タクシードライバー 求人。 東京、神奈川、埼玉、千葉の寮つきタクシードライバー・運転手求人

大阪タクシー求人サイトおすすめ

タクシードライバー 求人

正社員のタクシー求人情報 企業紹介 「お客様が喜ぶ、従業員が喜ぶ、会社も喜ぶ」そんな組織が日進交通です。 勤務地 大阪府大阪市平野区加美鞍作2丁目3-2 給与 《未経験》 保証期間 月収最大25万円支給 規程あり 保証期間以降は歩合制となります。 ・月20万円~40万円以上 ・当社平均月収29万円 一般正規 ・能力次第では5... 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 タクシードライバーはどんなイメージですか? 実は本当に働きやすくて稼げることもできる仕事なんです! 代表メッセージ: 「失敗はベテランでも、1年生でも必ずあります。 どんどん失敗して一緒に成長していきましょう!」 本社営業所は大阪市内中心地にあり、非常に立地の良い場所にあります。 そのため、お客様が多い環境で地方に比べ稼ぎやすい環境であります。 隔日勤務で最大600万円の年収も夢ではありません! 新たに配車アプリ「MOV」を導入しました! 効率よく営業活動が可能です。 また、職場環... 是非、会社説明会にお越し下さい。 他のタクシー会社では一般的に、3~6ヶ月経過すると無条件で歩合賃金に移行します。 勤務地 大阪府茨木市南耳原2-14-4 給与 【未経験の方】 最大1年半! ペーパードライバーの方... 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 タクシードライバーはどんなイメージですか? 実は本当に働きやすくて稼げることもできる仕事なんです! 代表メッセージ: 「失敗はベテランでも、1年生でも必ずあります。 どんどん失敗して一緒に成長していきましょう!」 生野営業所は市内中心地に近く、立地の良い場所にあります。 そのため、お客様が多い環境で比較的稼ぎやすい環境であります。 隔日勤務で最大600万円の年収も夢ではありません! また、職場環境もアットホーム同士仲が良いのが特徴です。 是非、会社説明会にお越し下さい。 他のタクシー会社では一般的に、3~6ヶ月経過すると無条件で歩合賃金に移行します。 勤務地 大阪府大阪市住吉区浅香1-1-10 給与 【未経験の方】 最大1年半! ペーパードライバーの方... 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 最大18ヶ月間の賃金保障と充実の研修制度で未経験者でも安心! 是非、会社説明会にお越し下さい。 他のタクシー会社では一般的に、3~6ヶ月経過すると無条件で歩合賃金に移行します。 ペーパードライバーの方... 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 最大18ヶ月間の賃金保障と充実の研修制度で未経験者でも安心! 是非、会社説明会にお越し下さい。 他のタクシー会社では一般的に、3~6ヶ月経過すると無条件で歩合賃金に移行します。 勤務地 大阪府大阪市東淀川区東淡路5-8-38 給与 【未経験の方】 最大1年半! ペーパードライバーの方... 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 創業大正15年 来年90周年を迎える老舗タクシー会社です。 職務内容 タクシー乗務員 勤務地 大阪府大阪市住之江区北加賀屋5-5-28 給与 月給20万円~ 月給50万円 【それ以上も!! 】 全員入社後の6ヵ月は 月給200. 000円保証 皆勤者のみ 2種免許取得費用全額負担 2種免許保持の方は2ヵ月間30万円保証! 応募資格 普通自動車免許取得から3年以上の方 2種免許取得済みの方 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 未来都を一言で表すと「稼げる&おもろい会社」地元大阪で長く・ゆる~く60年、還暦を迎えた老舗・大手企業です。 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 未来都を一言で表すと「稼げる&おもろい会社」地元大阪で長く・ゆる~く60年、還暦を迎えた老舗・大手企業です。 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 未来都を一言で表すと「稼げる&おもろい会社」地元大阪で長く・ゆる~く60年、還暦を迎えた老舗・大手企業です。 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 未来都を一言で表すと「稼げる&おもろい会社」地元大阪で長く・ゆる~く60年、還暦を迎えた老舗・大手企業です。 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 未来都を一言で表すと「稼げる&おもろい会社」地元大阪で長く・ゆる~く60年、還暦を迎えた老舗・大手企業です。 正社員のタクシー求人情報 企業紹介 未来都を一言で表すと「稼げる&おもろい会社」地元大阪で長く・ゆる~く60年、還暦を迎えた老舗・大手企業です。

