ジェネッタ。 ジェネッタ猫ってどんな種類?寿命はどれくらいなの?

ジェネッタの特徴や性格について

ジェネッタ

ジェネッタの平均寿命は? ジェネッタという品種の猫は誕生してまだ10年ちょっとしか経っていません。 その容姿はベンガルとマンチカンをうまく組み合わせたようです。 ベンガルの平均寿命は12歳から16歳、マンチカンの平均寿命は10歳から13歳だと言われています。 しかしジェネッタは新しい品種猫なのでまだまだ平均寿命についても不明です。 20歳以上は楽に越せる品種だという説もあります。 ジェネッタの寿命と長生きするコツ ジェネッタはまだ新しい品種の猫であり、既にTICA(The International Cat Association)には登録されています。 目標は、将来的に主要な猫登録簿でその品種を認識させることです。 この猫は野生のジェネットに似せるように作られたものの、実際にはジェネットの血は入れられていません。 ジェネッタという品種を作りあげるために実際に使われた猫種はサバンナ、ベンガルそしてマンチカンです。 ジェネッタの特徴は斑点模様の毛皮と短い脚です。 しかし元の品種の一つが前述したマンチカンであり、マンチカンには短い脚と長い脚が存在します。 そのためジェネッタも長い脚が生まれてくることがありますが、これは非標準のジェネッタとされています。 歴史の浅い新しい猫なので、その生態についてもこれからよりデータが集まることが期待されており、今のところジェネッタ特有の病気はありません。 しかし交配に使われた猫種たちの遺伝的疾患に注意を払い、また非常に遊び好きな活発な猫です。 特に子猫の時は長時間放置をしないように心がけましょう。 Sponsored Link ジェネッタのかかりやすい病気は? ジェネッタに関連する健康や遺伝的な問題はまだ正しく認識されていません。 新しい品種であるため、すでに出回ったジェネッタたちが一番かかりやすかった病気のデータがまだ十分に出回っていないのです。 しかし品種の開発にはマンチカン、ベンガル、サバンナの猫が使用されていることを忘れてはなりません。 何故ならこれらの猫の繁殖系統には遺伝的疾患が含まれているからです。 これらについてブリーダーや獣医師から教わることが、まずは将来かかるかもしれない病気の心構えになるでしょう。 またネコの感染症に対して予防接種を受けるようにして、定期的に感染を防ぐようにしましょう。 ジェネッタのかかりやすい病気のサイン ジェネッタのかかりやすい病気については、この新しい品種のルーツであるマンチカンやベンガル、サバンナの遺伝子病などを調べて勉強しておくことが大切です。 例えばマンチカンの品種の割合が高いジェネッタならば、とりわけマンチカンに多い疾患に気をつけるべきです。 さらに血液検査は定期的に受け、もし何か発症してしまったら早めに対処できるようにしておきましょう。 とても珍しい新しい品種猫なので、あらかじめ同じジェネッタを飼っている者同士SNSを通じ情報は共有し、何度かジェネッタを治療したことがある獣医師が身近にいるかどうかについても調べておきましょう。 病気の予防法と対処法 ジェネッタの病気の対処法と予防法についてはまずは遺伝子検査をし、あなたのジェネッタの遺伝子の多くはサバンナなのかベンガルなのかマンチカンなのかを知ることです。 例えばベンガルは比較的丈夫な猫だといわれているものの、ピルビン酸キナーゼや角膜炎、皮膚疾患にかかりやすいのであらかじめこれらの予防に努めることが出来ます。 もしマンチカンの遺伝子が一番強いのならばヘルニアに気をつけ、走り回る床にクッション性の高いマットを敷き詰めるようにしましょう。 ジェネッタは短毛種猫ですが、ブラッシングは週に一回は行いましょう。 皮膚のマッサージになる上、身体の異常を発見する機会にもなります。 何よりも猫と飼い主の良きコミュニケーションにもなります。 そしてストレスフリーの生活を送れるようにしてやり、プレミアムフードやサプリメントを取り入れた手作りフードなどを与え、定期的な予防接種や血液検査を欠かさないことです。 さほど世の中に出回っていない品種猫なので、できればジェネッタを診たことがあるベテラン獣医師を確保しておくようにしましょう。 関連記事 ジェネッタの寿命に関するまとめ アフリカの野性的なジェネットに似せて作り上げられた品種猫ですが、実際ジェネットの遺伝子は入っておらず、一般家庭で愛されるペット猫として作られました。 ジェネッタの元々マンチカン、サバンナ、ベンガルです。 2006年に誕生してからすでに世界に出回っているものの、ジェネッタまだまだ開発中です。 とはいえエキゾチックでキュートな容姿をし、非常に活動的で甘え上手で人々からすでに愛されています。 知能指数も高く、うまくすれば20年生きるであろうと言われています。 しかしジェネッタの品種は誕生してまだ十年ちょっとしか経ってないということで、よくも悪くも未知数の部分も多い猫と言えます。

