蛇にピアス。 映画「蛇にピアス」のあらすじ・ネタバレを紹介!ラストシーン・結末の意味も解説!

【蛇にピアス】スプリットタンと吉高由里子のエロスが話題に!~映画に登場するヘビの世界

蛇にピアス

映画「蛇にピアス」の結末、ラストについて この映画のラスト外に出たルイは突然道の真ん中で、 しゃがみ込みますよね。 出典:goo. 実はこの描写に明確な答えはありません。 どこにも言及されていないんです。 原作のラストの事は、この記事を読んだら書いていますが、 原作にもこのラストシーンは無いのです。 映画のオリジナルです。 冒頭から先に結論を言いますが、 見た人の解釈で好きな様に想像して下さいという事なのです。 その結果、様々な考察をインターネット上で書いている人がいますが、 どれも正解であり、どれも正しくありませんというのが、 答えですね。 では、この映画の核心部分についてを解説します。 映画「蛇にピアス」は吉高由里子が主演した映画で、 吉高由里子の恋人役は高良健吾、吉高由里子と過激な濡れ場を演じる、 刺青を入れてくれるショップのハゲのオーナーがARATAが演じている。 吉高由里子は、ルイ(本名中沢ルイ)、 高良健吾が、アマ(本名雨田和則) そしてARATAはシバ(本名柴田キヅキ)という役名になっています。 この映画を見て、ラストの意味が分からないとか、 いったい何が言いたいのか? なんていう意見もある様ですね。 ネタバレ、アマを殺した犯人はシバ ルイ(吉高由里子)の恋人のアマ(高良健吾)が死体で見つかった。 ルイに忠実で外泊など一度もした事が無かったアマ、 家に帰ってこなかった。 アマが帰って来ない不安からシバにアマが帰ってこない事を相談するルイだが、 シバは人を殺しているんだから、トンズラしたんじゃないの? みたいな軽い感じだったが、アマは死体で発見された。 アマの死体は爪が全て剥がされていて、 身体中にタバコの火を押し当てられた跡が有り、 拷問されていた。 そして、犯された痕跡があり、ペニスにはお香が突き刺さっていた。 この犯人はサディストで、バイセクシャル。 後にアマのペニスに刺さっていたお香と同じ物が、 シバの店にあったのをルイは見つける。 これは、このアマを殺害したのは、シバである事を暗示している。 このお香はそこらじゅうに出回っている物ではなく、 珍しいお香なのだ。 また、ルイがシバがアマを殺した犯人ではないかとう事を、 薄々は感じている描写もあるので、 これは、犯人はシバである事は間違いない。 これが、アマにボコボコにされた小栗旬であるわけがないのだ。 アマの死因 首を絞められた事による窒息死 何故シバはアマを殺したのか? これは、アマからルイを奪う為という説と、 シバとアマの特殊なSMプレーがエスカレートして、 アマは死んでしまったという説があります。 アマと同棲している事を知りながら、刺青を入れる代わりに、 肉体関係を要求するシバ、ルイもアマがいながらシバとあっさりと、 肉体関係を結び、刺青が出来上がった頃には、 酒浸りとなったルイを必死に止めようとしてくれた、 人のいいアマを裏切って、シバとSMまがいのSEXをしていたルイ。 この女もどうかと思います。 しかし、アマもシバと元々そんな関係があったとしたら・・・ しかし、ルイにあれだけ従順なアマがルイを裏切っているのは、 ちょっと考えづらいですよね。 ラストが意味が分からない シバの部屋でアマを殺害した証拠となるお香を見つけたルイ、 ルイはその証拠を隠す様に、別のお香を買いに行って、 違うお香を焚きます。 アマがいなくなってから、シバと暮らし始めるルイ、 同じベットでねるシバとルイ、ルイは夜中に起き上がり、 アマとの愛の証、藤原竜也の歯をビニールに入れて、酒のボトルで細かく砕き、 飲み干します。 