次の

タクシー求人サイト【タクQ】無料転職支援サービスと入社祝い金

タクシードライバー 求人

こちらのページではを考えられている人のために、タクシードライバーの仕事内容を簡単にお伝えいたします。 タクシードライバーの仕事内容 タクシー運転手の仕事は、タクシーに乗っていただいたお客様を目的地まで安全に送り届けることです。 タクシー運転手には、個人タクシーとタクシー会社に雇用されるという2つのパターンがあります。 タクシードライバーは全国で約41万人ほどおり、そのうち個人は4万人程度と全体の1割程度です。 基本的な業務としては、まずはお客様を探します。 主には「流し営業」と呼ばれる、街中を車を走らせてお客様を拾う方法です。 または駅やホテル、イベント会場などのタクシー乗り場で並んで、お客様を拾う方法もあります。 いずれにせよ、お客様を乗せた後に目的地・経路を確認、安全運転に勤め、目的地に到着したら運賃を受け取り、乗務記録をつけます 大手タクシー会社と中小タクシー会社の働き方 タクシーの大手の会社で働くメリットとしては、タクシーチケットの存在が大きいです。 企業の役員・従業員が通勤や業務上タクシーを利用する時には、「東京4社共通タクシーチケット」と呼ばれるものを利用する可能性が高いです。 タクシーチケットを使われる方は比較的高単価であることが多く、大手の恩恵は大きいでしょう。 また、それに加えて、東京4社のタクシー会社は、特定のエリアにあるオフィスビルやホテル・病院などに数多くの「専用乗り場」を持っています。 「専用乗り場」とは、特定のタクシー会社しか乗り入れることができない「タクシー乗り場」のことを言います。 こういった点でも大手のメリットが高いといえるでしょう。 一方で給料の歩合割合が大手は低めに設定されていたり、中小規模の会社と比較してルールが厳しいといったデメリットがあると言われています。 タクシードライバーの勤務体系 タクシーは朝も夕方も夜中も走っています。 今回はそんなタクシードライバーの働き方、勤務体系についてお伝えしたいと思います。 タクシードライバーの勤務体系は主に3つに分けられます。 タクシードライバーの勤務体系概要 1. 昼日勤・・・昼間だけの勤務体系 2. 夜日勤・・・夜間だけの勤務体系 3. 隔日勤務 ・・・昼も夜も働く勤務体系 昼日勤のタクシー運転手の働き方 一つずつみていきましょう。 まずは昼日勤からご説明します。 昼日勤とは、昼間だけ働く勤務形態です。 具体的な勤務時間は、8時間勤務で休憩が1時間あるのが主流です。 一般的なのは昼日勤朝7時~夕方16時まで、もしくは朝8時~夕方17時までという勤務時間です。 夜日勤、隔日勤務とは異なり、夜勤の無い勤務体系なので女性や高齢の方に特に人気があります。 メインのお客様は、早朝に通勤でタクシーを利用する方、病院などに向かう高齢者となります。 夜日勤のタクシー運転手の働き方 次に夜日勤をみていきましょう。 夜日勤とは、毎日夜間のみ勤務するという働き方です。 夜間勤務のため、給料は他の勤務体系より高い傾向があります。 運転距離も昼間に比べて長距離のお客様も比較的多くなりますし、深夜割増料金もつきますので売上が上げやすい時間帯と言えます。 お金を稼ぎたい人に向いている働き方ですが、採用枠はかなり少ないのが現状です。 隔日勤務のタクシー運転手の働き方 最後にタクシー業界では主流の勤務形態になるのが、隔日勤務です。 勤務時間は、2日分を一気に働くような勤務形態です。 1回あたりの勤務時間は、約20時間程度の勤務で、その間に3時間休憩が入るのが一般的な隔日勤務の働き方です。 隔日勤務の場合、出勤した日の仕事終わり、つまり出勤の翌日は「明番」という休日です。 1週間の流れとしては、隔日勤務では出勤日である「出番」、仕事が終わった後が休みになる「明番」を2回繰り返した後に、丸一日休日というローテーションの働き方になります。 隔日勤務は、日勤と夜勤が組み合わされた、収入面でもバランスよく稼げる働きかたです。 タクシードライバーの休日 実はタクシー会社の労働時間は、厚生労働省によって厳しく管理されています。 