急 に 唾液 が たくさん 出る。 【3】多量の唾液があるのに、「口が乾く」と訴えられても…

突然大量のウィンドウが大量に開いてしまう

急 に 唾液 が たくさん 出る

-目次- 1.痰とは?役割は? 2.痰の色と状態で、痰が出る原因が分かる 3.黄色の痰の原因 4.緑色の痰の原因 5.白色・透明の痰の原因 6.ピンク・茶色・赤・血が混じる 7.切る方法・出し方! 8.痰をさっぱりさせるオススメの方法! 人気の関連記事!• 気管や気管支は、 下の図を見れば分かりやすいと思います。 goo. ですが、通常は分泌量も少ないため、知らない間に胃の方へ流れおちています。 しかし、何らかの異物(たとえば病原菌など)が体内に入ってきた時に、肺や気道が その異物に対抗するために、多くの痰を出します。 そしてその痰に異物を絡ませ、口から外へ吐き出そうとするのが、 人間の生態的防御反応です。 したがって、「痰が出る」ということは、 体内に「何か」が進入し、それを身体が拒んでいる状態 と言えるのです。 そしてその「何か」によって、痰の色や状態 さらさら・ネバネバなど にも変化が起きます。 では、痰の色や状態から根本原因を探ってみましょう! ちなみに! 後鼻漏 鼻水が喉に流れてくる症状 の場合は、それは「痰」ではなく「鼻水」です。 白色と黄色の中間色• もも色 ピンク色• 赤色 なお、透明と白色に関してはそれぞれ 「ねばねばタイプ」 「さらさらタイプ」 の2種類に分かれると言われます。 ちなみに、 痰に限らず、鼻水などにも「色がつく」理由としては、 ウイルスや膿、血、そして体内の白血球 病原菌と戦ってくれる細胞 などが、それらに含まれるから です。 では、色別にそれぞれ詳しく説明しますので、当てはまる色をチェックしてみましょう。 そして 原因を知った上で、 ページ下の 「痰の切り方、出し方について」へすすみましょう! スポンサーリンク もっとも多く見られる痰がこれらの色です。 この場合に考えられる病気としては、以下5つが挙げられます。 急性気管支炎 きゅうせいきかんしえん 「気管支」に入り込んだ微生物 ウイルス が主な原因となり、気管支の粘膜が炎症を起こし、咳や痰が出ます。 風邪ウィルスやインフルエンザと併発することが多く、発熱を伴うことがあります。 他の症状としては、背中の痛みや手・足の関節痛、胃腸症状として嘔吐や下痢がみられる場合もあります。 なお通常の急性気管支炎(ウイルスが原因によるもの)であれば、 痰の状態は透明に近いですが、二次感染として細菌感染した場合には 黄色い痰が出るようになります。 気管支炎ってなに!? 急性肺炎 きゅうせいはいえん 「肺」に入り込んだ微生物 ウイルス が主な原因となり、肺に炎症を起こします。 急性気管支炎と同様に、風邪やインフルエンザと併発することが多いです。 他の症状としては全身の倦怠感や胸の痛みなどもみられます。 こちらも細菌性であれば やや粘りの強い黄色い痰が出ます。 急性咽頭炎 きゅうせいいんとうえん 鼻と喉の境にある「咽頭」がウィルスや細菌により感染し、炎症を起こす症状です。 喉に急激な痛みが発症し、上記同様に風邪やインフルエンザによる頭痛や発熱を伴うこともあります。 もちろん、喉だけで発症することもあり「」とも呼ばれます。 こちらも細菌性であれば、 やや粘りの強い黄色い痰が出ます。 なお、痰は気道から分泌されるものと説明しましたが、「咽頭」も気道のひとつです。 咽頭炎ってなに!? びまん性汎細気管支炎 「びまんせいはんさいきかんしえん」と読みます。 呼吸細気管支という、簡単に言うと「気管支と肺をつなぐ部分」に炎症が起きる病気です。 上記図にも記載があります 症状としては長期にわたる咳と痰、息切れが特徴です。 そして 痰の色は濃い黄色であることが多いです。 また、どの年代でも起こりえますが 40歳から50歳の発症率が高いこと、そして 副鼻腔炎(蓄膿症)を併発していることが多い、というのが特徴的です。 