まで公式HPをじっくりよんで解約方法について理解するのは少し大変ですよね…汗 今回の記事では、 どんなときもWiFiを実際に使っている私が「どんなときもWiFiの解約方法」「どんなときもWiFiの解約時の注意点」などについて詳しくまとめていきます。 この記事が、どんなときもWiFiの解約方法を調べている人の参考になれば幸いです。 このパートからは、さっそくどんなときもWiFiの解約方法について3ステップで誰にでもわかるように簡単に解説していきます。 どんなときもWiFiの更新月は、契約した月から数えて25ヶ月後です。 なるべく更新月に解約をすることをおすすめします。 マイページには右上に表示される「ログイン」ボタンからログインできます。 ログインボタンを押すとIDとパスワードを求められるので、契約時に送られてきた「ご契約内容」の書類に記載のIDとパスワードを入力しましょう。 IDとパスワードが書かれている書類は、こちらの書類になります。 書類の裏面、画像で言うと中央付近に書いてあるIDとパスワードがマイページのログインに必要なIDとパスワードになります。 マイページにログインすることができたら、画面右端の「ご登録内容の変更」の「詳細をみる」ボタンをクリックしましょう。 どんなときもWiFiは「レンタルWiFi」なので、解約に伴い端末を返却する必要があるんです。 返却を忘れると18,000円の機器損害金が発生するので注意が必要ですよ! 返送先や返送期限については、公式HPから引用した上記の表を参考にしてください。 どんなときもWiFiの解約金一覧や解約金を0にする方法を解説! 利用開始からの月数 解約料金 0ヶ月目 〜 12ヶ月目 19,000円 13ヶ月目 〜 24ヶ月目 14,000円 25ヶ月目 0円 どんなときもどんなときもWiFiは、更新月以外の解約では解約金がかかる2年縛りのあるWiFiです。 どんなときもWiFiを解約金0円で解約したいのであれば、必ず更新月を確認して更新月に解約するようにしましょうね…! 更新月の数え方は、契約した月から2年後の翌月です。 例えば、2019年4月に契約したのなら2021年5月が更新月となります。 【クーリングオフ可能?】どんなときもWiFiの初期契約解除制度について! 項目 内容 申請期日 端末受領日から8日以内 申請方法 公式HPからフォーマットをダウンロードの上送付 必要経費 初期費用3,000円 注意点 端末と付属品が返却されない場合18,000円の機器損害金が発生 どんなときもWiFiは商品受領から8日以内であれば、 電気事業法の「初期契約解除制度」で違約金不要で解約することが可能です。 「契約したけど電波が繋がらない」「使って見たら宣伝されていた内容と違った」など商品に不満がある場合、なるべく早めに初期契約解除制度を活用して解約しましょう。 初期契約解除制度を使った場合にかかる金額は、初期費用の3,000円のみです。 月額料金が引き落とし済みでも返金されるので安心してください。 初期契約解除制度を利用する場合、からダウンロードできるに必要事項を記入の上どんあときもWiFi宛てに発送することになります。 先ほども説明しましたが、初期契約解除制度は商品受領から8日以内に「初期契約解除申請書」と「端末一式」をどんなときもWiFi宛に発送する必要があります。 もし初期契約解除制度を利用するなら今すぐ手続を開始しましょう。 どんなときもWiFi解約時の3つの注意点を解説! どんなときもWiFi解約時の3つの注意点• まず、何度も説明していることですが更新月以外に解約すると解約金がかかります。 どんなときもWiFiは契約月から25ヶ月後の更新月で解約しましょう。 次に、当月解約を希望する場合は毎月25日までに解約申請を行う必要があることです。 25日を過ぎての解約申請は翌月解約扱いになるので気をつけてください。 最後に、どんなときもWiFiはレンタルWiFiなので端末の返却が必要です。 解約したらすぐに所定の住所に端末を返送するようにしましょう。 解約月の翌月5日までに端末の返却が確認できないと、18,000円の機器損害金が発生するので注意してくださいね…! まとめ 今回の記事のまとめ• どんなときもWiFiを解約するならまずは更新月を確認すること!• 更新月が確認できたらマイページから解約申請をすること!• 解約申請後端末の返却を忘れずに!• どんなときもWiFiは更新月以外に解約すると1万円を超える解約金がかかる!• 商品受領から8日以内なら解約金を支払わずに解約可能! 今回の記事では、どんなときもWiFiの解約方法や解約金について解説してきました! どんなときもWiFiは「更新月の確認」「解約申請」「端末の返却」の3ステップえ簡単に解約することができます。 電波が届かなかったり、宣伝の内容と違うと感じた場合なるべく早く「初期契約解除制度」で解約手続を行うことをおすすめします。