愛の証を自分の体内に取り込んだというわけである。 刺青をあえて目を入れていなかったが、目をシバに入れてもらいます。 ラストは渋谷の交差点を歩く、ルイだがその場にうずくまった所で、 この映画は終了します。 ラストの交差点の意味は妊娠? 最後外に出たルイは、交差点を歩いていましたが、 下を向いてしゃがみこみます。 このシーンは、どういう意味? とか、どういう解釈なの? と疑問の声が上がっています。 映画のラストは敢えて、謎を残す終わり方をして、 見た人がそれぞれ考えれば、 いいとうスタンスを取る場合があります。 例えば、ルイがお腹をおさえて、 しゃがみ込んだのは、 ルイが妊娠したんだと。 好き勝手にやってきた、 ルイに対してツケが回ってきたという解釈もあります。 ただ、正解かどうかは分かりません。 原作の結末は? 原作も読みましたが、原作には映画の様な交差点のシーンは出てきません。 映画のオリジナルですね。 原作の結末は、ルイが水を飲んでいて、 シバと話をするシーン映画にがあったと思うんですが、 あそこで、終わりです。 なので、結末は変更されているんですね。 その他の疑問 スプリットタンやピアスは本物? スプリットタンはCGで、ピアスは特殊メイクです。 他にどんな俳優が出ていたの? 吉高由里子、ARATA、高良健吾以外の出演者は以下になります。 あびる優 ルイの友人役 ソニン ルイと同じコンパニオン役 市川亀治郎 刑事役 唐沢寿明 警察官役 井出らっきょ コンパニオンのマネージャー役 小栗旬 チンピラ役 藤原竜也 同じくチンピラ役 何故小栗旬や藤原竜也がチンピラ役で出演しているのか? この作品で小栗旬と藤原竜也がちょい役で出演しています。 役柄はアマに因縁をつけて逆にボコボコにされるチンピラです。 何故基本主役しかやらない彼らがこの作品に出演したのでしょう。 それは、監督の蜷川幸雄との関係から特別出演した様です。 藤原竜也は蜷川幸雄の舞台「身毒丸」が俳優デビューの作品で、 蜷川幸雄が見出してくれた恩人という事になります。 蜷川幸雄が亡くなった時も弔辞を読んでいました。 小栗旬も2003年の蜷川幸雄の舞台に初出演以降、 蜷川幸雄作品の常連になっていました。 そういった信頼関係が、この2人と蜷川幸雄の間にあると言われています。 お支払い方法の登録が必要ですが、勿論無料期間だけで解約も可能です。 下のリンクから登録できます。 引用元:U-NEXT 蛇にピアスまとめページ この映画を見た感想 この映画を見て魅力的だったのは、ルイ役の吉高由里子と、 その恋人役の高良健吾。 吉高由里子がとても可愛く、何より若い!と感じさせます。 「蛇にピアス」は吉高由里子が20歳の時の作品です。 声もいかにも若いというまさにピチピチです。 さすがに今の吉高由里子がこのルイを演じるのは無理があるのだが、 当時の吉高由里子は全然アリです。 また、アマを演じた高良健吾もその、全身刺青でモヒカンでピアスだらけの、 いかつい風貌と相反して、恋人のルイには従順でとても可愛らしい。 この映画を見て、キュンときた女性ファンもいたのではないでしょうか? 私はこの映画を見て、何か心に深く突き刺さる事もなかったし、 もう一回見たいとも思わなかった。 私は面白い映画に出会うと、一度見たにも関わらず、 何回も見てしまうし、原作も気になって買ってしまう。 この映画はそんな衝動が全く起きなかった。 しかし、この映画に出ていた吉高由里子と高良健吾は好だ。 物語よりも、その役を果敢に演じる役者に魅力を感じた映画だった。 (スポンサーリンク) 蛇にピアスDVDと原作本 蛇にピアス DVD通販 カテゴリー•

