ガソリン消費税。 世の中にこんなにある「二重課税」への疑問 ガソリン・酒・たばこ税へさらに消費税を加算

ガソリンと軽油の価格の内訳 こんなに税金が含まれています

ガソリン消費税

税率 [ ] 〜度の道路整備五ヵ年計画の財源不足に対応するために、度から 暫定措置として「」第89条2項により、揮発油1キロにつき、揮発油税が48,600円、地方道路税が5,200円と、本則税率(本来の税率)と同額の 暫定税率が適用され本来の2倍の税率となっている。 この項目は、35年以上延長されており、これが平成19年()度末で期限切れとなることから、これを延長する租税特措法改正案を含めた度税制関連法案がに提出されたが、などが直前の2007年末に突如廃止の方針を掲げてとなった(当時原油価格の上昇が顕著であり、これを下げる企図があったが、実質的には政局の材料として使用された面もある)。 同法案の審議がたな晒しになった結果、同租税特措法改正案の部分のみ(他の関連法案は、年度内成立しなければ国際問題に発展するリスクがあった軽減処置が含まれていたため、民主党側も妥協して年度内に成立)2008年までに可決されず、同日をもって一旦失効したが、でされたことに伴い、再び暫定税率が復活し、2008年から3月31日までガソリン1リットルあたり53. 8円と再増税になっている。 3月31日には租税特別措置法が改正され、期限を定めずに当分の間、特例税率としてガソリン1リットルあたり53. 8円が維持されることになった。 同時に、ガソリンの3か月の平均小売価格が1リットル当たり160円を超えるに至った場合は、特例税率の適用を停止する仕組みも設けられた。 しかし、この「トリガー条項」については、の復興財源に充てること等を理由として、東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律第44条で、より東日本大震災の復旧及び復興の状況等を勘案し、別に法律で定める日までの間、その適用を停止することになった (なお、適用停止前においても実際の発動例は存在しなかった)。 ガソリン1リットルあたりの税金 [ ] 合計 本則税率 24. 3 4. 4 28. 7 特例税率 24. 3 0. 8 25. 1 税率 48. 6 5. 2 53. 8 はより 7円減税されている。 なお、この税率や期限は「」ではなく、「」第80条3項に基づく政令により規定されている。 また、沖縄県は「沖縄県石油価格調整税条例」により、ガソリン1リットルあたり1. 5円を徴収している。 従って、沖縄県内の相対的なガソリンの減税額は1リットルあたり 7円-1. 5円となる。 平成24年政令108号により、2015年までに延長) 揮発油税42. 8円 なお、より「地球温暖化対策税」が導入された。 原油・石油製品(1キロリットル当たり760円、1リットル当たり0. 76円)が適用されるが、急激な負担増を避けるため、段階的に実施される。 参考:政府広報オンライン 二重課税 [ ] 講学上は二重課税を「同一の納税者に対して複数回課税を行う 法律的二重課税」と「同一の課税物件に対して複数回課税を行う 経済的二重課税」に分けて語られ、ガソリン税は 経済的二重課税に相当するように考えられるが、これはあくまでも講学上の事である。 消費者が最終的に(商品価格にガソリン税分が含まれているという形で)負担しているガソリン税であるが、納税義務者は石油会社となるため、や、などと同様に「商品価格を構成するコスト」であるとの認識から、このガソリン税分を見込んだ商品価格にはが課せられる。 であるとの議論が古くからあるが、ガソリン税は石油会社が納め一般的にガソリンスタンドなどで消費者が購入する際の消費税は消費者が納めていると税の所在が全く異なっている。 ガソリン税はガソリンを購入する際に支っているわけではなく「商品の価格」にコストとして転嫁されているわけで、間接的に負担している形にはなるが直接の納税しているわけではない。 これは輸入品に例えると、輸入する際にかかる関税分もコストとして含めて商品販売価格とし、購入者はその販売価格に消費税分を合わせて支払っている事と同じ事である。 (支払い時に関税分を除いた価格に消費税がかかっているわけではない) なおガソリン税と同様に見られる軽油引取税は消費者が直接負担しているので商品価格に軽油引取税は含まれず、当然消費税も商品価格のみで軽油引取税分にはかかっていない。 使途 [ ] 3月31日まで、国と地方の道路財源()として使われていた。 道路特定財源としては他に、、などがあるが、このうち自動車取得税と軽油引取税の暫定税率は2008年3月31日をもって一旦失効したが、これらもでされたことに伴い、再び暫定税率が復活し、2008年から再増税になっている。 また、自動車重量税も衆議院での再議決により暫定税率が失効することなく延長され、増税(暫定税率)が続いている。 現在は、道路特定財源制度は廃止されている。 脚注 [ ] [].

