帯状 疱疹 仕事 休む。 帯状疱疹って人にうつるの?仕事は休むべきか悩んだ方へ

帯状疱疹になっちゃった

帯状 疱疹 仕事 休む

このページの目次• 帯状疱疹って何?仕事を休めない原因はこれかも! 帯状疱疹は、病気やケガ、ストレスが原因で免疫力が落ちたところを見計らって発症する病気です。 帯状疱疹は、子供の頃にかかる水疱瘡の原因となる水痘、帯状疱疹ウイルスによって感染します。 素人目には、ニキビや虫刺されとほとんど区別がつきません。 激しい痛みや痒みがあって初めて帯状疱疹では?と気がつくことになります。 その結果、素人判断で間違った治療をしてしまい悪化させてしまうケースも数多く見られます。 痒みや痛みに耐えられずにかきむしってしまい跡が残るケースもあります。 帯状疱疹の治療は、自宅で安静に過ごすことが重要になってきます。 ストレスを溜めずにゆっくりと治療することが早期に回復する絶対条件です。 しかし職種によっては、なかなか仕事を休めません。 有給休暇を取りにくい職場の人もいると思います。 その素人目にわからない所が、さらに仕事を休みずらくする原因だと考えられます。 仕事を休めないと諦めるのは早い?もっと詳しく帯状疱疹を知ろう 帯状疱疹は、痒みや痛みを伴う軽い腫れからスタートします。 そして次第に小さなブツブツが増えていき痒みや痛みが激しくなります。 そして水ぶくれになったのをピークに2〜3週間で痛みが引いていきます。 しかしその水ぶくれを潰してしまうと痛みは消えても治りが遅くなり跡として残ってしまう場合があります。 赤い水ぶくれが破れてかさぶたになれば痒みや痛みも和らぎます。 あとは、肌を清潔に保ち回復を待つだけです。 帯状疱疹は、顔、首、胸、背中、足、腕と体の至る所にできます。 そして帯状疱疹の特徴は、体の1部分に集中して赤いブツブツができることです。 そして1度帯状疱疹ができると同じ場所に二度とできることはありません。 ただし体が弱く免役力の低下した高齢者は、再発する場合があります。 また免役力低下により高熱を出したり症状が治まっても痛みが取れないケースもあります。 「仕事を休めない」なんて言ってられない!帯状疱疹が悪化したら? 帯状疱疹が治ったのに痛みが引かない場合は、帯状疱疹後神経痛の疑いがあります。 帯状疱疹後神経痛は、一定の時間「チク、チク、チク」と刺すような痛みが繰り返されるのが特徴です。 心臓の音に合わせるように数分間続くこともあります。 「電気が走るような痛み」「焼けるような痛み」と表現する人もいます。 帯状疱疹後神経痛は、形の見えない精神的な要因で発症すると言われています。 そのため確固たる治療法が確立されている訳ではありません。 そのため患者の症状に合わせて抗精神病薬を処方される場合もあります。 また理学療法によって改善するケースもあります。 その他にも耳性帯状疱疹の症状が現れることがあります。 耳性帯状疱疹は、帯状疱疹によって傷つけられた耳近くの神経が麻痺を起こし、痛みや難聴、めまいを起こす症状のことです。 精神的、肉体的なストレスが原因だと言われています。 仕事を休まないための帯状疱疹の治療法は? 帯状疱疹の症状が現れたら早め早めに病院に行きましょう。 自分で判断せずに早期治療が後遺症や重症化を防ぎます。 治療法は、抗ウイルス剤を使用して痛みや痒みを和らげます。 感染後すぐに抗ウイルス剤を飲めば悪化した水疱が破れて膿む心配もなくなり 早期の完治が望めます。 帯状疱疹ウイルスの増殖を抑え炎症を鎮めるために抗生物質を処方される場合もあります。 そして傷ついた皮膚を修復するために塗り薬が処方されます。 皮膚表面にいる細菌やウイルスの侵入を防ぎ帯状疱疹の悪化を防ぐためです。 痛みや免役力の低下を改善すために精神安定剤を処方する医師もいます。 また体力低下による栄養不足を補うために点滴を行う場合もあります。 仕事を休まないためには、早期発見しかありません。 些細な体の変化も見逃さずに痛みや違和感を感じたら直ぐにお医者さんに相談しましょう。 帯状疱疹の病状を正確に伝えよう 病院で帯状疱疹と診断されたら、お医者さんの指示に従いしっかりと治療しなければなりません。 帯状疱疹を治すには、弱まった免疫力を回復させることが重要になってきます。 そのためには、自宅でゆっくりと安静に過ごし、栄養たっぷりの食事を摂るなどストレス環境の改善に努めるべきです。 そのためには、仕事を最低でも1週間は、休むべきだと思います。 顔など目立つ部分でもない限り帯状疱疹で休みますとは、言いづらいと思いますが重症化してから報告するより全然いいと思います。 仕事に支障をきたす前にしっかりと手を打ちましょう。 それに帯状疱疹の病状を医師の診断書つきで正確に説明すれば分かってくれると思います。 「痛みや痒みがあって集中できない」「重症化した場合は後遺症が残ることがある」と正確に報告をすれば何の問題もないと思います。

次の

帯状疱疹の痛みのピークやいつまで続く?緩和する方法は?

