パラサイト 映画。 【パラサイト半地下の家族】ネタバレ最後の結末は臭いで衝撃的展開

パラサイト 半地下の家族 : 作品情報

パラサイト 映画

映画「パラサイト半地下の家族」のネタバレ、ラストの結末をまとめます。 パラサイトは、2020年1月10日から日本全国で公開されました。 最後の結末は衝撃的な展開で、ネタバレ禁止運動が世界中で、起きてるほどです! 「万引き家族」の是枝裕和監督や映画好きで有名な斎藤工さんも 「とにかく見て」と大絶賛! アジアの映画作品で、アカデミー賞作品賞候補になったのは初! しかし、PG12にもなっている作品だし、ちょっと怖そう! 韓国の文化やニュアンスなど、映画を観ても意味が分からないところがある! 映画「パラサイト半地下の家族」は、どんな作品かネタバレを知ってから観たいという方に、最後の結末をネタバレします。 ネタバレを知っても楽しめる作品ですが、純粋に楽しみたい方は、見ないでください! ネタバレがありますので、知りたくない方はご注意ください! 映画「パラサイト 半地下の家族」は、展開が変わっていく2部構成になっている作品です。 韓国の格差社会を皮肉っていますが、エンターテイメント映画として笑えるシーンもあります! 笑って見ているといつの間にか、怖い展開に連れていかれてます。 貧乏家族は全員失業中 主人公のギテク一家は、父、母、長男、長女の4人の全員失業中の貧乏家族で、半地下に住んでいます。 そのため、酔っ払いが家の前で用を足していたり、消毒剤が撒かれる時には家の中に入ってくる、水の水圧を考えて、トイレが高いところにある状態です。 長男が家庭教師になる ある日、大学入試に失敗し続けている長男のギウ チェ・ウシク は、優秀な大学に通っている友人・ミニョクが留学している間の家庭教師の代わりを頼まれました。 家庭教師の面接に行ったのは、IT企業の社長で、高台の大豪邸に住むパク家でした。 ギウは、大学証明書を偽装して面接しますが、美人な奥さんは証明書も見ずに、 結果を出してくれればいいと言います。 ギウは娘のダヘ チョン・ジソ の家庭教師になりました。 ギウはある意味大学入試のプロで教えるのも上手く、すぐにダヘと恋人関係になってますから、パク家の信頼を得ています。 家族全員が豪邸に就職(寄生)する ある日、パク家の母親が 美術の先生を探していると言いました。 ギウの妹のギジョン パク・ソダム は、美大に落ちていますが、美術の先生としてパク家に侵入します。 そして、父親のギテク ソン・ガンホ もパク イ・ソンギュン のドライバーとして、パク家に侵入していきます。 母親も家政婦になってパク家に侵入しようと考えますが、既にベテラン家政婦のムングァン イ・ジョンウン がいます。 しかも、4人が家族であることを悟られないようにしなければなりません。 家政婦のムングァンが邪魔なので、極度の桃アレルギーなことを利用して、桃の毛を使って結核持ちに見せ掛けて、辞めさせられるように仕向けます。 そして、母親も豪邸で働くことになりました。 ある日、パク家族がバカンス旅行に出かけたときに、家族4人は散らかし放題、豪邸で最高の暮らしを楽しんでいました。 これが前半の1時間のあらすじで、ここから話が変わっていきます。 ここから、ストーリーがジェットコースターのように変わっていきます。 ねこまろ 大雨で大洪水が起きる パク家族がバカンス中、大雨で大洪水が起きます。 しかし、高台の大豪邸は、洪水の心配がありません。 地下室に男がいた 4人が豪邸でやりたい放題楽しんでいると、かつて、家政婦だったムングァンがパク家を訪れました。 忘れ物をしたと言うので家に入れると、女性は隠された地下室に行き、4年近く閉じ込められていた男の存在を明かします。 男はムングァンの夫で、地下室(パク一家は存在すら知らない)で、豪邸に寄生して生活していました。 男は今まで家の灯りでモールス信号を送っていましたが、誰にも気づいてもらえませんでした。 2人は、これからもパク家に居座ろうとしています。 ギテク一家は、今の生活が2人に壊されることを恐れて追い出そうとしますが、 写真を撮られて脅されます。 ギテク一家の写真が奥様に送られてしまうと、4人が家族だったことがバレてしまいます。 しかし、こちらは4人なので、何とか2人を拘束しました。 パク一家が予定より早く帰って来てかくれんぼ そんな中、大雨の影響で、パク一家が今から帰ると連絡がありました。 家の中は、やりたい放題していたので、散らかし放題! 