副鼻腔炎 ふくびくうえん) 副鼻腔炎 別名:蓄膿症 は鼻の病気であり、頬や額にある「副鼻腔」という空間に炎症が起きる症状です。 鼻から 膿の混じった黄色い鼻水が喉に落ち、痰のように絡みつく事があります。 原則、「痰は、気管・気管支・肺から作られるもの」ですので、ここでは詳しく説明しませんが、もし「口臭が強い」などあれば、副鼻腔炎の可能性もあります。 痰に関する人気記事! 《 痰を出す4つのコツ!》 《 痰の処方薬「ムコダイン」を詳しく!》 続いては、 「痰が 緑色の場合」について説明しましょう! スポンサーリンク 痰が緑色の場合に考えられる症状は、 以下7つが挙げられます。 慢性気管支炎 まんせいきかんしえん 慢性気管支炎は、 原因不明である咳や痰が、3ヶ月以上継続する状態が、2年以上続く場合を言います。 「原因不明」と説明しておりますが、原因の多くが 「長期間の喫煙」だと言われています。 原因が細菌による感染であり、長期 慢性的 に続いている場合は、 濃い黄色〜緑色の痰が出ます。 気管支炎ってなに!? 気管支拡張症 きかんしかくちょうしょう 気管支拡張症とは、「気管支」が拡張してしまい元に戻らなくなる症状であり、男性よりも女性の方が多くみられる病気です。 ほとんどの場合が、原因不明の上記「慢性気管支炎」と併発しますが、その他色々な原因でも、気管支拡張症は発症します。 慢性的な咳と痰が特徴的で、多いときは一日100mlを超す痰が出ます。 他の症状としては• 呼吸困難• 全身の倦怠感• 体重の減少 などの症状があらわれることもあります。 びまん性汎細気管支炎 痰が黄色いときに疑われる病気としてあげた「びまん性汎細気管支炎」。 「気管支と肺をつなぐ部分」に炎症が起きるこの病気においても、症状が悪化した場合は 緑色の痰が出ることがあります。 逆流性食道炎 ぎゃくりゅうせいしょくどうえん 逆流性食道炎とは、食べたものが胃酸とともに食道の入り口付近にまで逆流することで、食道に炎症を起こす病気です。 胃酸の増加や、「下部食道括約筋」と呼ばれる筋肉が弱くなることが原因で引き起こされます。 症状としては、 粘っこい透明〜緑色の痰が出るほか、や吐き気、ゲップなどが見られます。 副鼻腔炎ってなに!? 肺結核 はいけっかく) 「結核菌」が肺に侵入し、感染症を引き起こす病気です。 初期症状は風邪っぽく、咳がよく出ます。 その後、 黄色や緑の痰が出て、やがて症状が進行した場合にもあります。 なお、結核患者の3分の1は「胸水」による胸の痛み、息切れが初期症状としてあらわれます。 緑膿菌 りょくのうきん) 緑膿菌とは、水中や植物、人間を含めた動物など、あらゆる場所に存在している「常在菌」です。 そのため、通常は危険な菌では無いのですが、免疫力が下がっている際などに悪さ 症状 を引き起こします。 呼吸器に感染した場合は咳や 緑色の痰が出ますし、消化器官に感染した場合は下痢や腹痛を引き起こします。 さて、 ここまでは「痰が 緑色」の場合について説明しました。 参考: 痰を出す4つのコツ! 続いては、 「痰が白色・透明の場合」について説明しましょう! スポンサーリンク 痰が白色・透明の場合は、 以下の5つの病気が考えられます。 非細菌性感染症 細菌感染では無く、ウイルス等による感染で発症する気管支炎などを言います。 上記の「急性気管支炎」「急性肺炎」等でも説明した通り、細菌感染の場合は、痰が黄色や緑色に変色しますが、ウィルス性や下で説明するアレルギー性気管支炎の場合は、 粘りある無色透明の痰がでます。 アレルギー性気管支炎 花粉やハウスダスト、ダニなどのアレルゲン アレルギーを引き起こす物 が気管や気管支に付着することで、炎症を起こすことです。 始めは乾いた咳が出始め、次第にゴホゴホと深い咳に変わってきます。 また、胸 肺辺り の痛みや、喘息のような症状もあらわれます。 気管支喘息 気管支が通常より狭くなることで、呼吸時にぜぇぜぇ、ヒューヒューという音が聞こえたり、息苦しくなる症状です。 主にアレルギー性の炎症により、痰の分泌などが増えることで、気管が狭くなります。 