むずむず 脚 症候群 何 科。 足がむずむずする病気は何科?|むずむず脚症候群の原因と治療

むずむず脚症候群は何が問題?試してガッテンでも紹介された病気

むずむず 脚 症候群 何 科

別名ではウィリアム・エクボム症候群やレストレスレッグス症候群・RLSとも呼ばれています。 一般的には布団に入って眠りにつくまでの間に症状が出ますが、酷くなると日中の安静時に生じることもあります。 年齢はバラバラですが、比較的中高年に多く見られます。 また、女性の方がやや多い傾向にあります。 睡眠中に脚のひきつけや蹴るような運動が繰り返し起こる病気です。 むずむず脚症候群が寝入りばなに出るのに対して、周期性四肢運動障害は深い眠りに入っている「ノンレム睡眠時」に多く見られます。 むずむず脚症候群の明確な原因は分かっていません。 ここでは、有力視されている説をご紹介します。 セロトニンやドーパミンは、痛みやかゆみに対する脳の知覚を制御する役割を持っています。 しかしこれらの働きが低下すると、脳は刺激に対して敏感に反応するようになります。 いわば知覚過敏のような状態になるのです。 そのため、例えば「布団が脚にかかる」「風が脚にふれる」などのちょっとした刺激にも過剰反応を起こし、むずむず感や刺激感を覚えるのだと考えられています。 ・パーキンソン病患者には、むずむず脚症候群の発生率が高い パーキンソン病の患者には、むずむず脚症候群の症状が見られます。 パーキンソン病は、ドーパミンの分泌量減少によって起きる病気です。 このことも、神経伝達物質の減少や機能低下がむずむず脚症候群の原因だとする説を裏付けていると言えます。 ・抗うつ剤の副作用としてむずむず脚症候群が生じることも 抗うつ剤の副作用として、むずむず脚症候群が生じることがあります。 抗うつ剤にはセロトニンの分泌を促したり、神経細胞内への再取り込みを抑制したりする作用があります。 それが原因で疼痛閾値を制御するセロトニンのバランスが崩れ、むずむず脚症候群を引き起こすと考えられています。 鉄欠乏性貧血とは、体内の貯蔵鉄が不足している状態を指します。 月経過多、月経子宮内膜症の人や妊娠中の人や人工透析を受けている人・慢性腎不全の人などは鉄欠乏性貧血になりやすいため、むずむず脚症候群が起きやすいと言えます。 細胞内で鉄と結合して鉄を保存し、必要なときに鉄を放出する役割をしている。 しかし先にもお話したように、むずむず脚症候群の原因のひとつは脳の神経伝達物質の調節障害・機能低下だと考えられています。 その分野に明るい脳神経内科を受診することをおすすめします。 ドーパミン受容体拮抗薬とはドーパミンの作用を強めるお薬のことで、プラミペキソールという飲み薬とロチゴチンという貼り薬があります。 これらの処方は健康保険の適用範囲内です。 なお、ドーパミン受容体拮抗薬で芳しい効果が見られなかったり、お薬に慣れて効果が薄れてきたりした際には、必要に応じて別の投薬に切り替えることもあります。

