ジョージ スミス ジャッカル。 #497 『ジョージ・スミスを語る』 SPIRITS OF SUNGLIATH SUNGOLIATH サントリー

ジョージ・スミス ジャッカル・情報提供いたします。

ジョージ スミス ジャッカル

Sponsored Link ジャッカル(ラグビー)のルール 相手が持っているボールを奪い取るプレーがジャッカルです。 ラグビーだから相手の持っているボールを奪い取るのは 当たり前だと思いそうですが・・ 普通は、なかなか思うようにボールを奪いとることが できません。 ボールを持って突進してくる猛者からボールを 奪い取ることが難しいのは、理解できると思います。 奪い取るよりも、相手が前進するのを防がないと トライにまでつながる大変な事態となりますので まずは、タックルなどで相手を止めることが優先されます。 そして、相手の勢いが止まってからラックが形成される 直前の僅かな時間にボールを奪い取るジャッカルを仕掛けていきます。 ラックが形成されると、手が使えなくなりますので 不用意にボールを取りに行くと反則(ハンド)となります。 その瞬時の判断と果敢な勇気が要求される高度なプレーです。 ジャッカルを行う選手は、立った状態でプレーする必要があります。 膝をついてしまうと、プレーを継続することが禁止されています。 そのため、 ジャッカルを仕掛ける際には膝をつかないような 立った状態で行う必要があります。 繰り返しになりますが、ボールを奪い取るプレーは 瞬時に行わないといけません。 ジャッカルを行うメリット ラグビーのルールでは、倒れた選手がボールを 持ち続けることは反則(ノットリリースザボール)です。 ラックが形成される直前にジャッカルを 仕掛けていくメリットとしては、相手選手の 反則(ノットリリースザボール)を誘発することができる点が挙げられます。 少々、リスクは伴いますがジャッカルは、 狙えばかなり有効なプレーだということができます。 もちろん、相手選手からボールを奪い取れれば かなり有利になることは言うまでもありません。 ジャッカル(ラグビー)の名場面 K5 医療関係者のK5です! 日本在住です。 パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造などについても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らない新情報を発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 ドライブも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、日々新しい情報に触れて、その内容を自分なりに解釈することが面白いこと。 それと、その反応がリアルタイムで分かる楽しさがあります。 このブログは、スポーツに関連した色んなことについて書いていきます。 例えば、芸能人のスポーツに関することや、面白いルール、スポーツに関する食品や器具などにつても注目するものがあれば書いていきます。 どうぞ、応援よろしくお願いします。

