フランス料理 おすすめ。 一度は食べたい!フランス料理 オススメ15選

パリのレストラン13選!フレンチが味わえるおすすめ店 [パリ] All About

フランス料理 おすすめ

ジュレ ジュレはゼリーを指しますがフルコースの前菜メニューに大抵入っています。 例えば旬野菜やエビ、カニなどのシーフードでとった出汁やコンソメを冷やして固めたゼリー状のものとなります。 その他にトマトのジュレも季節によってはよく見かけるメニューです。 ジュレと呼ばれるゼリー状の中に、野菜やシーフードなどが入って形付けられていたり、お肉にソースとなるジュレが添えられていたりします。 彩りが美しく、視覚でもフランス料理らしさを楽しめる一品です。 by , CC 7. ムール貝 ムール貝を白ワインで蒸したものになります。 もともとベルギー料理と言われていますが、隣国だけありどこでも目にする一品です。 どちらかと言えばレストランというより、カフェやブラッセリーで頂く大衆料理の一品です。 だいたいどこのバケツのような大きめの器に沢山はいっているムール貝のシンプルな料理です。 フレンチフライがサイドに添えられて出てくるところが多いでしょう。 by , CC by , CC 8. ブイヤベース 南仏マルセイユ発祥の料理になります。 特に海沿いや新鮮なシーフードが手に入るエリアで頂くのが良いでしょう。 もともとは、売れ残った魚や切り落とした魚のいらない部位を使った謂わばアラ汁のような漁師料理となります。 白身魚、イカ、貝類とニンニク、ハーブ、オリーブオイルなどを入れ煮込んだ料理になります。 魚介類からのだしが効いて、コク・奥深さがあるスープ仕立てのシーフード料理となります。 by , CC by , CC 9. パテ 前菜メニューになりますが豚、ウサギ、鶏などをつかった料理になります。 肉をミキサーでハーブや玉ねぎお酒などと混ぜあわせテリーヌという型に入れ、オーブンで調理します。 日本でパテ、テリーヌとメニューをみることがありますが現在では区別をつけないのが一般的のようです。 多くのレストランでは作りおきが出来る為、火を入れたパテでも一旦冷やされてサーブされます。 薄切りのフランスパンにのせて頂きます。 by , CC by , CC 10. ポワレ ポワレとは蒸し焼きという意味合いの調理法を指します。 鱈、鯛、鱸などの白身魚のポワレが一般的です。 もちろんこの魚のポワレもソースや野菜のピュレが添えられていたり、蒸し野菜が添えられていたりします。 塩コショウの味付けは勿論のことバターでグリルされているのがフランス料理らしいところです。 繊細な味を演出するレストランが多いので日本人も大好きな1品ではないでしょうか。 by , CC 11. 牛のタルタル これはフランス料理の定番ではないでしょうか。 生の牛肉を細かくミンチ上にしたもの玉ねぎ、ケッパーを混ぜ固形にしたもの。 そこに生卵が載せられてサーブされるのが一般的です。 頂く際には、生卵を崩し混ぜ頂く前菜になります。 大体のブラッセリーではタバスコを一緒に出してくれるところが多いです。 生のお肉が好きな人は楽しめる人気メニューの一品でしょう。 Steak Tartar, by , CC Tartar, by , CC 12. ビーフブルギニョン 元々はブルゴーニュ地方の料理でしたが、かなりオーソドックスなメインの一品となります。 牛ほほ肉を赤ワインで長時間煮込んだものとなります。 所謂ビーフシチューといったところでしょうか。 レストランによって人参、マッシュルームを入れたりと具材が異なりますが、かなりシンプルにお肉とオニオンといったところが多く、そのサイドにクリームポテトが添えられています。 ジビエ ジビエとは、野生の動物の料理となります例えば鹿、ウサギ、猪などになりますがフランスではかなりこれらの野生動物を調理して頂きます。 炭火焼きのようにお肉をそのままグリルするか、ワインで煮込む調理方法となります。 ただ臭みが非常に強いためハーブで香りづけをするのが一般的です。 肉らしい味が好みであれば楽しめる一品になるでしょう。 熟成された赤ワインと一緒に頂くと更に美味しく頂けます。 イノシシ, by , CC ヤマウズラ, by , CC.

