退職 代行 バックレ。 仕事をバックれると、退職時に必要な手続きがとれなくなるので注意しよう。|転職Times

退職代行とは? 退職代行のサービス内容やデメリット、おすすめまで退職代行のすべてを解説

退職 代行 バックレ

わかりますわかります。 会社をバックレるのってその時はいいんですよ。 仕事をしなくて済むようにするためにバックレたわけですから。 でも 会社をバックレたその後ってはっきり言って恐怖しかないです。 しかも恐怖はなんと7つもやってくる可能性があるってご存知でしたか? 私も過去に会社をバックレた時はそりゃあきっつい思いをしました。 そんなリスクは避けたいですよね。 そこで本記事では• 会社をバックレるとやってくる7つの恐怖とは?• 正しく即日で会社を退職する方法 についてお話してきます。 会社をバックれたいあなた!ちょっと思いとどまって! 安全に明日からでも会社を辞める方法もちゃんと紹介するので、ぜひ最後までお読みください。 会社をバックレその後に待ち受ける7つの恐怖 会社をバックレたらどんな恐怖が待っているかをご説明しますね。 その場限りで済むものからその後の人生を左右するレベルのものまであります。 しっかりおさえておきましょう。 会社バックれその後の危険(1) 連絡がジャンジャン来る いるはずの人がいないわけですから当然連絡が来ます。 電話に出るまで繰り返しかかってきます。 あなたは携帯の着信のたびにドギマギする日々を過ごさなければならなくなります。 ピンポンも鳴るとやはり気まずい思いをして過ごすことになるでしょう。 社員寮に住んでいる人とか危険です。 寮と職場が近いので上司が来る可能性ありますよ! 会社バックれその後の危険(3) 緊急連絡先 親 に連絡が行く あなたと連絡がつかない場合、緊急連絡先 親 に連絡が行くこともあります。 親に連絡されてしまうとなかなかややこしくなりますよね。 会社と親に双方説明をしないといけなくなってしまいます。 会社バックれその後の危険(4) 給料がもらえない または減給される 本来、会社をバックレても給料はもらう権利があるのですが、会社をバックレると無断欠勤になるので減給されてしまったり、 ブラック企業だと振り込んでもらえない可能性もあります。 手渡しで給料をもらう会社だと会社に行かないと給料がもらえない場合も多く、バックレ後に給料をもらいにいくというのもなかなか気まずいものです。 会社バックれその後の危険(5) 懲戒解雇になる 懲戒解雇になるとその後の転職活動で不利になることがあります。 自分から言わない限りバレませんが、離職票や退職証明書を見れば懲戒解雇をされたことが分かってしまうからです したがって会社をバックレたことで懲戒解雇になってしまうと、その後の人生を左右すると言っても過言ではありません。 試用期間中なら懲戒解雇にはならないのかな?と思う人もいるようですが、 試用期間中といっても雇用関係は成立しています。 したがって試用期間中でも会社をバックレるのは危険です。 会社バックれその後の危険(6) 損害賠償を請求される 会社をバックレると迷惑をかけてしまいます。 ほとんどない話ではあるのですが、バックレたことで会社から損害賠償請求をされる可能性もあります。 会社バックれその後の危険(7) 離職票がもらえない? 会社をバックレると退職する時に必要な書類をもらうことが困難になります。 下手するとなかなか発行してもらえない可能性もあります。 逃げたい一心で会社をバックレても退職後に必要な手続きがあるため再び頭を悩ませることになってしまいます。 正しく安全に即日退職する方法【会社のバックれは危険】 バックレるという行為の危険度があなたも十分お分かりいただけたでしょう。 それでもバックレたいという思いが消えないのでしたら、もう悪いのはあなたではありません。 あなたを追い詰めた会社が悪いのです。 そんなしょうもないブラック企業を辞めるのに非のないあなたがリスクを負うのはただの損です。 そこでオススメなのが今話題の退職代行というサービスです。 以下詳細! 退職代行で明日から合法的に退職 退職代行とは、 本人の代わりに、です。 しっかり会社に退職の意を伝えているのでバックレ扱いにはなりません。 