違反したときには厳しい罰則があるため、 どこのタクシー会社であっても、その法律の範囲内で労働条件が決められています。 具体的には法律では、隔日勤務の場合一回の出番あたりの最長の拘束時間は21時間以内と決められています。 決してそれ以上働かされることはありません。 また、一回の出番が終わったら、最低20時間以上の休みを取ることが必須というルールもありますので、この働き方に慣れてさえしまえば、実はお休みが多いのがタクシー運転手という働き方です。 入社後の研修体制 タクシー会社に入社すると、必要な資格の取得、知識・接客スキルの習得、機器の操作方法等の習得のために研修が始まります。 一般的には研修期間はおよそ20日間から30日間ほどで、研修期間や研修内容は入社する会社により異なります。 一般的に行われる研修の流れは次のとおりです。 普通自動車二種免許の取得 2. 地理試験対策の研修 3. 東京タクシーセンターの講習受講、地理試験の受験 4. 適性診断 5. 初期研修(接客方法・法令・事故防止・機器操作・無線営業方法など) 6. 教習車による実地研修(同乗研修) 7. 営業所・タクシー部門での配属後研修(同乗研修) 研修期間中の給料 ほとんどのタクシー会社では、研修期間中は1万円前後の日当が支払われるようです。 「最初の給料は3ヶ月間30万円保障」というような会社が多いですが、この金額は乗務が始まってから算出する場合が多いようです。 タクシー業界では上記のように、研修が手厚くされるため、未経験者が安心して入っていける業界です。 タクシードライバーの給料・年収 東京都内のタクシードライバーの平均年収は約400万円です。 大手四社 日本交通グループ、大和自動車交通グループ、帝都自動車交グループ、国際自動車(kmグループ) などの平均年収は450万円近くあるので、大手以外の平均年収はもう少し安いです。 ただ、タクシー業界は平均年収というのがあまり意味をなしません。 稼げる人と稼げない人の差が非常に大きい業界でもあります。 その要因として、タクシー業界特有の年齢の高さが挙げられます。 現に60歳以上はそもそも多くを稼ぐ必要がない人も一定数含まれており、かつ、60歳以上のドライバーも非常に多いのがこの業界の特徴です。 タクシー運転手の年齢はどれくらいか 厚生労働省の調査では、タクシードライバーの平均年齢は58歳と毎年少しずつ上がっている。 全産業平均44歳(男性)と比べると、いかにタクシー運転手が高齢なのかが分かります。 一番平均年齢が高い都道府県は高知県で64. 9歳、一番平均年齢が若い都道府県でも、山形県の53歳となっています。 比較的年齢層が高いイメージがあるタクシードライバーは、データから見ても50〜60代が全国平均となっています。 もちろん、タクシー運転手に定年はあります。 しかし、会社によっては定年後も週40時間以内で勤務する「定時制乗務員」という形で雇用され、運転手を続けることができます。 全国ハイヤー・タクシー連合会の調査では、すでに全体の約20%が定時制乗務員となっている。 定時制乗務員のうち70歳以上の割合は35. 3%にまで増加しており、年々増加傾向にあります。 安全運転の自信と気力さえあれば70歳でも80歳でも続けられる仕事です。 最後に 仕事等でお忙しい方や転職の経験が豊富でない方は、プロの転職アドバイザーを利用するとよいでしょう。 ジョブハウスドライバーを利用すると、 プロの転職アドバイザーからタクシードライバーへの転職の無料相談サービスを受けることが可能です。 業界最大手で高給のタクシー会社や30万円の入社祝い金のある会社、未経験歓迎の会社等、あなたにあったタクシーの会社のご紹介をしております。 タクシードライバーへの転職を検討されている方はぜひご利用くださいませ。 未経験でもやる気とガッツさえあれば年収400万円以上が可能なタクシードライバーで、効率的にがっつり稼ぐコツを先輩ドライバーの口コミをもとに紹介します!稼げるタクシードライバーって?情報収集を欠かさない!情報収集はとても大切です。 中でも必要な情報というのは以下のようなものが挙げられます。 ・電車の終電時刻・イベントの終了時刻や場所・大手企業や官公庁の場所・飲み屋が多い場所このような情報を持っておくと、ロングで利用するお客様を捕まえやすくなりますよ。 また、重要なのはこのような情報について自分のよくいる地域だけでなく「なるべく広い地域で」持っておくことですね。 乗せたお客様がたまたま長距離乗車されて戻ってくるときに、誰も乗せることがことができないのはもったいないですよね。 タクシーを使いそうな人を素早く見つける!