全力で片付けて、何とか間に合って、家政婦の母親以外は隠れました。 長男のギウは、家庭教師をしているダヘの部屋のベッドの下に隠れています。 ダヘが何気なくベッドの下を見ますが、愛犬がブルブル震えていて吠えそうな雰囲気で、見つかりそうだった状況を乗り越えました。 他の家族は、リビングに隠れますが、パク夫婦はリビングで話し始めます。 パク夫婦が臭いに気付く リビングでパク夫婦が話していると、臭いに気づきます。 どこかで嗅いだことがある匂いだと話し、 ギテク(運転手)の匂いだと話す。 地下鉄の臭いだとか切り干し大根の臭いだとか、パクは悪気なく言います。 しかし、隠れて聞いていたギテクは「貧乏人の臭い」「貧乏臭い」と言われたようで、侮辱されたと思い始めます。 間一髪豪邸を脱出する パクの息子のダソン チョン・ヒョンジュン は、大雨が降っているのに庭にテントを張って、キャンプをしています。 また、ダヘ(娘)がギウ(家庭教師)に連絡したことで、スマホのバイブが鳴り響く! パク家族が寝静まったことで、ギテク一家が外へ出ようとすると、ダソン(息子)がトランシーバーで「眠れない」と呼びかけます。 そんな中、3人は間一髪、豪邸を脱出しました。 下界では大洪水 高台の豪邸から下りていくと、下界は大洪水になっていて、ギテクの半地下の家も首まで水に浸かりました。 これからどうする・・・ 思いつめた表情の息子のギウは、友人にもらった石を持ち出します。 スポンサーリンク パラサイトネタバレ・最後の結末はインディアンパーティで事件 高台に住んでいる裕福な家族は、下界で起きている洪水災害など知りません。 次の日は、息子の誕生日で、庭でのインデアンパーティを企画します。 実は息子には、 誕生日ケーキにトラウマがありました。 昔、夜中にケーキが食べたくなって、キッチンに行った時に、地下に住んでいる男を見てしまい、幽霊を見たと思って誕生日が怖くなった。 そのトラウマを克服するためにパクがサプライズを企画して、奥様がギテク一家を呼びました。 そして、ラストのインデアンパーティで悲劇が起きます。 ギウ(家庭教師)は、石を持って地下室に向かって2人を殺そうとしますが、反撃されました。 そして、地下から脱出した男がギテクの娘(美術の家庭教師)を刺した時、パクの息子が倒れました。 そのことで、娘を心配するギテクにパクは、車の鍵を渡すように強く言います。 地下の男と戦ったギテクの妻(家政婦で元砲丸投げの選手)は、男をバーベキューの串で刺しました。 その時、 パクが 地下の男の体臭に鼻をつまんだことで、 ギテクの怒りが爆発して、パクを刺します。 パク氏は殺されましたが、最後は貧乏人同士の殺し合いになっています。 スポンサーリンク 最後の最後の結末 最後は、どんなに頑張っても富裕層になれない、裕福になったとしても、 貧乏臭さは取れないと感じた虚しさ。 ギテクは、パク氏に気に入られて、豪邸に寄生したつもりだったが、結局は対等な人間として見られていなかったことに気付いて爆発! 最後の結末は、ギテクの娘は亡くなってしまい、ギウは重体、母親は無傷・・・父親のギテクは? 父親のギテクは行方不明になっていました。 ギテクは、パクを刺して豪邸から出た後、隠れる場所は豪邸の地下室しかないと思い立って、駐車場から地下室に入って住んでいます。 世の中では、ギテクは蒸発したことになっていました。 しかし、ギウは父親が地下室にいると思っていて、夜に豪邸が見える山に登ります。 ギテクは、いつか気付いてもらえるだろうと、豪邸の灯りをモールス信号として、ギウにメッセージを送っています。 ギウは、いつか、お金持ちになって父親が地下室にいる豪邸を買うことを夢見て、頑張ろうと心に誓います。 スポンサーリンク 名監督たちが大絶賛コメント 映画「パラサイト半地下の家族」のティザーでは、日本の名監督たちが大絶賛するコメントがスゴイ! パラサイトと同じ、万引き家族でカンヌ映画祭の最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督のコメントが熱い! 観る前の人に、この映画の内容を説明するのは野暮だ。 「見ろ!」としか言えないし、「面白い!」としか言いようがない、だからとにかく見て欲しい。 映画好きで有名な俳優の斎藤工さんは「史上最強傑作!!」とコメント! アニメの細田守監督は 「ものすごいものを観た!」とコメントしています。 ネタバレを知っていても、伝わらない雰囲気や表情がありますから、怖がらずに楽しめると思います。