会社が何か言ってきても、代行業者が間に入ってくれる• 上司と一切顔を合わせず辞められる• 依頼して即日辞めることも可能• 行政書士も所属なので安心! バックれをするくらいなら、退職代行サービスを使った方が絶対に安全です。 安く退職代行してもらうなら「SARABA」に決まり 料金 29,800円 (業界最安値) 対応時間 24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能) 支払い方法 銀行振込 クレジットカード 返金保証 あり ここまで退職代行リスタッフをご紹介してきましたが、サービスに関しては申し分なさそですが、SARABAと比べると料金が高め。 退職時には何かとお金がかかりますし、そこに代行料金を上乗せすると正直かなりしんどいですね。 しかし、 退職代行「SARABA」なら、たったの3万円で辞めることができ、かつクオリティーの高いサービスを受けられます。 ぶっちゃけ、退職代行は「SARABA」一択だと思います。 無料の転職支援サービス• 20代限定• 転職支援あり リスタートは転職会社として有名なUZUZの新サービスです。 特徴は大きく分けて2つ。 1つ目は費用が一切かからず無料であるということ。 なぜ無料かというと、元々転職会社なので退職した方がそのままお客さんになってくれるからです。 これはユーザーにとっても嬉しいとこ。 「ブラック企業排除!」を宣言しているUZUZで転職支援を行ってもらえるのできっと、より良い環境の会社に巡り会えるはずです。 2つ目の特徴は退職代行ではなく、退職支援であるということ。 つまり、退職に対するアドバイス(即日退職も含め)は完全にサポートしてくれますが、 最終的には自分で退職を伝える必要があります。 他の退職代行サービスとは大きく違いますが無料というのは嬉しいですね。 さらに転職支援も付いているので、20代の方にはおすすめです!.

次の

会社・バイトを飛ぶとどうなるのか、その後を調査。仕事のバックレ・無断欠勤は法律上アリ?

退職 代行 バックレ

退職代行を使うことになった流れ ぶっちゃけ会社もそんな悪くないし、私の能力不足の一言で終わらせられる話かもしれません。 そもそもの原因は 雇用のミスマッチですね。 それでも私が苦しかったのも事実です。 に依頼して、28,000円 税込み でその苦しみから逃れられるなら払っちゃうんですよねぇ… 期待されて転職したけど能力が追い付かなかった 新卒で入社した企業で6年間働いていましたが、年収が350万円と低めの水準でした。 ヒラ社員だったにも関わらず役職もいきなり主任をつけてもらいましたし、これまでやってきた仕事をかなり評価していると伝えられ有頂天になっていました。 初めての転職でこんなに上手くいくのかとウキウキしていましたね。 周りの友人にも自慢していましたし、新卒で入社した会社の中ではそこそこ仕事もできるほうだったので、これから転職先でガンガン仕事してガンガン偉くなっていくものだと確信していましたね。 今だから言えますが、新卒で入った会社は何も知らない状態で1から育てられているので、 知らなくても仕方ないと周りに思ってもらいながら仕事できるんですよね。 新卒で入社した人間が多い会社だとそういった傾向は顕著です。 ただ、転職組が大半の会社で 「知らないから仕方ない」は許されません。 私の考えが甘いと言われればそこまでですが、新卒で入った会社がそういった雰囲気なら、それが当たり前だと思っちゃいますよね。 ここまで読めばもう 「あっ 察し 」だと思います。 能力が高くて当然・どれだけ残業しても高い成果を残して当然。 という社風に全くなじめず、上司からは 「できると思って採用したのになぁ」という冷めた目で見られるのがツラくて 本当に会社に行くのが憂鬱でした。 逃げだと思われても構わない!引き継ぎも知らん!相談しにくいし退職代行だ! 転職して4カ月目に入ったある日 「スマホを見るのも憂鬱」「眠りが浅いし夢に仕事が出る」「上司の目を見て話すのが怖い」という状況になっていることに気づきました。 そんな状況ってホント全部が嫌になるんですよね。 今考えれば勇気を振り絞って「辞めます」と上司に言えれば良いだけなのですが、 「上司の目を見て話すのが怖い」状態になっていた当時の私にはそれは 不可能でした。 