今年 の 夏 は 暑い 2020。 【6/12更新】2020年夏ドラマ|7月スタートの新ドラマ情報一覧まとめ!【随時情報更新中!】

2020年いつから暑くなる?夏の気温と暑さ対策も!

今年 の 夏 は 暑い 2020

現在は1981年~2010年の観測データーが使われてます。 のデーターから出典 6月13日 6月20日 6月27日 旭川市 22. 5 11. 3 23. 5 12. 3 24. 4 13. 3 釧路市 14. 9 8. 7 15. 8 9. 6 16. 6 10. 4 札幌市 21. 2 12. 6 22. 0 13. 6 23. 0 14. 7 秋田市 23. 1 15. 2 23. 8 16. 2 24. 3 17. 2 仙台市 22. 1 15. 2 22. 5 16. 0 23. 0 16. 9 新潟市 24. 1 17. 2 24. 5 18. 1 25. 1 19. 0 さいたま市 25. 8 17. 4 26. 1 18. 3 26. 7 19. 1 東京 (千代田区) 25. 2 17. 7 25. 7 18. 5 26. 3 19. 2 静岡市 25. 3 18. 5 26. 0 19. 4 27. 0 20. 5 名古屋市 26. 9 18. 7 27. 3 19. 7 28. 0 20. 7 長野市 25. 6 15. 4 25. 9 16. 6 26. 3 17. 6 金沢市 24. 9 17. 6 25. 4 18. 6 25. 9 19. 7 京都市 27. 5 18. 3 27. 9 19. 6 28. 6 20. 7 大阪市 27. 6 19. 6 28. 0 20. 7 28. 7 21. 7 広島市 27. 3 19. 5 27. 4 20. 2 27. 8 21. 3 松江市 25. 8 17. 3 26. 2 18. 6 26. 5 19. 7 高知市 26. 8 18. 9 27. 2 20. 2 28. 0 21. 3 福岡市 26. 7 19. 5 27. 2 20. 6 28. 0 21. 7 鹿児島市 27. 1 20. 5 27. 9 21. 7 29. 1 23. 2 那覇市 29. 0 24. 4 30. 0 25. 5 31. 0 26. 4 3か月予報(6月・7月・8月) 5月25日発表分 6月~8月の気温は、北日本で平年並または高い確率ともに40%、東日本と西日本、沖縄・奄美で高い確率が50%と予想されています。 平年比(%) 年 沖縄 奄美 九州南部 九州北部 2019 138 154 140 100 2018 71 116 128 110 2017 105 86 91 67 大規模な災害は2017年7月5日から6日にかけて、福岡県と大分県を中心に発生した「 九州北部豪雨」で、死者40人、行方不明者2人です。 年 四国 中国 近畿 東海 2019 132 83 112 138 2018 156 119 162 110 2017 81 77 81 67 大規模な災害は2018年6月28日から7月8日にかけて発生した「 西日本豪雨」で、死者224人、行方不明者8人、負傷者459人です。 年 関東・甲信 北陸 東北南部 東北北部 2019 134 89 118 70 2018 92 70 43 99 2017 71 133 110 118 地域別• 8月までの気温と降水量の予想、5月までの気温推移、過去5年間の気温(平年差)など。 6月11日に九州(北部)、関東・甲信、北陸、東北(南部)で梅雨入りが発表されました。 6月12日に沖縄地方の梅雨明けが発表されました。 平年より11日、昨年より28日早いということです。 エルニーニョ/ラニーニャ 6月10日発表分 「エルニーニョ監視速報」によると、現在はエルニーニョ現象/ラニーニャ現象とも発生していない「平常の状態」と発表されています。 今後秋にかけて「平常な状態」が続く確率は60%ということです。 これまでの気温と推移 全国14都市の月別気温と推移を掲載しています。 5月の気温は14都市すべてで平年値を上回っています。 いつから暑いの? 