クロバット。 【ポケカ】クロバットVの評価や使い方 相性のいいカードを徹底解説

新カード!《クロバットV》を徹底解説!効果的な使い方と採用デッキ【ムゲンゾーン】

クロバット

概要 初登場は『』 第2世代。 ゴルバットがよく懐く事で進化するポケモン。 強面なようで愛に満ちている。 ちなみに何の因果かゴルバットの名前の由来とされる黄金バットは元々『黒バット』という不死身の怪盗が活躍する紙芝居の最終回に登場するヒーローだったりする。 ゴルバットと比べると翼と体の青色と紫色が逆転。 より速く、静かに飛ぶことを追い求めた結果、両足に羽が生えて翼は 4枚にグレードアップ。 公式イラスト等では分かりにくいがちゃんと短い足は残っている。 夜行性で、普段は4枚の翼で空を飛んでいるが、腕か足の翼のどちらかだけで飛んでいる事があり、長距離を飛ぶ為に使い分けているらしい。 注意深く聞きとらないと聞こえないほどの羽音で飛ぶため、隣を通られても気づかないことが多い。 相手に気づかれる前にという。 また、噛まれても全く痛みが無いのだという。 しかし飛ぶスピードと引き換えに、枝に止まって休んだり、歩いたりするのは下手になってしまった。 這いずり回ることしか出来ない。 その上、数滴の血を吸わないだけで弱ってしまう。 しかしに基づけば、野生では必要不可欠だった足が人間に懐いて共存した結果として退化してしまうのも十分あり得ることではある。 ただし、木に捕まって休めるぐらいには使い道がある様子。 ……後年の作品でクロバットそのものが野生出現しているのはどういうことなのだろうか? しかしポケスタやバトレボだと異様に不気味な顔になることでも知られている。 『XY』から本家グラフィックも完全3Dに移行したが、こちらはちゃんと公式準拠になっているのでご安心を。 にもかかわらず、 のボスの手持ちになっている事が非常に多い。 悪の組織のボスといえどポケモン達への愛は純粋かつ本物であるという解釈が定番となっている。 特に『』のの場合、ポケモンリーグ直前まではゴルバットだったのがその後の再戦では クロバットに進化している。 主人公に何度挑んでも勝てなかった事から「ポケモンを思いやる」事の大切さに気づき、 ライバルの心境の変化が何も言わずとも明かされるという中々ドラマチックな演出を担っている。 ゴルバットとは異なり、『金・銀』当時から「」を覚えられる。 ちなみにとを除くとどくタイプのポケモンの中で合計種族値が一番高い。 それも御三家ポケモンとほぼ同格の535になっている。 この速さに加え、特性は「」である為、ダブルバトルでは良く使われる「」の怯みに対して耐性を持てている為、よほどの事が無い限り確実に行動する事が出来る。 豊富な補助技を用いた嫌がらせが得意だが、攻撃も結構侮れない。 しかものくせに何故か等を差し置いて「 ブレイブバード」を覚える。 技「じしん」に強いどくタイプが如何に厄介かを思い知らせてくれる一体。 登場当時何故か「」を覚えなかったが、第3世代から覚えられるようになり、主にダブルバトルで活躍するようになった。 第4世代では同技が特殊技になってしまったが、代わりに 「」と 「」を遺伝で覚えられるようになった(ただし当時は同時に習得はできなかった)。 HGSSでは教え技として「」を覚えられるようになった。 第5世代ではシャレのつもりなのか、「」を自力で覚えられるようになった。 「」の代替になり、反動ダメージを気にせず使えるのは利点。 として「」が追加。 「」を無視できる「」使いとしてシングルバトルで用いられ始めた。 第6世代ではの「すりぬけ」に「」貫通の効果が追加され、ダブルバトルでも採用の余地が出てきた。 「すりぬけ」はクロバットお得意の豊富な補助技や微妙な攻撃力を補う「」とも非常に相性が良い。 第7世代では「」が威力80に強化された事により特殊型なら 「」、物理型なら 「きゅうけつ」の使い分けが可能になった その影響でが最初から覚える技になった。 その陰で「アクロバット」が自力習得から没収された。 一方で飛行しているため、どくタイプなのに「」を回収できない。 また、第4世代以降「」が特殊化してしまった事で毒物理面が貧弱なのもマイナス点。 覚えられるどく物理技の最高威力は 「」 威力70 止まりである。 異常に攻撃が高いというわけではないためどうしても「ブレイブバード」のような強力なタイプ一致技が欲しくなるクロバットにとってこれは相当痛い。 第6世代以降「」の登場でどく技の需要が急増しているが、上記理由でその流行りにやや乗り切れていない感があるのが実に残念である。 とはいえこの素早さで比較的安定した耐久力で、かつ「」「」「いかりのまえば」による高速サポートが可能であることから、主にダブルバトルで活躍している。 特に伝説戦ではやといった自身がメインウェポンを半減・無効できる相手が活躍しているため、サポートが行いやすい。

