アカウント の 保護 google から の セキュリティ に関する アドバイス。 Googleアカウントのセキュリティ診断のやり方(Googleトップページからの操作手順)

Googleから届いた「重大なセキュリティ通知」のメールは本物?【警告】

アカウント の 保護 google から の セキュリティ に関する アドバイス

画期的なソリューションと改革のノウハウ• Google Cloud を選ぶ理由• 注目のソリューション• 注目のプロダクト• API 管理• モノのインターネット• 医療とライフ サイエンス• メディアとゲーム• 多彩な機能を低料金で提供する Google Cloud• Google Cloud Platform• その他の Cloud プロダクト• Google Cloud を使ってみる• ご自身で開始するためのリソース• エキスパートのヘルプを利用する• パートナーの活用 Google のグローバル パートナーのいずれかをお選びいただき、現在のセキュリティ体制と Google サービスの統合についてご相談ください。 データ保護、ID とユーザーの保護、インフラストラクチャのセキュリティ、スキャン、モニタリング、ロギングなどの追加機能や各社の専門知識をご活用いただけます。 パートナー登録にご興味をお持ちの場合は、ください。 Google を選ぶ理由• プロダクトと料金• ソリューション• リソース• つながる•

次の

信頼とセキュリティ

アカウント の 保護 google から の セキュリティ に関する アドバイス

受領したメッセージの概要 はじめにGoogleから受領したメッセージの概要を記載します。 「アカウントの保護」とあり、「不正利用されたため、アカウントを一時利用不可としたのか」とドキッとしたのですが(かつて、一時利用不可となった経験あり)、「念のために実行しましょう」程度のものでした。 「アカウントの保護」の記載でドキッとします。 通知を受領したトリガーとしては、最近 Microsoft Outlookの利用を始めたのですが、OutlookでGmailを受領するためには、「安全性の低いアプリからのアクセスを有効化」する必要があり、この設定を行ったためだと思います。 未使用の端末からアカウントを削除 上の画像の「お使いのデバイス」では、長期間使用していない端末からGoogle アカウントの削除を促すもの。 私の場合は、数年前のAndroid スマホも含め使用していない端末が多くあり、今後 テスト的に時々使用することもあるため、売却した端末においてアカウントを削除しました。 売却時には初期化しアカウントを削除したのですが、履歴として残っているようです。 手元にあるスマホ・タブレット・PCは、おそらく50台程度はあるために妥当な台数。 今回のGoogle アカウントはサブアカウントであり、メインアカウントでは何台利用していることか。 おそろしい台数のため、確認はやめておきます。 私は、Google Playでクレカを不正利用された際には、行ったこともない地域と使用したことのないスマホからのアクセスがあり、Google への確認により不正アクセス・クレカを不正利用されたことが発覚しました。 ログインと再設定、再設定用の電話番号を確認 アカウントへの不審なアクセス・動きがあった場合、あるいはアカウントにアクセスできなくなった場合の、再設定用の電話番号あるいは他のメールアドレスを登録するものです。 これはそのまま実行(登録)しました。 サードパーティによるアクセス、安全性の低いアクセスの無効化 こちらはサードパーティ製のアプリをインストールし、Googleアカウントとの紐づけなどを行う際に確認しているはずですが、知らないうちにアクセスされていることがないよう、確認したほうが無難でしょう。 基本、Google 以外のアプリは確認が求められるとのことでしょう。 最近のセキュリティ イベント 新しい端末にて既存のGoogle アカウントを設定した場合、「アクセスがあったが、あなたのアカウントでよいか?」的なメッセージを受領しますが、その通知のまとめとして表示されます。 Gmailの設定 このGmailの設定の項目では、複数のパターンが表示されるかと思いますが、私の場合には以下の「ブロックしているメールアドレス」の記載のみ。 あまりにも広告が多いのでブロックしたものです。 まとめ 「アカウントの保護、Googleからセキュリティに関するアドバイス」のメールは、初めて受領したような記憶ですが、セキュリティ診断を促すものでした。 セキュリティ診断では、現在 ログインしている端末の確認や、過去に同一アカウントで使用し長期間使用していない端末の表示、さらには普段とは異なるアクティビティのまとめ表示もあるため、四半期あるいは半期に一度でも対応したほうが無難。 私のように、Google アカウントのパスワードを盗まれ、クレカを悪用されることの防止にもなります。

