グレープフルーツ 禁忌。 注意したいお薬の飲み合わせ

グレープフルーツと薬の飲みあわせが悪い理由と、注意すべき柑橘一覧│山陰子育て応援ブログ

グレープフルーツ 禁忌

ワーファリンと食べ物の関係や禁止一覧は? ワーファリンは、血栓(血の塊)ができるのを予防し、血液を凝固させる物質である凝固因子の働きを抑える抗凝固薬の一種です。 そして、ワーファリンはビタミンKを阻害することにより、ビタミンKを必要とする凝固因子の働きを抑制し、血液を固まりにくくすることから、ビタミンK拮抗薬とも呼ばれ、血管内や心臓内の血栓ができるのを予防しています。 そのため、ワーファリン服用中にビタミンKを含む食材を摂取する場合、注意点が多く、禁忌とされている食材も次のとおり3つあります。 ・ 納豆 納豆1パック(40g)のビタミンK含有量は240ugと非常に多く、納豆の摂取後も、納豆菌が腸内で72時間もビタミンKを合成し続けると言われています。 そのため、少量の摂取でも多量のビタミンKを摂取したことになるため、納豆は禁止されていまいます。 ・ 青汁 青汁1袋(3g)のビタミンK含有量は12. 3ug~99ugですが、1日3袋飲むと最大297ugのビタミンKを摂取することになります。 そして、青汁は緑黄色野菜が主原料となり大量のビタミンKを含んでいるので禁止とされています。 ・ クロレラ クロレラ1日分の量(約3~8g)を飲むと、約46~288ugのビタミンKを摂取することになるため、クロレラも禁忌です。 それから、禁止ではないですが、大量摂取には注意が必要な食材は次の通りです。 ・ ほうれん草 ・ 小松菜 ・ モロヘイヤ ・ ブロッコリー ・ 生わかめ ・ ひじき これらは一度に大量摂取するのをやめておいた方が良いですが、小鉢くらいの量を目安にすると良いでしょう。 スポンサーリンク ワーファリン服用中に受ける食事指導の内容!グレープフルーツは平気? ビタミンK以外についても、上記以外の食事指導内容については次のようなものを受けることになります。 ・ お茶 茶葉にお湯を注ぐ通常のお茶として飲む分には問題ないのですが、茶葉そのものにはビタミンKが多く含まれているため、抹茶や粉茶などは避けるようにしましょう。 ・ アルコール アルコールはワーファリンの効き目を弱くし、血栓ができやすくなるというデメリットがあります。 そして、大量のアルコールによって肝機能が弱くなると、今度はワーファリンの作用が強まって血が止まらなくなるなどの恐れがあります。 そのため、アルコールはなるべく避けた方が良いのですが、もし飲酒をしてしまった場合には、6~7時間ほど空けてからワーファリンを服用するようにしましょう。 一方、納豆のようにネバネバしている食材で、オクラや長芋、なめこなどは食べても問題ないですし、牛乳やヨーグルト、ヤクルトなどの乳製品についても飲み合わせ・食べ合わせに関して問題はないです。 それから、高血圧治療薬では併用に注意があるとされているグレープフルーツですが、ワーファリンに関しては併用しても問題ないです。 納豆を食べてしまったら? もしもワーファリン服用中に納豆を食べてしまったら、血栓ができてしまうのではと心配する方が多いと思いますが、実際には多少の納豆を食べても即日血栓ができるわけではありません。 ただ、ワーファリンの効果が戻るまでに数日~1週間ほどかかることもあり、治療に支障がでるため、基本的には食べないようにし、もしうっかり食べてしまったということがあれば、病院を受診して医師に相談するようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、ワーファリンと食べ物の関係や禁止一覧、また、食事制限の注意点などについても詳しくお伝えしました。 ワーファリンは、血の塊ができにくくなるよう、凝血作用のあるビタミンKなどの働きを抑制する作用のある抗凝血薬、つまり、ビタミンK拮抗薬の一種で、血管内や心臓内に血栓ができないように予防する目的で使用されており、服用中の食事に関して注意点の多い医薬品なのでした。 そして、特に禁忌とされているのは納豆、青汁、クロレラなどですが、それ以外にもブロッコリーなどの食品に関しては大量摂取をしなければ小鉢程度の量なら問題ないという注意点があったので、食材一覧についてお伝えしましたね。 ただ、グレープフルーツや牛乳などは問題ないですし、禁忌とされている納豆も、少量食べたくらいで即日血栓ができるわけではないですが、治療に支障は出るので、万一食べてしまった場合は病院を受診し、医師に相談するようにしてくださいね。 スポンサーリンク.