次の

ガソリンにかかる税金の内訳~ガソリン税・石油税・消費税について解説~

ガソリン消費税

いよいよ2019年10月1日より、消費税率が10%へ引き上げられます。 消費税の増税まで、残りわずかとなりました。 「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行される新聞」を対象に、「軽減税率制度」も実施されますね。 私たちの生活必需品の税金を考える上で、 ガソリン・軽油にかかる消費税 も気になるところ! ガソリン・軽油価格の 消費税。 その計算方法に、ちょっとした違いがあることはご存知でしょうか!? 今回は、 ガソリンと軽油にかかる消費税の違い について、解説いたします! まず、ガソリン・軽油には、消費税とは別に固定の税金がかかっています。 ガソリン 1Lにかかる固定の税金 石油税 2. 8円 ガソリン税(本則税率) 28. 7円 ガソリン税(暫定税率) 25. 1円 この3つの税金については、 本体価格に影響されず常に同一の金額 となります。 54円から2. 8円へ値上げされています。 軽油 1Lにかかる固定の税金 石油税 2. 8円 軽油引取税(本則税率) 15. 0円 軽油引取税(暫定税率) 17. 1円 軽油についても、 ガソリンと同様に固定の税金 がかけられています。 ただし、ガソリンに比べて金額は安くなっています。 2019年9月9日時点のレギュラー・全国平均価格 138. 9円を参考に、その内訳を図解してみましょう。 2019年9月9日時点の軽油・全国平均価格 119. 8円を参考に、その内訳を図解してみましょう。 ガソリン税も軽油引取税も、似たような税金なのに、この違いは不思議に感じますね。 この理由は、 ガソリン税と石油税は 石油元売会社が納める税金 のため、生産コストに含まれる税金として、石油元売会社がガソリンスタンドにガソリンを卸す際に、すでにガソリン税分を上乗せしているためです。 その一方で、 軽油引取税はガソリンスタンドが納める税金 になります。 そのため、軽油引取税に消費税をかけてしまうと二重課税となってしまうため、軽油引取税には消費税がかからないというわけです。 なんだかわかったような、わからないような気になるかもしれませんが、このような理由でガソリンと軽油の消費税の計算方法に違いが生じています。 ) 【レギュラー価格】 全国平均価格 : 138. 4円となり、2. 5円の値上がり となります! 【軽油価格】 全国平均価格 : 119. 2円(+軽油引取税 32. 3円となり、これに消費税のかからない 軽油引取税 32. 1円を足します。 4円となり、1. 6円の値上がり となります! もし、もっとガソリン価格が高くなった場合は、もちろん増税による値上がり幅も上がってしまいます。 原油価格の動向により大きく価格が変動するガソリン価格ですが、現状の価格の場合は、10月以降は消費税増税分として、2~3円の値上がりは避けられそうにありませんね。 今年の9月末は、28日(土)29日(日)と週末を挟みます。 増税前の駆け込み需要で、ガソリンスタンドが大混雑しそうです。 前回の消費税増税時には、駆け込み需要で、ガソリンスタンドの在庫が不足した店舗もあるそうですが、今回はどうなるのでしょう!? ガソリンスタンドが、ガソリンを貯蔵する地下タンクにも限りがありますので、余裕をもっての給油がおススメです。 1=5. 66円無駄にとってることになるんですね。 なぜガソリンを軽減税率の対象にしなかったのか疑問です。