真夏日になる日• (平年値頃から厳しい暑さが続くようになります)• 5月と6月は気象状況によって記録する日があります。 2020年は6月9日現在の記録。 九州・沖縄 暖冬年の夏の気温 2000年以降で12月~2月の気温が平年より高く、全国的に暖冬だった年は9回です。 暖冬だった年の夏(6月~8月)の気温は、平年より高くなる傾向です。 特に東日本と西日本では、平年の気温を下回ったのは1回だけです。 しかし2000年以降は暖冬年だけでなく、平年の気温を上回る夏が多いため、相関関係の判断は難しかもしれません。 近年の夏の気温と災害 出典: 2019年夏の気温(平年差) 7月の気温は東日本・西日本で平年より低く、8月は東日本で平年より1. 9月は全国的に厳しい残暑が続き、前年より気温が高かった夏でした。 平年より低い 平年並 平年より高い 色分けは気象庁の基準です。 4 -0. 2 -0. 6 沖縄・奄美 0. 4 6月は東日本から沖縄・奄美でほぼ平年並み 北日本で平年より0. 7月は東日本と西日本で平年より低い 関東から九州まで、平年の気温より低い地域が多くなりました。 おもな都市では東京(千代田区)で平年より-0. 月平均では平年を下回ったものの、25日頃から気温が急激に上がっています。 8月は全国的に平年を上回る気温 東日本では平年より1. 9月は厳しい残暑が続きました 北日本から西日本まで平年の気温を大きく上回り、厳しい残暑が続きました。 東日本では平年より1. 猛暑日の日数 「猛暑日=最高気温が35. 7月 8月 9月 東京都(千代田区) 0 10 2 名古屋市 3 13 4 大阪市 2 13 4 福岡市 1 3 0 2019年夏のおもな災害 台風10号 8月6日に発生した「台風10号」は、8日頃から11日頃にかけて小笠原諸島近海でほとんど停滞したあと、15日に広島県呉市付近に上陸(その後日本海に抜ける)。 この台風では死者2名、負傷者57名の被害が発生しています。 台風15号 9月5日に発生した「台風15号」は、9日に千葉市付近に上陸し死者3人、負傷者150人の被害が発生しています。 この台風は関東地方に上陸したものとしては観測史上最強クラスの勢力で、激甚災害に指定されています。 台風19号 10月6日発生した「台風19号」は、12日に日本に静岡県伊豆半島付近に上陸し、関東・甲信地方、東北地方などで記録的な大雨となり、死者86人、負傷者476人、行方不明者3人の甚大な被害が発生しています。 この台風は激甚災害、および台風としては初めて特定非常災害に指定されています。 熱中症 を公開しています。 マスク着用においては、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクを外すよう呼び掛けています。 また雨の季節です。 マスクは水に濡れると通気性が損なわれます。 予備のマスクも携帯しましょう。 出典: 7月と8月の搬送者数(5年間) 消防庁のデーターを元に作成したグラフ• 2019年の夏は7月の気温が東日本と西日本で平年より低く、搬送者数は過去5年間で最少になっています。 しかし8月は全国的に猛暑となり、前年より搬送者数が増えています。 またグラフには掲載していませんが、9月の気温も全国的に平年より高かったこともあり、搬送者数は9,532人で、前年の9月より6,721人も多くなっています。 2018年の夏は東日本と西日本で「 災害級の猛暑」になり、特に7月は梅雨明け後から猛暑日になった地域も多く、搬送者数は過去5年間で最多です。 発生状況(2019年|年間)• 発生場所は住居が最も多く、次いで道路、公衆(屋外)、 仕事場の順。 都道府県別人口10万人当たりの救急搬送者数は、鳥取県が最も多く、次いで 鹿児島県、岡山県、福島県、岐阜県の順。 搬送者数に占める高齢者(満 65 歳以上)は、3万7091人で全体の52. 0%です。 梅雨明け後から急増! 梅雨明け後から約1か月間はもっとも搬送者数が多い時期です。 (毎年同じ傾向です) 熱中症の予防ポスター 消防庁が作成・配布しているポスター/リーフレットです。 職場や学校に掲示することで、熱中症の予防が期待できます。 各PDFで表示・印刷できます。 (消防庁にリンク).

