スルガ 銀行 株価。 8358

スルガ銀行 (8358) : 個人投資家の株価予想 [Suruga Bank]

スルガ 銀行 株価

現在は【買い】 予想株価 538円 と判断されています。 「予想精度推移チャート」では、独自に集計した予想精度実績値を時系列で閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

スルガ銀行 (8358) : 発生中のテクニカルシグナル [Suruga Bank]

スルガ 銀行 株価

どうも、です。 私たちが暮らしていく上で必要な業種に「銀行業」があります。 銀行業というと3メガバンクに注目が行きがちですが、実際の生活で欠かせないのは地方銀行ではないでしょうか。 いわゆる地銀はそれぞれの地域に存在していて、日本という国は特に地銀が多いです。 そんな地銀の中で以前から独自路線で収益を上げていた銀行があります。 それは「スルガ銀行」で、簡単に言えば個人向け融資というビジネスで成功したと言われているんです。 スルガ銀行の株価は2018年まで堅調でしたが・・・あることがきっかけで大暴落となりました。 この記事では• なぜスルガ銀行の株価が大暴落したのか• スルガ銀行の暴落から得られる教訓は何か という点についてお話します。 スルガ銀行の株価大暴落の理由 スルガ銀行をはじめ、銀行のお仕事はお金を貸すことです。 新規事業を行いたいので融資してください• 家を買いたいので融資してください• 不動産投資をしたいので融資してください 例えばこんなことでお金を貸してあげます。 お金を貸せばその利息で銀行は儲かりますし、融資を受けた人も目的を達成できてハッピーです。 ただ、ここで重要なのは「返済がちゃんとできるのか」という点ですよね。 起業融資なら経営がうまく回らなければお金を回収できません。 住宅ローンでもちゃんと継続して働いていて、固定収入がしっかりとしている人でなければなりません。 不動産投資だって、部屋を借りてくれる人がいなくてはお金を回収できないのです。 銀行は誰にでもお金を貸して良いわけではなく、融資内容を含め審査を適正に行う必要があります。 スルガ銀行のリテール事業 スルガ銀行が暴落する前まで株価が堅調だった理由は、他の銀行がやりたがらないリテール(個人)融資を積極的に行ったからです。 スルガ銀行の融資先のほとんどは個人向けで、中でも不動産業者とのつながりが多いと言われています。 スルガ銀行の融資の特徴は個人であろうと独自判断で融資を行うというもの。 例えば、通常の住宅ローンだと「現在の勤務先に何年勤めていますか?」なんて聞かれますよね。 これは融資を行う個人に、• どれくらいの勤務意欲があるか• コロコロと勤務先を変えていないか• 固定収入の安定性はあるか• 長期的に滞りなく返済してくれそうか といったことを聞いているのだと思います。 しかし、スルガ銀行の場合は「独自判断でガンガン貸していきます!」という体制だったのです。 これは好調だったリテール不動産事業に他行が参入し始め、営業成績を優先する内部風潮があったからだと言われています。 その結果、「融資基準に合わない顧客にも融資を行う」といった内部コンプライアンスの欠如が生じ、貸せる人にはどんどん貸しちゃおうという流れが出来上がりました。 スルガ銀行はいつしか• 実際の不動産価値よりも高い案件に融資• 反社会勢力にも口座開設• 審査書類のねつ造など金融庁を欺く行為 を行うようになっていました。 そしてこれは後の株価暴落の根本的な原因となります。 シェアハウス「かぼちゃの馬車」でスルガ銀行の不正発覚 スルガ銀行の顧客にスマートデイズという不動産会社がありました。 