米津 玄 師 アルバム 2019。 米津玄師の「STRAY SHEEP」がどんなアルバムになるか妄想してみた

米津玄師の「STRAY SHEEP」がどんなアルバムになるか妄想してみた

米津 玄 師 アルバム 2019

前説 スポンサーリンク 先日、米津玄師がおよそ2年半ぶりに新しいアルバムをリリースすることが発表された。 前作のアルバムの時点で元々売れっ子だった米津玄師だけど、「Lemon」のヒットを持って、売れっ子のレベルが大きく変わった印象を受ける。 平成最後の国民的なヒット曲になったのは、間違いなく「Lemon」だと思う。 YouTubeの公式動画では、5億という桁違いの数字を叩き出している。 それが、その現れだ。 そんな国民的なヒットを飛ばした「Lemon」リリース後の初のアルバムということで、どんなアルバムになるのか様々な人が期待していることだろう。 この記事では、そんなアルバムについての妄想的な記事を書きたい。 本編 「STRAY SHEEP」というアルバムへの妄想 例えば、米津玄師とも親交があり、上半期に一番のヒットアルバムをリリースしたと言っても過言ではないKing Gnuの場合、わりと大衆的になったことを受け入れたアルバムを作ったイメージを受けた。 その気になれば、もっとアーティスティックになれるというか、聴く人を選ぶマニアックな作品を作ることができる中で、わりとシンプルにポップなものと向き合った印象を受けるのだ。 対する米津玄師はどうなるのか。 YouTube上の再生数が億単位の楽曲が複数収録される米津玄師のアルバム。 普通に考えたら、収録されるヒット・ソングのメソッドを巧みに利用した名曲を多数収録して、爆発的な人気を誇るアルバムを作りそうなものである。 でも、米津玄師が「枠組み」にハマる歌を作るのって、タイアップありきであることが多いというか、オーダーありきだからそうする、みたいなところがある気がする。 つまり、ノンタイアップの曲を複数収録することができるアルバムにおいて、わざわざ「置き」にいくような真似はしないがする。 むしろ、普段はナリを潜めているもっとコアな部分を、アルバム収録曲に爆発させるような予感もするわけだ。 スポンサーリンク どんな楽曲が収録されるのか? 1億再生を突破して、アルバムにも収録されるヒット曲「Flamingo」。 でも、ヒット曲という肩書に対して、楽曲の内実はかなり「変わった」曲だよなーと思う。 過剰に声ネタを取り入れて、クラブソングっぽいニオイも入れつつ民謡的なサウンドも楽曲に忍び込ませた変態的な一曲だ。 USやUK(特にフランク・オーシャン「Blonde」以後のポップ・ミュージックの要素)の音楽に大きな影響を受けつつ、国内の音楽も咀嚼する幅の広さが今の米津玄師にはある。 しかも米津玄師の場合、狙って「ジャンルを広くしている」というよりは、自分の中でインプットしたものを感覚的にアウトプットしてみると、他のアーティストにはない形の「まじり方」を平気で行っているフシがある。 その感覚が他のアーティストにはない鋭さを持っているわけである。 (そういう点では、わりと計算でやっているように見えるKing Gnuと対象的な気もする。 いや、もちろん両者とも感性と計算の両方がずば抜けているんだけどね) ただ、ここまで紹介した楽曲の多くに通底する特徴は、人の声を加工して「サウンド」として組み込んでいることだと思う。 「海の幽霊」もボーカル全般にエフェクトをかけているわけだけど、きっとこれだって「声を加工してサウンドにする」という発想から生まれたもののように感じるわけだ。 元々「ボーカロイド」というような、人の声と楽器の中間のような道具を作って、音楽作りをしてきた米津玄師にとって、「声すらも楽器になる」という発想は、そんなに遠いものではなかったのかもしれない。 だからこそ、声であれ楽器であれ、「音を加工していく」意識やセンスのあり方が、他のアーティストとあまりにも違っているのかなーと思ったりする。 洋楽でもなく、和楽でもない、不思議なバランスを次々と生み出す要因は、そこにあるのかなーと。 音に対する嗅覚があまりにも優れているというか。 まとめ こういうヒットソングを生み出したから、きっとこういうアルバムを生み出すに違いない。 そういう想像を軽やかに越えるような作品を作ることだけは間違いない。 そして、きっとその作品は本来の水準なら「ポップ」と言えないようなマニアックなものである気がするのだ。 ジャケットだって、なんかすごいアーティストな装いを醸し出しているしね。 米津玄師の手にかかれば、そういうレベルの楽曲ですらも「ポップ」なものになってしまい、たくさんの人を魅了して驚異的な数字を叩き出すような気がする。 いやーほんと、アルバムがリリースされる8月が怖い。 ポケモンにハマってしまって、それ以外のことが手につかなくなってしまったあの日の夜のように、自分はしばらくの間、米津玄師の音楽に縛られてしまいそうだからだ。 米津玄師のアルバムがリリースされてから、ぱたりとこのブログの更新が止まってしまったら、きっとそういうことなのだと察してほしい。 今のうちに、そういう忠告をここでアナウンスしておく。 スポンサーリンク.