次の

夏コーデ51選【2020年】大人レディース向けオシャレなカジュアルファッション

今年 の 夏 は 暑い 2020

猛暑になると株価が動く?2020年夏の株式市場の動きはこう予測しよう 地球温暖化が叫ばれて久しく毎年の夏の猛暑はうんざりしてしまう方も多いかと思います。 けれども、夏に業績を伸ばす業界としては「 猛暑になってもらわないと困る」というのが本音です。 例えば、暑い夏だとビールがたくさん売れてビールを作っている会社は業績が潤うのは間違いないところです。 逆に冷夏だったりすると、ビールの消費量は当然落ちてきて売り上げや株価も伸びません。 こういった様に多くの業界が 「夏の暑さ」に売り上げを左右される為、猛暑になるのか冷夏になるのかによって私たち投資家も予測を立てて投資を行わなくてはいけません。 冷夏なのに「アイスクリーム関連の銘柄」を購入しておいても、株価は上がるどころか下がってしまうことも。 だからこそ、今年の気温は 猛暑なのか冷夏なのかを事前に調べた上で投資対象を検討する事はとても大事なのです。 夏が暑いと株価が上がる業界や銘柄は昔からある程度決まっています 株価というのは、様々な思惑で上下しますが、上下する要因に気候も大きく関係しています。 前述したように、猛暑になるとビールや飲料水、アイスクリームなどの冷たさを売りにしている商品を作っているメーカーは業績が上がるでしょう。 業績が上がるとその企業の株を買う投資家が増えて株価も上がっていきます。 これは、 地球温暖化とは関係なく何年も何十年も同じサイクルを繰り返してきたことは言うまでもありません。 2019年は猛暑になるの?それとも冷夏?今までの傾向から予測すると… 日本の夏はいつの頃からか地球的規模で、猛暑か冷夏かを論じるようになりました。 エルニーニョ現象、ラニーニャ現象という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。 どちらも偏西風(貿易風)が大きく関係しているのです。 この風の強さの強弱で南米ペルー沖の海水温が決まるとされていて、強い偏西風の場合、これは日本に向けて吹く東風です。 このときペルー沖の海水温が低下し、その反対にインドネシア付近の海水温が上昇して、その影響で日本の夏は暑くなるのです。 また、統計的に厳冬だった年の夏は猛暑になることが多いとされています。 このことからも2019年の夏は猛暑になる可能性は有ると言えます。 なので今から、猛暑になると強くなる企業の株を買っておくのも一つの手と言えそうですね。 ネット等の銘柄情報を見て売買するのはもう遅い? 利益を出している投資家はなぜ優良銘柄で売買できるのか? それは当たり前ですが、「世間に出回る前の新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。 2020年の夏はこういった銘柄に注目!暑い夏だと追い風になる業界はこの5つ 暑い夏になると、業績が上がるのは言うまでもなく ビールメーカーです。 例を挙げると、 アサヒグループホールディングス 株 【2502】、サントリー食品インターナショナル 【2587】、キリンホールディングス 株 【2503】等が注目すべきポイントです。 これはビールの売り上げと猛暑となった年を調べて見ると一目瞭然です。 すがすがしいくらいに売り上げと猛暑の夏が一致しているのです。 他にも肌着メーカーやクールビズを売り物にしている 衣料品メーカーの業績も上がるとされています。 例えば、 株 ファーストリテイリング【9983】、富士紡ホールディングス 株 【3104】、 株 AOKIホールディングス【8214】などです。 さらに、 飲料メーカーの業績が上がるのはビールメーカー同様に注目すべきです。 コカ・コーラボトラーズジャパン 株 【2579】、 株 伊藤園【2593】に加えてビール関連の銘柄なども清涼飲料水を取り扱っています。 他にはエアコンの売れ行きが好調になりますから、 家電メーカーの業績も上がるでしょう。 パナソニック 株 【6752】、ダイキン工業 株 【6367】、 株 日立製作所【6501】等が主な注目メーカーです。 そして、何よりもエアコンを動かすための電力が必要になりますから、 電力会社の業績もうなぎ登りになるのは確実です。 おなじみの 東京電力ホールディングス 株 【9501】、関西電力 株 【9503】、中部電力 株 【9502】等です。 このように気候に左右される企業は多く、気候によって業績が大きく変わることも少なくないのです。 逆にもし冷夏になったらどういう業界が伸びるの? 冷夏というのは異常気象という分類になります。 本来暑くならなければいけないのに夏が涼しいと様々なところで影響が出るのです。 顕著なのは 食料品関連でしょう。 冷夏が高じてお米が不作となりますから、外国米を輸入するということが過去にありました。 タイ米が多くの人の口に合わずに、食べやすいレシピなどが紹介されて社会現象になったこともあります。 お米だけではなく、 野菜などが不作となることで価格が高騰します。 それでも消費しなくてはいけませんから、食料品会社などの業績は上がるでしょう。 さらに、魚介類の不作によって、反対に潤うのが 養殖業関連とされています。 安定的に出荷できるので、 養殖業については業績が上がることは間違いありません。 2019年の夏に業績をチェックしておきたい銘柄やその理由をまとめると…• 夏前には冷夏になるのか猛暑になるのかをチェックしよう• 猛暑になると上がる銘柄は毎年決まっている!早めに確認を• 今年2020年の夏は猛暑になる事が可能性が有る• 猛暑になると、ビール、衣料、家電メーカー、電力関係、清涼飲料関係が注目• 冷夏になった場合には、食物不足の恐れがあるので食料関連や養殖業が注目 こういった様に、2020年の夏に注目しておきたい銘柄はいくつか存在します。 けれども、当然そういう銘柄はもうすでに多くの投資家が目をつけていたりしていて、底値でこれから買うことはこれからだと厳しいかも知れません。 しかし、まだまだ 多くの人が気づいていない「2020年夏」に伸びる大化けが期待される銘柄はいくつか存在しています。 下記にはそういった、多くの投資家がまだ気付いていない「 これから急伸が期待できる大化け銘柄」を無料で教えてくれる情報元を公開しています。 2019年の夏に伸びる銘柄を手に入れたい方は、高額なセミナー等ではなくこういう無料の隠れた情報を参考にしましょう。

