ゴールデン ブザー と は。 【動画】世界に認められた日本人マジシャン。ゴールデンブザー賞を取っていた!|eizo|note

ところで、BGT の「Golden Buzzer」とは…: バイリンガルも夢じゃない

ゴールデン ブザー と は

1:Christian Guardino いかにも内気なオタクという出で立ちで登場しますが、その期待は開始3秒で裏切られます。 見た目からは想像もつかないようなSexyな歌いまわしに驚きますが、16歳という若さがフレッシュさを加え、全く聞き苦しくない!! No. 2:Darci Lynne この歳でこのジャンルを極めようって、どうやったら思うんでしょうかね!?見てて楽しい。 今後も色々なバリエーションが楽しめそうで今後が楽しみな一人。 3:Dancers Light Balance 説明不要。 見ればわかる。 カッコイイ!! エンジニアの端くれである自分としては、芸術的創造性とプログラミング技術の融合に胸が熱くなります! しかも、この技術があるからこそ生まれる表現にも足を踏み入れてて、完全に新ジャンルとして昇華させてる!今までありそうでなかった、というか難しかったものをついにやった! No. 4:BOOGIE STORM 「ストームトルーパーがやるはずのないダンス 」をわざとチョイスするところがニクい!違和感が楽しい! No. 5:SILIANA CROCCHIANTI とても美しい。 一見、スライド投影と影絵の組み合わせに見えますが、実はこれはさらにもう1段の工夫があります。 スライドと影絵だけではこうはならない。 影の中に、スライドとは別角度から別映像を投影しないとこの絵にはならない。 この作品にはこういった工夫が数多く散りばめられているため、パフォーマーの影が、あたかも映像の世界の中に完全に入り込んでいるような錯覚を覚えます。 6:JASMINE ELCOCK 歌に込められたメッセージを、押し付けるのではなく確信を持って語り掛ける。 歌を歌うってこんなにすばらしい。 そんな喜びに満ち溢れた歌声。 今回のイチ押し! No. 7:christian spridon ヘタクソですww どんどんNGボタンを押されていきますが、ノリだけで観客を巻き込んでいってしまい、失格が決まると観客は審査員にブーイング。 一人だけノリノリだった審査員のDavidはやけくそでGolden Buzzerを押してしまうという珍しいシーンw さすがにこれだけヘタクソだと次のステージに進ませることはまずないのですが、そういった「遊び」もあるのが日本と違ったアメリカ文化の面白いところw No. 9:100 voices of gospel 映画のクライマックスのような怒涛のエネルギー!これこそエンターテインメント!! No. 10:Sarah Ikumu これで15歳って・・・ 最初から完全に観客の心をつかんでしまいますが、そこで終わらずどんどんノっていきます。 完全にIkumu劇場。 独壇場です!! いかがだったでしょうか?? これでもまだまだ紹介しきれていませんので、関連記事を継続的に書いていきたいと思います。 それでは今回はここまで!.

次の

「コートニー・ハドウィン」アメリカズ・ゴット・タレント:Courtney Hadwin

ゴールデン ブザー と は

12 とにかくこの動画は見てほしい! Hi, my lovely.? ーHi. How are you? (アメリカズゴットタレントにようこそ。 すごくわかるわ。 お名前は?-コートニー。 ) And how old are you? (で、何歳?ー13) 13. (13か。 (そんなに緊張しないで。 ここはすごく大きなステージでたくさんの人がいるけど、でもあなたは理由があってここにきたのよ。 I mean genuinely incredible. Howie what did you think? (君が最初にここに来たときはキラキラしたかわいい子が来たって思ったんだよ、で君が歌ったらまるでライオンみたいじゃないか!純粋に素晴らしい! ホーウィーどう思う? ) Oh my gosh you are not from this era. (信じられない!君は今世紀のものじゃないよ。 You know that story? The only thing I can do for you young lady is give you ….! (僕はジャニス・ジョップリンの大ファンなんだよ。 ドキュメンタリーを見た人は分かると思うけど、こんな逸話があるんだ。 名プロデューサークライヴ・デイヴィス(Clive Davis)がモントレー・ポップ・フェスティバルに行った時、この一人の若い女性と出会ったんだ。 それが初めてジャニスが契約を結んだ時で、それが彼女の人生を変えたんだ、この話知ってる? 僕はクライブじゃないし、僕はホーウィー・マンデルで、君とレコード契約を結ぶことはできないんだ。 (コートニー、あなたはこのままライブショーに進む権利を得たのよーありがとう、ありがとう) No! Thank you so much! Oh My God! Can we give her some love? (あなたは本当に素晴らしいわ。 こんなすごいステージみたことがないわ。 (観客に向かって)さあ彼女に愛を! ) 学校では友達と話すのも苦手で、自分の好きな音楽に没頭しているという彼女。 ギャップ! 昨年イギリスの子供向けのオーディション番組でも観客を魅了!.

次の

【動画】世界に認められた日本人マジシャン。ゴールデンブザー賞を取っていた!|eizo|note

ゴールデン ブザー と は

今回アンジェリカちゃんが選んだ楽曲は、アリシア・キーズの「Girl on Fire」。 緊張した面持ちだった彼女だが、いざパフォーマンスが始まると、力強い歌声で楽曲を歌い始める。 小さい身体からあふれ出る美しい音色に会場は大興奮。 椅子に座っていた観客も立ち上がり、アンジェリカちゃんの歌声に聞き入っていた。 ゲスト審査員のクリス・ハードウィックは、アンジェリカちゃんの歌声に魅了されたようで、彼女が歌い終わると「アンジェリカ、僕は思うんだ。 君が選ばれし子だとね! 」と興奮気味にコメント。 そして、目の前にあったゴールデンブザーに手を伸ばす。 ゴールデンブザーとは、審査員が1シーズンで1度しか使えないブザー。 出場者が獲得すれば、一気に準々決勝への進出が決まるというものだ。 クリスがボタンを押すと、黄金のテープが宙を舞い、会場全体がアンジェリカちゃんの健闘を称えていた。 クリスも審査員席を離れ、アンジェリカちゃんのいるステージに移動。 がっちりとハグを交わし、「君は素晴らしいよ! 」と喜びを分かち合った。

次の