次の

クロバット|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

クロバット

Sponsored Links 基本情報はこんな感じです。 ではひとつずつ見ていきましょう。 【能力値】 Lv95 Lv115 HP 402 461 こうげき 237 275 ぼうぎょ 122 141 とくこう 237 275 とくぼう 153 177 すばやさ 322 374 【ロール・弱点】 ロール テクニカル 弱点 電気 【わざ】 (初期技)どくどくのキバ タイプ 毒(物理) 消費ゲージ 2 威力 34 命中 100 対象 相手1体 備考 ときどき相手をもうどく状態にする (初期技)スピーダー トレーナー技 使用回数2 対象 自分 効果 自分の素早さをぐーんとあげる (左下)ベノムショック タイプ 毒(特殊) 消費ゲージ 2 威力 42 命中 100 対象 相手1体 備考 相手がどく状態かもうどく状態だと威力が2倍になる (右下)忍びの極意! トレーナー技 使用回数2 対象 自分 効果 自分の回避率をぐーんとあげる 自分の急所率をあげる (バディーズ技)現代忍び道のヘドロばくだん タイプ 毒(特殊) 威力 200 対象 相手1体 備考 相手がどく状態かもうどく状態のとき威力があがる 【パッシブスキル】 素早さダウン無効 効果:素早さがさがらない 基本情報は以上となります。 〇考察 キョウと言えば初代では不遇すぎた「毒」タイプのジムリーダーで、金銀になると娘がいることが発覚し、さらに本人は四天王にまでなっていたという何かと動きの大きい人物でもありました。 あとは「忍者」という事もあり海外の方には人気がありそうな親子でもあります。 能力値についてですが、ぼうぎょは並程度、とくぼうは少しだけ頼りにはなりますが、HPが低めなので耐久面では不安要素が大きいです。 代わりに素早さは相当に高い方です。 高威力技は持ちませんがこうげきととくこうが同じで、それなりに高いです。 次に使用する技についてですが、テクニカルらしい「もうどくのキバ」でもうどく状態を狙えます。 耐性が無い相手であれば、戦闘開始直後ぐらいにもうどく状態にしてあげれば相当有利に戦えるでしょう。 そこからの「ベノムショック」これは「どく」もしくは「もうどく」状態の敵には絶大なので、クロバットの攻撃パターンはこの2種類の技を使って形成されます。 使用する道具は「スピーダー」なので素早さに磨きをかけることができます。 ・技「忍びの極意!」について こちらは回避率と急所率をあげるため、生存率をあげつつのダメージアップを狙えます。 忍びらしいといえば忍びらしいバランスですが、回避というのがなかなか注目されないため目立ちませんが、状況によってはダメージをゼロにすることができるので、どこかのタイミングで非常に有用なものに化ける可能性も持っています。 バディーズ技についてですが、こちらもベノムショックと同じ条件で威力があがるので、全体的に「もうどく状態にする」ではなく「もうどく状態にしてから勝負」という存在ですね。 パッシブスキルですが「素早さダウン無効」とこちらも地味なもので、確かにクロバットの素早さは高いのですが、やはりこのパッシブスキルが勝負に大きな影響を与えるのかというと中々難しい所ではあります。 弱点についてですが「電気」です。 一応補足しておくと、毒タイプであると同時に見た目の通り「飛行」タイプを持っているのが本来なので、弱点についてはそこからきています。 〇チーム構成について テクニカルタイプです。 もしアタッカー寄りに活躍させたいのであれば、どく状態を狙えるポケモンがいると相性が良さそうです。 あとは自身の耐久性能も高くないのでサポートするポケモンも必要になってくるでしょう。 相手をもうどく状態にできるだけで結構な番狂わせは狙えますが。 〇ATK値について パラメータ とくこう Lv95 :237 技の威力 ベノムショック(特殊):42 他 技レベル1、のびしろ未使用、装備なし ATK値 通常時 151. 5 相手がもうどく状態 301. 0 「相手がもうどく状態のとき威力が2倍になる」という技ですが、本当にその通りの結果となりました。 テクニカルで超素早さがあるクロバットで2ゲージ技としてのATK値なら悪くないですが、前段上限が「相手がもうどく状態」というとそこまで気軽に条件を揃えられない所ではあります。 何回攻撃してももうどく状態にならない…なんて場面は時たま発生しますからね。 〇Lv100超ゲンカイ突破やのびしろは使うべき? 正直微妙です。 キョウやクロバットなら止めませんが、なにか目立った動きや火力を狙える訳でもなく、能力値があがったところで期待するような向上は無いでしょう。 あえて言うなら耐久が少しだけマシになり、素早さにも磨きはかかりますが・・・それなら他に優先して強化した方がいいバディーズは沢山いるでしょう。 素材が余ってきたら使ってもいいのかもしれませんが。 〇入手方法 をクリアすると入手できます。 ゲームを普通に進めれば全員入手可能です。 〇評価 使う場面さえ間違わなければ良い動きはしてくれるでしょう。 アタッカーなりダメージ源として投入すると全然ダメです。 テクニカル自体の不遇ではありますが能力や性能的には悪く無いほうだと思われます。 というわけで評価は 「B」とします。 〇管理人入手状況 一応、95まで育成しました。 これ以上のゲンカイ突破は…しばらく予定が無いです。 以上です。