次の

むずむず脚症候群|前田呼吸器科クリニック

むずむず 脚 症候群 何 科

その中に 「 足が むずむずする」という症状の病気があります。 正確には、そういった症状が出る病気を集めた「症候群」で、 むずむず脚症候群といったり レストレスレッグス症候群といったりします。 「レストレスレッグス」は直訳すると「落ち着きのない足」という意味です。 足がむずむずするなんで、何科に相談すればいいのかよくわからない難しい問題です。 そこで、ここでは医学的によく用いられるレストレスレッグス症候群という名称を用いて、どんな病気か、どこに相談するべきか説明していきます。 レストレスレッグス症候群は じっとしていると むずむずが出る レストレスレッグス症候群というのは、足が不快な感じがして、じっとしていられない症状が出る症候群です。 水虫のように一部分がかゆいとかではなく、膝から下、 特に ふくらはぎのあたりが落ち着かない感じ、 足がじっとしていられない感じという むずむず感です。 原因の一つに、鉄分の不足で脳の一部に負担がかかって、足を支配する神経が異常に興奮するせいだともいわれています。 腎臓が悪い 腎不全の人や、 妊婦さん、 鉄分不足の人、他の神経の病気がある人などで起こると言われており、原因は多様です。 レストレスレッグス症候群の特徴は、じっとしているときに足を動かしたい落ち着かない感じになることです。 多くの人は、 足の むずむずが気になって 夜 眠れないといっていらっしゃいます。 また、その症状は、夕方や夜に症状が強くなるほかに、運動しているときは良くなるといった特徴があります。 レストレスレッグス症候群は神経内科に相談するのがよい 足がおかしい感じがする、という症状だと、他に足の血管が動脈硬化でぼろぼろになる閉塞性動脈硬化症、腰の骨で神経が圧迫されてしまう腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などの病気があります。 しかし、これらの病気は典型的には痛みやしびれが中心で、しかも歩行などの動作で悪化するという特徴があります。 レストレスレッグス症候群の症状の中心は 違和感であり、これらとは少し異なります。 前述のとおり、 レストレスレッグス症候群の 原因の一つは脳~神経の異常と考えられています。 また、診断の際に、これらの神経伝達の異常を改善するドパミン製剤という種類の薬が効くかどうか、ためすことになります。 そのため、もしあなたの症状が前述のレストレスレッグス症候群の特徴に当てはまるのであれば、こういった薬を日常的に扱っている 神経内科に相談するのがよいでしょう。 必ずしも大きな病院の神経内科という必要はなく、開業のクリニックで神経内科を標榜していれば対応してもらえます。 レストレッグス症候群の具体的な 治療は? まず自分でできることとしては、寝る前にマッサージやストレッチをしておくことが有効といわれています。 診断の過程で、薬をためすこともありますが、むずむずの頻度がそこまで多くなければ、まずは薬を使わずに様子をみます。 また、 鉄分不足があれば、それを補充する治療が有効であることもあります。 採血でフェリチンという貯蔵鉄の値をチェックし、鉄分補給をするべきかどうか確認します。 症状がつよく、気になって日常生活に支障がでるような人は、 ドパミン製剤による 薬物治療で症状をおさえます。 まとめ 足がむずむずする人は、もしレストレスレッグス症候群であれば、こういった 治療で足の むずむずを 解消できる可能性があります。 そもそも治療可能な症状だと知っている人自体少ないようです。 気になる人は、一度神経内科で相談してみるとよいでしょう。 参考文献 Eur J Neurol;19:1385-1396:2012 スポンサーリンク 当ブログを見ていただきましてありがとうございます。 一応医師免許もって内科医やってます。 勤務医です。 インターネット上での正確な医学情報の拡散に興味があり、ブログをやっています。 このブログでは主に病院に行く人に役に立てばと思う話や医者の本音的な話を書いてます。 このブログの目的は、「病院に行かないで済むように情報を提供する」ではなく、「病院にかかるときに知っておいた方がよい情報を提供する」ことです。 ブログおよび管理者についての詳細はもご参照ください 記事内容は専門用語はなるべく避けて一般の方にわかりやすくを心がけていますが、そうなっていない部分があったらご連絡いただけると幸いです。 メディア掲載実績 2016年12月7日• Facebook Page• 当ブログを見ていただきましてありがとうございます。 一応医師免許もって内科医やってます。 勤務医です。 インターネット上での正確な医学情報の拡散に興味があり、ブログをやっています。 このブログでは主に病院に行く人に役に立てばと思う話や医者の本音的な話を書いてます。 このブログの目的は、「病院に行かないで済むように情報を提供する」ではなく、「病院にかかるときに知っておいた方がよい情報を提供する」ことです。 ブログおよび管理者についての詳細はもご参照ください 記事内容は専門用語はなるべく避けて一般の方にわかりやすくを心がけていますが、そうなっていない部分があったらご連絡いただけると幸いです。 メディア掲載実績 2016年12月7日.