また、お客様がよくいるスポットがわかったら、スポットを移動している間にお客様を素早く見つけるコツを習得することが大切です。 お客様を素早く見つけるコツは「体の向き」です。 体の向きが道路を向いている時はその方はタクシーを探している場合が多いので、そんな時は素早く右車線から左車線に移ると、捕まえてもらいやすくなります。 お客さんの載っていない時間をできる限り短く!後は、ひたすら「お客様を乗せた状態」で走るだけです。 長い時間走り、お客様を見つけ、ひたすら走る、こうした努力を続けていくと自然と道やスポットにも詳しくなり、お客様もすぐに見つけられるようになります。 どれだけ短い距離のお客様でも、空車の時間が短ければ他のタクシー運転手よりも稼ぐことができます。 どっちが稼げるの?付け待ちと流し結論から言うと、流しをうまくやりつつ、疲れたら付け待ちで休憩するのが一番効率のいい方法だと思いますね。 流しのメリットとしては、乗りたいお客様を待たずに乗せられるという点です。 ただ、やみくもに走り回るだけでは駄目で、さっき述べたようにしっかりと情報収集することが大切です。 また、流しは運転しっぱなしで疲れるというのが難点ですね。 一方で、付け待ちでは待っているだけでお客様が来るので非常に楽です。 ただ、よくお客様がいらっしゃる駅などの付け待ちでは、すでに多くのタクシーが付け待ちを行っているので、順番待ちが必要な場合があります。 夜勤と日勤と隔日勤務夜間に働く夜勤の求人や隔日勤務の求人の方が、日勤の求人よりも稼げますね。 終電を逃した方やお酒を飲まれた方などがいらっしゃるため夜の方がお客様が多く、深夜料金がつくので。 夜の方が道もすいています。 ただし、日曜の夜に関しては東京などの都心の繁華街以外人がいない状態になるため、稼ぎにくいです。 みんな実際どれくらいもらってるの?平均年収はどれくらい?一般的なタクシー運転手の収入は平均で月収24万円ほど、年収で約300万円ほどらしいです。 ただ、私は都内の会社に勤めているのですが、同僚などを見ていると平均年収は400万円ほどだと思います。 都内の大手に勤めている友人の話では、都内の大手タクシー会社だと平均450万円ほどらしいです。 しかし、歩合給の割合が多い業界なので売り上げによっては、年収700万円や800万円ほどもらっている人もいますね。 客単価は?客単価は場合によって大きく変わりますが、平均1500円~2000円くらいですかね。 正直これはかなり運によるのでなんともいえません。 ただし、流しよりは付け待ちの方が客単価は高いように感じます。 最後に以上で《未経験でもたくさん稼げる?タクシー運転手の稼ぐポイント、教えます!》の記事は終了です。 《ジョブハウスドライバー》には、この他にもタクシー運転手の方や転職を考えている方に役立つコラムを多数掲載しているのでチェックしてみてください。 また、コラムだけでなくタクシードライバーの求人やトラック運転手の求人も多数掲載していますのでそちらも合わせてご利用ください。 タクシードライバーの雇用形態や給与体系について、各種タクシードライバーごとに実際の企業の例などを挙げながらご紹介していきます。 タクシードライバーってこんなにたくさん!タクシードライバーといってもいくつか種類があり、それぞれで特徴が異なります。 そこで、タクシードライバーの種類について見ていきましょう。 タクシー一般的なタクシーを運転します。 タクシーは普通車、大型車、特定大型車の3種類で、法人・個人合わせて約5万台が日々運行しております。 >>詳しくはこちら 介護タクシー一人で外出することが難しい高齢者や障害をお持ちの方を援助する車両として、介護タクシーがあります。 介護タクシーはドアからドアへの移送を指し、ベッドから車椅子への移送などの特別な資格を必要とするサービスまでは行いません。 >>詳しくはこちら ハイヤータクシー企業役員の移動手段、官公庁への訪問、海外VIPの送迎などに使われる高い付加価値を持った個別輸送機関です。 特定のお客様の担当運転手として働くことや、秘書のような役割を果たすこともあります。 >>詳しくはこちら運転代行タクシー飲酒などの理由で自動車の運転が出来なくなった方の代わりに運転をしたり、自動車を目的地に移送するサービスです。 タクシーと異なる点としては、お客様の車を代わりに運転しなければならないため、乗務員が2人であるということです。 >>詳しくはこちら タクシー業界の雇用形態タクシー業界の雇用形態は一般乗務員と定時制乗務員があります。 一般乗務員は正社員、定時制乗務員はアルバイトです。 それぞれの雇用形態について詳しく説明していきたいと思います。 一般乗務員タクシードライバーの多くは一般乗務員(正社員)として雇用されています。 