入って4カ月程度だと同僚にそこまで思い入れもありませんし 「逃げだ!」「引き継ぎはどうする!」「迷惑だ!」と思われても 知ったこっちゃないんですよね。 我ながら最低の考え方ですが、追い詰められていたら 自分が世界の中心になって他人の目なんて気になりませんね。 これを読んでいて退職代行を検討している人がまだ精神的に余裕があるならぜひ正式な手続きを踏んで辞めて欲しいです。 ただ、 いっぱいいっぱいで働くのがツライならさっさとを使っちゃいましょう。 苦しむために生きているとか意味がわかりませんからね。 ふとそう考えるようになってから私の行動は早かったです。 次の仕事を見つける必要はありましたが、半年くらいは無職でも生きていける貯金はありましたし、失業保険をもらいながらじっくり転職活動をすれば良いやと考えていましたね。 実際に使ってみると驚くぐらいスムーズに話が進んで退職できます。 限界だった金曜日の夜にニコイチに依頼をした 本当に限界だったのでクレカ決済にしてもらいすぐに実行をお願いしました。 当時は辞めた過ぎて頭が回っていなかったのですが、ニコイチからのLINEに銀行振り込みの完了通知を送ればOKって書いてありました。 クレカでも銀行振り込みでもどちらでも即日OKです。 私が連絡した時間は本来対応してくれる時間ではなかったのですが、 ニコイチの担当さんのご厚意で返信してくれたようです。 「本当に辞められるのか?どんな対応をされるのか?」不安でソワソワしていたので非常にありがたい対応でした。 アフターフォローは基本的にほぼありませんが、会社の中ではまれに嫌がらせで離職票などの就職活動や失業保険の受給に必要な書類を送らないクソみたいな行動をとるところがあるようなのでその対策です。 私の場合は全く必要ありませんでしたね。 退職に関する打ち合わせ ニコイチに希望する退職日・電話してもらう時間だけでなく、会社側があなたのことを確認できるよう個人情報を伝えます。 ここが間違っていると 会社側が本人確認できないという理由で退職の意志を受け取らない 受け取れない? 可能性もあるのでしっかり伝えましょう。 トラブルもなく本当に即日退職!退職代行の威力! 本当に即日退職できました。 あっさり進みすぎて怖いくらいです。 退職代行に依頼した時間は 「こっちに連絡くるんじゃ?」「失敗したらどうなるんだ…」とびくびくしていましたが、上司が不在だったと連絡がきたときは少し焦りましたが、結局なにもありませんでしたね。 退職届や本人確認書類を送付してやること終わり! 最後に会社宛てに 「退職届」「委任状 退職代行業者を使った証明 」「保険証」「会社から借りていたもの」を送付する手続きを行います。 送付が終わったらのほうに追跡番号を伝えてコチラの手続きは終わりです。 あとは会社から送られてくる離職票などの書類を受け取って失業保険をもらいにハローワークへGOです。 私も意味わからないです。 一応会社員のうちに 「会社と反対側の電車に乗る」ってやつをやってみたかったんですよね。 ベタだけど。 ただ、反対方向の電車に乗っても仕方ないので何か目的が欲しい… 私は東京の中央線沿いに住んでおり反対側にいけば高尾山があります。 平日の朝からやれることは限られているので 「山登り」することを思いつき即実行しました。 それに 「人事や上司から直接連絡がきたらどうしよう…」と考えるとソワソワしちゃって 何も手につかなかったので運動していたかったんですよね。 平日の朝に運動して飲むビールは最高でした。 登っている間に退職代行完了の連絡も来ていましたし、気分は上がりっぱなし。 帰りに温泉にも入ってリフレッシュしまくりですよ。 これまでずっと真面目に働いてきた人生でしたが、 平日の昼間にフラフラしている人って意外と多いと気づかされました。 サラリーマンに固執する必要もないのかもしれないなぁと思わされましたね。 私は最後のほうは辞めることばかり考えていたので不安なく動けましたが、情報がまとまっていると便利ですもんね。 難しいことは全くないのでぜひ確認してみてください。 ちなみにここでは まだ就職先が決まっていない場合を想定しています。 退職代行を使って辞めたら、だいたい決まっていないと思うのでぜひ確認しておきましょう。 