次の

【ポケカ】クロバットVの評価や使い方 相性のいいカードを徹底解説

クロバット

8% 2 1508 15 14 15 97. 8% 4 1505 14 15 15 97. 8% 4 1505 15 15 13 95. 6% 6 1504 15 13 15 95. 6% 6 1504 15 14 14 95. 6% 8 1501 15 15 12 93. 3% 8 1501 14 15 14 95. 6% 8 1501 14 14 15 95. 6% 8 1501 15 14 13 93. 3% 12 1500 15 13 14 93. 3% 12 1500 15 12 15 93. 3% 14 1498 15 15 11 91. 1% 14 1498 14 15 13 93. 3% 16 1497 14 13 15 93. 3% 16 1497 15 13 13 91. 1% 16 1497 13 15 15 95. 6% 16 1497 15 14 12 91. 1% 16 1497 14 14 14 93. 8% 3 1885 15 14 15 97. 8% 4 1881 15 15 13 95. 6% 4 1881 14 15 15 97. 8% 4 1881 15 14 14 95. 6% 7 1880 15 13 15 95. 6% 8 1877 15 15 12 93. 3% 8 1877 14 15 14 95. 6% 10 1876 14 14 15 95. 6% 10 1876 15 14 13 93. 3% 10 1876 15 13 14 93. 3% 13 1875 15 12 15 93. 3% 14 1872 15 15 11 91. 1% 14 1872 14 15 13 93. 3% 14 1872 13 15 15 95. 6% 14 1872 15 14 12 91. 1% 14 1872 14 14 14 93. 3% 19 1871 15 13 13 91. 1% 19 1871 14 13 15 93. 72% 3 0 14 12 1494 99. 48% 3 0 14 13 1498 99. 48% 5 1 13 12 1498 99. 47% 6 0 15 11 1494 99. 23% 7 1 14 11 1498 99. 23% 8 0 12 14 1493 99. 2% 8 0 12 15 1497 99. 2% 10 1 11 14 1497 99. 19% 11 3 15 15 1496 99. 19% 12 4 14 15 1500 99. 17% 13 0 6 13 1500 99. 06% 14 1 15 10 1498 98. 97% 14 1 15 9 1495 98. 97% 16 0 13 13 1494 98. 96% 16 0 13 12 1490 98. 96% 18 2 14 9 1499 98. 96% 19 1 12 12 1494 98. 95% 19 1 12 13 1497 98. 95% 21 2 11 12 1498 98. 94% 22 0 13 5 1499 98. 93% 23 4 15 14 1500 98. 92% 23 4 15 13 1497 98. 92% 25 0 10 8 1498 98. 91% 26 5 14 13 1500 98. 91% 27 0 4 15 1499 98. 72% 28 0 14 11 1490 98. 72% 29 1 13 11 1494 98. 71% 30 2 15 8 1499 98. 99% 3 2 15 15 2482 99. 49% 4 3 14 15 2488 99. 48% 5 6 15 15 2496 99. 48% 6 4 13 15 2494 99. 47% 7 5 12 15 2500 99. 45% 8 3 15 14 2488 99. 4% 9 4 14 14 2494 99. 39% 10 4 15 13 2495 99. 31% 11 5 15 11 2496 99. 21% 12 4 15 15 2489 99. 2% 13 5 14 15 2495 99. 18% 14 5 15 13 2490 99. 1% 14 5 15 14 2496 99. 1% 16 6 14 13 2496 99. 08% 17 6 15 12 2496 99% 18 1 15 15 2469 98. 98% 19 5 15 15 2484 98. 98% 20 2 14 15 2475 98. 98% 21 3 13 15 2481 98. 96% 22 6 14 15 2490 98. 96% 23 4 12 15 2487 98. 95% 24 7 13 15 2495 98. 94% 25 5 11 15 2493 98. 92% 26 2 15 14 2476 98. 9% 27 6 10 15 2499 98. 89% 28 3 14 14 2482 98. 89% 29 6 15 14 2490 98. 88% 30 4 13 14 2488 98. 87%.

次の