一般乗務員は定時制乗務員と比べ、給料が安定しているだけでなく、福利厚生も充実しています。 募集数で見ても、一般乗務員が多く、その中でも「隔日勤務」をしているドライバーが多いです。 定時制乗務員一般乗務員のほかに、定時制乗務員といったアルバイト雇用が存在するタクシー会社もあります。 高齢ドライバーや子どもが学校に行っている間だけ働く主婦ドライバーなど、短い勤務時間で良いという定時制乗務員のメリットを活かした働き方をすることができます。 雇用形態のイメージが湧かない方もいらっしゃるかと思うので、例を用いて正社員の勤務形態をご紹介していきたいと思います。 5時間(休憩3時間)、月11~12回の出勤です。 5時間。 [corporation:28]タクシー企業の給与体系タクシードライバーの給与体系としては、歩合制の企業がほとんどです。 給与として支給される割合に関しては勤務する会社によって異なるため、事前にしっかり調べておきましょう。 具体的な給与体系についてイメージがわかない方もいらっしゃると思いますので、例を示しながら説明していきたいと思います。 5h以上で賃金保障。 ・年3回の賞与は別途支給。 上記からわかるように正社員の給与は、研修中の給与であったり、未経験者の給与保障であったりと手厚くサポートされております。 タクシードライバーになるにあたってタクシードライバーになるにあたって必要なスキルや企業選定の際に参考にするべきポイントについて説明していきたいと思います。 必要なスキルタクシードライバーになるにあたって二種免許は必要不可欠です。 タクシーやバスなどのお客様を移送する目的で運転する場合には、日本交通法に基づいた第二種運転免許が必要となります。 この二種免許の取得は試験に加え、視力や聴力などをチェックする適正検査があります。 これらはお客様の安全のためには必要不可欠の検査であり、この検査を突破して初めてお客様を乗せて走ることができます。 企業選定の際に参考にするべきポイント企業選定の際に参考にするべきポイントとしては、雇用形態、勤務形態、給与体系、福利厚生の充実度の4つです。 ・雇用形態その企業の雇用形態は自分にあったものなのかを確認する必要があります。 多くの企業では正社員としての募集が中心となるため、主婦などのパートタイマーとして働きたい方は、アルバイトの募集がある企業を自分で探しておく必要があります。 ・勤務形態タクシー業界の勤務形態としては、昼日勤、夜日勤、隔日勤務があります。 企業ごとに勤務形態は異なるため、自分の望む勤務形態で働ける企業を探すようにしましょう。 ・給与形態先ほども紹介しましたが、タクシードライバーの給与体系として、「歩合制」が基本となります。 これに対し、タクシードライバー未経験の方が就職や転職をする際、安定して稼ぐことができるのかと不安な方もいらっしゃると思います。 そんな方は「給与保障制度」が有るのかということを確認してみましょう。 給与保障は入社後4か月間は、自分の売り上げに関わらず、一定額の給与を支給されるため、安心して仕事に取り組むことができます。 また、歩合制を重視する方と基本給を重視する方がいらっしゃると思うので、給与面で自分が働きたい会社かどうかをしっかりと判断したいですね。 ・福利厚生タクシー業界に限らないことですが、就職や転職を考えるときに注意すべきポイントとして重要なのが福利厚生です。 健康保険、厚生年金、介護保険といった「社会保険」はもちろんのこと、労災保険や雇用保険といった「労働保険」など生活に関わってくる大きな要素なので、福利厚生の充実した企業を選ぶようにしましょう。 最後に《タクシー運転手って稼げる?【タクシードライバーの給与体系・勤務形態】》についての記事は以上になります!よろしければこの機会にジョブハウスドライバーに登録してタクシードライバー求人を探しませんか?[corporation:74]ジョブハウスドライバーには他にもタクシーの求人がございますので、じっくり比較してご自分の希望に合った求人を探してみるのもいいかもしれません。 ジョブハウスドライバーではこんなことも!《ジョブハウスドライバー》にまだ登録していないという方は、この機会にご登録をしてみてはいかがでしょうか。 《ジョブハウスドライバー》では専属のキャリアコンサルタントによる、転職・就職活動の際に必要な履歴書や面接の対策に関する相談や、求職者様に合ったお仕事の紹介などもメールや電話で随時承っています。 こちらのサービスも併せてご利用ください。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました! タクシードライバーの給与は、地域によって大きく異なります。 