次の

豊洲 映画 アーバンドックららぽーと豊洲 『パラサイト 半地下の家族』 スケジュール ユナイテッド・シネマ

パラサイト 映画

映画『パラサイト 半地下の家族』、監督が明かす種明かし、および筆者とオンラインの考察をリストアップ。 走り書きな上、韓国語ソースはに投稿された英訳を参照しているため、信頼度は低いです。 長女こそ家族でもっとも賢い人間。 さらに、殺人事件の発生を防げた唯一の存在でもあった(地下室夫婦に食べ物をわけようとした)。 その彼女だけが殺されてしまう皮肉と悲劇 ・ラストについて 監督談: ギウの給与では、あの家を買うのに500年以上かかる ・ギジョンが歌う曲 考察: ギジョンがインターホンの前で口ずさむリズムは韓国で広く知られている"Dokdo Is Our Land 독도는 우리땅 "、『独島()は我が領土』 筆者考察:『独島』ソングもインディアン仮装も「奪われるホーム」関連? ・インディアン仮装 監督談: カ好きのパク家のインディアン仮装は「対象の複雑な理由には無関心/装飾としか見ていない価値観」のあらわれ 筆者考察: パク夫妻の「セックス」も日常を刺激するロールプレイ? ・ダソンの絵は予言? 筆者考察: 自画像ではなく「幽霊」? 背後は晴天、そしてテント。 誕生日パーを予告している? こちらの絵は「額から血を流しながら刃を持って芝生に立つ絵」。 また、ギウはダソンの絵をと間違える。 その絵に描かれた「幽霊=地下室の男」は、猿のようにバナナに食らいつき、四つん這いで階段をのぼり、原始的な方法で 猿のように 石を投げてギウを殺す。 NYT考察: 物語の序盤、ギウは「メタファー」という言葉を繰り返すが、だんだんと口にしなくなる。 メタファーに呑み込まれた。 ・チャパグリ 監督談: チャパグリの「ノグリ+チャパゲティ+韓牛」は3つの家族の暗喩。 インスタント・ラーメン2つと高級国産牛肉の 解説: 韓国において国産サーロインは高額、果物も高い ・雨に喜ぶ韓国人 考察: 豪雨への反応で貧富の差が演出されるが……一方、金持ちのヨンギョが喜んだ理由は、大気汚染が雨によって緩和されたから=空気が綺麗になったから。 では「おもに2015年以降中国が半島の近くに増設した工場が大きな影響を与えた」「雨を喜ぶ韓国人は多い」と記述されている。 監督によると、雨のモチーフを監督リスペクト 関連ニュース? 「中国原因」の大気汚染と空中戦、韓国が上で人工降雨実験 写真2枚 国際ニュース: ・パク邸の明かり 考察: ムングァンの夫は、倉庫へ下がる階段の明かりも操作していた? 序盤、ヨンギョとギジョンの会話シーン、家政婦ムングァンが倉庫からあがってくる。 このときは明かりがついていたが、ヨンギョとギジョンが会話を進めるなか、すっと(自動的に)消える。 この時に地下室の男は食事を受け取っており、妻への気づかいで消灯を遅らせた? 中盤、解雇されたムングァンがパク邸を訪問し、倉庫に向かったときは明かりはずっと消えたままになっている。 そのあとキム家の母チュンスクが追いかけるかたちで階段を下がった時も明かりはつかない。 また、劇中フォーカスされる上階段の明かりにしても、男が尊敬するパク社長が通るときしか自動的に明かりがつかない? ・地下室の男の人生 監督談: 終盤、地下室の男は、ギウを半殺しにして包丁を持って庭に出たにもかかわらず、富裕層たちのうしろでしばらく立ったままの状態でいる。 内向的でシャイな性格の彼が凄惨な暴力に出る不条理と悲劇。 考察: 家政婦ムングァンの夫が暮らす地下室には法律関連の書籍が並んでいる。 しかしながら、年を重ねても合格できなかった結果、就職口を見つけられない人々が多い。 台湾カステラとおなじく、彼が「努力してきたこと」、の不条理を表すカット。 台湾カステラは、2010年代韓国で一大ブームになって店が乱立したものの、TVが「悪質な化学物質を使用している」デマを報道したため、多くの自営業者が閉店に見舞われた。 キム家の父ギテクもこの事業で失敗している。 ・2人分の食糧 考察: 家政婦ムングァンについて、パク社長は「マイナス要素は2人分食べることだけ」と語る=地下室の夫に食糧を与えてたことの伏線。 のちのち、彼女は「自分でお金は払っていた」と弁明。 ダソンにとって、家の中で親しい者は家政婦ムングァンただ1人。 そのため、解雇シーンで彼のカットが入る 考察: ムングァンは解雇後もダソンとメールしている? ・ダヘの孤立 reddid考察: パク家でダヘは疎外されている? 父親は息子ばかりかまう。 母親は彼女にだけラーメンの誘いをかけない。 ギウに惹かれた理由は、脈拍のくだりで存在を気にかけてくれたから?(新旧家庭教師の両方と恋愛関係にあった可能性も?) ・ギウの友人ミニョン 筆者考察: ミニョンが不正家庭教師の誘いをかけなければ始まらなかった事件だが、起点となる彼にしても、無意識に友人を見下す富裕層? 「大学行かないんじゃなくて行けない」問答は格差と無理解のあらわれ。 大学の友人に家庭教師をオファーしなかった理由は「ダヘをとられなくないから」。 パク家就職後に飲むは一般的な大衆ビール。 パク家に不法侵入したときは高級を空にする。 ビールとが階級の象徴になっていると同時に、キム家が飲む酒のグレードが上昇しつづけている ・キム家の張り紙 考察: 英訳すると"Being happy with what you deserve" ・母親のメダル 筆者考察: キム家の母チュンスクはのメダリスト。 正しく折れなかった人物は父親のギテク。 最後、彼だけがリジェクトされる ・の演技 監督談:「無計画」を語るシーンにおけるの動作は同監督『』キム・ヘジャからのリファレンス ダンスシーンで腕を顔にあてる動作?.