この場合の痰も、アレルギー性気管支炎同様に 透明の痰が出ます。 肺胞上皮癌 これは簡単に言うと、「肺ガン」のことです。 原因の多くは喫煙であり、早期発見できれば治癒出来ることが多いですが、発見が遅れて死に至ることが多く、世界的に癌死のうち、一番多いのがこの肺癌です。 発見が遅れやすいという事から分かる通り、肺癌は症状が出ない場合も多いです。 一般的な症状としては、咳やぜぇぜぇとした呼吸音、息切れ、痰が出ます。 痰は 無色透明の場合や、うっすらと血が混じる場合もあります。 ヒステリー球(咽喉頭異常感症) ここまでのような「肺の病気」とは少し違いますが、一応紹介しておきます。 この病気は、「あれ?少し痰が絡んでる様な気がするけど、なかなか吐き切れないな・・・」という、 常に喉に何か違和感を感じる疾患です。 なので無理やり痰を吐き出したとしても、細菌感染などしていないため、特に色はついていません。 ストレスによる自律神経の乱れが原因と言われており、軽度のものであれば、漢方でも治療できるといわれています。 ヒステリー球ってなに!? ページが長くなるため、 別ページでまとめました。 ピンク・茶・赤・血が混じる場合 では最後に、 「痰をすっきり切る方法!」について説明しましょう! スポンサーリンク ページが長くなるため、 別ページでまとめました。 痰を簡単に出す4つのコツ!! 病院処方の「ムコダイン」を詳しく! 筆者(私)の父親が長年、しつこい「痰絡み」に悩んでいたのですが、それが急にスッキリとした方法です。 これはあくまでも個人的に良いと思った方法ですので、皆さんにも良いとは限りませんが、参考になればと思い一応紹介しておきます。 少し話がズレますが、私自身が10年以上「鼻炎症状」を患っており、保険適応外の治療なども経験しましたが、最終的に行き着いたのが「お茶」でした。 10年以上、ほぼ毎日「鼻炎薬」を飲んでいた私からすると、これはすごい発見でした。 甜茶(てんちゃ)をメインとした「すーすー茶」というお茶で、主に「鼻の症状」にアプローチするお茶です。 これを毎日飲んでいるのですが、ある日私の父が「甘くて美味しい」と言いながら、勝手に飲み始めました。 「特に何もしてないけど、取れたみたい」と父親は言っておりましたが、「なぜだろう」と色々調べた結果、恐らく「すーすー茶」が役立っている事に気付きました。 それに加え、すーすー茶には「赤シソ」も含まれていることから、非常に痰に適したお茶だということが分かりました。 ということで、皆さまの痰絡みにも良いとは言い切れませんが、20年以上聞かされてきた「痰を吐き出す音」が無くなったくらいなので、スッキリする可能性はあると思います。 飲み切ったとしても25日以内であれば返金してもらえる「保証制度」もありますので、安いですし一度試してみるのも良いかと思い、紹介させて頂きました。 しかし上に挙げたように、症状の裏には 様々な病気が隠れている可能性もありますので、あまりにも痰が長引くようであれば、念のため病院を受診しましょう。 <あわせてご確認下さい>• スポンサーリンク• 記載内容についての注意点 当サイトに掲載した情報に関して、管理人の経験や、調べた知識、収集した情報をもとにできる限り正確なものを提供できるように努めております。 しかし、必ずしも正確な情報でない場合があります。 また、私が独自に集めた情報を分析し統計を取った上での記載もあります。 そのため、偏った情報・意見も含まれている可能性もあります。 それら理由より、当サイト上の情報においては、正確性を期しておりますが、確実性・安全性は保障しかねます。 特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。 以上のことを踏まえ、当サイトのご利用は、利用者様の自己責任による判断でお願い致します。 万が一、当サイトに掲載された情報に起因してトラブル等が発生した場合でも、管理人は一切の責任を負わないことをご了承ください。