離職票が届いたら最寄りのハローワークで失業保険の受給手続き 退職の手続きが終わると会社から 離職票が届きます。 離職票をもって最寄りの ハローワークに行き手続きを行いましょう。 「自己都合退職」と 「会社都合退職」で失業保険を受給できる時期が変わりますが、退職代行を利用した人は 「自己都合退職」なので 手続きを行って3か月後から3か月間受給できます。 社会保険に加入していた時期が9カ月以上なら失業保険は受給できます。 正社員で働いていればほぼ確実に社会保険に加入しているので、9カ月以上働いていればOKです。 1社だけでなく、 2社以上の経歴を通算できるので、私みたいに転職後即退職でも問題ありません。 ただ、 失業保険の 大前提ですが、 失業保険は 働く気はあるけど まだ仕事が見つかっていない人が利用できる制度です。 もし仮に当分働くつもりがなかったとしても、働く気はあるという意思を見せないと受給できないので注意してくださいね。 あなたの状況によって変わってくるので詳しくはハローワークで聞いてみましょう。 厚生年金から国民年金への切り替え 退職後は厚生年金から国民年金に切り替える手続きが必要になります。 住んでいる市区町村の役所で行えます。 私は市だったので市役所でしたね。 ちなみに、 失業中は年金の支払いを免除してもらえる制度があります。 免除される金額はあなたの状態によりますが、私は 全額免除してもらえました。 審査がありますが、 申請するのは無料ですし 口頭で可能なので手続きをする際に一緒にやっておきましょう。 「年金なんてもらえないだろうから手続きしない!払わない!」なんてことを考えている人もたまにいますが、最悪 銀行口座を差し押さえられたりするので絶対手続きは行いましょうね。 笑 社会保険から国民健康保険に切り替える 退職後は 会社の保険証は返却するので使えなくなります。 そのため国民健康保険に切り替えて保険証をもらう必要があります。 保険証がないと病院に行ったときに10割負担になるのでとんでもない金額を支払わされますからね。 普段は3割負担 国民健康保険は国民年金の切り替えと同じく役所で切り替えられます。 離職票と一緒に送られてくる 「資格喪失証明書」を持っていけばすぐ対応してくれますよ。 もしここに書いてある以外のことが気になる人は 「」から気軽に連絡してください。 ニコイチは弁護士がいないのでお金に関することは動けないし残業代請求もできない ニコイチは弁護士がいない退職代行業者なのでお金に関することや条件の交渉ができません。 退職代行の老舗なのでトラブル対応は慣れているようですが、そういった心配は残ります。 もし、あなたが残業代も満足に支払われておらず、 残業代請求もしたいのなら 「」のような 弁護士がついているサービスのほうが良いですよ。 日程の変更には手数料がかかるしキャンセルの場合は返金されない 当初に決めた日程を変更すると5,400円かかります。 またキャンセルをしても返金はされません。 どっちも 絶対辞めたかった私には全く関係ないことでしたが一応気をつけましょう。 退職代行で損害賠償はまずない!ただバックレると可能性あり 退職代行を使って損害賠償を請求されることはまずありません。 退職の意志さえ示していれば問題ありません。 労働者の権利ですからね。 ただ、退職の意志を示さず辞めようとする バックレ行為は損害賠償を請求される可能性がある危険な行為です。 バックレだけは危険なので絶対に辞めましょう。 何も連絡なしで辞めようとしても会社側としては 本当に解雇して良いのか判断できません。 結果として親や親せきに確認の連絡をしたり、 警察に捜査願いを出すこともあり得ます。 バックレと比べると退職代行は立派に退職の意志を示す行為です。 3万円前後の金額は惜しまずちゃんと依頼しましょうね。 雇うにはたくさんの給料がかかる弁護士を雇っていないからこそ格安で行ってくれますが、退職代行後に 「有給を消化したい」「これまで貰えなかった残業代を請求したい」という場合に対応してもらえません。 私は有給はありませんでしたし、残業代も請求したいほどはなかったので最安値のを利用しましたが、 「有給を消化したい」「これまで貰えなかった残業代を請求したい」という場合は 「」を使いましょう。 