東京や大阪のような大都市の方が高く、これは給与体系が、固定給+歩合給となっており、歩合の割合が比較的多く設定されているためです。 タクシーに乗る人が多い都市の方が、どうしても年収は高くなる傾向があります。 このページでは、東京のタクシードライバーの年収を見てみましょう。 taxi-tokyo. pdf)によると、平均年収は約400万円です。 ドライバーの業界全般に言えることではありますが、特にタクシー業界の給与はその人によって大きく変わります。 多い人では年収1,000万円以上の人もいるなど、どれだけ良いお客様を獲得できる場所を知っているのか? お客様になりそうな人をすぐに見つけることができるのか? そうしたテクニックにより、給与は大きく変動します。 特に大手のタクシー会社では、そのような情報がドライバー間で共有されていたり、そのタクシー会社専用の乗り場があるなど、所属する企業によっても異なるようですね。 東京の大手タクシー会社では、大和自動車交通株式会社(大和グループ)、日本交通株式会社(日本交通グループ)、帝都自動車交通株式会社(帝都グループ)、国際自動車株式会社(kmグループ)の4社が有名です。 この頭文字を取って、大日本帝国と呼ばれていたりします。 タクシードライバーとハイヤードライバー(役員運転手)の平均年収 それ以外にもタクシーなのか、ハイヤー(役員運転手)なのかといった、職種の違いでも給与が変わってきます。 上記のような大手会社だと、ハイヤー運転手の平均年収は約500万円とございます。 ですが、一般的なタクシー運転手からハイヤー運転手になるためには、ある程度の経験年数やスキルが求められることが多いです。 その分、給与が高く設定されているのですね。 勤務時間について タクシードライバーの勤務は、隔日勤務、昼日勤、夜日勤とあります。 基本的には隔日勤務で働く方が多いですが、その中でも夜の時間帯の方が稼げる傾向があるようです。 夜だと深夜割増料金が発生するのはもちろんのこと、特に終電後は比較的長い距離を乗るお客様が増えるためです。 夜の銀座や新宿は特にオイシイスポットのようですね。 その他にも深夜残業の多い会社前での出待ちは、効果が高いことが多いようです。 また雨が降っている日はタクシーを利用する人が特に多くなるので、そういう日を狙って勤務を長くするのはポイントと言えると思います。 タクシードライバーの給与は人によって異なるのが正直なところ 東京のタクシードライバーの年収について見てきましたが、正直なところタクシー業界においては平均年収はあまりあてになりません。 一般的な企業とは異なり、その人の努力次第で良くも悪くもなってしまうからです。 良い給与を獲得するためには、地道な情報収集(オイシイポイントなどの)が特に重要になってくるのがおわかりいただけたかと思います。 東京のタクシードライバー業界に一獲千金を狙ってチャレンジして見るもの良い手だと思います。

次の

タクシードライバー・ハイヤードライバー/英語を使う求人の転職・求人情報

タクシードライバー 求人

ドライバーの仕事は車やバイクなどを運転することがメインです。 ドライバーにも種類があり、タクシードライバーやバスのドライバー、引っ越しや宅配などのドライバー、配送のドライバーなどさまざまです。 ドライバーとひとくくりに言っても、求められるスキルや資格は多岐に渡るため、職種内容と募集要項をしっかりと把握することがポイントです。 車の運転だけではなく、たとえば配送などの場合は運転が終わった後にも、荷物の積み下ろしなどの作業が求められることもあります。 いずれもお客様や配送先などとのやり取りで接客を含む仕事でもあります。 コミュニケーションが得意なひとであれば、タクシーやバスといった乗客を乗せる仕事がよいでしょう。 また、あまり体を動かす仕事ではありませんが、長時間の運転になることもあり、体力や集中力が求められます。 車を運転するのが好きな方や、車自体が好きな方におすすめの仕事です。 ドライバーは職種や運転する車の大きさによって必要な免許証がことなります。 宅配便ドライバーの場合、宅配や軽貨物配達用の車や小型トラックであれば、普通自動車の免許があれば大丈夫です。 タクシーやバスのドライバーではお客様を乗せてお金をもらうので第2種免許が必要になります。 スキルとしては接客業になるので、人当たりの良さや、ホスピタリティーが求められます。 ほかにも、トラックなどを運転する場合は大型免許などが必要です。 中型車以上の運転では、中型免許または大型免許が必要です。 長距離や引っ越しドライバー以外では2トン以下の車を使用することが多いので、普通免許で始められます。 配送ドライバーには、トラックに載せている荷物を大切に扱い、荷物に影響が出ないような運転技術が必要です。 