次の

急な吐き気と大量の唾液・・

急 に 唾液 が たくさん 出る

唾液の働き!唾液が多いのはダメなこと? 口から唾液が出ることは本来、人間が備えている生理作用のひとつで生きていくうえで欠かせない現象です。 しかし、唾液が多く出過ぎることは自分が不快に感じるだけでなく、相手にも不潔な印象を与えてしまいますよね。 そもそも唾液には驚くことに以下の8つの働きが存在します。 口の中を物理的に保護する• 食べ物をスムーズに飲み込めるようにする• 歯の再生化作用• 虫歯の予防• 細菌が口から体内に入るのを防ぐ• 食べ物の消化作用• 味覚の活性化• 水分補給の合図の役割 以上のように唾液は予想以上の役割を果たしていることが分かりますね。 このような唾液の働きを考えると唾液が多すぎることによる体への悪影響はほとんどないということが分かります。 しかし、何か体の異常や病気が原因となって唾液の量が多くなっていることもあるので、この場合は十分に注意しなければなりません。 なので、唾液量が多いと感じたら考えられる疾患を理解することは非常に重要なことなのです。 唾液量が多い3つの原因 自律神経の乱れ 唾液は口内に存在する唾液腺から分泌されます。 そして、この唾液腺は自律神経という体の生理作用をつかさどる神経により支配されているのです。 つまり、自律神経に異常が生じればそれに影響して唾液の量に異常が出てくることになります。 自律神経は活動する神経である 交感神経と休息する神経である 副交感神経から成っています。 活動的な日中は交感神経が活性化し、休息する夜中は副交感神経が活性化するのです。 このような2種類の自律神経が互いにバランスを取ることで私たちの体は正常な生理作用を行い、生命活動を維持することができているのです。 しかし、この2つの神経がなんらかの原因でバランスを崩してしまうときがあります。 このように自律神経の乱れが起こると、唾液の量も正常ではなくなってしまうのです。 具体的には、副交感神経の方が異常に活性化(あるいは相対的に交感神経が異常に不活性化)してしまうことによりサラサラとした唾液が多く分泌されてしまいます。 自律神経の乱れは自律神経失調症を引き起こす原因となります。 つまり、唾液の分泌量が多くなることは自律神経失調症の前兆症状であることもあるのです。 自律神経が乱れてしまう原因も含め、自律神経失調症について詳しくは後述していきますのでぜひご覧ください。 胃や腸の機能低下 唾液が多くなるのは自律神経の乱れだけでなく、胃腸などの消化器官の異常によっても引き起こされます。 冒頭に説明したように唾液には 食べ物の消化作用という働きもあります。 基本的には食べ物の大部分は胃で消化されますが、口内の唾液も消化液であるのです。 なんらかの原因で胃や腸などの消化器官の機能が低下すると、その分食べ物の消化も滞ってしまいます。 食べ物は十分に消化されないと、栄養として体に吸収することができず生き物にとって好ましい状態ではないですよね。 そこで、私たちの体は胃で十分に消化できない分を口内で消化しようと試みるのです。 つまり、消化液である唾液量を多く分泌することで口内での消化を促進しようとするのです。 口内で正常時よりも消化が行えれば、胃の負担も軽くなります。 このように胃腸の機能低下のつじつま合わせ的に唾液が多くなっていることも考えられるのです。 また、このつじつま合わせを指揮しているのも先ほど説明した自律神経によるものです。 それでは、どのような原因で胃腸の機能が低下してしまうのでしょうか。 これはさまざまなケースが考えられますが、よくある原因は冷えです。 お腹が冷えることで胃の消化活動は停滞化して唾液の分泌が促進されるのです。 特に冬場など寒い時期はお腹が冷えることが多いので注意しなければなりませんね。 また、胃や腸の病気が影響しているケースも考えられます。 