辞めるんですは弁護士がいる業者なので有給消化や残業代請求にも対応してくれますし、 弁護士がいる業者では破格の3万円という値段で退職代行を行ってくれます。 退職代行を使いたいけど引き継ぎが… そんなん知らんわ…残ったヤツがどうにかしろよ… で終わらせても納得しないと思いますので私が一応行ったことを紹介します。 退職代行を使うことを心に決めたのは金曜日の深夜でしたが、辞めることはかなり前から心に決めていたので、自分が担当していた仕事のマニュアルや進捗についてエクセルやWordにまとめて共有フォルダに置いていました。 読めば同僚ならだれでもわかるレベルに細部までこだわっていたので作成にはそこそこ時間がかかりましたが、 これさえ作っておけば辞めても心残りはないと考えると筆が進みましたね。 ただ、基本的は担当している人間しか知らないというのは組織としてマズい状態ですよね。 これから退職代行がもっと浸透してきた場合、引き継ぎが全くなしで前任がいなくなるというようなことは頻発するでしょうし、そもそも体調不良で休んだ場合にも対応できないわけですからね。 辞めようとしている社員は負のオーラが漂っているハズですし、それに気づけない管理職は部下のこと全く管理できてませんよね。 気づいていたら退職は止められなくても、その社員がいなくなっても仕事が回るように安全策はとれますからね。 なので基本的には 「知らんがな」でOKです。 ただ、確認内容が意外と多いので、あさイチで申し込んでも始業時間までに伝えおわらず、会社から出社していないことで連絡がきてしまうかもしれません。 オススメは 退職前日には連絡を済ませておくことです。 余裕をもって当日を迎えられますし、前日の出社で計画的に私物を持ち帰ることもできます。 退職代行を使うともう就職・転職できなくなる? ありえません。 退職は権利なので方法が何であろうが問題にはなりません。 そもそも、退職代行を使ったという事実は外に漏れることはありません。 可能性としてありえるのは、非常に狭い業界で働いており、 退職代行を使って辞めた企業と次に務める予定の企業に繋がりがある場合ですね。 あなたの個人情報を流出させることはほぼありえませんが、仲が良い会社だと伝わる可能性は0じゃありませんね。 私も退職直前はきっと周りから嫌われていたと思います。 仕事もたいしてできないくせに辛そうな雰囲気だしやがって~~と思われていたでしょうね。 どうせ辞めて数カ月すれば忘れられる存在ですし、気にせず退職代行を使って辞めるべきですよ。 笑 会社都合での退職はよっぽどのことがない限り認められませんからね。 会社都合だと失業保険がすぐにもらえますし、もらえる期間も長いのでこう考えるのもわかりますが交渉でどうにかなることじゃありませんね。 まぁ知らんがなって感じですね。 一応引き継ぎの書類だけ作りましたが、なくても良かったかもしれませんね。 暴力沙汰になっても嫌ですし。 また、退職代行を使うにあたり ゴネてきそうな会社が相手の場合は弁護士がいる 「」のような代行業者を使ったほうが万が一の時に良いかもしれません。 ブラック企業で働いていると同僚 他人 を信用できなくなる 76: 名無しさん@涙目です。 沢山ブラック自慢が居るけど俺からしたらそれを受け入れる方も悪いとさか思えないんだよなぁ 断る、何なら出社拒否、心療内科や労基など行くとこ行きますけど?とか言えないの? 77: 名無しさん@涙目です。 被害妄想も多少はあるのかもしれませんが、そう思わせる要因は周りにも必ずあるので環境を変えるしかありません。 退職代行を使って即日辞めた男の体験談まとめ 退職代行を使って辞めた一部始終をまとめました。 会社を辞めたいけど勇気がない…という人の手助けになれば幸いです。 どんな会社を辞める時も重く考える必要はありません。 ただ、 あなたにちょっと合わない企業だっただけです。 就職市場は人手不足と好景気による採用活動の活発化により売り手市場 求職者が強い です。 辞めてもすぐ次の仕事が見つかる時代だからこそ、気軽に退職代行を使うことができます。 イヤだイヤだと思いながら働いても会社にも自分にも良いことはありません。 さっさと合わない会社を飛び出して次のステージに進みましょう!.

