豆腐 ダイエット。 豆腐は太る?太らない?ダイエット中におすすめの豆腐の食べ方|low

夜豆腐ダイエットの嬉しい効果と正しいやり方!豆腐レシピ!口コミは?

豆腐 ダイエット

豆腐ダイエットとは 豆腐ダイエットは、やり方も簡単で、効果も非常に高く、しかも豆腐は価格の変動が少ないことからお財布にも優しいため、ネットでも人気のダイエットです。 「豆腐 ダイエット」でネット検索すると、非常にたくさんの情報、やり方が出てきます。 多くのダイエッターに支持されているダイエット方法なのです。 関連記事 なんで豆腐がいいの? 豆腐はご存知のように、豆腐の搾り汁(豆乳)をにがりなどの凝固剤によって固めた加工食品です。 原材料は大豆、凝固剤、水だけです。 大豆食品なのでたんぱく質を多く含み、しかも吸収率が高いため、胃への負担が少ない食品でもあります。 食事制限によるダイエットではタンパク質が不足しがちになり、その結果、筋肉量や代謝量が下がってしまい痩せにくくなってしまいます。 その点、たんぱく質を多く含む豆腐はダイエットの強い味方といえます。 また植物性の脂肪も多く含んでいます。 植物性の脂肪は、動物性脂肪とは違いコレステロールを少なくする働きを持っています。 コレステロールは、肥満、動脈硬化、心臓病といった成人病の原因でもあります。 動物性脂肪は逆にコレステロールを増やしてしまうので、コレステロール減らす働きを持つ植物性脂肪の方が健康的といえます。 このように豆腐はとても健康的な食品であり、さらに近年では「機能性食品」としても高い注目を浴びています。 豆腐の美容効果 先ほど、豆腐はタンパク質、植物性脂肪を多く含んだ健康食であると述べました。 さらに豆腐には女性に嬉しい効果が多く期待できます。 皮膚を美しく保つ 皮膚の細胞を作っているのはタンパク質です。 古い細胞から新しい細胞へと4週間のサイクルで絶えず変化しています。 そのため、人間は常にたんぱく質を補う必要があります。 なめらかな肌を保つためには豆腐を始めとする大豆食品の植物性たんぱく質を取ることが非常に効果的です。 生理の時にも強い味方 生理の時、イライラしたり、不快感や不調を訴える女性は多くいます。 そんなときにも豆腐はとてもおすすめです。 豆腐に含まれるカルシウムやビタミンB類は、気持ちを落ち着かせるという効果があるからです。 また生理の際、肩こりや冷えを感じる方もいますが、湯豆腐にすれば体が温まり、冷えも緩和されます。 さらに豆腐に含まれる脂肪酸はコレステロールを減らすので、血液の循環をよくすることも期待できます。 おすすめ豆腐ダイエットのやり方 さて、少し話がそれてしまいましたが、ここからは私が実際に行っていた豆腐ダイエットの方法を紹介していきたいと思います。 何豆腐を使う? まず、ダイエットに使う豆腐の種類についてです。 豆腐は大まかに木綿豆腐、ソフト豆腐、絹ごし豆腐、充填豆腐の4種に大別されます。 その他にも高野豆腐や堅豆腐などが様々な種類の豆腐があります。 これらの中で私がよく食べていたのは 木綿豆腐です。 なぜなら、木綿豆腐の方が満腹感を感じやすかったからです。 (あくまで個人の感想ですが) あいにく、私がよく使うスーパーには木綿豆腐と絹ごし豆腐しかなく、豆腐ダイエットを始める際、どちらにしようか悩み、どちらも買って試してみることにしました。 その結果、絹ごし豆腐より、木綿豆腐の方が満腹感を感じやすかかったため、それ以降木綿豆腐を使うようにしていました。 ちなみに、絹ごし豆腐は300g(一丁)で168キロカロリー、木綿豆腐は300g(一丁)で216キロカロリーと 木綿豆腐のほうがカロリーはやや高めです。 より高いダイエット効果を求める方には絹ごし豆腐を、私のようにどうしても空腹感に勝てないという方には木綿豆腐がおすすめです。 ちなみに、ごはん一杯のカロリーは約270キロカロリーなのでどっちを選んでも、ごはんよりはカロリーを抑えることができます。 食べるタイミング 3食全てを豆腐に置き換えるという強者もいらっしゃいますが、私がおすすめするのは夕飯だけを豆腐(150g~200g)に置き換える方法です。 そして豆腐以外は食べないようにしていました。 しかし朝ごはん、昼ごはんは今まで通り好きなように食べていました。 豆腐に限らず、置き換えダイエットをする場合、 夕飯を置き換えることが一番効率的です。 なぜなら一日3回の食事の中で、夕飯が最も太りやすい食事だからです。 夕飯は3食の中でもっともカロリーが高くなりがちで、時間や量も不規則になりがちです。 さらに夜は日中に比べ、運動量が減り、エネルギー消費量が減ってしまいます。 太りやすい時間に太りやすい食事をとってしまうことになるのです。 そのため置き換えダイエットを成功させるためには、夕飯をカロリーの低い食事に置き換えることが一番効率的だといえます。 逆に朝ごはんと昼ごはんは好きなように食べても、日中しっかり仕事なり、勉強なり、遊びなりしていればカロリーを消費出来、ダイエットの邪魔になることはないと思います。 どうやって食べる? いくら豆腐がカロリーが低いといっても、調理をしたり、薬味をたっぷりのせてしまってはカロリーが上がってしまいます。 一番ベタな食べ方は湯豆腐か冷奴にし、薬味をのせ、しょうゆをかけて食べる方法ですが、毎日これだと飽きてしまいます。 ちなみに私はしょうゆに飽きた後、 めんつゆをかけていました。 これがけっこうおいしかったです。 さらにめんつゆに飽きた後は、すき焼きのたれをかけてみました。 これもおいしかったのでおすすめです。 また、納豆好きなら納豆もおすすめです。 そのまま豆腐に納豆をかけて食べてもいいですし、豆腐を少し崩してその上に納豆とチーズをのせ、電子レンジで少しチーズが溶けるまで温めて、グラタン風にしてもおいしいですよ。 ちなみに一緒に豆腐ダイエットをしていた私の友達はキムチのもとをかけていました。 辛いもの好きの方にはこれもおすすめです。 私自身あまり飽きがこない性格なこともあって、しょうゆ、めんつゆ、すき焼きのたれ、納豆のローテーションで1ヶ月持たせることができました。 また、日中動きすぎていつもより空腹が激しく、どうしても200gの豆腐じゃ足りない、我慢できないという日には、お味噌汁を付けていました。 お味噌も大豆からできていますから、栄養価が高く、カロリーもさほど高くないです。 具材はわかめを中心にしていました。 温かいお味噌汁を飲むことで、心も体もホット一息つくことが出来、空腹を少し抑えられるような気がしていました。 またお味噌汁の具材をチェンジしていくことで、飽きをごまかすこともできますよ。 それでも空腹が我慢できないときは、さっさとお風呂に入り、さっさと寝てしまいましょう! まとめ 以上が、私が 1ヶ月で5キロやせるために実践していた「豆腐ダイエット」です。 豆腐はカロリーが低く、栄養価が高いことから健康的にダイエットしたい方にはとてもおすすめです。 また、豆腐には女性に嬉しい美容効果も多く期待できます。 そして数多くある豆腐ダイエットの中で、私が実際にやってみたうえでおすすめしたいのが、「 夕飯に木綿豆腐」を食べる方法です。 夕飯はいわば、一日の中で一番エネルギーの消費量が少なくなる時間帯に、一番カロリーの高い食事を食べる行為です。 そのため、朝、昼、夜の3食の中で、夕飯をカロリーの低い食事に置き換えることが一番効率のいいダイエットに繋がります。 また、豆腐にはいくつか種類がありますが、私のように空腹を我慢するのが苦手という方には、絹ごし豆腐よりも木綿豆腐をおすすめします。 堅豆腐もいいかもしれませんね。 ぜひ、実践してみてください。