このような病気については後述していきたいと思います。 嚥下障害 嚥下障害(えんげしょうがい)とは、口の中に入っている飲食物をうまく喉に通すことができなくなってしまう障害です。 嚥下障害は飲食するときだけでなく、唾液を飲み込むときにも起こりえるのです。 普段私たちは無意識に唾液を飲み込んでいますよね。 無意識に唾液を飲み込めることで口からよだれを垂らすことなく、口内に適切な量の唾液で保つことができるのです。 しかし、嚥下障害になってしまうと唾液をうまく飲み込むことができなくなってしまいますので、口内に唾液が多く存在することになります。 つまり、実際は唾液の分泌量は増えていないけれど、うまく飲み込むことができていないことが原因で唾液が多いと感じてしまうのです。 嚥下障害になってしまう原因としては多くの疾患が考えられます。 成人の場合だと、脳疾患や神経疾患の前兆症状ということも考えられます。 また、喉に痛みを感じる場合は扁桃腺が腫れていたり、喉に口内炎ができていて物理的に唾液を飲み込むことが困難になっているというケースもあげられます。 参考: 参考: 唾液が多いときに疑うべき病気 ここまで唾液が多い原因についてお伝えしてきました。 そこでここではこれらの原因から考えられる病気についてお伝えしていきます。 自律神経失調症 自律神経失調症は先述した交感神経と副交感神経のバランスが乱れることにより起こります。 これにより唾液の量が多くなる他に、• 不安感 といった症状が表れるのが特徴です。 自律神経失調症は過度なストレスや生活習慣の乱れが主な発症原因として考えられています。 また、自律神経失調症になると心臓に違和感がすることもあるのでチェックしてみるようにしましょう。 参考: 胃腸炎 胃腸炎とは、胃・小腸・大腸の粘膜で炎症を起こしてしまう病気です。 胃腸炎により消化器官の機能が低下し、唾液が多くなっていることが考えられるのです。 胃腸炎になると激しい腹痛や嘔吐、吐き気、下痢があらわれることが多いです。 発症原因としてはウイルスや細菌による感染、ストレスです。 胃潰瘍 胃潰瘍とは、胃酸が胃の粘膜をも消化してしまい胃壁がただれてしまうことです。 このような状態になると胃の機能は低下してしまいます。 症状は胃腸炎と同じように、腹痛や下痢、吐き気などをともないます。 また、原因も過度なストレスやピロリ菌の感染といった胃腸炎と似たものであることが多いです。 妊娠中の方は唾液過多症も 妊娠中の方に限られますが、つわりの症状により唾液が多く出続けている可能性もあります。 妊娠をすると体にさまざまな変化が表れます。 これにより消化機能が低下したり、ホルモンバランスの異常により唾液の分泌量が増えたりしてしまうのです。 唾液が止まらないときに!分泌を抑える対処法 ストレスを溜め込まない 日常生活で過度にストレスを溜め込んでしまうことは、自律神経の乱れ、胃の機能低下につながり唾液が多くなってしまう原因となります。 人間関係などでさまざまなストレスを受けることは避けられませんが、適度な運動と休養によりストレスを溜め込まないようにすることが大切です。 食生活を改善する 暴飲暴食、肉類(脂質)の過剰摂取、刺激物の摂取は消化器官である胃腸に大きな負担となります。 これにより唾液が多く分泌されるほか、腹痛などの症状に悩まされる原因ともなってしまうのです。 適度な食事、野菜の積極的な摂取など正しい食生活を意識していくようにしましょう。 お腹を冷やさないようにする お腹を冷やすことは胃腸の働きの衰えにつながります。 お腹が冷えていると感じたら、温かい飲み物を飲んだり、冷たい飲み物は控えるようにするといいでしょう。 また、寝ているときは特にお腹が冷えやすくなります。 冷えは風邪を含め、さまざまな疾患の原因ともなりますので冬場はしっかりと対策を取るようにしましょう。

次の

唾液が多い意外な原因をチェック!唾液が止まらない病気とは?