次の

映画『蛇にピアス』あらすじと主要キャストや原作紹介!吉高由里子の濡れ場が激しい

蛇にピアス

先にこの2人が共演している、横道世之介を鑑賞していたので、こちらの作品をみて、2人は良い役者さんに成長されたんだなぁと感じました。 吉高由里子さん初主演でこの役は、女優さんとしてのハードルが高いように感じるけれど、どんな役でもやってやろうと思っていそうな心意気を感じる役でしたね。 井浦新さんがすごく素敵なので、この作品の中でもやはり魅力が満載でした。 なにより声ね。 身体中ピアスと刺青だらけやのにセクシーって、さすがね。 裸のシーンもお尻まで美しくて惚れ惚れします。 とりあえず、作品が何を伝えたかったのかが今ひとつ私には理解して、消化できなかったのが残念。 裸を曝け出して、頑張ったであろう吉高さんを思うと、もう少し中身の詰まったストーリーであって欲しかったのだけど まぁ、私が読み解けなかっただけなんかもやねんけどね 舌にピアスを開けたり、体に刺青を彫ることは大したことではないけれど、その痛みを感じないと生きてる気がしない、または、その痛みで別の痛みや不安を解消しているのであれば、もうそれはドラッグ中毒と同じだと私は思っています。 そんな中での、アマとの生活はきっとルイにとってどこか不安ではありながらとても暖かいものだったんじゃないかな、、、だから、シバさんとの刺激的なSEXが必要になっちゃったんではないのかなー。 弱いなー、折れちゃいそうになる心をギリギリで保ってる感じがあのボーッとしたうつろな瞳をみていると伝わってきて少し心が痛みました。 若い頃に鑑賞してたらもっと感情移入してたな。 下手したら私も舌にピアスを開けてみようと思っていたかもなw 高良健吾さんも、見た目パンクの癒し系がそのままな感じで好感がもてたのに。 あんな最後になっちゃって、、、かわいそうに。 でも、この役ピッタリでしたね。 素敵でした。 痛みや快楽というのは人によって感じ方が違うとは思うけど、命までさらってしまうのは違うよね。 またこのメンバーでの作品を見る機会が訪れると嬉しいなと思いました。