次の

『パラサイト』は“百花繚乱の時代”の象徴に? 『シュリ』から始まった韓国映画の20年|Real Sound|リアルサウンド 映画部

パラサイト 映画

『パラサイト 半地下の家族』の第92回アカデミー賞での作品賞受賞により、今注目が集まっている韓国映画。 これまでもここ日本では、多くの韓国映画が上映され、『パラサイト 半地下の家族』以上の興行収入を記録したヒット作品もある(2月18日現在)。 「韓国映画」と一口に言っても、ラブコメや社会派映画、ノワールなど当然ジャンルは様々だ。 韓国映画を観続けてきたライター・麦倉正樹が、日本で韓国映画が広まり始めたここ20年を個人的な感慨とともに振り返った。 韓国映画としては当時最高額となる制作費を投入して生み出されたという本作は、韓国の諜報部員と北朝鮮の工作員の悲恋を軸としつつも、派手なアクションシーンをはじめ全力でエンターテインメントに振り切った、実に気概のある作品だった。 冷戦時代も終わりを告げ、国家間の対立や諜報といったモチーフが次第にリアリティを失っていく中で突如現れた、現在進行形で緊迫する朝鮮半島情勢をモチーフとした本作。 しかもそれを、一大エンターテインメント作品として描いてしまうことに、何よりも驚いた。 かくして、韓国映画としては異例の規模で公開された『シュリ』は、興行収入約18億円という大ヒットを記録。 以降、日本における韓国映画の道筋を作った、記念すべき作品となったのだ。 そこで思い起こされるのは、2003年に日本でも公開され、一大ブームを巻き起こしたクァク・ジェヨン監督の『猟奇的な彼女』(2001年)だ。 そして、2004年には、同監督とチョン・ジヒョンが再びタッグを組んだラブコメ映画『僕の彼女を紹介します』(2004年)が日本でも公開。 『シュリ』の興行収入を早くも塗り替える約20億円という大ヒットを記録するのだった。 ちなみに同年、NHKはBS放送での好評を受け、韓国ドラマ『冬のソナタ』の放送をNHK総合でもスタート。 とりわけ、2005年に公開されたペ・ヨンジュン主演のラブロマンス『四月の雪』(2005年)は、『僕の彼女を紹介します』を超える約27. 5億円という興行収入を記録。

次の