次の

【間違いやすい】軽油やガソリンにおける消費税の考え方を解説|中古車なら【グーネット】

ガソリン消費税

その後、5%、8%となり、10%にする時期を巡って政治的な駆け引きが続いている。 また、少子高齢化が進む日本では将来の消費税率のさらなる引き上げは不可避との意見も多い。 消費税以外にも国民はいろいろな税金を支払っているが、モノを購入するときに負担する税金で重税感がたびたび指摘されるのは、ガソリン税、酒税、たばこ税だろう。 ガソリンは1リットルあたり53. 8円、お酒は、ビールの場合350ミリリットル缶で77円 2026年までにビールと発泡酒を含むビール系飲料の税率を一本化し約55円に統一する方向 、1箱440円のたばこで244. 88円だ。 税に税をかけるのは二重課税ではないのか これらは国や地方等の大きな財源になっている。 これだけ税額が大きいとおかしなことに気付く人も多いはずだ。 ガソリン、酒、たばこの販売価格にはこれらの税金が含まれている。 それに対して現行8%の消費税を払っているということは税金に税金が課されているということだ。 これは「二重課税 Tax on Tax 」であり、課税権の乱用ではないのかという疑問だ。 ガソリン税を例に考えてみよう。 レギュラーガソリン1リットル140円 ガソリン税を含む だとすると、ガソリンを満タン50リットル入れると代金は7000円になり、それに消費税8%の560円が加算され、7560円を支払うことになる。 すなわち、ガソリン税にも消費税が課されていると消費者は理解するだろう。 もし140円のうちのガソリン税53. 8円抜き価格86. 2円に消費税を課すこととして、両税を加えたら、支払い金額は7344円 消費税は344円 ほどになる。 その差は216円だ。 毎月50リッター利用する人はこの12倍の年間2592円、毎週使う人は48週とすると10368円を税金に対する税金として支払っていることになる。 たばこもお酒も同様であり、たばこも酒もドライブも好きな人は一生でいくら払っているのだろうか。 一方でディーゼル車に乗っている人にはこうした支払いは生じていないことをご存じだろうか? ディーゼル車には軽油を給油する。 軽油には軽油引取税が1リットルあたり32. 1円課されるが、軽油の場合は軽油引取税を含めた軽油の価格に消費税を課すことはせず、軽油引取税を課す前の軽油価格に8%の消費税を課し、それと軽油引取税を加える仕組みになっている 筆者注:この他、ガソリン、軽油とも1リットルあたり2. 54円の石油石炭税が課されているがここでは省略して説明している。 なぜこのようなことが起きているのか? 国税庁はその違いにつき以下のように説明している 一部抜粋、揮発油税は本稿でのガソリン税を指す。 消費税の課税標準である課税資産の譲渡等の対価の額には、酒税、たばこ税、揮発油税、石油石炭税、石油ガス税などが含まれます。 これは、酒税やたばこ税などの個別消費税は、メーカーなどが納税義務者となって負担する税金であり、その販売価額の一部を構成しているので、課税標準に含まれるとされているものです。 これに対して、入湯税、ゴルフ場利用税、軽油引取税などは、利用者などが納税義務者となっているものですから、その税額に相当する金額を請求書や領収証等で相手方に明らかにし、預り金又は立替金等の科目で経理するなど明確に区分している場合には、課税資産の譲渡等の対価の額には含まれないことになります 国税庁HP上のタックスアンサーNo. 6313「たばこ税、酒税などの個別消費税の取扱い」 税もコストの一部という理屈 意味を理解できるだろうか。 ガソリン税はメーカーなどが納税義務者であるから販売価格の一部であり、軽油の場合は、軽油引取税は利用者が納税義務者となっているから軽油販売価格の一部を構成していない。 それゆえに違いが出るという見解だ。 ガソリンと同様にお酒やたばこも消費者から見ると税金に税金が課されていることになる。 そもそも企業は固定資産税や法人税など多くの税金を払っている。 それらはその企業が販売するモノの価格にコストとして転嫁されている訳だから、ガソリン税、酒税、たばこ税に消費税がかけられるのも当然であるという理屈なのだ。 しかしながらこれらの税金は消費者が購入するモノにかけられているものであり、税額も高額であるから消費者からみると納得できない二重課税という印象が強い。 軽油引取税にはこうしたことが起きないのは、軽油を給油するディーゼル車の多くが産業用であり、消費者には容赦なく課税し、産業・業界に配慮した税制という批判も出てこよう。 さらに免税軽油という制度もある。 軽油引取税には消費税が加算されないばかりか、軽油引取税自体を特定の産業の用途 運送業、農業など には免税する制度だ。 これは期限を設けて免税をする時限法制だが、期限が来るたびに延長を繰り返している 免税対象用途には多少の廃止がある。 課税政策は声の大きい者の理屈が通る世界のように筆者は感じる。 いくらでも新たな税が作られる可能性も たとえば、熱海市は住民登録をしていない別荘所有者には固定資産税に加え、別荘等所有税を全国で唯一課している。 税率は延べ床面積1平方メートルにつき年額650円だ。 これは納税義務者が同じであり、不当な二重課税ではないのか?熱海市の見解はこうだ 熱海市HPの別荘等所有Q&A質問6より。 固定資産税は家屋の価格 評価額 、別荘等所有税は述べ床面積をそれぞれ課税標準として課税されており、課税標準が異なっていますので二重課税とはなりません。 この理屈が通るのなら、さらに建物の高さで税金を取ることも可能なのだろうか? 余談だが、英国では昔、建物における窓の数に応じて課税される「Window Tax 窓税 」税金まであった。 納税義務者に加え対象が同じでも、課税標準が異なるから問題ないといわれてしまえば、いかようにも新しい税ができるだろう。 そもそも自動車は自動車取得税、自動車税、自動車重量税を取られ、さらに消費税、ガソリンを入れればガソリン税が取られる。 これらには自動車による交通問題の解消、環境対策などの政策目的もあるが、消費者の税負担はかなり大きい。 いつの間にか産業界に甘く、一般の消費者に厳しい税制が作られる可能性がある。 消費者がしっかり声を上げる必要性を感じる。

次の