次の

フランスの観光 おすすめのスポット・グルメ [フランス] All About

フランス料理 おすすめ

セーヌ河岸 セーヌ川なくしてパリは語れません。 一部の地域はパリのセーヌ河岸として世界遺産に登録されています。 ノートルダム大聖堂のあるシテ島を中心に、河岸には歴史的建造物が並んでいて、セーヌ川に架かる橋も見どころです。 おすすめは、観光スポットを1度に見学できるクルーズ!ランチやディナー付き(要予約)もあります。 「月の港ボルドー」として世界遺産にも登録されています。 知らなかった! フランス穴場スポット3選 フランスには、語りつくせないほど魅力的な観光名所がたくさんあります。 古い街並みもさることながら、自然の美しさも見逃せません。 そのなかでも、まだそれほど知られていないフランスの穴場スポットを厳選してご紹介します。 世界遺産ロワール渓谷 フランスのロワール川流域に広がる渓谷の古城はなんと300以上!うち140の古城が点在する景観が「ロワール渓谷」として世界遺産に登録されました。 シャンボール城やシュノンソー城などをまわりたい場合、少し距離があるので古城巡りツアーがおすすめです。 時間のある方は、古城ホテルに宿泊して、貴族の気分を味わってみてください。 名物料理が楽しめる! おすすめショップ5選 フランス料理というと高級フレンチのイメージですが、地方料理やスイーツも引けを取らない美味しさを誇っています。 そこでグルメ大国フランスの、おすすめのショップと食事付きナイトスポットを5店舗ご紹介します。 本場の雰囲気をぜひお楽しみください。 Cafe des Deux Moulins (カフェ・デ・ドゥ・ムーラン) 日本でも大ヒットした映画『アメリ』。 その舞台が、モンマルトルにあるカフェ・デ・ドゥ・ムーランです。 人気メニューは、映画でも登場したパリパリのクレーム・ブリュレ。 メニューにはアメリのクレーム・ブリュレと書かれています。 店内にはアメリのポスターが飾られていたりと、アメリのファンなら一度は訪れたいカフェです。

次の

フランスのおすすめ観光・観光スポット情報【HIS】

フランス料理 おすすめ

このお店の自慢は暖炉内をオーブンのように使う調理法を使ったお料理で、特にこのポークリブはお店の一番人気メニューです。 お肉が食べたい日には間違いなく行ってしまいます。 個人的には牛肉のタルタル(200g) ポテトフライ付き(ザ・気取らないフランス料理)も大好きで、ルーアン市内の中で試したレストランの中ではナンバーワンです。 こちらも両面を軽〜くグリルしてあり少し香ばしい感じです。 こちらのお店はティラミス、NYチーズケーキ、イチゴのミルフィーユなどデザートも美味しいので、いつもデザート付きのランチメニューを選んでいます。 それ以来、反省してランチはデザート付きメニューを選んんでいます。 カンボジア系フランス人姉弟が経営するパリ初のたい焼き専門店 従来のあんこのたい焼きの他にたい焼きの皮がチョコレート味のたい焼きが有り、中のあんこをリンゴのコンポートやヌテラ、ヴァニラ、マロンクリームなどに変更でき1個2. 8ユーロ、2個で5ユーロ。 NYで流行りのたい焼きが大きく口を開けてソフトクリームが乗ってるたい焼きアイスもいろいろなトッピングもできて1個5ユーロと物価高のパリにしては大変お手軽価格でお勧めです!! 特にお勧めが、軽食にもなるたい焼きの中にシェーブルチーズやジャンボンとフロマージュなど、フランスならではのトッピングも楽しめますのでパリにおいでの際には是非一度お試しを!! 美味しいですよ。 トゥール リール シャモニー アヴィニョン ボルドー ランス バニョル・ド・ロルヌ エクス・アン・プロヴァンス レ・サーブル=ドロンヌ サン・テニャン ロワール ナンテール オルレアン レ・ヴィニョー シャロン・アン・シャンパーニュ フォンテンブロー ラ・ロシェル アルカシオン ブルゴーニュ ペルピニャン ポー ブザンソン リルシュルラソルグ トゥーロン ティーニュ ヴァランシエンヌ イエール サン・マロ ヴァランス バイヨンヌ アルベールヴィル サン・ジェルマン・アン・レー サン・ブリユー アジャン ペリグー ミュルーズ カンペール ロリアン ナント ボーヌ ランブイエ ヴァルボンヌ ポワチエ ビアリッツ サン・ラファエル グルノーブル クレルモン・フェラン ヴィシー グラース タルブ モンドマルサン ボーヴェ スール(フランス) ヴェルサイユ ベルフォール アンジェ ナミュール シャブリ エヴィアンレバン アミアン カンヌ アングレーム ポントルソン ニーム ブロワ ブローニュ・ビヤンクール サン・テティエンヌ メス カルヴィ ラ・セーヌ・シュル・メール サント・マキシム アンティーブ エヴリー アントニー ショーモン ル・アーブル ブール・カン・ブレス サン・ロー ヴァンヌ ル・ヴェジネ サン=テミリオン アニエール・シュル・セーヌ オティ アイル・レ・メルドゥーズ マノスク サン・ディエ・デ・ヴォージュ.

次の