また、一日に多くの数の荷物を効率よく運ぶ必要があるため、無駄のない動作と体力を要する仕事であり、経験と土地勘が有利に働く仕事といえるでしょう。 ドライバーのバイトをすることによって、運転技術の向上がはかれます。 やはり、運転は普段から場数をこなすことが一番の技術習得になるので、ドライバーのバイトは車の運転の良い練習の場となるでしょう。 タクシードライバーの場合、様々な場所にお客様をお送りする仕事のため、お客様との会話や送迎先を通じて日常生活では知り得なかった穴場スポットや隠れた名店などを知ることもできます。 また、経験を積めば積むほど、裏道や渋滞場所などに詳しくなれるため、健康であればかなりの年齢まで働くことができます。 配送などのドライバーは基本的に一人で仕事をする場合がほとんどなのである程度マイペースに仕事ができます。 運送先によっては今まで行ったことのない場所へ行けるかもしれません。 いずれも体調管理、特に睡眠時間の確保に留意しながら、働いたら働いた分だけお給料として跳ね返ってくる歩合制の仕事も多いので、これもまた、やる気へとつながっていくはずです。 車や運転が好きな人にピッタリのバイトです。 ドライバーバイトは出勤すると同時にそれぞれが自分の車両に乗り込んでいきます。 それ以降は各自の業務をたんたんとこなさなければならず、運転していないときに挨拶をかわすくらいで1日誰とも会話をしないということがかなり多くあります。 コミュニケーションをとるのが得意ではない人にとっては働きやすい環境といえるでしょう。 ハンドルをしっかりと握ること以外は基本的に何をしていても自由なので、ラジオや音楽を楽しみながら仕事をすることができます。 ドライバーになりたてのころは、いきなり1人で運転するということはなく、ベテランドライバーが隣に座り、仕事内容を教えてくれたり、運転をチェックしてくれたりします。 また、長距離移動になると、交代制で運転することもあります。 配送のドライバーなどは、深夜の時間帯に長時間運転することもあり、体力や集中力が必要になります。 交通ルールをしっかりと守らなければ、事故などにつながってしまうため、非常に緊張感のある環境でもあります。 ドライバー・運転手バイト みんなの体験談!実際に働いてみてどーだった!? タクシードライバーのバイトは一人で行動する場合が多いので、比較的自由で、人間関係の悩みがないことがメリットでした。 会社に帰れば責任者や上司と顔を合わせますが、仕事は目的地までお客様をお送りすることがメインのため、職場の人間関係などに悩むこともなく、精神的には楽でした。 時間帯によっては酔ったお客様が目的地についても寝たまま起きてくれない事もあり、そういった時は大変でした。 長時間同じ姿勢で運転していることによる運動不足はつらかったです。 車の運転が得意で、勤務日数も毎日ではなかったので、普通の会社で事務系のアルバイトするよりは気楽にバイトできたと思います。 好きな音楽をかけて自分の好きな速度で運転するだけなのでとても気楽でした。 長距離の運転だったので腰が痛くなり、大変でした。 また荷物は安価なものでしたがお預かりした大切な荷物だったので故障したりしないか傷がつかないか気づかいは必要です。 おなかがすいたら好きな時にコンビニエンスストアなどにも立ち寄れますし、お手洗いにも好きな時に行けるので自由でした。 一人長距離ドライブといった感じでした。 運転以外にも付随したいろいろな業務があるので、仕事を早く覚えるよう努力し、積極的に自分から挨拶をするよう心掛けることが必要です。 教えてもらったことは必ずメモを取り、同じことは何度も聞かないように気をつけることも大切です。 笑顔で挨拶し、相手の名前を早く覚えるよう努力していれば、いつの間にか人間関係が円滑になります。 また、宅配便のドライバーの場合、交通ルール上、二人一組で行動しなければならないので、一緒に働く人とコミュニケーションを上手にとり、協力して働く必要があります。 相手を尊重し、受け答えを笑顔で行い、報告・連絡・相談をきちんとすれば、信頼を得ることができます。 無理せず休みながら運転を! 業界により大変なことも様々ですが、タクシードライバーは酔っぱらった方への対応が大変と聞きます。 トラックドライバーは積み荷の作業が大変であるなど、それぞれ大変ですが、その他にもナビと実際の道があっていない時や、雪道の運転などもあります。 同じ姿勢でずっと運転をしていると、肩が凝ったり腰が痛くなったりと、慢性的な身体の不調に悩まされてしまうということも珍しくはありません。 腕も使うため、腱鞘炎のような状態が続くこともあります。 長時間の連続した運転はさけ、休憩時には軽くストレッチなどをして体を動かすようにしましょう。 