次の

退職代行とは? 退職代行のサービス内容やデメリット、おすすめまで退職代行のすべてを解説

退職 代行 バックレ

【答え】• それでは、順に確認していきましょう。 請求される可能性は0に近い 会社をバックレた場合、 損害賠償を請求される可能性はかなり低いでしょう。 会社側が損害倍書を請求する際は、損害賠償が発生する「因果関係」を説明しなければなりません。 つまり、発生した損害が「バックレによる労働者の退職によるものである」と証明する必要があるのです。 ただし、その証明は難しく、裁判では認められないことが多々あります。 会社は、一人の労働者に対して、認められない可能性の高い裁判を起こす費用や手間を考えると請求を留まります。 また、バックレを起こした理由が、労働基準法に違反しているなどの職場環境が理由の場合、会社にとっては返り討ちをされる可能性も懸念されます。 したがって、 損害賠償を請求される可能性は低いと言えるのです。 契約内容次第では注意が必要 損害賠償を請求される可能性はほとんど無いとは言え、 契約内容次第では 損害賠償の請求が認められるケースもあります。 例えば、契約時に雇用期間の定めがある場合、途中で退職をするという「労働者の自由」が認められないこともあるのです。 「〇日までに勤める契約」や「〇日までに案件を仕上げる雇用契約」などの期限があれば、途中でバックレることで「契約違反」として損害賠償を請求される可能性が高まります。 損害賠償を請求されないためにも、契約内容は出来る限り守ることが大切です。 【疑問2】バックレたら給料や退職金は支払われる? 【答え】• それぞれの理由について、順に説明していきましょう。 会社には給料を支払う義務がある 例え 社員がバックレた場合でも、 会社には給料を支払う義務があります。 バックレるまでに半月働いていたら半月分、1ヶ月働いていたら1ヶ月分と、働いた分だけ給料は支払われるのです。 ただ、 無断欠勤した分は、自動的に有給扱いにはなりません。 そのため、有給分が追加されて支払われる…といったことにはならないので気をつけましょう。 もし給料が支払われない場合は、給料の支払い請求を内容証明等により行うことも可能です。 バックレてしまったし…と、負い目を感じて給料を諦める必要はないということですね。 退職金は「無し」か「減額」 会社側は、会社をバックレて無断欠勤が続いた社員を懲戒解雇することが可能です。 そして、 懲戒解雇処分を受けた社員の退職金は、会社の就業規則や退職金規定に従い、「無し」もしくは「減額」されます。 ただし、就業規則や退職金規定に、退職金支払いについての定めがない場合は、満額もらえる事もあります。 退職金に関する規定は会社によって異なるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。 【疑問3】バックレたら解雇される? 【答え】 2週間以上の無断欠勤が続けば、会社は労働者を解雇することが可能。 原則として、『2週間以上にわたり正当な理由なく無断欠勤し、出勤の督促にも応じない場合は、会社側から労働者を解雇できる』と厚生労働省で定められています。 そのため、 会社をバックレたら、高い確率で会社を解雇されることになるでしょう。 ただし、バックレた原因がセクハラやパワハラといった職場の問題であったり、労働者の精神疾患であったりする場合は、会社側は慎重にならざるを得ません。 なぜならば、そのような場合に無断欠勤であるとして会社側が解雇した後に、労働者側が裁判を起こすこともあるからです。 場合によっては「懲戒解雇」の可能性も もし長期間の無断欠勤により会社側に損害が発生した場合は、「懲戒解雇」を受けるケースもあります。 懲戒解雇とは、解雇の中でも最も重い処分であり、いわゆる「クビ」の状態。 会社をバックレる以外にも、以下のような問題が起きた場合、会社側は労働者を懲戒解雇することができます。 【答え】 懲戒解雇された場合は、転職に不利になる。 懲戒解雇は非常に思い処分であるため、そのような経歴のある人物を、転職希望先の会社は積極的に採用しようとは思わないでしょう。 「懲戒解雇という事実を隠せばいいのでは?」と思うかもしれませんね。 しかし、離職票や退職証明書などの提出を求められた際に「 重責処分」との記載があるため、すぐにバレてしまうのです。 書類の提出を求められるのは稀ですが、面接等で「懲戒解雇された経歴はありますか?」と聞かれた際に正直に答えなければ経歴詐称になります。 もちろん、書類選考や面接で隠し通せて転職ができても、その後バレた場合には、退職を求められるケースもあります。 『懲戒解雇を隠すのは難しい。 