次の

【2020年最新】暑い夏を快適に過ごすための最新おすすめグッズランキング

今年 の 夏 は 暑い 2020

更新を終了しました。 更新を終了しました。 (記録的暖冬)• 過去5年の気温(平年差)• 昨年の火災発生件数は3万7981件(年間) ヒートショック等にも注意。 1か月予報 更新終了 気温の予想 降雪量(日本海側) 降雪量の予報は終了しています。 3か月予報 更新終了 冬の気温予想(2020年から2021年)は、9月下旬に「寒候期予報」が発表されたあとに、掲載します。 地域別 2020年2月~4月の気温予想など(過去5年間の平年差等も掲載) 3か月間(全般)の気温は、東北から九州まで平年より高い確率が50%と予想されています。 エルニーニョ/ラニーニャ現象 更新終了 「エルニーニョ監視速報」によると、現在はエルニーニョ/ラニーニャとも発生していない平常の状態とされています。 今後夏にかけて平常の状態が続く可能性は60%と予想されています。 いつから寒いの?• (その日以降がすべて9. 各都市の上段が最低気温、下段が最高気温を記録した日です。 平年値 2020年 2019年 2018年 札幌市 10月5日 9月26日 10月4日 11月11日 10月6日 11月13日 東京都 11月8日 11月5日 11月15日 1月6日 11月29日 12月10日 名古屋市 11月9日 11月5日 12月9日 12月30日 12月6日 10月21日 大阪市 11月16日 11月6日 11月16日 1月7日 12月7日 12月9日 福岡市 11月17日 11月6日 11月2日 1月15日 12月6日 12月8日 最近の気温 東日本と西日本では記録的な暖冬となっています。 冬の降雪量は全国的にかなり少なく、北日本と東日本日本海側で記録的な少雪となりました。 12月~2月の気温(地域別の平年差) 冬型の気圧配置が続かず、全国的に平年を上回る気温となっています。 特に東日本以西の気温はかなり高く、東日本と西日本では統計開始(1946年-47年)以降で、もっとも高い記録を更新しています。 平年差の上段は今シーズン• 7 冬は気をつけることがいっぱい。 事故・災害• 除雪作業での事故 消費者庁の資料によると、平成29年度の事故件数は90件で8人が亡くなっています。 落雪事故 最近では太陽光発電の普及により、屋根に設置した太陽電池パネルに積もった雪が滑り落ち、ケガや車などが損傷する事故も起きています。 雪に不慣れな地域では、路面凍結などによる交通事故、転倒事故• 交通事故(死亡事故がもっとも多い月は12月)• 風邪やノロウイルスなどの流行• 火災の発生(放火は疑いを含めると出火原因の1位)• 脳梗塞、心筋梗塞などの病気• ヒートショック ヒートショックに注意 高齢者の入浴には特に注意が必要 家の中での急激な寒暖差による事故(血圧の変動による失神や心筋梗塞、脳梗塞など)が多く発生しています。 消費者庁のによると、高齢者事故のうち約7割を占める入浴中(居住施設)の死者数は毎年増加しており、2016年は4,821人です。 救急搬送者数では12月~2月に多くなっています。 浴槽にシャワーでお湯を溜めることで、浴室全体を温めることが出来ます。 入浴前にコップ1杯の水を飲む。 (水分補給が大切)• 飲酒後、薬の服用後の入浴は厳禁。 入浴時間は10分以内が目安。 食事をした直後の入浴も避ける。 入浴前にシャワーやかけ湯などで体を温める。 熱いお湯にしない。 高齢者は遅い時間に入浴しない。 出来る限り、家族のいる時間帯に入浴し入浴前に一声掛けて見守ってもらう。 お湯につかるとき、お湯から出るときは、急がずにゆっくり、ゆっくりが大切です!お湯から急に立ち上がると水圧から解放された血管が一気に拡張し、脳への血流が少なくなることで、一時的な意識障害が発生することがあります。 ヒートショックによる事故はトイレ等でも発生しています。 トイレ用の人感センサー付き小型ファンヒーターなどを備えると事故防止に役立ちます。 火災の発生に注意! 消防庁によると2018年(平成30年)に、全国で発生した火災の発生件数は3万7981件で、死者数は1,427人、負傷者数は6,114人です。 1日あたり約104件の火災が発生し約3. 9人が死亡、約16. 8人が負傷しています。 全国統一防火標語は、 『ひとつずつ いいね!で確認 火の用心』 気温が低くなると暖房器具を使う機会も増えます。 また空気も乾燥する季節です。 暖房器具や消火設備の点検、火事を起こさないための知識の共有が大切です。 インフルエンザ・ノロウイルスに注意 [過去3年間のインフルエンザ患者数(推計)].

次の