紫陽花 ディープ パープル。 紫陽花「ディープパープル」 : 蒲公英工房

秋色あじさいディープパープル : mon dimanche ~今日のモンディマンシェ

紫陽花 ディープ パープル

綺麗な最初はブルーでそこから紫、グリーンへと変化していく秋色紫陽花です。 花を鑑賞したあと、地植えに植え込んでいただくか、ひと回りかふた回り大きな鉢に植え替えてください。 来年とても綺麗に咲かせてくれます。 ご了承ください。 <アジサイの育て方> あじさいは、耐寒性がありますので、半日陰まで栽培できます。 水をかなり好みます。 鉢で育てるときはバケツにつけてたっぷりと上げてください。 花が終わった直後が適期で、遅くとも7月末までには行います。 それよりも遅くなると、花芽を切ってしまう可能性があるので、 お勧めできません。 剪定は花が咲き終わった枝の上部3分の1まで切り詰めます。 あまり深く剪定しすぎると、次の年花が咲かなくなります。 【分 類】耐寒性落葉低木 【草 丈】50〜150cm 【耐寒性】強 【耐暑性】強 【日 照】日向 【開花期】5月〜6月 【鉢サイズ】5号• 2,000円 税込2,200円• 1,500円 税込1,650円• 1,500円 税込1,650円• 1,500円 税込1,650円• 1,500円 税込1,650円• 5,000円 税込5,500円• 2,000円 税込2,200円• 1,500円 税込1,650円• 1,500円 税込1,650円• 2,000円 税込2,200円• 22,400円 税込24,640円• 6,000円 税込6,600円• 1,500円 税込1,650円• 3,200円 税込3,520円• 15,000円 税込16,500円• SOLD OUT• SOLD OUT 配送・送料について タイプA(ヤマト運輸) タイプB(路線便) 詳しい送料区分などは以下のページにてご確認ください。 ご注文いただいた際の送料は、ご注文の品の中から一番高いタイプが適用されます。 商品のお届けは、日本国内のみとさせていただきます。 商品のお届けは、原則玄関先までとさせていただきます。 個別送料が設定された商品では1点毎に送料が加算されます。 タイプC(花・リーフ専用) *購入金額によって送料が変動します。 下記送料表にてご確認ください。 詳しい送料区分などは以下のページにてご確認ください。 「花・リーフ」カテゴリ以外の商品と同時注文の場合は別途送料が発生いたします。 出荷可能な日程に限りがございますので、ご希望のお届け日に対応できない場合がございます。 あらかじめご了承ください。

次の

秋色あじさいディープパープル : mon dimanche ~今日のモンディマンシェ

紫陽花 ディープ パープル

置き場所 開花中は室内のレースのカーテン越し、または戸外の半日陰 午前中日が当たり、午後から日陰になるような場所 で育てましょう。 日焼けの原因となるので、直射日光に長時間当てないよう注意してください。 花後は戸外で西日を避け管理します。 水やり 土の表面が少し乾いたら、鉢底から水が流れ出る位たっぷり潅水しましょう。 肥料 農園で肥料を施してから出荷しているため、開花中は必要ありません。 9月下旬頃、「IBのチカラ グリーンそだちEX」等の市販の固形肥料を与えてください。 花が咲き終わったら・・・ ・お届けから3週間程すると段々と花色が変化し、秋色アジサイとしてアンティークカラーを お楽しみ頂けます。 ・7月末までに株元から2節の所で切り戻しを行います。 ・初秋までに新しい枝を十分生長させましょう。 アジサイのつぼみは秋にできます。 綺麗に花が残っている場合も、この時期までに剪定を済ませないと翌年花が咲かなくなるので 注意してください。 ・10月頃、ひと回り大きな鉢に植え替えしましょう。 庭のある方は地植えにするのもおすすめです。 ・寒さに強いので、戸外で冬越し可能です。 ただし、雪や霜には直接当てないよう注意しましょう。 ・冬は寒さに当て、株を休眠させることが重要です。 寒さに当たると落葉しますが、 株は生きているので、水やりは定期的に行いましょう。 ・上手に冬越しすると、6月中旬頃~再び開花します。 紫陽花「ディープパープル」を育てるポイント アジサイは水を好む植物です。 春~夏の間は水をよく吸い、土も乾きやすくなります。 水を完全に切らすと元に戻らないので、水切れには十分注意してください。

次の

紫陽花「ディープパープル」 : 蒲公英工房

紫陽花 ディープ パープル

ずっと憧れていた紫陽花「ディープパープル」が届く。 「ウェディングマーチ」という名のカラーとの取り合わせは絶妙。 昨日東京に移動、白金高輪から三田の自宅まで殆どのお店が開いている。 メゾンカイザー本店 店内人数制限あり を始め、レストラン・韓国料理屋さん、和テイストの器店では外国の方々が買い物をしていた。 マスク用布を送るついでに、麻布十番に塩を買いに行く。 たいやき屋さんも老舗蕎麦処も豆源も開いている。 商店街の8割以上は開いていて、いつもよりはやや少な目の人々が、普通に買い物をしている。 ただ残念な事にあんなに流行っていた「塩屋」が、3月に閉店していた。 今回のメディアの報道は、ダイオキシンの際の間違った報道と似ているとの学者の意見がある。 農家は野焼きが出来なくなり、焼き芋を作る事も禁止になったが、ダイオキシンの毒性がひどいといった報道が流れたのは嘘だった。 今回の報道もそれに似ているという話に頷く人たちがいる。 ダイオキシンの時と違うのは、メディアを鵜呑みにせず、自分で調べて理解した上で行動する人たちがいるという事だろう。

次の