スマートデイズは「かぼちゃの馬車」というシェアハウスを運営しており、それは• 家賃保証をすることでオーナーに通常よりも高く売りつける• その利益で他の物件の穴埋めをする という自転車創業だったのです。 スマートデイズの融資先はスルガ銀行のみで、しかもその審査は• オーナーの資産や預金を水増し• 価格のねつ造を知りながらも見て見ぬふりをする という不正なものでした。 2018年1月、スマートデイズは首が回らなくなり、オーナーに家賃が払えなくなります。 家賃保証をしていたはずなのに、突然それが無くなったわけです。 その結果、1億円で買った不動産を数千万で売却せざるを得ないオーナーが大量に発生して社会問題に発展しました。 そしてスルガ銀行の不正融資が発覚、次から次へとスキャンダルが出ることにもなり、最後は金融庁から半年間の業務停止命令まで出されたのです。 外部参照リンク: 当然、スルガ銀行の株価は・・・ このような大暴落となりました。 2500円以上あった株価はあれよあれよと500円を切る結果に。 スルガ銀行はシェアハウスの不良債権を引き取り、大幅赤字に転落。 しかも貸し出しは停止させられているので融資残高は減る一方です。 利ざやも単価も減少し、強引なやり口はスルガ銀行の経営に大きく影響する結果となりました。 スルガ銀行の株価暴落と創業家 そもそも、今回の株価暴落は• スルガ銀行内部の内部コンプライアンス• 経営陣(創業家)の考え方 が根本にあるでしょう。 スルガ銀行を大きくしたのは創業家の力であって、それは評価されるべきです。 ただ、経営が傾かないためにとった内部管理が• 無理な営業ノルマやパワハラ• 不正を容認するような体制 だったことは大きな問題でしょう。 そもそも銀行に限らず企業は世のため人のためになってなんぼのものだと私は考えています。 それなのに、社会問題になるような方向性に持って行ってしまったのは本当に悲しい出来事ですよね。 シェアハウス問題のあと、創業家は経営から退き保有する株式を売却すると発表しました。 さらにその後、その譲渡先がノジマになると報道されました。 外部参照リンク: その結果、株価は・・・ 暴落後の底打ちから反転する値動きとなっています。 ここから感じる教訓は、• 投資家は創業家や経営陣の考え方を重んじている• 不正後、母体が創業家から移ったことはポジティブ材料だ• その思惑は「クリーンな経営に構造改革されるだろう」というもの といったことです。 また、ノジマとスルガ銀行はクレジットカードなどの金融分野を中心に強力していくとも言われました。 もし、これがノジマの新しい収益源となれば「ノジマ+スルガ銀行」のシナジー効果で両者の株価に影響するでしょう。 株価暴落後には、こういった仰天の結末もあるので非常に興味深いですね。 スルガ銀行の株価は上がる? スルガ銀行の不正融資問題は一応、ノジマが請け負ってくれたということで終結しそうです。 筆頭株主になることも正式に発表しましたし、構想も伝えてくれました。 それにスルガ銀行の業務停止も解けています。 懸念点は貸出残高の減少を食い止められるかということですね。 こればかりは個人投資家に判断できることではないですが、チャート的には悪くないと思います。 10月28日のノジマサプライズでつけた十字線を超えてくれれば、そこから株価を戻す流れに入るのではないかなと。 銘柄背景としては非常に投機的なのでおすすめはしませんが、面白い段階ではありますね。 底値はそれなりの期間をかけて形成しているので、このサポートを割らなければいずれ上に行くでしょう。 まとめ いかがでしたか?今回はスルガ銀行の株価暴落理由についてお話しました。 株式投資を行っている方は、経営者の考えに敏感です。 スルガ銀行も新しい筆頭株主のもと株価暴落から立ち直り、もとの信頼を取り戻せることを願っています。 関連記事には• がありますのでご参考ください。 それではまた!.

