モバマス アクティブ。 斉藤洋子 (さいとうようこ)とは【ピクシブ百科事典】

ニコ典 - モバマスの無課金プレイ攻略法を研究するページ

モバマス アクティブ

GREEが配信するソーシャルゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ! 」(グリマス)のサービス終了が30日、発表された。 これに伴い、11月中旬に最終イベントを実施し、同30日より順次終了となっていく。 一方、サービス終了により、判明した事実がある。 それはアクティブユーザーが1万未満ということだ。 スポンサードリンク GREE「アイドルマスター ミリオンライブ! 1万位がずっと0ptってグリマスはもうアクティブ1万切ってるって事かこれ…… — すが 4521Suga この話題に対し、ツイッター上では以下のようなコメントが寄せられている。 「アクティブ1万切ってるってびっくりした」 「あの頭おかしいガシャが無くなると思うと寂しいな…」 「グリマスのアクティブユーザー自体も少なかったけど、GREEが死に目でサービス終了に向かってる感あるの僕だけですか」 「グリマスの終了よりも比較で上がってるバンドリのアクティブの多さにビビる」 「ナナシスはたぶんグリマスよりアクティブ少ないぞ。 なのにあんなにピンピンしてやがる。 関連する記事• 2018. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2016. 2019. 2019.

次の

デレステのアクティブが露骨に減っている件について

モバマス アクティブ

さて、先月下旬にアイドルマスター関連で衝撃のニュースが入ってきました。 2013年からサービスが続いていた「アイドルマスターミリオンライブ」のサービス終了が正式にアナウンスされたとのことです。 ゲーム内イベントは今月中旬に行われるものが最後、また今年中には主要コンテンツの更新も停止するとのことです。 私は今まで全く触ったことがなく、ミリオンで知っているキャラは765オリジナルを除けば両手で数える程度の知識でしたが、今年に音ゲーのミリオンシアターが出ているので、アクティブが減り続けたミリオンライブが終了するのも時間の問題というのが率直な印象でした。 最近はアクティブが1万台だったらしいですが、個人的には1万を大きく割らない限りは継続し続けると思っていたので、想像以上にコンテンツを切るボーダーラインが高い印象です。 当然、サービスが終わってしまうこと自体は残念なことであり、一方ミリオンより先にsideMがアニメ化、ミリオンシアターの更新頻度が低いなど、ミリオン存在そのものの先行きが心配です。 一方、なんだかんだ6万以上のアクティブを有するモバマスはまだサービス終了という死の宣告が突きつけられる日は当分来なさそうです。 もしかしたら、運営はモバマスをさっさと終わらせてデレステに全てを移すつもりだったのかもしれませんが、その思惑とは裏肌に音ゲー疲れでデレステからモバマスに移る人もいるため、しばらくは一定のラインで推移しそうな印象です。 ただ、今回ミリオンが終了するというのが現実で起こったため、モバマスも手放しで安心してもいられません。 今回のミリオンの状況を見る限り、モバマスはアクティブが3万割れたら切られる可能性が一気に出てくると思うので、毎日ログイン、たまに課金するなど、出来る限りのサポートは今後もしたいと思います。

次の

僕の6年間のモバマスを振り返る04~モバマス総選挙あれこれ~:葛城真治のブロマガ

モバマス アクティブ

『 』というアプリのアクティブユーザー数が激減している。 全盛期には50万人を超えていたアクティブユーザーが先日まで行われていたイベントでは、40万人を割り込むまでに減少していた。 私自身もプレイしていてイベントボーダーの緩さに驚いた。 というアプリ 『』は2015年9月より配信開始されたが主体となっているゲームアプリだ。 このアプリはいまやというIPを牽引するまでの役割になっている。 これがなければ今のの地位はなかったのではないかと思われるほどその裾野を広げることに貢献している。 私自身もこのアプリをきっかけにしてという世界への扉を本格的に開いたと言っても過言ではない。 このアプリが配信される前にも多少という作品に触れてはいたが、どっぷりといった感覚ではなかった。 しかし、このアプリが始まってからは世界の虜とまではいかなくとも、その魅力を感じていくことになっていった。 のライバル 始まった当初は完全3Dのアプリということで大きな注目を集めたであるが、今は対抗馬のアプリが非常に増えた。 まず最初に思いつくのは、『 』である。 まあこれは立ち上げから大規模メンテでコケてしまったこともあり、到底ライバルという地位までは上り詰められなかった。 アプリ自体は評価できるポイントもたくさんあったのだが、いかんせんヒットに繋がらなかった。 その後も後発のアプリは数多く登場したが、現在において最も脅威となっているのは『 』だろう。 アプリが開始される以前に放送されていたアニメ自体はお世辞にも完成度が高いとは言えないものだったので、当初は期待されていなかったが瞬く間にアプリ界の階段を駆け登った。 このアプリで特徴的なのはとにかくフットワーク軽く様々なジャンルの楽曲を追加している点だ。 オリジナル曲だけでなく、多彩な カバー曲を用いて注目を集めることに成功した。 そしてゲーム画面も流行りの3Dに流されることなく、あくまでも楽曲追加のイージーさやプレイの手軽さを優先した2D画面にあえてすることによってうまく差別化がなされている。 アイドル物全盛の中でバンドスタイルを選択したこともプラスに働いている。 の他にも同じくの冠を持つミリシタこと『 ミリオンライブシアターデイズ』も強力なライバルといえる。 もちろんのほうが現在は優位といっていいだろうが、のびしろという面ではミリシタに軍配があがるかもしれない。 システム的に見習うべき点がいくつも存在している。 をプレイするストレス はを主体としたアプリであるが故に当然イベントはそれを連続でプレイさせるスタイルになる。 一般的なをもとに設計されているようなゲームアプリであれば周回プレイはイージーとまではいかなくとも片手間でやることが許されないわけではない。 しかし、アプリは楽曲をプレイしている数分間、 画面に釘付けにされる。 これが周回プレイともなれば他のアプリとは比較にならないほどの労力を必要とする。 これを数年に渡り続けてきたプレイヤーの疲労ももはや 限界に達しているのではないだろうか。 対抗馬の最右翼と思われるはここにうまく目をつけていた。 他のアプリと並んだときに、あくまでもサブ的な立ち位置を狙ったのだ。 イベントにかかるカロリーが低いのほうを長く続けようとする人が多く残るというのは理解できる。 の未来 ここ最近はアクティブユーザーが激減していると言ってもまだまだプレイヤーの数はとても多い。 イベント自体はどうしようもなく マンネリ感が強いが、ここも新しい形式のイベントを追加してなんとかしようとしている姿勢が見られる。 しかし、これからもアプリに限らず、強力なライバルが立ちはだかるだろう。 おなじくシリーズの1つである『 シャイニーカラーズ』も控えている。 が、が、のナンバーワンだ!という意地を見せつけて欲しい。 まだまだ窮地に陥っているという状況からは遠いだろうが、さまざまな施策を打ち出し、我々ユーザーを満足させてほしい。 中居くんもそれを望んでいるはずだ。 に疲れた方に に疲れた人は放置で遊べるゲーム「放置少女」もある。 バンドリのようにサブで遊ぶにはぴったりのゲームだ。 mochirixi.

次の