ライカ モノクローム。 M Monochrom (Typ246)

ライカM モノクロームの良さとは?評価を解説しています

ライカ モノクローム

ライカカメラジャパン株式会社は、モノクロ撮影専用のレンジファインダーカメラ「ライカM10モノクローム」を1月25日に発売する。 価格は税別105万円。 仕上げはブラッククローム。 2012年の「ライカMモノクローム」、2015年の「ライカMモノクローム(Typ246)」に続く3代目のモノクロ専用機。 新開発の約4,000万画素モノクロCMOSセンサーを採用した。 感度はISO 160-100000。 従来のライカMモノクローム(Typ246)は有効約2,400万画素で、ISO 320が最低感度だった。 画像処理エンジンはMAESTRO II。 連写速度は約4. 連続撮影可能枚数は10枚(バッファメモリーは2GB)。 最長露光時間は16分。

次の

「ライカM10モノクローム」と「ライカM10

ライカ モノクローム

デジタルなのにモノクロ専用機である「 M Monochrom」が発売されました。 2012年5月の発表会のときわずかに使ってこのブログでが、詳細なレポートはできませんでした。 でも、やっとじっくりとフィールドで使う機会ができましたので、一番の疑問点をレポートしてみましょう。 確かに、ベイヤー配列されたRGBフィルターがない分だけ高画質であろうことはよくわかりますが、ではどれだけいいのだろうかというわけです。 もとカメラ会社で企画をやっていた学者肌のKさんは、簡単に分解フィルターはRGBと3色だから3倍いいとか、ラに使われている元祖のCCD撮像素子で色分解フィルターはでRGGBの4なので4倍いいとかいうのですが、本当にそうなのでしょうか。 これはして求めることができるかもしれませんが、そもそもの解像度は画で決まるわけで、M9もMも撮影の最大画は変わらないのですから、画質の根拠をどこに置いて、そのような数値が出てくるのだろうかということになります。 ここで、実写派の僕としては、これを目に見える形に表したいと考えたわけです。 まず、3倍とか4倍とかいうのは単純にフィルターで分光されるからということでしょうが、画というか画質は単に数でなく、面積で効いてくるということです。 7倍ぐらい。 同じように4倍と見るならそのである約2倍よくなると見たほうが現実的な値です。 僕は、3の分よくなると思うのですが、実際はさらに控えめの約1. 6倍ぐらいよくなるというのが妥当な数値だと思うのです。 この計算概念は、たとえばFOVEONの画質にもあてはまります。 FOVEONでは基本画に対して3層分だからと単純に3倍しますが、画質的には3の約1. 7倍ぐらいよくなるというのが妥当です。 (以上は経験則に基づいた計算式でありまして、正しくは現在学者肌のKさんに計算をお願いしていますので、後日報告できるかはお楽しみに) もともと僕は、写真の画質を単純に計算式で出せるとは思っていないのです。 なぜならば、撮影のときには撮影レンズの能力も絡んでくるでしょうし、写真として見るときにはプリンターの能力にも関係してきます。 やはりそこは、実際に写した結果で見るのがより現実的だと思うのです。 ということで実写テストの結果を紹介しましょう。 撮影場所は、毎度おなじみの英国大使館です。 晴天の日を狙って撮影しますが、機材としては、MとM9を用意しました。 M、M9と同じレンズを使うのですが、さらにその他の撮影時のデータは、極力そろえるようにしました。 まず、撮影レンズの絞りはF5. 6、ピント合わせは距離計の合致部分で行いますが、焦点部分は画面中央の屋根のひさしの下の紋章部分です。 このようにしておけばカメラが多少斜めでも大きくポジションと撮影画面を外れません(撮影時に旗を持ったおじさんにずーっとわきから話しかけられに集中できずに画面が少し斜めです)。 カメラの設置は三脚を使い基本的には2台のカメラ位置が変わらないように、さらにはブレの要素をなくそうとした配慮からです。 加えて、カメラのは自動セット、ホワイトバランスはオート、6bitのレンズデータを反映させるモードにしてあります。 それでは、撮影結果を披露しましょう。 【ラM】 ズマリットM35mmF2. 5、絞りF5. 5、絞りF5. 5、絞りF5. そこでわが家のプリンターで最大限可能なA3ノビに両方をモノクロでプリントしてみましたが、やはりよくわかりません。 A3ノビというと写真サイズでは半切よりもわずかに大きいのですが、その差はわからないのです。 もっともっと大きくすればいいのでしょうが、この辺りは実際プリントしてみなければわかりません。 そこで、でぎりぎり写真として見える解像度である100dpiをめどに同じプリンターでプリントしてみたら、結果は確かな差がでました。 やはりMのほうが明らかに画質がいいのです。 でも今回のようにAB比較をしなければ、A2ぐらいまではM9とMの画質差はなかなかわからないのでしょうが、それ以上のA1やA0サイズ、さらには1. 2m幅のロールに伸ばすようなときはその差は歴然としてきます。 ここでは、そんな大きなプリントを見ていただくことはできませんので、MとM9 の画素等倍での画質差を見てもらいましょう。 これを見て、何倍いいかわかればすばらしいことです。 【ラM等倍画面】 ズマリットM35mmF2. 5、絞りF5. エンブレムの解像感、壁の質感と立体感など、明らかにMがいいのがわかります。 でも同じ画、同じレンズで、ここまで違っていいのだろうかという感じがします。 【モノクロ変換等倍画面】 ズマリットM35mmF2. 5、絞りF5. ここまで大きくするかどうかは別にしてショックな画質です。 実はナイショですが(笑)、第2世代ズミクロンの35mmを同じボディでとり比べたときの差も同じぐらいです。 この部分はいずれ、をするつもりです。 の時代はカラーで撮影してモノクロ出力する技法は、僕の作品づくりでは日常です。 今回のブログでは、データでモノクロを見てもらうようにしたので、M9で撮影したデータをにてグレースケール変換しましたが、ふだんはそのような手順はとらずに、カラーデータのままでのドライバー上でモノクロプリントになるように設定しています。 そもそもデジタルになって、の時代のように、今日は白黒かそれともカラーか、さらにはリバーサルかネガか、銘柄は、などなどとフィルムの選択は悩む部分が多かったのですが、デジタルになってからそのようなことはプリントするときに悩めばいいのだと思っていたのに、ラMの登場でまた振り出しに戻ってしまったのです。 とはいっても先日開いた個展の「僕の五島」では、A3ノビで25枚モノクロプリントしましたが、どうしても一部の作品に色を捨てきれないので、POSTカードサイズで同じようにカラーで全作品25枚をプリントしましたが、どちらもご覧になった方も含めて、作者である僕も、簡単にカラーがいいとか、モノクロがいいとかいうのいい切れないということでした。 ところで面白い発見をしました。 ラMを使ってシャッターを押し、背面液晶で撮影画面をプレビューするとすべてが作品に見えるのです。 つまり、カラーでは雑然としたなんでもない画面が、モノクロだとまるで作品のように見えるのです。 ですからカラーで見れる写真は、そのままモノクロに変換してみても十分に作品として見れますが、逆にモノクロ作品はカラー化しても見れないこともあるというわけです。 そこで考えましたが、カメラはカラーで撮影して、背面液晶とはモノクロで見えるモードがあってもいいなと思ったわけです。 このモードがあれば、撮影時にすでに気分は作家です。 デジタルでは撮影時にモノクロ画面を選ぶことはできるのですが、カラーデータで可能性だけは残しておきたいものです。 こんなカメラが欲しいと、とあるメーカーの技術者に伝えましたが、商品化の可能性は不明です。 最後に、画質は解像度に加え、レンズの良さにも大きく関係してくるのだというあたりまえを再認識しました。 ただ、どちらがどれだけ画質的に優れているかでなく、撮影者が日常的にどこまで大きくするチャンスを持っているのかが、ポイントとなることはいうまでもありません。 ただし今回は、プリンターの解像度要素を加味していません。 やがてそのあたりも明らかにしたいと考えています。 京都ラブティックのHPに、M、M9ボディとズマリットM35mmと第2世代ズミクロン35mmを使ったしました。 ぜひご覧ください。 ilovephoto.