次の

むずむず脚症候群|診察室でよくみる大人の病気

むずむず 脚 症候群 何 科

見出し• むずむず脚症候群はただの睡眠障害?そうではありません! ためしてガッテンでむずむず脚症候群が取り扱われたとき、その内容は「睡眠障害」を起こす原因という感じでした。 番組的には「睡眠の悩み」ということで、むずむず脚症候群以外の原因についても触れられていました。 睡眠障害は障害を起こしている原因を明確に断定することが難しく、現在でも患者さんに正しい診断が出るのに4年近くの時間がかかるというのは珍しいことではないのです。 ただ現在は都市部を中心に「睡眠障害専門」の診療科をもつクリニックや病院も増えてきているので、睡眠障害の原因に関しては診断が早めに出ることも聞かれるようになりました。 ムズムズア症候群に限らず、何らかの原因によって睡眠障害を起こしている人は、国内に推定200万人~500万人いるとされ、多くの人が足の不快感で不眠を起こしていると言われているのです。 足の不快感と不眠……これで思い浮かぶのは「むずむず脚症候群」ですよね。 しかし、色々と調査をしてみると、ぐっすり眠れないという人の中にはまだむずむず脚症候群とまでは言い切れない症状の人も結構な割合で存在しています。 例えば足のほてりや引きつり、ちょっと足がピクピクするというような不快感は、むずむず脚症候群の症状の中にもありますが、代表的な「虫が這う感覚」はないという人も多くいます。 けれども、ここで注意をしたいのは「それはまだむずむず脚症候群が軽度である」というだけなんですよね。 ほてりや引きつりを「ただの疲労」として放置しておくと、それは紛れもなくむずむず脚症候群の主要症状を引き起こすことにつながっていくのです。 むずむず脚症候群のカギを握るのは脳 不眠症状や睡眠の悩みを引き起こすことに大きくかかわっているのは「脳」です。 むずむず脚症候群に関しては、神経伝達物質であるドーパミンの量などによってきちんと刺激の授受ができていなかったりすることが症状を発現させてしまったりするのです。 私たちは生活の中で、自分ではさして気づいていない刺激をたくさん受けて生きています。 例えばそよ風の刺激や、衣服を着脱するときの刺激は「命に危険のある刺激」ではないとわかっているので、たとえ刺激を受けていても私たちは意識しすぎることがないようになっているのです。 どうしてこのような刺激の選択ができているのかというと、私たちの脳にA11という神経細胞が存在しているから。 A11は脊髄の興奮を抑える信号を出している神経細胞で、このA11が正しく働いてくれることにより不必要な刺激の信号が「意識を阻害するほど」脳に入らないようにブロックしてくれているのです。 もしこうした刺激の取捨選択ができなかったり、少しの刺激をすごく大きな刺激として受け取ってしまうと、日常生活がままならなくなりますよね。 最近の研究で、むずむず脚症候群のような症状に関しては、何らかの理由でA11の働きが弱まっているのではないかという仮説があるということです。 A11がしっかりと働かないと、ブロックするべき刺激や脳に入ってしまい、脳は過敏状態に。 こうなると本来は意識するほどのない刺激が徐々に強い刺激に感じられるようになり、最終的に我慢しがたい不快感になり、不眠を引きおこすことになってしまったのではないかと考えられるようになっています。 また、A11によって脊髄の興奮を抑制できなくなると、脊髄反射という体の反射運動によって足が勝手に動くようなぴくつきが起こることにもなります(脊髄反射とは刺激が脳まで行くことなく、生体的に反応してしまうことで、膝の一部をたたくと勝手に足がポンと上がるような反射のことです)。 ではなぜA11の働きは弱くなってしまうのでしょうか? これにはむずむず脚症候群の対策法としてよく用いられる「鉄補給」が深くかかわっているのでした。 ためしてガッテンで紹介されたむずむず脚症候群はどうして寝入りばなに不快感がくるの? 基本的にむずむず脚症候群の症状が見られやすいのは「夜」とか「夕方~夜にかけて」と言われています。 中でも私たちがその症状にしっかり気づいて不快感を得るのは就寝時が多いでしょう。 実はこの「夜」という時間帯がA11や鉄分にとって大きなキーワードになる時間帯なのです。 というのも、夜というのは日中に比べて血中の鉄分濃度が低くなる時間帯だったんですね。 