次の

アカウントの保護: Google からのセキュリティに関するアドバイス

アカウント の 保護 google から の セキュリティ に関する アドバイス

スポンサーリンク 2017年2月24日未明から、一部のユーザーがGoogleのサービスを利用しようとした際に、「Googleアカウントが変更されました。 セキュリティ保護のためもう一度ログインしてください」と表示され、強制ログアウトされていることがニュースになっています。 幸いにもGoogleの調査によれば、今回のトラブルはセキュリティ上の問題は無く、再度Googleアカウントにログインすれば、通常通り利用できるとのこと。 しかしながら今回のトラブルでは、個人が使う身近なサービスであるGoogleアカウントから強制的にログアウトされてしまい、• もしかして、不正にアクセスされたのではないか?• もしかして、アカウントが一時的に乗っ取られていたのでは? など、不安に思ったユーザーもいるんじゃないかと思います。 そこでこの記事では、自分のGoogleアカウントが不正にアクセスされていないかどうか?を確認する方法を詳しく解説します。 なお、記事の中ではXperia X Performanceを使用して説明を行っています。 もくじ• Androidスマホから確認する方法 まずは、「設定(歯車のアイコン)」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「アカウントとサービス」のところにある「Google」をタップします。 「Google」画面が表示されるので、「ログインとセキュリティ」をタップします。 「ログインとセキュリティ」画面が表示されるので、「最近使用した端末」をタップします。 「最近(過去28日間)使用した端末」が表示されます。 上記のように、Googleアカウントにアクセスしようとした他のユーザーの端末情報も表示されます。 この画面で、明らかに自分以外のユーザーがアクセスしているのを見つけた場合は、不正にアクセスされたことになります。 明らかに不正なアクセス、もしくは怪しいアクセスがあった場合は、すぐに対策すべきです。 すぐに「不審なアクティビティや端末が見つかりましたか?」にある「アカウントを保護する」をタップして「セキュリティ診断」を行ってください。 セキュリティ診断の具体的な方法 「セキュリティ診断」は「バックボタン」をタップして、「ログインとセキュリティ」の画面から行うことも可能です。 まずは、「アカウント復旧情報の追加」から。 「再設定用の電話番号」、「再設定用のメールアドレス」のどちらか、もしくは両方を追加入力します。 (セキュリティの向上を考えると両方追加入力しておくことをおすすめします) 「最近のセキュリティイベントの確認」画面に進みます。 「パスワードの変更履歴」などを確認します。 万が一、覚えのないパスワード変更が行われていた場合などは、「覚えがない」をタップします。 万が一、勝手にパスワードを変更されていた場合は、Googleのアドバイス通りに「パスワードを変更」しておくべきです。 「パスワードを変更」をタップするとGoogleアカウントへ再度ログインする画面に進みます。 ここでは、勝手にパスワードが変更されていた場合でも、きちんと普段使っていたパスワードでログインできます。 ここでパスワードを変更します。 「新しいパスワード」は、きちんと記録しておきましょう。 「新しいパスワード」を入力すると、「セキュリティ診断」は終了です。 「Google Smart Lock」でパスワードを保存する場合は、「保存」をタップしてください。 個人的には、「Google Smart Lock」でパスワードを保存しておくことをお勧めします。 まとめ 上記のようにパスワードを変更した場合は、設定した機器以外で同じGoogleアカウントを使ってる機器では、再度ログインが必要となります。 例えば、スマホで設定した場合は、同じGoogleアカウントを使っているパソコンやタブレットのほうは、再度ログインしなければならないので注意してください。 関連記事.

次の