次の

【米津玄師】名曲ベスト20!ベストアルバムを作れば絶対に入る20曲!

米津 玄 師 アルバム 2019

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤裕一)は、2019年12月6日(金)、 「レコチョク年間ランキング2019」(集計期間:2018年12月1日~2019年11月30日)を発表いたします。 「レコチョク年間ランキング2019」はレコチョクが提供するダウンロードサービスの総ダウンロード数をもとにしたランキングです。 デジタル配信は、いつでも、どこでも、楽しめることから、ランキングはトレンドを反映しやすく、また、SNSでの拡散などでロングヒット化しやすい傾向にあります。 今年も2018年下半期から2019年にかけて話題になったTVCM、TVドラマの主題歌や関連楽曲多数が上位にランクインしました。 「レコチョク年間ランキング2019」サイトではトップ50を公開しています。 ( ) =================================== 「レコチョク年間ランキング2019」発表! ~2019年の音楽シーンを席巻するアーティストとトレンドがランクイン~ =================================== PR 「ダウンロード シングル 」「ダウンロード(ハイレゾシングル)」対象の「レコチョクランキング」では米津玄師「Lemon」が1位を獲得しました。 「Lemon」は2018年1月スタートの石原さとみ主演、TBS系金曜ドラマ『アンナチュラル』主題歌として書き下ろされた楽曲で、米津玄師初のドラマ主題歌です。 同年2月12日(月)より先行配信され、月間ランキングでは2018年2月度から、これまで8回1位に輝き、「レコチョク年間ランキング2019」集計期間でも2018年12月度、2019年1月度、4月度の3回1位を獲得。 また、配信開始以来、月間ランキングTOP10 に一度も途切れることなく21カ月間連続でランクインいたしました。 「Lemon」のMVは日本人アーティスト最多となる4. 9億回再生されるなどあらゆるシーンで聴かれ続けています。 なお、「レコチョクランキング」年間TOP10には「Lemon」をはじめ、今年8月配信リリースの「馬と鹿」(2位)、昨年リリースの「Flamingo」(8位)、作詞作曲プロデュースを手掛けた菅田将暉「まちがいさがし」(4位)やFoorin「パプリカ」(6位)と関連楽曲5曲がランクイン。 TOP50内ではDAOKOとのコラボ楽曲「打上花火」など関連曲11曲がランクインしました。 とても光栄です。 この曲を作ったのが遠い昔のことのような気分でいます。 これからも続くであろう長い人生の中で、このような得難い経験をさせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです。 米津玄師 「ダウンロード シングル 」「ダウンロード(ハイレゾシングル)」の総合ランキングである「アーティストランキング」でも米津玄師が2018年度から2年連続で年間1位を獲得しました。 2018年2月からロングヒットを続ける「Lemon」、また、TBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』主題歌「馬と鹿」など多くの楽曲がダウンロードされました。 「馬と鹿」は8月12日(月・祝)の配信リリース以来、月間ランキングで8月度から3カ月連続1位を獲得。 ドラマ終了後も『ラグビーワールドカップ2019日本大会』が開幕すると、快進撃を続けたラグビー日本代表関連のニュース、そして日本代表戦会場でも楽曲が流れるなど、同大会の盛り上げや選手の背中を押す楽曲として話題を集めました。 レコチョクのオウンドメディア「レコログ」では、米津玄師インタビューを掲載。 2019年にリリースした「海の幽霊」「馬と鹿」について、また、2020年へ想うことなどを語っています。 ぜひ、ご覧ください。 PR 「アルバムランキング」は、back number『MAGIC』が1位を獲得。 このアルバムは2019年3月27日(水)の配信開始からわずか5日間で3月度の月間ランキングで初登場1位、4月度も2カ月連続となる1位を獲得しました。 その後も5月度は2位、6月度もTOP10以内にランクインするなど年間でロングヒットを記録しました。 『MAGIC』はback numberにとって通算6枚目となるオリジナルアルバムで、「瞬き」(映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』主題歌)、「大不正解」(映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』主題歌)、「オールドファッション」(ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』主題歌)、「HAPPY BIRTHDAY」(ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌)といった、2017年以降リリースの大ヒットシングルを多数収録。 これに「最深部」「雨と僕の話」「あかるいよるに」(キリンビール「淡麗グリーンラベル」CM曲)などの新曲が加わった1枚で、2019上半期アルバムランキング首位に続き、年間ランキングでも1位を獲得しました。 PR 「新人アーティストランキング」ではmiletが1位を獲得。 miletは、フジテレビドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』でオープニング・テーマに起用された「inside you」で2月7日(木)より先行配信デビュー、レコチョクデイリーランキングでも初登場1位を獲得しました。 「inside you」はドラマの放送開始と同時に注目が集まり、洗練された楽曲と堂々と歌い上げる歌唱力がSNSでも話題となり、月間ランキングでは2月度は4位にランクイン、3月度は7位、ドラマの放送終了後も多数ダウンロードされ続け、2019年度上半期の新人アーティストランキングでは1位を獲得しました。 7月31日(水)には日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』主題歌「us」を先行配信し、デイリーランキングで初登場1位、8月度の月間ランキングでは3位にランクインしました。 なお、本日発表の「レコチョク年間サブスクランキング」でも新人1位と、ダウンロード、サブスクの新人ランキング両方を制覇しています。 PR このたび「レコチョク年間ランキング 新人アーティストランキング1位」「レコチョク年間サブスクランキング 新人アーティストランキング1位」を受賞でき、とてもうれしく思います。 3月にデビューし、4枚のEPをリリースすることができ、色んな曲でたくさんの方々に私の曲を知っていただくことができました。 そして音楽を通して誰かの人生に関われることの幸せを知りました。 これからも誰か1人にでも寄り添える歌を歌っていきたいと思います。 私のことを見つけ、曲を聴いてくださった皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございます。 milet レコチョクが運営するサイト「レコログ」にてmilet独占インタビュー掲載!ぜひ、ご覧ください。 【miletが新人ランキング2冠!「いろんなところで聴いてくれていることが実感できて本当に嬉しい」】 PR 「洋楽ランキング」はQUEEN「I Was Born To Love You」が1位を獲得。 QUEENのボーカリスト、フレディ・マーキュリーが自身のソロアルバム『Mr. バッド・ガイ』に収録した楽曲で、フレディ他界後に、クイーンのメンバーがアルバム『メイド・イン・ヘヴン』にアレンジが異なるヴァージョンを収録。 2018年にフレディを主人公にした伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開されると、この楽曲もランキングを上昇。 上半期ランキングでは2位にランクインしました。 その後もヒットを続け、10月にはSUBARU インプレッサ「人生を輝かせるクルマ篇」TVCMソングに起用されるなど、話題も続き、年間ランキングで洋楽ランキング1位に輝きました。 2位には「ボヘミアン・ラプソディ」がランクインしています。 「ハイレゾアルバムランキング」は、ONE OK ROCK『Eye of the Storm』が1位を獲得しました。 Kiiara 」 東宝配給映画『フォルトゥナの瞳』主題歌 といった話題曲を多数収録。 制作陣に海外プロデューサー達を迎えた世界標準のサウンドは、まさしくハイレゾ音源で聴くに相応しい作品となりました。 2019年2月15日(金)に配信開始し、月間ランキングでは2月度に初登場1位、5月度までTOP5以内にランクインし、上半期のハイレゾアルバムランキング1位を獲得しました。 その後もヒットを続け、10月度には再び5位へ上昇し、年間でもハイレゾアルバムランキング1位を獲得しました。 ・「レコチョクランキング(シングル)」は「ダウンロード シングル 」「ダウンロード(ハイレゾシングル)」を合算した総合ランキングです。 ・「アルバムランキング」は、収録楽曲をまとめて購入できる「ダウンロード アルバム 」のランキングです。 ・「アーティストランキング」は、「ダウンロード シングル 」「ダウンロード(ハイレゾシングル)」の総合ランキングです。 <本リリースに記載している会社名、製品名は、各社および各団体の商標または登録商標です>.