ドーパミンの生産についても、A11神経細胞の働きにとっても、鉄分というのは欠かせない栄養素で、鉄分が不足するということはむずむず脚症候群の症状を出やすくするということだったのです。 鉄分不足が症状の出現に関わっていることから、実際にむずむず脚症候群に悩む人は割合的には女性が多くなっています。 女性には必然的に血液が少なくなる月経があるため、血中の鉄分濃度が男性より少ないことが多いですからね。 ただし、現代は偏食が通常になっているので、男性でもむずむず脚症候群に悩む人は増えています。 そして、残念なことですが、中にはバランスの良い食事、リズムの良い生活を送っているにも関わらず、遺伝や加齢にA11神経細胞の働きが低下、むずむず脚症候群を発症する人もいます。 ガッテン流のむずむず脚症候群対策はコレだった! むずむず脚症候群の引き起こす原因の1つと言われるA11神経細胞の働きを弱めないために、番組でも紹介されていた対策方法は次の通り。 自分に合った治療方法を見つけるのが何よりも大事なのは大前提ですが、ここからご紹介する対策はむずむず脚症候群の症状改善に当たって基本的かつ代表的なものも多いので、まだ対策をとったことがないという人は何か1つからでも試してみると良いですね。 むずむず脚症候群対策1:鉄分の補給 むずむず脚症候群の症状が発現する人の多くは血中の鉄分や血清フェリチン(別名「貯蔵鉄」)が少ない人が多いようです。 ですから、食生活の改善や鉄剤の補給によって症状が改善できることは多いですね。 遺伝や加齢によってA11神経細胞の働きが低下している時は、鉄補給だけで症状を改善することは難しいので、必ず医師に相談をして治療をするようにしてくださいね。 また、肝臓疾患などで治療をしている人は食事に気を付けるポイントがたくさんあるので、勝手に鉄剤を飲み始めず、必ず担当医に相談を。 むずむず脚症候群対策2:ドーパミン受容体作動薬 働きの弱まっている神経細胞に直接刺激を与えることで足の不快感のもとになる刺激をブロックすする機能を取り戻させます。 現在は2つの薬がむずむず脚症候群の症状改善薬として使われていて、貼るタイプの薬は副作用も少なく人気です。 保険も適用されますし、臨床実験では症状の改善効果は約8割の患者さんにみられたとされる期待の薬です。 むずむず脚症候群対策3:就寝前のストレッチなど行動療法を用いる これは経験則な対策ではありますが、多くのむずむず脚症候群の患者さんがある程度効果があったという方法です。 就寝前にマッサージやシャワー、お風呂、短時間歩くというような適度な刺激を負荷を与えることで、夜間の症状が改善するというものです。 症状が軽度の人は、こうした行動療法と鉄剤の補給で症状が大分改善されることもあるようなので、まだまだ症状が軽めだなと自覚している人にはおすすめの方法でしょう。 では重症の人には全く効果のない方法かというと、そうではなく、重症の人は薬の量を増やさないためとか、これ以上症状を重くしないためにも、こうした行動療法をとるのが大事です。 刺激の程度は個人によって異なるので、ちょっとしたストレッチでOKの人もいれば、15分ほどウォーキングをした方がよい人など様々。 自分の症状が改善しやすい「程度」を自分で見極めるように色々と試してみると良いですね。 むずむず脚症候群対策4:夕方以降の刺激物摂取をひかえる 夕方以降、夜間の刺激物摂取を控えるのは、むずむず脚症候群対策の基本。 カフェインやアルコール、ニコチンを過剰に摂取すると血流の悪化を招き、症状が悪化することはよくあります。 働いていると付き合いの飲みで夜間の飲酒NGを守るのは難しくなる場合もありますが、症状が出ている期間については、できるだけこうした刺激物の摂取を控えることが症状の改善につながります。 美めぐり習慣は、むずむず脚症候群の原因となる鉄分不足を強力にサポートしてくれる 一度は試してもらいたい効果の高いサプリメントです。 単体では身体に吸収されにくい鉄分を、吸収しやすくしてくれる栄養素をバランスよく配合。 まさにむずむず脚症候群に悩む方のために開発された商品です。 病院で治療を受けているけど、なかなか改善しなかったけど、美めぐり習慣に助けられたという声も多く寄せられています。 身体の中から対策できるので根本的な悩み解決が期待できます。 そんな、むずむず病に悩む方にとっては必須とも言える「美めぐり習慣」は 今だけの特別キャンペーンで申し込むことができるので、絶対に一度はチェックしてみてくださいね。

次の