帯状 疱疹 仕事 休む

帯状疱疹にかかったら、仕事を休むべき!? 仕事に出てしまって、うつるのが心配… 帯状疱疹は基本的にはうつらない病気です。 ですので、出勤しても問題ないと思う人が多いでしょう。 しかし、帯状疱疹は立派な病気です。 きちんと休みをとって、体調が良くなってから仕事に復帰するべきです。 無理に仕事をしてしまうと、かえって痛みが悪化したり、回復が遅れてしまいます。 仕事を休んだほうがいい場合の判断基準はあるの? 病気であることに変わりないので、自分を優先させましょう。 帯状疱疹の診断を受けた時点で、仕事は一時ストップさせましょう。 熱が出てしまっている時にはもちろんですが、痛み、かゆみ、偏頭痛の症状の場合でも、休むのが一番です。 もちろん、抜けてしまう分の仕事は、誰かにしてもらう必要があります。 気が引けると思う人もいるでしょう。 ですが、こういった症状は、仕事中に集中を切らしてしまう原因になります。 注意力がいつもより鈍くなるのです。 仕事中に思わぬミスをしてしまう可能性もあります。 それを考えれば、仕事を休むのが一番です。 仕事に復帰すべきかどうか迷っている時には、お医者さんから、一度意見を頂きましょう。 帯状疱疹の診察経験が豊富なはずですから、仕事の復帰の時期についても、具体的にアドバイスをしてくれるでしょう。 それから、仕事の内容や痛みの強さにもよりますが、もしも自宅でこなせる軽めの仕事があるならば、それを頂くのもいいでしょう。 仕事の量は減りますが、仕事に欠員を作らない意味で、最もいい方法ですよ。 スポンサーリンク 無理をすると、後遺症が出てしまうことも! 帯状疱疹には、「 帯状疱疹神経痛」という後遺症があります。 どんな後遺症かというと、皮膚はきれいなったのに、痛みだけは残っている、というものです。 治療をするのが遅れたり、治療が不十分だったりすると、起きやすくなります。 帯状疱疹は、早期発見が遅れやすいので、誰でも、後遺症にかかってしまう可能性が大きい病気です。 治療が遅れてしまうことは十分にありえます。 また、無理をして出勤をしてしまうことで、継続して、するべき治療がきちんとできないことがあります。 後遺症のこともきちんと考えた治療を受けるためにも、無理をするべきでありません。 仕事はもちろん、お休みするべきですね。 でも、仕事以外で動くことは忘れないで! 仕事は休んだほうが良いのですが、だからと言って家で全く動かないで過ごすのもよくありません。 痛いからといって全く動かないのも、じつは回復を遅らせます。 日常的な動作や趣味はリハビリだと思って、積極的にするようにしましょう 無理のない範囲で。 全く動かないと、気持ちまで沈みがちになってしまいます。 仕事への復帰は、体調が万全になってから復帰するのが一番です。 日常的な動作や趣味をきちんとこなして、自信をつけてから仕事に復帰しましょう。 そのほうが、気持ちの面でも安心できますよ。 自分がやりたいことを最優先にしましょう。 そこでうまくできた経験が、仕事へ戻る時の自信や、ポジティブ思考につながるのです。 まとめ 帯状疱疹にかかったら、いったん仕事を休んで治療に専念することが、後遺症を残さない秘訣です。 後遺症は、早期発見が遅れたり、治療がきちんとなされないせいで起こります。 無理をせずに、後遺症のことまでを考えた治療を行うことが大切になります。 仕事以外の面では、リハビリだと思って、無理のない範囲でたくさん動いてみましょう。 日常的な動作や趣味がうまくできることは、仕事へ戻る時の自信にもなります。 そして最後はお医者さんと相談して、仕事に戻っても問題がないか確認を頂いて下さいね。 万全の状態で、仕事に復帰できるようにしましょう。 おすすめ記事: スポンサーリンク.