次の

ジャッカルとは?ラグビー由来と姫野和樹のプレーがすごい!|まんまる。

ジョージ スミス ジャッカル

提供 姫野和樹の代名詞となりつつある「ジャッカル」。 密集でのプレーはセンスも重要だ。 ラグビーW杯で躍進する日本代表と共に「ジャッカル」が話題を集めている。 4戦全勝したプール戦でNo. 8姫野和樹がピンチで連発し、お茶の間やネット上は「姫野のジャッカル!」と歓喜。 サモア戦やスコットランド戦後は「ジャッカル」がツイッターのトレンドに入った。 ジャッカルはタックルで倒れた相手から、守備側が手を使ってボールを奪い取るプレーだ。 一瞬で攻守交代を起こす早業であり、1試合に1回成功させれば仲間から「今日ジャッカルしたな」と褒められるビッグプレーだ。 1試合に3回でもすればヒーロー扱いだろう。 なぜ稀少かというと、ジャッカルが難易度の高い特殊プレーだからだ。 ルールはラックが成立するまで。 まずタックルで倒された攻撃側のプレイヤーは、かならずボールを離さなければいけない。 ボールが置かれ、両チームの少なくとも1人ずつが立ったまま接触すると「ラック」となる。 この時点で、もうジャッカルはできない。 ラックでは手を使うことができないからだ。 レフリーがよく「ラック・フォーム!」と叫んでいるのは、もうラックが形成されている、もう手は使えない、と伝えるためでもある。 つまり、手を使ってボールを奪うジャッカルは、ラックが成立するまでの短い間しか許されていないのだ。 そのわずかな機会を捉えるためには、立った状態でその場に辿り着いていなければいけない。 ジャッカルを何度も成功させる選手は、往々にして運動量が豊富だ。 奪えなくても反則を誘発。 相手はかならずスピードをつけてぶつかってくる。 痛みを覚悟した上で、倒れた相手プレイヤーに覆いかぶさるのだ。 ここで、寝転んだ相手プレイヤーからボールを強奪するプレーが「ジャッカル」だ。 ぶつかってくる相手にひるまない勇気、強靱な足腰、ボールを奪う腕力が必要になる。 相手の身体を掴むなどの細かいスキルもある。 もしも、そのまま相手がボールを離さずにいたとしても、「ノットリリースザボール」の反則となり、ペナルティーキックを得て攻守交代となる。 この場合は厳密にはジャッカルではなく、ジャッカルを試みたことによる反則の誘発。 しかし一連の出来事を便宜的にジャッカルと呼ぶこともある。 ボールを奪う名手、ジョージ・スミス。 ジャッカルというラグビー用語の由来には、元オーストラリア代表でサントリーでもプレーしたジョージ・スミスが関係している。 2000年の代表デビューからオーストラリア代表で111キャップを重ねた名バックロー(FW第3列)は、倒れた相手からボールを奪う名手だった。 そのスミスがどう猛な動物にちなみ「ジャッカル」と呼ばれていたことから、プレーの名前として広まったと言われている。 ピンチを救った姫野のビッグプレー。 そのジャッカルは今、日本代表の躍進を支えるNo. 8姫野の代名詞になりつつある。 姫野が見せた最高のジャッカルプレーのひとつが、アイルランド戦の後半25分だったろう。 日本はLOジェームス・ムーアを筆頭にタックルの雨を降らし、残り15分で優勝候補アイルランドを16-12でリードしていた。 こんなはずではない。 焦燥に駆られたアイルランドは、最も確実な方法で少しずつ前進しようとした。 大型フォワードによる近場勝負だ。 ラックからボールを持ち出して、近場にフォワードを当てていく。 日本は重圧を受けて徐々に後退した。 アイルランドの逆転トライまで、あと10メートル、あと9メートル、あと8メートル。 まさに窮地だった。 そこで姫野が寝転んだアイルランドのジェームズ・ライアンに絡みついた。 剥がされかけるが、ひるまない。 アイルランドのライアンはボールを離さず、ここでレフリーが「ノットリリースザボール」の反則をコール。 一発逆転。 起死回生。 ジャッカルによる反則誘発が局面を一変させた。 姫野は10月20日、南アフリカとの準々決勝に8番を背負って先発する。 リザーブスタートとなったジャパンの大砲、アマナキ・レレイ・マフィもジャッカルを十八番にしている。 果たして大一番でスーパープレーは飛び出すだろうか。

次の

勇気とパワーとセンスで奪う。姫野和樹が得意なジャッカルって?

ジョージ スミス ジャッカル

スポンサードリンク ジャッカルとはどんなプレー ジャッカルとは、タックルなどにより倒れた選手のボールを奪い取り、マイボールにするプレーのことを言い、主にラックなど 密集の中でボールを奪い取るプレーとなります。 野生の動物が狩りをする時のように、ボールを奪い取ることからジャッカルと言われています。 「ボールハンター」などと表現されることもあります。 ラグビーの解説者として有名な藤島大さんによると、ジャッカルのできる選手は天性のものだということです。 必ずしも身体が柔らかい選手が得意ということではなく、硬い選手でも手がするりと伸びてきてボールを奪うのが得意な選手がいるとのことです。 そういった選手がチームに必ず1人か2人いて、ジャッカルを狙っているそうです。 ジャッカルの得意な選手として有名なのが、世界屈指のボールハンターと言われている、オーストラリア代表のポーコック選手です。 Thanks to Georgia for the game and thanks to everyone who braved the weather to watch us play on Friday night. Thoughts go to all those affected by and families who have lost loved ones. 日本の選手では、姫野和樹選手が度々ジャッカルにより日本のピンチを救いました。 スポンサードリンク ジャッカルで反則になるプレーは? ジャッカルは高等技術ともいえるプレーで、瞬間的に相手のボールを奪うプレーとなります。 しかし判断を間違えると、反則になりやすいプレーでもあります。 その一つに「ホールディング」という反則があります。 タックルした選手は、ボールキャリアの選手を一度離してからボールに絡まなければいけません。 タックルしてそのままボールを奪いに行ったり、相手選手を掴んだままでいるとホールディングをとられてしまいます。 また、ジャッカルでは「オーバーザトップ」や「ハンド」といった反則にも気をつける必要があります。 「オーバーザトップ」は、相手側に倒れこんでボール出しを妨げる行為です。 「ハンド」は、スクラムやラックの中で手でボールを動かした場合にとられる反則です。 ジャッカルでは反則になるプレーに気をつける必要がありますが、ボールを奪うだけではないので非常に効果のあるプレーとなります。 例えば、ラグビーではタックルされたプレーヤーはボールを放さなければいけないというルールがあります。 ところが、相手チームがジャッカルに来るとボールを持っていた選手は相手ボールにしたくないため、ボールを抱え込んでしまいます。 そうすると、「ノットリリース・ザ・ボール」という反則を取られてしまいます。 そのため、ジャッカルを仕掛けることで、仮にボールを奪えなくても結果的に相手の反則を誘発することができるようになります。

次の