うどん アレンジ。 【ZIP!】仰天アレンジグルメレシピ!カップうどんグラタンなどを野島慎一郎さんが紹介!

【一人暮らし】適当簡単冷凍うどんアレンジ

うどん アレンジ

「普通のうどんに飽きたときは、茹でたうどんに市販のパスタソースをかけて、パスタ風うどんにして食べています」(46歳/主婦) 「クリームや卵と絡めてカルボナーラうどんに。 パスタよりも麺が太いので、チーズを多めに入れると美味しくなります」(42歳/主婦) 「茹でうどんをたらことマヨネーズと和えるだけで、たらこスパゲッティ風になって美味しいです」(35歳/その他) 「トマトジュースにコンソメ、塩、オリーブオイルを加えたものをかけて、パスタのようにして食べると、いつもと違った味わいが楽しめます」(45歳/主婦) 味にクセのないうどんは、パスタソースと合わせても美味しくいただける様子。 パスタとは違ったもっちり食感がクセになりそうですね。 「豚バラと野菜、うどんを炒めて焼きうどんに。 味付けにあごだしのめんつゆを使い、コクをプラスするためにオイスターソースを少々加えます」(56歳/総務・人事・事務) 「茹でたうどんをサラダに入れて、ごまだれをかけて食べると美味しいです」(39歳/その他) 「うどんにレトルトカレーをかけて、簡単カレーうどんを作ります」(53歳/総務・人事・事務) 「鶏がらスープの素を使ったスープでラーメン風うどんに」(40歳/営業・販売) 「レンチンした冷凍うどんにマヨネーズと醤油、揚げ玉を混ぜ合わせるだけで、激ウマうどんが完成します」(26歳/総務・人事・事務) ほかにもアレンジはいろいろ。 定番の焼きうどんやサラダうどんなどは、いっしょに野菜もたくさん食べられるので、栄養バランス的にも嬉しいですよね。 レトルトカレーを使ってカレーうどんにアレンジするのも、すごく手軽でおすすめです。 「コーンクリーム缶を使って、アスパラとベーコンのコーンクリームパスタに。 生クリームを使わなくても、濃厚でクリーミーなパスタが食べられます」(25歳/その他) 「暑い季節はトマト、玉ねぎのみじん切り、オリーブなどを具に冷製パスタを作ります。 オリーブオイル、バルサミコ酢、レモン汁、塩、おろしニンニクで味付けるだけですが、すごく美味しいです」(29歳/営業・販売) 「茹でたパスタに青菜とサバ缶を加えて、醤油とレモン汁で味付けすると、簡単なのにメチャクチャ美味しいです」(41歳/その他) 「オリーブオイルとキムチを茹でたパスタと混ぜるだけ。 他の麺類に比べて幅広い味わいを楽しむことができるので、週に何回食べても飽きることはありません。 手間をかけずにササっと作れるアレンジも多いので、ぜひ試してみてくださいね。 「焼きそばは、白だしと醤油で味付けして焼きうどん風にしています。 余りごはんと混ぜてそばめしにしたり、炒めたひき肉をのせてジャージャー麺風にするのも、すごくいいアイデアですね。 「そうめんに大量の野菜をトッピングしてサラダそうめんにし、めんつゆとごまドレッシングを混ぜたタレをかけて食べると美味しいです」(42歳/主婦) 「そうめんにカレーをかけたカレーそうめん。 そんなときは、サラダそうめんにしたり、パスタソースを絡めたりして食べるのがおすすめ。 温かいスープに入れてにゅうめんにしてみるのも、いつもとは違った味わいが楽しめそうですね。 「麺を茹でてから水を切って油で炒め、付属の粉末スープをかけて焼きそば風にしたり、余りごはんをプラスしてチャーハン麺にしたりします」(57歳/その他) 「わざと汁を少なくして炒めるくらいにし、ごま油とニンニク、しょうがを入れて油そば風に。 茹でた麺を炒めて焼きそばや油そば風にしたり、冷水をかけて冷やし麺にするなど、工夫次第でいろいろな食べ方ができるので便利ですね。 「カップラーメンに納豆キムチを投入。 納豆を入れることでたんぱく質がしっかり摂れるし、キムチの辛さがいいスパイスになって美味しいです」(44歳/総務・人事・事務) 「カップ麺だけしか食べないと栄養が偏りそうなので、必ず卵かチーズを入れるようにし、野菜が余っている場合は、細かく切って入れたりします」(38歳/その他) 「カレーうどんのカップ麺には、とろけるチーズをトッピングするとすごく美味しくなります」(20歳/研究・開発) 「カップ麺に飽きたときは、トムヤムクンのペーストを入れて味変。 人気の味変食材は、キムチ、納豆、チーズなど。 醤油味のカップ麺なら乾燥ワカメや塩昆布、かつお節などを加えても、風味がグンと増して美味しくいただけるようです。