次の

帯状疱疹になった事のある方

帯状 疱疹 仕事 休む

このページの目次• 帯状疱疹をうつさないためにも仕事を休むべき? 「帯状疱疹=水ぼうそう」というイメージで、人にうつると考えがちです。 たしかに帯状疱疹はウイルス感染症のひとつですから絶対にうつらないとは言えません。 しかし帯状疱疹が「帯状疱疹として」うつることはありません。 これはどういうことかというと、帯状疱疹のウイルスは水ぼうそうと同じものです。 水ぼうそうも帯状疱疹もふつう人生で一度しかかからないので、一度水ぼうそうや帯状疱疹にかかった人にウイルスが感染することはないのです。 したがって、「みずぼうそうにかかったことのない人に水ぼうそうとして」うつる可能性はあります。 ですから帯状疱疹にかかったとき周囲に水ぼうそうにかかったことがない赤ちゃんや子どもがいる場合には注意が必要です。 よって、「帯状疱疹だから会社でうつしてしまうかもしれないので休む」のはあまり確実な理由とは言えません。 帯状疱疹は仕事を休むくらいしんどい? 基本的にうつらないと知って一安心…ちょっと痛いのを我慢すれば仕事に行ける!と思っていませんか?実は帯状疱疹はそんなに甘い病気ではありません。 経験したことのある人なら分かるかと思いますが、帯状疱疹は水泡とともに「チクチクした痛み」や「ピリピリした痛み」を感じます。 これは帯状疱疹が神経の病気だからです。 症状がひどくなってくると水泡は帯状に広がっていき痛みも次第に強くなってきます。 水泡がかさぶたになって完治するまで1か月かかると言われていますが、水泡があらわれず神経の痛みのみで症状にあらわれるなど、症状の強さやかたちは人それぞれです。 皮膚の症状が治まっても神経の痛みが続く場合 帯状疱疹後神経痛 や、水泡に触れただけで激痛が走り夜も眠れない、重症化すると入院加療が必要になってくる場合もあります。 動作のひとつひとつに痛みを感じてしまう状態では、まず仕事を休まずにはいられないでしょう。 帯状疱疹と分かったら初期のうちに仕事は休むべき 帯状疱疹の初期症状としては、チクチクした痛みが発生します。 その痛みが強くなっていき痛みの発生している場所に水泡ができます。 帯状疱疹かもしれないと思ったら、まず病院に行ってみましょう。 そして医師に帯状疱疹だと診断されたら痛みの強さ等に関わらず休むべきです。 感染の問題や仕事に取り掛かれるかなどは重要ではありません。 風邪を引いたときと同じように治癒に必要なのは「体を休めること」です。 帯状疱疹はストレスなどが原因となって発症する病気ですから、無理に仕事を続けて悪化してしまっては結果的に長期間休むことにもなりかねません。 最悪の場合、痛みを我慢して仕事を頑張ったがために「帯状疱疹後神経痛」により後遺症に苦しまなければいけなくなってしまうかもしれないのです。 数日間続けて仕事を休むのは抵抗があるかもしれませんが、その後のことも考えて思い切って一週間ほど休みをもらって充分に体を休ませてあげましょう。 「そんなことで?」と思われない? 「帯状疱疹と言われたので仕事を休みます」と言うと同僚や上司に「そんなことで休むの?」と思われるかも…と不安になっている人もいるかもしれません。 しかし帯状疱疹は水ぼうそうみたいなものだとイメージできれば、その辛さや休むことの重要さを分かってもらえるはずです。 痛みが強くて仕事なんて到底無理だと感じるときはそう伝えればいいですが、初期症状となると「初期なんだから仕事できるでしょ」と自分が感じていることをそのまま周りに思われてるんじゃないかと不安になってしまいますよね。 ですが先ほども言ったように初期症状のうちにしっかり休むことが大切ですので、その旨を分かってもらえるよう説明しましょう。 また、医師に一週間程度休めるよう診断書を書いてもらうと納得してもらいやすいですし、休んでいる期間の気持ちも楽に保てるでしょう。 帯状疱疹は怖い病気!受診して体を休めましょう 水ぼうそうが大人になって再び症状としてあらわれる帯状疱疹。 その痛みや症状の現れ方は人によって差があります。 ストレス等による免疫力の低下が原因となっていますから、帯状疱疹にかからないためには「ストレスを溜めない」ことが重要と言えます。 しかし日頃から仕事に追われる大人たちにとって確実に予防することは困難でしょう。 だからこそ帯状疱疹について知識を深め、疑わしい症状があればすぐに受診するべきですし、帯状疱疹だと分かれば体や頭を休ませてあげる必要があります。 「このくらい大丈夫」と免疫力が弱っている状態で体に負担をかけてしまうと症状が悪化し、後々非常に辛い思いをすることになってしまいます。 仕事の内容や職場の人員不足などで急に仕事に休むことができないという人は、なるべく早く、悪化しないうちに休みをもらえるよう相談してみましょう。

次の