次の

ジェネッタの性格、飼い方、価格相場☆マンチカンをベースにしたワイルド短足猫

ジェネッタ

ジェネッタとは2006年にポーストラックキャッテリーのシャノンキレーさんが、 アフリカンジェネットに似せて作り出した新しい猫種です。 アフリカンジェネットとは、主にアフリカの砂漠と熱帯雨林を除いた地域に生息する、ジャコウネコ科の小さな肉食動物です。 少なくとも、14種類のジェネットが確認されています。 ジェネットの体は小さく、胴体よりも長い尻尾と短い足、そしてスポット柄が特徴です。 このジェネットに似せるため、マンチカンとベンガルを交配させ、ジェネッタが生み出されました。 ブリーダーの中の数人は、更にサバンナとオリエンタルショートヘアも繁殖に加えています。 マンチカンからはもちろん、その短い足を引き継ぎ、ベンガルはスポット柄を出すために交配に加わっています。 オリエンタルショートヘアは、長い胴体と長い尻尾を生み出す役割を果たしています。 ジェネッタはまだまだレアな猫種ですが、日本で人気のあるマンチカンに野性的なスポット柄がプラスされているので、これから注目を集める可能性は大いにあります!基本的に短足ですが、長足の子が産まれてくることもあります。 長足の場合は、ベンガルにそっくりな外見をしています。 2006年とはとても新しい猫ですね。 ジェネッタ自体初めて聞いた猫の品種ですが、ジェネットという動物がいることも初めて知りました。 ジェネットの模様は野性味を感じさせますがきれいですね。 それを猫で再現するのは大変そうだと感じました。 ジェネッタは模様がきれいで足の短さがとてもかわいらしいですが、性格もポイントだと思いました。 優しくて社交的だと飼育しやすいと思います。 遊びも好きなので、子どもがいる環境や多頭飼いもできますね。 我が家の猫はとても警戒心が強いので、小さい子や他の猫がいる環境ではストレスをためてしまいます。 家の周りにいる子猫を見ると、社交的かどうかは生まれ持った性格だなと感じます。 ブリーダーの見学で子猫や親猫の性格を観察しておくと飼育のヒントになるかもしれませんね。 ジェネッタのベースとなっているマンチカン、ベンガルは今まさに日本でとても高い人気を誇る猫種ですよね。 ジェネッタが日本でブームになる日も、そう遠くないかもしれません。 ただ、ジェネッタは人間が好む見た目を追求した猫として「デザイナーズキャット」と呼ばれる事もあるようです。 ベースとなっているマンチカンの短足はとっても可愛いのですが、そもそもは「奇形」である事等を理由に、品種として認めていない登録団体もある程です。 また、マンチカンについては基本的に純血種との交配を認めていない事等も関係して、批判の声も挙がっているようです。 ジェネッタの画像や動画を見ていると、やはり足の長い子が多く、その見た目はベンガルそっくりですね。 マンチカンの繁殖においても、短足が生まれる確率は20%だそうですので、人が求めるジェネッタの姿を確立する事は、非常に難しいかもしれません。 ジェネッタの姿はとても愛らしく、魅力的な猫種ではあるので、厳密な管理の元で、健康なジェネッタ達が生まれてくる事を願いたいですね! ジェネッタは2006年、TICAにエクスペリメンタルブリードと呼ばれる実験種として認められたばかりで、まだまだ発展途上の品種という事になりますね。 一部の愛好家の為にアフリカンジェネットに似せて開発された品種だそうですが、短足は確立された遺伝ではない為に、足長の子猫はベンガルと見分けが付かない程だそうです。 マンチカンの短足、ベンガルの斑点模様、オリエンタルショートヘアから長い胴を受け継ぐ事が品種としてのスタンダードな姿だそうですが、なかなかそう上手くもいかないようです。 ジェネッタについての寿命や健康上の問題等、まだまだ現段階では情報が少なく、品種としても安定していないという声が非常に多いですよね。 ジェネッタのように人が好む外見を生み出す為に開発された猫種は、デザイナーズキャットという言葉で表現される事もありますが、そもそも命に対して使用する言葉ではないという皮肉も込められているようにも感じます。 もちろんジェネッタの姿はとっても可愛いのですが、無闇な品種改良や遺伝子操作で、健康上の被害が出ないかどうか、またブリーダーの際に人が望む姿になれなかったジェネッタ達が不幸にならずに済む事を願っています。