次の

話題の芥川賞受賞作 『蛇にピアス』 (全文) [書籍・雑誌] All About

蛇にピアス

映画「蛇にピアス」の結末、ラストについて この映画のラスト外に出たルイは突然道の真ん中で、 しゃがみ込みますよね。 出典:goo. 実はこの描写に明確な答えはありません。 どこにも言及されていないんです。 原作のラストの事は、この記事を読んだら書いていますが、 原作にもこのラストシーンは無いのです。 映画のオリジナルです。 冒頭から先に結論を言いますが、 見た人の解釈で好きな様に想像して下さいという事なのです。 その結果、様々な考察をインターネット上で書いている人がいますが、 どれも正解であり、どれも正しくありませんというのが、 答えですね。 では、この映画の核心部分についてを解説します。 映画「蛇にピアス」は吉高由里子が主演した映画で、 吉高由里子の恋人役は高良健吾、吉高由里子と過激な濡れ場を演じる、 刺青を入れてくれるショップのハゲのオーナーがARATAが演じている。 吉高由里子は、ルイ(本名中沢ルイ)、 高良健吾が、アマ(本名雨田和則) そしてARATAはシバ(本名柴田キヅキ)という役名になっています。 この映画を見て、ラストの意味が分からないとか、 いったい何が言いたいのか? なんていう意見もある様ですね。 ネタバレ、アマを殺した犯人はシバ ルイ(吉高由里子)の恋人のアマ(高良健吾)が死体で見つかった。 ルイに忠実で外泊など一度もした事が無かったアマ、 家に帰ってこなかった。 アマが帰って来ない不安からシバにアマが帰ってこない事を相談するルイだが、 シバは人を殺しているんだから、トンズラしたんじゃないの? みたいな軽い感じだったが、アマは死体で発見された。 アマの死体は爪が全て剥がされていて、 身体中にタバコの火を押し当てられた跡が有り、 拷問されていた。 そして、犯された痕跡があり、ペニスにはお香が突き刺さっていた。 この犯人はサディストで、バイセクシャル。 後にアマのペニスに刺さっていたお香と同じ物が、 シバの店にあったのをルイは見つける。 これは、このアマを殺害したのは、シバである事を暗示している。 このお香はそこらじゅうに出回っている物ではなく、 珍しいお香なのだ。 また、ルイがシバがアマを殺した犯人ではないかとう事を、 薄々は感じている描写もあるので、 これは、犯人はシバである事は間違いない。 これが、アマにボコボコにされた小栗旬であるわけがないのだ。 アマの死因 首を絞められた事による窒息死 何故シバはアマを殺したのか? これは、アマからルイを奪う為という説と、 シバとアマの特殊なSMプレーがエスカレートして、 アマは死んでしまったという説があります。 アマと同棲している事を知りながら、刺青を入れる代わりに、 肉体関係を要求するシバ、ルイもアマがいながらシバとあっさりと、 肉体関係を結び、刺青が出来上がった頃には、 酒浸りとなったルイを必死に止めようとしてくれた、 人のいいアマを裏切って、シバとSMまがいのSEXをしていたルイ。 この女もどうかと思います。 しかし、アマもシバと元々そんな関係があったとしたら・・・ しかし、ルイにあれだけ従順なアマがルイを裏切っているのは、 ちょっと考えづらいですよね。 ラストが意味が分からない シバの部屋でアマを殺害した証拠となるお香を見つけたルイ、 ルイはその証拠を隠す様に、別のお香を買いに行って、 違うお香を焚きます。 アマがいなくなってから、シバと暮らし始めるルイ、 同じベットでねるシバとルイ、ルイは夜中に起き上がり、 アマとの愛の証、藤原竜也の歯をビニールに入れて、酒のボトルで細かく砕き、 飲み干します。 愛の証を自分の体内に取り込んだというわけである。 刺青をあえて目を入れていなかったが、目をシバに入れてもらいます。 ラストは渋谷の交差点を歩く、ルイだがその場にうずくまった所で、 この映画は終了します。 ラストの交差点の意味は妊娠? 最後外に出たルイは、交差点を歩いていましたが、 下を向いてしゃがみこみます。 このシーンは、どういう意味? とか、どういう解釈なの? と疑問の声が上がっています。 映画のラストは敢えて、謎を残す終わり方をして、 見た人がそれぞれ考えれば、 いいとうスタンスを取る場合があります。 例えば、ルイがお腹をおさえて、 しゃがみ込んだのは、 ルイが妊娠したんだと。 好き勝手にやってきた、 ルイに対してツケが回ってきたという解釈もあります。 ただ、正解かどうかは分かりません。 原作の結末は? 原作も読みましたが、原作には映画の様な交差点のシーンは出てきません。 映画のオリジナルですね。 原作の結末は、ルイが水を飲んでいて、 シバと話をするシーン映画にがあったと思うんですが、 あそこで、終わりです。 なので、結末は変更されているんですね。 その他の疑問 スプリットタンやピアスは本物? スプリットタンはCGで、ピアスは特殊メイクです。 他にどんな俳優が出ていたの? 吉高由里子、ARATA、高良健吾以外の出演者は以下になります。 あびる優 ルイの友人役 ソニン ルイと同じコンパニオン役 市川亀治郎 刑事役 唐沢寿明 警察官役 井出らっきょ コンパニオンのマネージャー役 小栗旬 チンピラ役 藤原竜也 同じくチンピラ役 何故小栗旬や藤原竜也がチンピラ役で出演しているのか? この作品で小栗旬と藤原竜也がちょい役で出演しています。 役柄はアマに因縁をつけて逆にボコボコにされるチンピラです。 何故基本主役しかやらない彼らがこの作品に出演したのでしょう。 それは、監督の蜷川幸雄との関係から特別出演した様です。 藤原竜也は蜷川幸雄の舞台「身毒丸」が俳優デビューの作品で、 蜷川幸雄が見出してくれた恩人という事になります。 蜷川幸雄が亡くなった時も弔辞を読んでいました。 小栗旬も2003年の蜷川幸雄の舞台に初出演以降、 蜷川幸雄作品の常連になっていました。 そういった信頼関係が、この2人と蜷川幸雄の間にあると言われています。 お支払い方法の登録が必要ですが、勿論無料期間だけで解約も可能です。 下のリンクから登録できます。 引用元:U-NEXT 蛇にピアスまとめページ この映画を見た感想 この映画を見て魅力的だったのは、ルイ役の吉高由里子と、 その恋人役の高良健吾。 吉高由里子がとても可愛く、何より若い!と感じさせます。 「蛇にピアス」は吉高由里子が20歳の時の作品です。 声もいかにも若いというまさにピチピチです。 さすがに今の吉高由里子がこのルイを演じるのは無理があるのだが、 当時の吉高由里子は全然アリです。 また、アマを演じた高良健吾もその、全身刺青でモヒカンでピアスだらけの、 いかつい風貌と相反して、恋人のルイには従順でとても可愛らしい。 この映画を見て、キュンときた女性ファンもいたのではないでしょうか? 私はこの映画を見て、何か心に深く突き刺さる事もなかったし、 もう一回見たいとも思わなかった。 私は面白い映画に出会うと、一度見たにも関わらず、 何回も見てしまうし、原作も気になって買ってしまう。 この映画はそんな衝動が全く起きなかった。 しかし、この映画に出ていた吉高由里子と高良健吾は好だ。 物語よりも、その役を果敢に演じる役者に魅力を感じた映画だった。 (スポンサーリンク) 蛇にピアスDVDと原作本 蛇にピアス DVD通販 カテゴリー•

次の