次の

どんなときもWiFi返却方法!端末返品しないと機機器損害金18000円 | どんなときもWiFiキャンペーン

どんなときもwi-fi解約

思っていたよりも通信速度がでなかった…• 実は固定回線のほうが自分の利用環境には合っていた… といった、どんなときもWiFiの通信環境に満足できない人が対象のサービスです。 例えば2年契約を結んでしまったのに、実際にインターネットサービスを使ってみたら自分に合わず、がっかりしてしまうこともありますよね。 また、サービスそのものに不満があるわけではなく、ライフスタイルの変化により、モバイルルーターではなく固定回線に変更したいというケースも考えられます。 いつでも解約サポートは、そういった 「どんなときもWiFi契約後の不満」を解消してくれるサポートサービスとも言えます。 ただし、いつでも解約サポートの恩恵に授かるには、窓口より 指定されたインターネット通信サービスへ乗り換えることが条件となります。 いつでも解約サポートの乗り換え先は? では、いつでも解約サポートが提案してくれるインターネットサービスは、どのようなものがあるのでしょうか。 とても気になるところではありますが、 具体的なインターネットサービスの乗り換え先は正式には公表されていません。 しかし運営元の株式会社グッド・ラックの事業内容から、乗り換え先として紹介される通信サービスを3つ、想定してみました。 NEXT mobile 1つめは NEXT mobileです。 NEXT mobileとは、どんなときもWiFiと同様のポケットWiFiルーターレンタルサービスです。 基本的に• 環境によっては通信速度が速くない• 急に電波が繋がらなくなることがある といった 通信サービスとして致命的なデメリットもあります。 特にソフトバンクAirについては悪評が多く、 ソフトバンクエアはマジで導入の初期だけでしたね、使えたのは。 設置部屋の隣の部屋にいても電波弱いし、そもそも通信がクソ過ぎて4Gの方がマシってどういうこと。 使えないって声が殆どなのに改善する気も無いのな。 — 未来炒飯 zyangu15 ソフトバンクAirどうにかならんのか — 術ジル信者 ov1o9zt2DDdtvgq 昨日から繋がらない。 詐欺やん。 — AKIR jmakira 正直に言うと乗り換え先としてあまりオススメできないのが現状です。 ただしモバレコAir=ソフトバンクAirというわけではないので、もしかしたら通信性能が改善されているかもしれません… 補足 紹介した3つの通信サービスが、必ずしも案内されるとは限りません。 いつでも解約サポートを利用する流れ 次に、いつでも解約サポートを利用した解約・乗り換え手続きについて紹介します。 STEP1 どんなときもWiFiサポートへ連絡する 初めに、 どんなときもWiFiサポートへ電話連絡します。 いつでも解約サポートを利用するための最低利用期限はないため、いつでも気軽に相談できるのがうれしいですね。 電話で解約したい事情を話すと、相談者の環境に応じた乗り換え先を提案してくれます。 相談のうえ提案された乗り換え先のインターネットサービスに同意できたら、株式会社グッド・ラックによる乗り換え手続きが開始されます。 STEP2 どんなときもWiFiから乗り換える手続きを行う 次に、 どんなときもWiFiからの乗り換える手続きを行います。 乗り換え先が、 【返却必須の端末一式】• Wi-Fi端末本体• USBケーブル• 取扱説明書(重要説明事項、ルーターの設定方法等)• 個包装されていたパッケージ 返却先住所 返却期限 〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目2番33 白雉子ビル7F グッドラックサポートセンター宛 解約月の翌月5日まで 気をつけたいのは端末や電源ケーブルなど、一部でも欠品することで 機器損害金として18,000円が発生してしまうこと。 漏れがないよう、しっかりと確認して返却するよう注意が必要です。 いつでも解約サポートを利用する際の注意事項 違約金0円で、他回線サービスへ乗り換えることができる いつでも解約サポート。 すでにいくつか紹介していますが、サポートの利用には注意すべきポイントもあります。 解約違約金免除のみ!事務手数料は発生する いつでも解約サポートで解約時に0円になるのは、 どんなときもWiFiの契約解除料(違約金)のみです。 契約期間 違約金(税抜) 0〜12カ月 19,000円 13~24カ月目 14,000円 26カ月目〜 9,500円 そのため、乗り換え先の新規サービス申込みのために発生する 事務手数料や初期費用は免除されません。 また違約金の免除は、どんなときもWiFiの「いつでも解約サポート窓口」にて申込みした場合に適用されます。 いつでも解約サポート後の1年間はどんなときもWiFi契約に戻せない どんなときもWiFiの解約・乗り換えに、「いつでも解約サポート」を利用した場合は、その後1年間は 元々契約していた「どんなときもWiFi」に戻ることはできません。 つまり、いつでも解約サポート利用後の1年未満に「どんなときもWiFi」をもう一度利用したい場合は、 新規契約をし直す必要があるんですね。 新規契約の場合、2年定期契約として利用することになるので、よく考えてから申し込むことをオススメします。 乗り換え後の初期契約解除やエリアキャンセルはNG どんなときもWiFiのいつでも解約サポートで乗り換えた先で、• 端末を返却しなかった• 返却物に不足があった• 返却した端末が故障していた 以上のようなケースでは、 機器損害金18,000円を請求されてしまいます。 さらに機器損害金は、いつでも解約サポートのサービス対象ではありません。 解約で無駄な出費をしないためにも注意が必要です。 まとめ 今回は、 どんなときもWiFiのいつでも解約サポートについて、詳しくご紹介しました。 契約期間に縛りがあると、うっかり自分に合わない契約をしてしまった場合に、がっかりしてしまいますよね。 自分に合うか合わないかは、実際に使い始めてみないとわからないことも多いのではないでしょうか。 そんなとき、いつでも解約サポートのようなサービスがあると救われます。 どんなときもWiFiを解約する前に、いつでも解約サポートの窓口に相談してみてはいかがでしょうか。

次の