次の

【猫図鑑:特徴・性格・飼い方・歴史】ジェネッタ 〜猫本来の姿を残した野性味が可愛い、注目の猫ちゃん〜

ジェネッタ

pinimg. jpg ジェネッタはジャコウネコ科のアフリカンジェネットに似せようと交配された猫です。 アフリカンジェネットとは、アフリカのサハラ砂漠以南に生息している小型の肉食獣で、性格は臆病で神経質だと言われています。 画像のように外見はイタチに似ていて、愛好家がおり価格は約10万円からとなっています。 この愛好家の願いを受けて、アメリカにあるポーストラックキャッテリーのシャノン・キリーという人が、ジェネッタを作り出しました。 2006年に交配されたという比較的新しい品種で、希少種を登録する世界的な団体「REFR」に登録されています。 アフリカンジェネットの見た目の特徴は、画像にある通り細長い胴体に長いしっぽ、短い足、ヒョウ柄のような被毛です。 そのため、マンチカンで短い足を、ベンガルでスポット柄を、オリエンタルショートヘアで細長い胴体と長いしっぽをそれぞれ実現させようとしました。 近年、マンチカンとほかの品種の猫を交配させるブリーダーが増えており、子猫のようなミヌエットあたりが有名ではありますが、なかでもこのジェネッタが一押しで人気が高まる可能性があります。 ちなみに、短い四肢で有名なマンチカンの場合、短足の猫が誕生するのは2割ほどと言われており、ブリーダーの画像でも確認できますがジェネッタにおいても長足の子がいます。 ジェネッタの性格 ジェネッタはフレンドリーで社交的な性格をしていると言われています。 そのため、多頭飼いでもほかの猫と仲良く過ごせますし、活発なので遊ぶことも好きなようです。 子猫でも運動量は多い方なので、高齢者の方には不向きかもしれません。 また、基本的に飼い主さんのことが大好きなので、子猫から買えばジェネッタとはより友好的な関係を築くことができるでしょう。 頭をスリスリして甘えてくる姿を見られるなんて幸せですよね。 もちろん性格には個体差がありますので、ブリーダーから購入する場合などにはその子猫の特徴をよく聞いておくとともに、生まれ育ったブリーダーの環境もよく見ておくことが必要です。 pinimg. jpg 希少猫ということもあり、実物を見たことがないという方も多いと思います。 そこで画像を用意しました。 上の子猫の画像を見た通り、ジェネッタはくりっとした大きい目で可愛らしい顔をしている反面、ヒョウ柄で野生味も感じさせます。 そんなギャップも魅力の一つです。 短足ですから、子猫のように歩幅ちいさくトコトコと歩く姿はかわいいですよね。 画像のように被毛は短く、色はベースとしてブラウンやブラック、シルバーなどがあり、雲模様や大理石模様がアクセントになっています。 — 澄恵 かえでさんは大切な存在 4nrwoakgvFK4HYk ジェネッタの子猫の販売価格 子猫の販売価格は幅がありますが、ブリーダーなどでは約10~50万円ぐらいです。 希少種ということもあり国内ではそれほど取り扱いが多くないので販売価格は高めになります。 また、マンチカンがベースであるため、短足と長足の子がいて、長足より短足の子猫の方が価格は高めの傾向にありますし、子猫よりは成猫の方が価格は抑えめとなります。 もちろん、悪質なブリーダーにつかまらないために価格だけにこだわることなく、優良ブリーダーと出会うために画像などで生育環境をよく見ておくことも大事です。 ジェネッタの寿命 まだ新しい品種であるためジェネッタの寿命について確定的な情報はないのが実情です。 ですが、マンチカンとベンガルがベースになっているので、平均11~13年のマンチカンと平均14年前後のベンガルの寿命が目安となります。 ブリーダーやペットショップから子猫を購入する場合は一度確認してみるのもいいでしょう。 