次の

【10で完成】簡単!うどんアレンジレシピ 5選

うどん アレンジ

「普通のうどんに飽きたときは、茹でたうどんに市販のパスタソースをかけて、パスタ風うどんにして食べています」(46歳/主婦) 「クリームや卵と絡めてカルボナーラうどんに。 パスタよりも麺が太いので、チーズを多めに入れると美味しくなります」(42歳/主婦) 「茹でうどんをたらことマヨネーズと和えるだけで、たらこスパゲッティ風になって美味しいです」(35歳/その他) 「トマトジュースにコンソメ、塩、オリーブオイルを加えたものをかけて、パスタのようにして食べると、いつもと違った味わいが楽しめます」(45歳/主婦) 味にクセのないうどんは、パスタソースと合わせても美味しくいただける様子。 パスタとは違ったもっちり食感がクセになりそうですね。 「豚バラと野菜、うどんを炒めて焼きうどんに。 味付けにあごだしのめんつゆを使い、コクをプラスするためにオイスターソースを少々加えます」(56歳/総務・人事・事務) 「茹でたうどんをサラダに入れて、ごまだれをかけて食べると美味しいです」(39歳/その他) 「うどんにレトルトカレーをかけて、簡単カレーうどんを作ります」(53歳/総務・人事・事務) 「鶏がらスープの素を使ったスープでラーメン風うどんに」(40歳/営業・販売) 「レンチンした冷凍うどんにマヨネーズと醤油、揚げ玉を混ぜ合わせるだけで、激ウマうどんが完成します」(26歳/総務・人事・事務) ほかにもアレンジはいろいろ。 定番の焼きうどんやサラダうどんなどは、いっしょに野菜もたくさん食べられるので、栄養バランス的にも嬉しいですよね。 レトルトカレーを使ってカレーうどんにアレンジするのも、すごく手軽でおすすめです。 「コーンクリーム缶を使って、アスパラとベーコンのコーンクリームパスタに。 生クリームを使わなくても、濃厚でクリーミーなパスタが食べられます」(25歳/その他) 「暑い季節はトマト、玉ねぎのみじん切り、オリーブなどを具に冷製パスタを作ります。 オリーブオイル、バルサミコ酢、レモン汁、塩、おろしニンニクで味付けるだけですが、すごく美味しいです」(29歳/営業・販売) 「茹でたパスタに青菜とサバ缶を加えて、醤油とレモン汁で味付けすると、簡単なのにメチャクチャ美味しいです」(41歳/その他) 「オリーブオイルとキムチを茹でたパスタと混ぜるだけ。 他の麺類に比べて幅広い味わいを楽しむことができるので、週に何回食べても飽きることはありません。 手間をかけずにササっと作れるアレンジも多いので、ぜひ試してみてくださいね。 「焼きそばは、白だしと醤油で味付けして焼きうどん風にしています。 余りごはんと混ぜてそばめしにしたり、炒めたひき肉をのせてジャージャー麺風にするのも、すごくいいアイデアですね。 「そうめんに大量の野菜をトッピングしてサラダそうめんにし、めんつゆとごまドレッシングを混ぜたタレをかけて食べると美味しいです」(42歳/主婦) 「そうめんにカレーをかけたカレーそうめん。 そんなときは、サラダそうめんにしたり、パスタソースを絡めたりして食べるのがおすすめ。 温かいスープに入れてにゅうめんにしてみるのも、いつもとは違った味わいが楽しめそうですね。 「麺を茹でてから水を切って油で炒め、付属の粉末スープをかけて焼きそば風にしたり、余りごはんをプラスしてチャーハン麺にしたりします」(57歳/その他) 「わざと汁を少なくして炒めるくらいにし、ごま油とニンニク、しょうがを入れて油そば風に。 茹でた麺を炒めて焼きそばや油そば風にしたり、冷水をかけて冷やし麺にするなど、工夫次第でいろいろな食べ方ができるので便利ですね。 「カップラーメンに納豆キムチを投入。 納豆を入れることでたんぱく質がしっかり摂れるし、キムチの辛さがいいスパイスになって美味しいです」(44歳/総務・人事・事務) 「カップ麺だけしか食べないと栄養が偏りそうなので、必ず卵かチーズを入れるようにし、野菜が余っている場合は、細かく切って入れたりします」(38歳/その他) 「カレーうどんのカップ麺には、とろけるチーズをトッピングするとすごく美味しくなります」(20歳/研究・開発) 「カップ麺に飽きたときは、トムヤムクンのペーストを入れて味変。 人気の味変食材は、キムチ、納豆、チーズなど。 醤油味のカップ麺なら乾燥ワカメや塩昆布、かつお節などを加えても、風味がグンと増して美味しくいただけるようです。

次の

【ヒルナンデス】レンジで簡単!冷凍うどんアレンジレシピ<11品>まとめ(4月21日)

うどん アレンジ

うどんアレンジレシピ3品!【ノンストップ】 オムナポうどんレシピ デリッシュキッチンで人気のうどんアレンジレシピはオムナポうどん! パスタよりもモチモチしているうどんは食べごたえがあり、これ1つで大満足できちゃいます。 4.熱したフライパンにサラダ油を加え、混ぜ合わせた《卵液》の材料を半熟状になるまで加熱します。 ピリ辛キムチのもっちりうどん餃子レシピ macaroniで人気のアレンジうどんレシピはピリ辛キムチのもっちりうどん餃子です。 ピリ辛なキムチがアクセントとなって、お酒のおつまみにも人気の1品となっています。 ニラ・キムチはみじん切りにします。 4.中火で片面に焼き色がつくまで焼きます。 うどんお好み焼きレシピ クラシルで人気のうどんアレンジレシピはうどんお好み焼きです。 材料 冷凍うどん・・・1玉 卵・・・1個 キャベツ・・・30g ピザ用チーズ・・・20g サラダ油・・・小さじ1 お好み焼きソース・・・大さじ2 マヨネーズ・・・大さじ1 青のり・かつお節・・・各適量 作り方 1.キャベツを5mm幅に切ります。 2.ボウルに卵を溶き、解凍したうどん・キャベツ・チーズを加えて混ぜ合わせます。 お昼ごはんにも晩ごはんにも活躍するうどんはアレンジの幅を広げていると、とても便利ですね。

次の