次の

米津玄師「Lemon」の収録アルバムは「STRAY SHEEP(ストレイシープ)」!8月5日発売[レモン]

米津 玄 師 アルバム 2019

Amazonの情報を掲載しています 米津玄師ベストアルバムはあるの? 米津玄師さんのベストアルバムは、現在発売されていません。 今後発売される可能性も十分ありますが、現時点では情報がありません。 しばらくの間は発売しない可能性が高そうですね。 米津さんのベストアルバムについて、ファンの方からはこのような声も挙がっています。 米津玄師さんは、いつベストアルバムのカードを切るかに注目してる— きみすたすとりーと ヤバイわよ! sazankuwata アンナチュラルきっかけで米津玄師にすっかりハマってしまった。 いい曲がすごく多い。 ベストアルバム出して欲しいな。 — みか millecrepes94 来年辺りには米津玄師ベストアルバムでアリーナツアーとかやりそうだなぁ。 — たくぼう yonezu0520 みなさん米津さんのベストアルバム発売を、今か今かと心待ちにしているようです。 どんな曲がベストに収録されるのかも気になるところです。 収録される曲を予想してみるのも楽しそうですね。 今後の公式サイトの動きにも注目です。 このブログには、 米津玄師さんの最新情報, ライブ情報, コラムなどを掲載しています。 その他にもライブ, セトリ, グッズ, CD・DVD, MV PV について、さらに新曲情報やプロフィール、彼女の噂なども随時更新中! 米津玄師さんがボカロP(ハチ)だった頃から米津さんが大好き。 そんな管理人が、米津さんファンの方や初めて米津さんを知った方にもわかりやすく、皆さんに愛されるブログを目指して頑張っていきます。

次の