次の

薬物代謝酵素CYP3A4を阻害する柑橘類①

グレープフルーツ 禁忌

こんにちは!脳卒中に詳しい作業療法士こと、みやっち()です 降圧剤は、血圧が高い場合に数値を下げる為に飲む薬ですが、食べ物によっては食べ合わせに注意が必要な物があります。 降圧剤を処方される時は必ず薬剤師さんが注意を呼び掛けてくれますし、薬の説明書にも食べ合わせNGな食材として、注意書きがあります。 降圧剤との食べ合わせNG食材として良く耳にするのがグレープフルーツと納豆ですが、これらは本当に降圧剤との相性が良くないのでしょうか? 結論から言えば、 グレープフルーツと降圧剤の食べ合わせはNGですが、納豆は問題ないです! では、その理由を詳しく解説していきますね。 降圧剤とグレープフルーツの食べ合わせがダメな理由 まずは、降圧剤とグレープフルーツの食べ合わせについて。 ほとんどの飲み薬が、小腸から吸収されて肝臓に運ばれて分解されますが、この分解の役割を担っているのが、 約40種類ある酵素です。 当然、降圧剤の分解にも酵素の力が必要になるのですが、 グレープフルーツに含まれる成分はこの酵素の力を弱めて薬が分解されるのを遅くしてしまいます。 その結果として、薬が効きすぎて血圧が下がり過ぎてしまうんです。 数ある降圧剤の中でもグレープフルーツとの食べ合わせに注意しなければいけないのは「カルシウム拮抗薬」という種類の降圧剤になります。 また、酵素を弱める作用は、グレープフルーツを摂取してから 4時間までが最も強く現れてだんだん弱くなりますが、24時間後もその作用は残るそうです。 ちなみに、 グレープフルーツジュースにも同様の成分が含まれている為、注意が必要になります。 過度に血圧が下がった場合 降圧剤とグレープフルーツの摂取のタイミングは? 降圧剤とグレープフルーツの同時摂取は上記の影響がみられやすいのはもちろんですが、時間を置いてもリスクを伴います。 グレープフルーツの影響は摂取後数時間、長くて 約24時間は継続すると言われています。 血圧のコントロールは、降圧剤を継続して服用する事で効果を発揮する為、降圧剤治療を行っている場合は相互作用を避ける事は不可能です。 ですから、降圧剤を服用中はグレープフルーツの摂取は避ける必要があるんですね。 また、グレープフルーツジュースも同様です。 グレープフルーツが影響を及ぼす降圧剤• カルブロック16mg• アテレック錠10mg• コニール錠4mg• アダラートL錠20mg• アダラートカプセル5mg• ノルバスクOD錠2. 最近では、グレープフルーツを食べても影響しない降圧剤もあるようなので、気になる方はかかりつけ医に相談してみて下さい。 スポンサーリンク 降圧剤と納豆の食べ合わせが問題ない理由 次に、降圧剤と納豆の食べ合わせです。 降圧剤と納豆の食べ合わせには問題ないのですが、他の薬との食べ合わせには注意が必要になります! それは「 ワーファリン」という種類の薬です。 その作用は、血管内で血液が固まるのを抑えて 血液をサラサラにする強い働きがあります。 それによって、血の塊ができるのを防ぎ、心筋梗塞や脳塞栓の治療や予防として使われる薬です。 納豆には、 止血作用 のあるビタミンKが豊富に含まれています。 ワーファリンと納豆の食べ合わせがNGな理由は、 真逆の作用により、薬の効果を阻害してしまうからです。 ワーファリンはその働きから「ビタミンK拮抗薬」とも呼ばれています。 また、納豆だけでなくビタミンKを多く含む食材である こんな食材も降圧剤との食べ合わせに注意 グレープフルーツ以外にも降圧剤との 食べ合わせで注意をしなければいけない食べ物がありますので、紹介していきます。 降圧剤とカフェイン 主にコーヒーに含まれるカフェインは、 交感神経を刺激して血圧を上げる作用がある為、高血圧の原因になると言われていました。 しかし、血圧上昇の効果は一時的なもので、摂取後一時間に限定され、しかも常にコーヒーを飲んでいる人には耐性が出来て血圧の変化は起こらないとの見解もあります。 また、様々な研究結果からもカフェインと高血圧との因果関係はないと言われています。 しかし、 降圧剤に含まれる「 塩酸ベラパミル」という成分とカフェインの組み合わせは良くないとされています。 その働きは、心臓や全身の血管を拡げて血圧を下げる、心臓の心拍を抑えるのが特徴です。 塩酸ベラパミルとカフェインの飲み合わせは、降圧効果を妨げる可能性があり、動機や息切れなどの症状がみられる事もあります。 カフェインを多く含むコーヒーを始め、紅茶や 緑茶、烏龍茶にも注意が必要です。 降圧剤とアルコール アルコールは、 血管を拡張させる作用があります。 お酒を飲むと身体が温かくなったり、顔が赤くなる人もいますよね? これは、アルコールの作用により血管が拡張している証拠です。 降圧剤を服用している場合、薬の種類によっては低血圧状態になって、めまいや頭痛などの副作用が高頻度で現れる可能性もある為、注意が必要です。 まとめ 降圧剤グレープフルーツの食べ合わせは、薬が体内に長く留まってしまい• 低血圧• 心拍増加• めまい• 頭痛 などの症状を引き起こす為、注意が必要です。 その他、アルコールやカフェインも降圧剤との食べ合わせに注意が必要となります。 納豆との食べ合わせで危険なのは、血液をサラサラにする薬。 血液をサラサラにして血栓を予防する薬と反して、納豆には止血作用のあるビタミンKが豊富に含まれています。 これら2つの相反した作用により、薬の効果が阻害されてしまう為、食べ合わせはNGとなります。 その他、薬の種類や状態などによっても作用の現れ方は異なる為、気になる事があったら自己判断は絶対せずに、まずはかかりつけの先生に相談しましょう! 高血圧改善には、こんな方法も効果的です。