次の

湯豆腐ダイエットの効果と痩せたレシピや口コミ!

豆腐 ダイエット

豆腐のダイエット効果について 豆腐は大豆から作られており、「畑の肉」と言われるほどたんぱく質が豊富です。 ダイエット中にたんぱく質は欠かせない栄養素で、たんぱく質を摂ることで筋肉量を維持し脂肪を減らしていくため、たんぱく質はなくてはならない栄養素です。 さらに豆腐は低カロリー食品で、絹ごし豆腐は100gが56Kcal、木綿豆腐が100gが72Kcalとなっています。 牛肉や豚肉だと100gが180Kcal~250Kcalになるので、豆腐のカロリーの低さが分かりますね。 大豆に含まれる大豆レシチンは、中性脂肪や血中のコレステロール減少させる働きがあります。 中性脂肪は増えすぎると皮下脂肪になるため、豆腐を食べることで中性脂肪が増えるのを予防してくれます。 低カロリーで高タンパクな豆腐はダイエットにおいて、最適な食品と言えます。 豆腐の栄養について 大豆に含まれる大豆サポニンは、ブドウ糖と脂肪が合体するのを防ぎ脂肪の蓄積を抑える効果があります。 ビタミンB群も豊富に含まれおり、ビタミンB1は糖質の代謝、ビタミンB2は糖質と脂質の代謝を助ける働きがあるので、ダイエット中に豆腐を食べることで体内の糖質や脂質の代謝をよくしてくれます。 大豆オリゴ糖は腸内にある善玉菌の餌となって、善玉菌の働きを活発にするので便秘を解消して腸内環境を整えてくれます。 ダイエットにおいて腸内環境を整えるのはとても大切です。 豆腐は加熱しなくても冷ややっこなど、すぐにそのまま食べられるのも魅力です。 料理にも取り入れやすく豆腐でかさまししてカロリーの高い食材をカットすることで、カロリーを抑えるのに役立ちます。 豆腐はきれいに痩せるのに最適な食品なので、どんどん食事に取り入れていきましょう。 作り方は材料をカットし、鍋に調味料を入れて、カットした材料を加えて豆腐だけ取り出しておきます。 他の具材に火が通ったら水溶き片栗ととき卵を流し入れ豆腐の上にかけたらできあがり。 体がとても温まって、寒い日にぴったり。 ボリュームがあるのに低カロリーで、お財布にもやさしい主婦の強い味方のレシピです。 作り方は鍋で生姜とひき肉を炒め、豆腐・水・調味料を加えてひと煮立ちさせて水溶き片栗粉を入れてとろみをつけたらできあがり。 挽肉はしっかり炒めて、アクが出たらきれいに取り除くのがコツ。 お鍋1つで簡単に作れて、作り置きおかずにもぴったり。 食べ応えがあって満腹感を得られますよ。 豆腐ハンバーグは、ボーリュームがあってしかもヘルシーなので、特に女性に人気のあるメニューです。 豆腐はどんな食材とも相性が良いので、その日の気分で、使う肉の種類や野菜を変えて作るという楽しみもあります。 豆腐は味にクセがないので、タレに変化を持たせるだけで、さっぱり味にしたり、こってり濃厚な味にしたりもできます。 この記事では、豆腐ハンバーグの基礎知識に加え、ひき肉でつくる豆腐ハンバーグ、肉なし豆腐ハンバーグ、れんこん入り豆腐ハンバーグ、ひじき入り豆腐ハンバーグにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