次の

約90万円のデジカメ「ライカMモノクローム」を触ってみました。

ライカ モノクローム

Image: ベースとなっているのは、M型ライカの最新機種「ライカM10」の静音シャッターモデル「ライカM10-P」。 ライカ史上最も静かなシャッター音と、ライカロゴ赤バッジなどの装飾がないことが特徴ですが、このライカM10モノクロームではライカM10-Pよりも刻印部分の彩色が抑えられ、 さらにミニマルなスタイルとなっています。 また前機種となるモノクロ専用機「」に対してサイズダウン。 フィルムのM型ライカと同等の薄さを実現しています。 これは「世界で最も ミニマル&エッジーなデジタルカメラ」と呼んでも差し支えのないカメラではないでしょうか。 通常のデジタルカメラにおけるモノクロモードは、一度カラー撮影した写真を内部処理でモノクロに変換しているのですが、「M10モノクローム」はそもそもカラーフィルターを搭載していません。 これにより写真の解像感は 有効画素数以上に鮮明な印象となり、ハイダナミックレンジな美しい諧調表現が可能となっています。 その描写力は「ライカMレンズの最高峰『アポズミクロン M50mm』は 『ライカMモノクローム』でしかその真価を発揮できない」とまで発売当時言われていたほど。 近年SNS上では中判フィルムカメラで撮られた写真が人気を呼んでいますが、ライカが公開したからは中判モノクロ写真のような印象を受けます。 光学ファインダー内の二重像を重ねることで(手動で)ピント合わせをするレンジファインダー機。 その特性的に普段ライカM10-Pを触りながら感じているのは「 絞り開放での撮影は2,400万画素が限界では?」ということ。 今後のセンサー高解像度化に伴い、EVFを搭載するという噂もちらほら聞こえてきますが、ライカM10モノクロームはスペックを見る限り従来のファインダーのまま出してきたようです。 デジタルカメラは中判フィルムに憧れを見る? Video: モノクロオンリーながらも約4000万画素センサーを搭載してきたライカM10モノクロームから見えてくるのは、やはり「 高解像度=未来」という傾向。 個人的に、今後のカメラは「クロップ前提の高解像度」あるいは「中判フィルムのような描写」のどちらかに進化するのではないかと予想していますが、本機種はグレインノイズの美しさも含め、後者の方向のために高解像化したような印象を受けています。 それはきっと、 デジタルカメラがこれまで到達できなかった領域ではないでしょうか。 M10の高解像版として噂されている「」にも期待が高まりますね。 Image: さて、この「ライカM10モノクローム」の発売は1月25日。 価格はライカ公式オンラインストアでです。 値段について突っ込むのは、もはや野暮。 そういうものだと受け止めるしかないのです。 Source:.

次の