ジェネッタのブリーダー ジェネッタは希少種ゆえ、子猫を迎え入れるのはなかなか難しいのが現状です。 ペットショップでは定期的に子猫を販売しているところは多くなく、単発的な取り扱いなので子猫と巡り合うのは運のようなものです。 そこでブリーダーが思い浮かぶのですが、普通であれば飼いたい猫種が決まっている場合、インターネットで一般の人に販売をおこなっている専門のブリーダーを探します。 ですが、ジェネッタ専門の子猫ブリーダーの情報はそれほどないようなので、マンチカンやベンガルを専門に交配しているブリーダーを中心にチェックしていれば、出会う確率は上がるのではないでしょうか。 やはり、専門のブリーダーであれば猫種にかんしての知識が豊富であり、将来にわたって猫の相談に乗ってくれるケースもあります。 まだまだ歴史の浅いジェネッタは情報が多くないので、わからないことを聞けるブリーダーがいれば安心ですよね。 ほかに飼い猫がいない場合や飼い主さんの事情であまりかまってあげられない時などは、ひとりでも遊べるおもちゃも販売していますので買ってあげてはいかがでしょうか。 その際、十分に動き回れるスペースがあるといいです。 住宅の事情であまりスペースが取れない場合には、高い所がすきな猫のために、キャットタワーや家具の配置などで高低差を意識してみてください。 短足という性格上、マンチカンと同様に椎間板ヘルニアになることが心配されます。 キャットタワーは高齢猫や子猫向けの段差の低いものを用意したり、クッションフロアを敷いたりして、子猫のうちから足腰に負担がかからないようにしたいです。 新しい品種なのでかかりやすい病気については不明な点が多いですが、ブリーダーから購入する場合には、ブリーダーから今後注意したい病気を質問しておくのもいいと思います。 ブリーダーのメリットは親猫の性格や情報も知ることができるため、あらかじめかかりやすい病気も予測できる点にあります。 ジェネッタの体重 これも寿命のときと同様あまり明確な情報はありませんが、マンチカンやベンガルの平均体重を元に考えると、約3~6kgになると言われています。 ほかの猫種と比べても平均的といえるのではないでしょうか。 ジェネッタのフードやケア ジェネッタもほかの猫種と同じように、少しでも長生きできるように、子猫のうちからバランスのとれた総合栄養食を中心とした食事を心掛けたいです。 販売価格は高いですが、子猫から老描まで食べられる「全年齢対応タイプ」が近年人気です。 また、与えすぎによる肥満は、足腰にも負担がかかりますのでカロリー計算をしっかりとしていくことが必要となります。 日常的なケアについては、短毛なので週1回のブラッシングでいいでしょう。 ただし、3月ごろの春の換毛期は、毛球症予防のためにもこまめなブラッシングを心掛けでください。 また、普段からスキンシップをとることも大事です。 スキンシップはコミュニケーションのひとつで、お互いに信頼関係を結ぶきっかけになると共に、毎日触れることで病気などの異変にも早く気付けるメリットがあります。 ぜひ、子猫のときからたくさん触ってあげましょう。 まとめ ここまで、ジェネッタが作られた歴史や、性格と特徴、子猫の販売価格を含めたブリーダーに関する情報などを解説してきましたがいかがだったでしょうか。 発展途上のジェネッタなのでまだまだ語り切れない点はありますが、この記事を読んでジェネッタに興味を持っていただけたら幸いです。 扱っているブリーダーはそれほど多くありませんが、短足専門の猫カフェにジェネッタもいるようなので、実際に触れあってみてその魅力を肌で感じてみるのもいいかもしれません。 画像や動画も多くありますので、一度確認してみてください。

次の