でも、隠さないと企業は採用をしてくれない』 そうなれば、やはり懲戒解雇された上での転職は、完全に不利だと言えるでしょう。 会社を辞めたいのならば、会社に納得してもらえる理由を考え、適切な手順を踏んで退職するのが良いのです。 3.会社を辞めるなら退職の準備をしよう 会社を辞めたいからと言って、バックレてしまうのはリスクが大きいため、おすすめできません。 退職するのであれば、しっかりとプランを練って社会人としてのマナーを守ることが大切です。 出来るだけ円満に退職するためにも、きちんとした手順を踏みましょう。 【退職の手順】• 退職願を提出する(退職1ヵ月前)• 退職届を提出する(退職1ヵ月前)• ただし、「1ヶ月も我慢できない」なんて場合でも、 会社に辞表を提出すれば、最短2週間で退職することが可能です。 なぜならば、「労働者が退職の意思を伝えてから2週間経てば、会社の同意がなくとも退職ができる」と法律で決まっているからです。 なお、退職希望の旨を伝える際は、出来るだけ書面の退職願や内容証明郵便などを利用しましょう。 「言った言わない」を避けるためにも、「いつ退職の意思が伝えられたか」がはっきり分かる形で退職の意思を伝えることが大切です。 4.自分で辞められないなら退職代行サービスを活用する 退職届を出した方が良いとわかっていても、それが出来ないから困ってるんだよ…という人もいると思います。 「 上司に辞めると言えない」 「 上司や同僚と二度と顔を合わせたくない」 そんな場合におすすめなのが、退職代行サービスです。 退職代行サービスとは、あなたの代わりに退職の旨を会社に伝えてくれるサービスです。 数万円の料金を払ってサービスを利用すれば、「辞めたいけど会社に顔を出したくない」という悩みを一発で解決できますよ。 退職代行サービス「EXIT(イグジット)」 「」は、退職が完了するまでの手続きを、すべてあなたの代わりに行ってくれます。 「もう職場には行きたくない…」「上司・同僚と合わない…」など、退職理由はどんな事でも構いません。 退職代行サービスに申し込んだ時点で、 退職の手続きは全てEXITが代行してくれるので、会社に出向く必要も無くなります。 自分一人で退職する自信の無い人は、気軽に使ってみてくださいね。 退職代行を使う前の不安を解決! 退職代行を利用するにあたり、まだまだ不安な点もあると思いますので、利用前の気になる疑問点を以下にまとめました。 Q1.退職代行って法的には大丈夫なの? 退職代行サービスは、 決して違法なサービスではありません。 退職代行サービスはあくまでも、あなたの意思を会社に伝える「仲介役」となるだけです。 会社に対して反論したり、有給の交渉をしたりは行わない(干渉しない)ので、違法なサービスにはならないのです。 Q2.会社側から引き止めの連絡はこない? 会社からの連絡は、 全て退職代行サービスの担当者が代わりに引き受けてくれます。 会社側が退職の引き止めをしてきても、「〇〇さんは体調を崩しており、連絡が難しいようです」というように、うまく話を流してもらえますよ。 Q3.退職代行に登録した後の流れは? 退職代行に連絡したあとは、次の流れで退職を進めていきます。 退職代行サービスのおかげで退職できて、今はエンジニアを目指して頑張っているそう。 支えてくれる人もいるみたいで。 本当に良かった、無事でよかった、と母と抱き合って泣いた。 退職代行なんて、と思っていたけど、お世話になるとは。 感謝しかない。 弟の命を助けてくれてありがとう。 — おづ やまぎし ももこ ozukun016 数年前、まだ今ほど退職代行というワードが浸透していない頃、一度だけお世話になったことがある。 退職手続きを進めてもらえずどうしてもしんどくて、必死にネットで調べて電話で泣きついたのをよく覚えている。 賛否両論あると思うけど、その時救われた自分がいるので、自分は必要なものだと思います。 — あかつき akatsukin44 「会社をバックレたい…」という気持ちで身動きがとれなくなってる人には、きっと救いのサービスになるはずです。 会社を辞めたくて悩んでいるのなら、気軽に相談してみてくださいね。 \ スマホで簡単! 3分以内で無料登録!/ 5 .会社を辞める前には必ず転職活動を始めておこう 会社を辞めるならば、その前に転職活動をスタートさせておくことが大切です。 転職先が決まっていれば、退職の際の良い理由にもなりますし、何より無職の期間が無いに越したことはありません。 そのため、 転職活動は会社を辞める前に始めておき、気になる求人を見つけておきましょう。 しかし、「忙しくて転職活動をする時間なんて全然無い…」という方も多いでしょう。 そこでおすすめなのが、転職エージェントを活用することです。 