うぐいす の 鳴き声。 鶯が鳴く時期!いつからいつまで?

うぐいすが鳴くのはなぜ?理由があるの?

うぐいす の 鳴き声

wikipedia より 抜粋 「天下人とホトトギス」 鳴かないホトトギスを三人の天下人がどうするのかで性格を後世の人が言い表している(それぞれ本人が実際に詠んだ句ではない)。 これらの川柳は江戸時代後期の平戸藩主・松浦静山の随筆『甲子夜話』に見える。 ・鳴かぬなら殺してしまへ時鳥 <織田右府(織田信長)> ---この句は、織田信長の短気さと気難しさを表現している。 ・鳴かずとも鳴かして見せふ杜鵑 <豊太閤(豊臣秀吉)> ---この句は、豊臣秀吉の好奇心旺盛なひとたらしぶりを表現している。 ・なかぬなら鳴まで待よ郭公 <大權現様(徳川家康)> ---この句は、徳川家康の忍耐強さを表している。 (ちなみに、この句の中に出てくる時鳥・杜鵑・郭公は、すべて「ホトトギス」のことです。 ) 日本では、古今ホトトギスの和歌が数多く詠まれている。 夜に鳴く鳥として珍重され、その年に初めて聞くホトトギスの鳴き声を「忍音(しのびね)」といい、これも珍重した。 枕草子ではホトトギスの初音を人より早く聞こうと夜を徹して待つ様が描かれる。 この句の中に出てくる、鳴かぬホトトギスを待っている理由は以下。 (以下、私見。 ) ホトトギスは夏になればよく鳴くので、通常ではホトトギスの鳴く声を今か今かと待っている様子は考えにくい。 よって、なかなか鳴かないホトトギスを待っているという背景のこの句は、この「忍音」を待っている様子のことだと推測できる。 (夏に渡って来る夏鳥なので、渡って来ないと鳴き声を聞くことができないので、待つしかない。 ) それを信長・秀吉・家康に例えたのだと思われる。

次の

鳥の鳴き声で、ほととぎすと、うぐいすの違いを、教えてくだ...

うぐいす の 鳴き声

うぐいすの鳴き声は、ただ聞くだけでも幸運をもたらしてくれますが、聞いた場所によっても少し変わります。 日常生活の中でふいに聞こえてきた場合、ただ聞いただけでも 縁起が良いとされる、うぐいすの鳴き声なので、幸運なことには変わりありません。 しかし、さらにパワーを感じることができる場所として「神社・仏閣」で鳴き声を聞く、ということがあります。 「神社・仏閣」はその場にいるだけでもパワーをもらえるパワースポットです。 もともと、うぐいすの鳴き声を頻繁に聞くという人は少なく、それに加えて「神社・仏閣」で聞くとなれば、本当に珍しいことです。 パワースポットで、うぐいすの鳴き声を聞くということが、これからさらに大きな幸運を運んでくれる前触れとなります。 ここで、うぐいすの鳴き声を聞いたことで幸運が訪れた、ある女性の話をご紹介します。 彼女は2年ほど前から、友人と一緒に神社を回って御朱印を集めることを楽しんでいました。 今では神社そのものにも興味を持ち、時には一人で神社巡りを楽しむこともありました。 ちょうど去年の3月初旬に、彼女が 神社巡りに行ったときのお話です。 人も少なくゆっくりと境内を見ていたところ、どこからともなく、 うぐいすの鳴き声が聞こえてきました。 鳴き声のしたほうをみても、うぐいすの姿まで見えませんでしたが、あまりない経験に嬉しくなり、その日は良い気分で家路に着きました。 それから2週間ほど経ったある日、彼女は同じ会社に勤める男性社員と急激に仲良くなりました。 実は、彼女はその男性社員のことが気になっており、何か話すきっかけはないかと思っていたところ、 神社でうぐいすの鳴き声を聞いたことを話すと彼が興味を持ってくれたのです。 うぐいすの鳴き声が作ってくれたご縁でした。

次の

ウグイスの鳴き声

うぐいす の 鳴き声

全長15. 5cm(オス)。 細身でオス・メス同色ですが、メスは2cmほども小さいのが普通です。 日本では全国の平地から山地の林やその周辺にある藪で繁殖します。 秋冬には山地のものは平地へ下ってきます。 その頃は「チャッ チャッ」という声を出しています。 「ホーホケキョ」。 この鳴き声ゆえに、知らぬ人はいない、日本人にいちばん親しまれている鳥といえるでしょう。 いつもヤブの中にかくれていて姿を見せないことが多いのですが、声ははっきりきこえます。 ホーは吸う息、ホケキョは吐く息、胸をいっぱいふくらませてさえずります。 「ホーホケキョ」と鳴くのは早春ということになっていますが、山登りをする人なら、「ホーホケキョ」は春先から盛夏まで聞くことができます。 早春、人里で上手に「ホーホケキョ」と鳴く練習をしていたウグイスは、春の深まりとともに山へ帰って、巣づくりをするのです。 また、オスが繁殖期に出す声のひとつを「谷渡り」といい、警戒を意味するといわれています。 うぐいす色といわれて私たちが思いうかべるのは「うぐいす餅」などの色彩ですが、実際のウグイスの羽色は緑よりも暗緑茶色です。 という鳥は、大きさもウグイスに近く、体も緑色ですから、しばしばウグイスと誤認されています。 は花の蜜を好み、梅や椿の花の咲くころ姿を見せるので、ウグイスが来たと思うようですが、実際は梅に、の方が多いのです。

次の