次の

薬物代謝酵素CYP3A4を阻害する柑橘類①

グレープフルーツ 禁忌

グレープフルーツの「果皮」や「果肉」、「ジュース」に含まれるフラノクマリン類は、小腸のCYP3A4という代謝酵素を不活性化します。 そのため、グレープフルーツを摂取すると、「CYP3A4で代謝される薬」の血中濃度が上昇し、時には副作用が起こりやすくなることがあります。 グレープフルーツによるCYPの影響は、摂取量が多いほど影響を受けやすいのですが、 少量でも強い相互作用を起こすことがあり、摂取しても安全な量という明確な基準はありません。 グレープフルーツの摂取により、24時間~数日間は相互作用の影響を受ける可能性があると考えられています。 グレープフルーツの中でも、果肉の赤いルビータイプは、ホワイトタイプよりもフラノクマリン類の含有量が半分くらいで、相互作用のリスクも半分くらいと考えられています。 薬剤の種類によってグレープフルーツの影響を受ける度合いは異なります。 また、グレープフルーツの影響は 個人差がかなりあることが知られており、ほとんど影響を受けない人もいます。 そのため、一概にグレープフルーツの摂取をやめるべきとはいえませんが、影響を受ける可能性があることを知っておき、注意深く患者さんの状態をモニタリングする必要があります。 グレープフルーツ以外にフラノクマリン類が含まれているものには、 ハッサク、ザボン(ブンタン)、ダイダイ、スウィーティー、バンペイユなどがあり、グレープフルーツと同じようにCYP3A4の代謝に影響を与える可能性があります。 一方、 フラノクマリン類をほとんど含んでいないものには、 温州ミカン、バレンシアオレンジ、レモン、カボスなどがあります。 フェキソフェナジンは OATPの基質となる薬剤で、これらのジュースの影響を受けることがあります。 6倍及び約0. 7倍に低下した。 この血漿中ビラスチン濃度の低下はグレープフルーツジュースによるビラスチンの消化管からの吸収阻害に起因すると推察されたが機序は不明である。 」と添付文書に記載があります。

次の