次の

スルガ銀行 (8358) : アナリストの予想株価・プロ予想 [Suruga Bank]

スルガ 銀行 株価

筆者:千住さとし(Satoshi Senzyu) ライター。 不動産会社、ハウスメーカー、不動産投資家などを精力的に取材している。 世間を騒がせたシェアハウス問題に揺れるスルガ銀行 の株価が冴えない。 昨年11月20日をピークに下落に転じ、足元の株価は400円台半ばと、直近高値(終値ベース)から20%超の下落となっている。 同じ期間で同業の株価パフォーマンスを見ると、同じ県を本拠とする静岡銀行 は5%に満たない下落、地方銀行の中で業務純益(営業利益に相当)が最も小さいみちのく銀行 でも10%に満たない下落にとどまっており、スルガ銀株の不振ぶりが目立つ。 昨年11月20日の夕方に、同行から不正融資されたシェアハウスの所有者が、物件を手放せばローン債務を免除される方向で調整に入ったと報じられると、翌21日は前日比3. 8%の下落となり、翌々日も同3. 8%の続落となった。 実はこの日経報道の約1カ月前、『株探プレミアム』では一連の不正融資による被害者の中から、物件を手放してローン契約を解消する、いわゆる代物弁済の交渉が行われていることを報じている()。 日経の記事は、その合意が近づいていることを示唆する内容だった。 スルガ銀と不正融資の被害者である債務者の間で代物弁済によるローンの帳消しが進めば、問題の解決が一気に進展する可能性があるが、株式市場の評価は厳しいのはなぜか。 それは、代物弁済の実施によってスルガ銀の財務や収益低下リスクが増す可能性があるためだ。 こう書くとシェアハウス債権の問題と捉えがちだが、不動産業界の見方は違う。 むしろ注視しているのは、シェアハウスより融資残高が大きな一棟アパート・マンション向け(以下一棟向け)の債権に減免措置が波及し、同行の収益力や財務にどの程度、マイナスのインパクトを与えるかだ。 これまでシェアハウスに隠れて世間の関心があまり及ばなかった一棟向けの融資に業界の関心が向かうのは、先に触れた融資残高の大きさに加え、回収不能の状況に陥ることに備えて手当しておく「貸し倒れ引当金」が小さいことに関係する。 シェアハウス向けのほとんどが問題ありの債権、対策は進む まずシェアハウス向けと、そして一棟向けさらにワンルーム・マンション向けの、それぞれについて融資残高、貸し倒れ引当金、延滞率を確認しよう。 スルガ銀行が2020年3月期中間決算で公表した決算短信によれば、シェアハウス向けの融資残高は1992億円。 これにその他の貸出金などを加えた総与信残高は2461億円になる。 一方のワンルーム向けは2130億円、そして一棟向けは1兆1930億円とシェアハウス向けの6倍程度の規模になる。 なおワンルームと一棟向けの総与信残高は先の決算短信には掲載していない。 注:シェアハウスは「シェアハウス関連融資先」ワンルーム・一棟は「投資用不動産ローン」(その他有担保ローン含む)から抽出 ここから回収不能に備えて計上する貸し倒れ引当金について確認すると、シェアハウスは1351億円と融資残高の68%(総与信残高に対しては55%)になる。 一方のワンルームと一棟は合計で469億円と、2つの融資残高の合計である1兆4060億円の3%強の水準にとどまっている。 方や70%近く、方や3%と差が大きく開いているのは、延滞率と回収可能性から区分した債権の内容が要因だ。 まず延滞率について見ると、シェアハウスについては約40%と、融資件数の2件に1件近い割合で発生している。 これに対して、ワンルームと一棟の延滞率は1%台ないし2%台に抑えられている。 債権の区分内容を見ると、シェアハウス向けでは、返済が滞りなく行われている正常債権は全体の7%にとどまり、経営破綻した破産更生債権等が36%に及ぶ。 さらに元本の回収や利息の受け取りができない可能性が高い危険債権が17%、元金や利息の支払いが3カ月以上延滞している要管理債権は40%と、ほとんどが返済に問題が生じている債権になる。 2020年3月期中間決算資料によれば、回収不能に備えて積んだ貸し倒れ引当金と、担保などで回収を確保している保全額の合計が融資残高に占める比率を表す保全率は約92%になる。 そのため注視材料になっている代物弁済によるローン契約の解消が起きても、「スルガ銀に追加損失が発生するリスクは限定的」と元・大手監査法人に勤務していた都内の公認会計士・A氏は指摘する。 代物弁済が行われた場合、スルガ銀に発生する損失リスクは、引き取った物件を転売した額がその物件の融資残高に対して、想定より低くなることだ。 倒産したスマートデイズが販売した問題のシェアハウスは、実勢価格より40~60%高いと不動産業界では見られており、代物弁済が実施されれば、転売価格は販売価格よりも低くなるケースがほとんどとなる。 それらを踏まえて、担保価値の見積もりと、貸し倒れ引当金を積み上げて、公表した保全率の水準になっている。 ここでこれまでの会計処理を踏まえて、仮の試算をしてみよう。 例えば、シェアハウスの代物弁済で、上の表にあるシェアハウスの融資残高と貸し倒れ引当金の差額である約650億円、もしくは総与信残高と貸し倒れ引当金の差額である1110億円の損失が追加で発生したとしよう。 大きな打撃になるが、足元の同行の株主資本は2313億円、このうち内部留保の利益剰余金は1832億円(2019年9月末時点)と、衝撃を吸収する財務的な余裕を持つ。 ちなみ同行は2019年3月期に1103億円の不良債権を処理し、その影響から株主資本は2018年3月期の3227億円から2239億円に減少している。 一棟向け融資残高の73%が「要注意先」債権 問題はシェアハウス以外の一棟・ワンルーム物件、特に残高が大きい一棟向けの融資で、シェアハウスで検討されている代物弁済が発生する可能性があるのか。 そして発生した場合に財務上の余裕はあるのかだ。

次の