また、スピード違反で捕まったりすれば、その罰金についてはいくら仕事中だったとしても自腹です。 万が一無理なスケジュールを課されたり、思わぬ渋滞に巻き込まれた場合は事故を防ぐためにも必ず会社に確認をとりましょう。 時間通りに物を運ぶことも大切ですが安全運転を保つための努力は一番大変で重要なことです。 交通ルールを守り、適度な休憩をはさみながら仕事をすることが非常に大切になってきます。 車好きのひとが志望する傾向に ドライバーのバイトを志望している人たちの多くは、車や運転が好きでそれを仕事にしたいと思っているひとが多いのが特徴です。 また、長時間の運転を要する仕事になると、給料も高いことがあるため、お金をしっかり稼ぎたいといったひとも多く見られます。 タクシーやバスのドライバーだと、好きな運転を活かしながら乗客とコミュニケーションをとりながら働けるため、昔は接客業をしていて、人と話すのが好きなのでという理由で希望している人もいます。 体力に自信があり、車の運転が好き、大型車を運転するのが子供のころからの夢だったというのが志望動機というケースもあります。 配送や運搬ドライバーだと、力仕事には自信がある、車を運転しているあいだ、ひとりの時間がとれるため、静かに自分の時間をとりながら働きたいといった人が志望しています。 なかには純粋にトラックが好き、また、物流の現場を経験し、ロジスティックスを勉強したいという人もいるようです。 ドライバー・運転手バイト あなたの面接力を倍増!?3つのポイント アルバイトであればビジネスカジュアルな雰囲気で大丈夫です。 必ずしも、スーツを着て行かなければならないということはありません。 ただし、アルバイトのドライバーだということで、気軽な気持ちで臨まないように気を付けましょう。 大切な荷物や人を安全に運ぶ仕事です。 面接時にも信頼感が持てる服装を心がけましょう。 好印象を与えることのできる服装は面接を有利に進めることができます。 ドライバーだと服装は自由だと思う方もいるかもしれませんが、ピアスやネックレスなどのアクセサリーをジャラジャラ付けているのは、印象が悪いためやめておきましょう。 香水の付け過ぎなども要注意です。 カジュアルすぎないパンツとジャケットで問題ありません。 タクシーやハイヤーの運転手などの場合は接客業で、勤務時もきっちりとした制服を着用する場合が多いので、スーツ姿でいくのがよいでしょう。 また、持ち物として運転免許証は言われなくても念のため携帯しましょう。 人の第一印象というのは、見た目も大きく関わってくるので、きちんとした装いをしましょう。 接客業ともいえるタクシーやバスのドライバーなどは丁寧な言葉使いや礼儀正しさが求められます。 面接では、面接官に好印象が残せるように、きちんとした話し方や姿勢、自然な笑顔をこころがけましょう。 もちろん、清潔感のある身なりで面接に臨むことも大切です。 宅配便やルート配送のドライバーなども、搬送先の人とうまくコミュニケーションがとれるかも大切です。 面接時には相手の質問にきちんと答えられるよう、準備して臨みましょう。 貨物や資材などの長距離移動の運搬では、運転技術だけでなく、長時間の運転のため、体力と車に乗ること自体が好きでなければ務まりません。 そういった点も踏まえて、面接でアピールできるとよいでしょう。 健康で丁寧かつ常識ある対応ができる、といったポイントを伝えられるよう、はつらつとした態度で面接に臨むと良いでしょう。 ドライバーの種類によって、面接中の受け答えを工夫してみましょう。 基本的に面接で質問される内容は、運転免許を取得してどれくらい経つのか、事故歴があるかどうか、同じような職種の仕事の経験があるか、運転スキルの自信はどれくらいあるかなどになってきます。 ドライバーの仕事はさまざまですが、応募先の仕事の内容に合う答えを用意しておくと良いでしょう。 タクシー運転手であれば、顧客獲得競争の激しい業界のためコミュニケーション力や努力家であることをアピールし、物を運ぶ仕事であれば積み荷の上げ下ろしもあるので体力には自信があることや、仕事の要領の良さをアピールするのもいいでしょう。 面接ではその会社を選んだ理由を聞かれると思いますが、志望理由に将来への展望を含めると好感を持たれるでしょう。 安全第一の仕事ですから、運転に慎重であることをアピールし、体力や集中力があることも伝えられると良いと思います。 会社により運転違反歴などをチェックする場合もありますので注意を要します。 また、お給料の面ばかりでなく、なぜドライバーを志望するのか、お客様や会社のために貢献したい、といった志望理由を伝えるのも、面接官に対してのアピールポイントとなります。

次の