急 に 唾液 が たくさん 出る

吐き気と唾液の関係 脳には、吐き気を引き起こす「嘔吐中枢」と、唾液の分泌を促す「唾液分泌中枢」というところがあります。 そして、嘔吐中枢と唾液分泌中枢はすぐ近くにあります。 なので 嘔吐中枢が刺激を受けると、唾液分泌中枢も刺激されてしまうため、吐き気がすると同時に、唾液が大量に分泌されてしまいます。 食べ物を消化しやすくするのに必要な消化液であるアミラーゼ• 病原菌や微生物を排除するラクトフェリンなどの免疫成分• 歯の健康に保つのに必要なカルシウム これらが含まれています。 そして唾液には、 食べた物の消化吸収を助けたり、 歯の健康、また 喉や口の中の粘膜を守る役割があります。 吐き気とともに唾 唾液 が出る原因 自律神経失調症 自律神経失調症という病気になると、吐き気とともに唾液が多くなることもあります。 ちなみに、自律神経とは交感神経と副交感神経のことで、胃腸の消化吸収などの働きをサポートする神経です。 この自律神経が何らかの原因でがバランスを崩してしまうと、吐き気などの体の不調が次々に出てきてしまいます。 そして、自律神経失調症により吐き気が出ると、胃の内容物や胃酸によって喉や口の中がダメージを受けないよう、唾の量が増えるのです。 胃などの消化器系統の異常 吐き気がして唾が多く出るのは、 胃などの消化吸収能力が何らかの原因で低下していて、それを助けるために唾液が大量に分泌されていることも考えられます。 原因としては、• 冷たいものや辛いもの、脂っこいなど刺激物の摂りすぎ• 暴飲暴食のしすぎ• 不規則な食生活 などがあります。 唾液過多症 吐き気とともに唾が出る場合、 唾液過多症が原因の場合もあります。 唾液過多症はかなりつらい症状で、嘔吐してしまうこともよくあります。 そして、唾液を飲み込むことも困難になり、水分を摂ることすらつらくなってしまう人もいるくらいです。 そして特に妊娠中は、ホルモンバランスにより唾液過多症になることが多いと考えられています。 吐き気とともに唾が出る場合の対処法 自律神経失調症の治療 自律神経失調症が原因である場合、 自律神経失調症の治療が必要です。 精神科を受診して症状を緩和する薬をもらい、ストレスを溜めすぎないように気をつけたり、軽い運動を取り入れてみたり、またカウンセリングを受けたりするのもオススメです。 また、しっかり睡眠を取るなどの規則正しい生活をするのも大切ですよ。 吐き気とともに唾が出る症状の原因が自律神経失調症なら、ひどくなると普通に生活することも困難になることがあります。 なので少しでも気になった場合には、早めに病院を受診するようにしてください。 唾液を吐き出し水分補給 原因が唾液過多症の場合は、大量の唾液が吐き気の原因であることもあるので、 唾液を吐き出して対処しましょう。 また、唾液が大量に分泌されることにより、喉が渇いてることに気付きにくい場合があります。 なので脱水症状を起こさないように、 こまめに水分補給をするようにしましょう。 食生活の改善 吐き気とともに唾が出るのを防ぐためには、 食生活を改善し、胃腸の調子をよくすることが大切です。 なので、脂っこいものや辛いものなどの刺激物ばかりを摂取したりせずに、バランスの良い食事を摂ることを意識しましょう。 そして胃を冷やしてしまうのはよくありませんので、冷たいものの摂りすぎにも注意してください。 冷たい飲み物ばかり飲んでいる人、またコーヒーを毎日たくさん飲んでいるという人は胃腸の調子が悪くなり、吐き気とともに大量の唾が出ることが多いです。 なので食事や飲み物を摂取する際は、体を温めることを意識するようにしましょう。 まとめ 吐き気がある時に唾がたくさん出ると、余計に気持ち悪くなってしまいますが、唾液は体を守ろうとしてくれています。 なので今回の記事を参考に、過度に心配することなく、冷静に対処していきましょう。

次の