「豆腐ダイエット」って本当に痩せられる?管理栄養士がリバウンドしにくい方法を伝授

豆腐 ダイエット

豆腐の持つ痩せ効果とは? 豆腐にはダイエットを実践するうえで有利に働く成分が盛りだくさん! 以下では、そんな痩せ成分を詳しくご紹介します。 また、血流促進効果もあるので、冷え性や肩こりの改善などにも効果があります。 また、中性脂肪を減少させる働きもあり、消化器官からの脂肪吸収も抑えるといわれています。 豆腐には豊富に含まれています。 また、植物性タンパク質が豊富な豆腐には、20種類あるアミノ酸が全て含まれているのも特徴。 肉や魚といった動物性のタンパク質とは違い、脂肪分が少なくヘルシーなのもダイエット中には嬉しい点です。 「ビタミンB群」が不足すると、食べ物としてとり込んだ脂肪をため込みやすくなり、炭水化物をうまくエネルギーにできなくなる傾向にあります。 理由は、脂肪分解に必要なのは大量の酸素であり、その酸素を運ぶのが赤血球の「鉄分」だから。 豆腐を摂ることで酸素の運搬もうまくいき、脂肪も燃えやすくなります。 豆腐を食べることで、腸にビフィズス菌のエサを届けることができるので、腸内環境を改善、便秘解消にも役立ちます。 また豆腐は水分が多いので、便量のかさ増し効果もあります。 その他、豆腐には女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同じような作用をする「大豆イソフラボン」が含まれているので、肌を潤わせ、髪のツヤやハリを保つのにも役立ちます。 ダイエットだけでなく、女性としての美しさや若々しさをキープするためにも豆腐を積極的に摂りましょう。 特に3食のなかで最も重くなりがちな夕食の炭水化物を豆腐に置き換えると効果的。 ご飯類よりも低カロリーなうえ、脂肪燃焼、代謝アップ、便秘解消効果の高い豆腐を、朝・昼・夜のうち1食だけ取り入れる方法なので、ストレスなくやせ体質に近づくことができるでしょう。 また、豆腐しか食べてはいけない! というわけではなく、おかずは食べてOK。 朝食や昼食は自由に食べられるのも嬉しいところです。 また、代謝を助けるビタミン類を補給するために、豆腐と一緒に野菜をたっぷり食べるのも痩せポイントで、脂肪分の多い肉や揚げ物は控えたほうがベターです。 ダイエットに役立つ豆腐レシピ そのままで食べるのに飽きてしまった時、ガイドおススメの豆腐レシピをご紹介します。 「中華やっこ」 長ネギ、ミニトマト、ニラを適当な大きさにカットし塩もみして水けを切ります。 これらを、おろし生姜、しょうゆ、ごま油、ラー油で混ぜ合わせ、豆腐に乗せて完成。 最後に再度ラー油を垂らしてもOK。 「豆腐しゅうまい」 木綿豆腐をキッチンペーパーにくるみ、電子レンジで2分加熱して水切りし冷ます。 これに、鶏ひき肉、長ネギ、生姜、生シイタケをみじん切りしたものを加え、片栗粉、ごま油、酒、醤油と一緒に粘り気が出るまで手で混ぜます。 以上の具をしゅうまいの皮で包み、蒸し器で10分ほど蒸し上げたら完成。 *しゅうまいの皮の変わりに白菜を使うと、よりヘルシーです。 「豆腐デザート」 ヨーグルト感覚できなこや黒蜜をかければ、ヘルシーなおやつとして役立ちます。 タンパク質、カルシウム、ビタミンEなど、絹より多く含まれています。 1日1丁程度の量がベストで、野菜や海藻などと合わせてカサ増ししましょう。 低カロリーで低価格、料理のアレンジもしやすい豆腐を上手に活用して、ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。 【関連記事】•

次の