転職エージェントなら完全無料で転職サポートを受けられる 転職エージェントは、転職活動を手取り足取りサポートしてくれるサービス。 担当のキャリアアドバイザーがついて、あなたに合った 求人を紹介してくれたり、書類作成・面接対策の手伝いをしてくれたりします。 これならば、忙しくて転職活動を始める時間がない…という人でも、効率的に転職活動を進めらるはずです。 なお、転職エージェントを利用するなら、キャリアピックスがおすすめする以下2つのサービスを使ってみてください。 転職サイト 特徴 無期限でサポートを受けられる 転職エージェントNo. 1の求人数 どちらも無料なので、もし迷ってしまうなら2つとも登録してしまうのが失敗しないですよ。 こちらの2つの転職エージェントは、全60以上の転職エージェントから厳選したエージェントです。 数ある転職エージェントの中でも、求人の多さやサポートの丁寧さが特に優れているので、安心して利用できます。 詳しくは、「」で解説しているので、興味がある人はこちらものぞいてみてください。 無期限サポートでじっくり求人を探すなら|『マイナビエージェント』 「とりあえず求人だけでも確認しておきたい」という人は、まず「」への登録をおすすめします。 というのも、一般的な転職エージェントは3ヶ月のサポート期限があり、期限が切れた時点で求人紹介を受けられなくなってしまいます。 しかし、 マイナビエージェントにはサポート期限がありません。 つまり、「まだ転職するか決めかねてる…」という人でも、期限を気にせず自分のペースで求人探しができるのです。 マイナビエージェントは無料なので、早めに求人だけでも確認して、転職を有利に進められるよう準備しておきましょう。 「マイナビエージェント」の基本情報 求人数 13,340件 非公開求人数 20,540件 対象地域 全国+海外 利用料金 無料 面談可能なオフィス 東京(京橋)・横浜・大阪・名古屋・札幌・福岡 公式サイト 詳しくは「」をご確認ください \ スマホで簡単! 3分以内で無料登録!/ 求人数の多さで選ぶなら|『リクルートエージェント』 「」は、 人材紹介業界No. 1の求人を保有している転職エージェントです。 2019年10月時点では、公開求人は116,757件、非公開求人は171,120件と30万件違い求人を保有しています。 豊富な求人数以外にも、コンサルタントの質が全体的に高く、転職のサポートが手厚いことに定評があります。 履歴書などの提出書類の書き方や面接対策などにも親身に対応してくれるため、初めての転職でも安心できる転職エージェントです。 「リクルートエージェント」の基本情報 会社名 株式会社リクルートキャリア 本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 全体の公開求人数 約30万件 対象地域 全国 オフィス 全国16拠点(北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・東京・東京本社・神奈川・静岡・名古屋・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡) 利用料金 無料 公式サイト 詳しくは「」をご確認ください 【おすすめ転職エージェント】• 求人数の豊富さで選ぶなら「」• 無期限サポートを希望なら「」 今は「会社をバックレたい…」「仕事を辞めたい…」と感じているあなたが、そこから抜け出し、より良い環境で活躍できることを心より願っています。 【補足】仕事をバックレたいと感じるなら会社を辞めるべき? 仕事をバックレたいと思うのには人それぞれに理由がありますよね。 厚生労働省の調査では、仕事を辞める人の多くは、以下のような悩みを抱えているという結果がでています。 【転職入職者が前職を辞めた理由】 男性(%) 女性(%) 労働条件が悪かった 12. 4 14. 7 給料等収入が少なかった 11. 0 10. 5 会社の将来が不安だった 8. 9 3. 5 職場の人間関係が好ましくなかった 7. 2 13. 0 仕事の内容に興味を持てなかった 5. 5 5. 2 能力・個性・資格を活かせなかった 4. 6 4. 労働条件や人間関係などの問題が、あなただけの力では解消されないのであれば、自分らしく働けるようにより良い仕事を探すべきです。 我慢して働き続けていると、最悪の場合、うつ病になってしまう可能性もあります。 今の会社で理不尽な働き方を強いられているのなら、今回紹介している退職代行サービス を使うのも一つの手なので、なるべく早く会社から抜け出してください。 なによりも、自分の体や心を第一優先にして、会社を辞める・辞めないの選択を行なってくださいね。

次の