埼玉 県 知事 選挙 投票 率。 祝! 埼玉県知事選挙の投票率5.68ポイント増!!│みさきゆみこ

埼玉県知事選挙

埼玉 県 知事 選挙 投票 率

埼玉県知事選挙 過去の投票率 「」に載ってました。 ちょっとわかりづらいのでグラフにしてみましょうか。 選挙期日 西暦 男 女 平均 天候 昭和22年4月5日 土曜日 1947 80. 87 61. 88 71. 00 快晴 昭和24年5月17日 火曜日 1949 69. 54 51. 32 60. 02 晴後曇 昭和28年4月19日 日曜日 1953 83. 29 72. 28 77. 57 晴 昭和31年7月13日 金曜日 1956 57. 39 42. 05 49. 42 曇後晴後曇 昭和35年7月3日 日曜日 1960 57. 14 42. 93 49. 79 曇一時晴 昭和39年7月5日 日曜日 1964 49. 85 41. 81 45. 73 曇一時霧雨 昭和43年6月30日 日曜日 1968 54. 63 51. 02 52. 81 曇時々晴 昭和47年7月2日 日曜日 1972 58. 04 54. 44 56. 24 晴 昭和51年7月4日 日曜日 1976 0. 00 0. 00 0. 00 曇一時晴 昭和55年6月22日 日曜日 1980 71. 30 71. 30 71. 30 曇 昭和59年7月1日 日曜日 1984 44. 27 43. 81 44. 04 晴 昭和63年6月12日 日曜日 1988 51. 85 53. 69 52. 77 曇時々雨 平成4年6月21日 日曜日 1992 33. 26 32. 93 33. 10 雨一時曇 平成8年6月23日 日曜日 1996 32. 48 32. 52 32. 50 曇 平成12年6月25日 日曜日 2000 59. 10 59. 29 59. 19 雨後曇 平成15年8月31日 日曜日 2003 35. 96 35. 64 35. 80 曇一時雨 平成19年8月26日 日曜日 2007 28. 35 26. 98 27. 67 晴 平成23年7月31日 日曜日 2011 25. 31 24. 47 24. 89 雨時々曇 グラフがこちらです。 戦後数回の投票において、男女間で投票率の差が目立ちますね。 完全普通選挙法が施行されたのが1945年です。 女性にはまだ十分に浸透していなかったのでしょう。 今と比べたら男女ともに十分高い投票率ですが。 全体的な傾向を見ますと減少傾向です。 なんだか残念ですね。 他の都道府県もこんなもんなんでしょうか。 上は69. もうしょうがないんよ。 と思いますよね。 が、で衝撃の事実を知ることになりました。 埼玉県が24. とは言ってもみんな低い中での最下位っしょ?まぁいいじゃん? と思いますよね。 1位はどれくらいだと思いますか。 なんと69. ぜんぜん違うじゃん! 都道府県によってこんなに違うとは思っても見ませんでした。 投票率がすべてではありませんが、地元意識や関心が埼玉県民は薄いんだろうなと思わざるを得ません。 上位にはどんな県が並ぶのか。 下位にはどんな県が並ぶのか。 見てみて下さい。 直近の投票率なので各県の毎回の推移は見ていません。 この年だけ投票率が上がった県もあるかもしれません。 が、そこは差し引いて見て頂ければと思います。 最低投票率返上なるか 果たして、埼玉県知事選挙2015の投票率は向上するのか。 投票率は24. 89%で、知事選では1981年の千葉県知事選の25. 38%を下回り、過去最低を記録した。 8月9日投開票の知事選では、平成23年の前回に24・89%と全国の知事選で最低を記録した投票率の回復が焦点の一つとなっている。 前回候補を擁立しなかった自民県連は今回、現職の「多選自粛条例破り」を批判する新人候補を推薦。 対立軸を明確にして組織戦を展開しており、投票率も「30%台回復」が期待されている。 県選挙管理委員会も投票率が低い「埼玉都民」や若年層の関心を高めようと対策に懸命だ。 埼玉大の松本正生社会調査研究センター長(政治意識論)は「組織力を持つ自民の候補擁立で、投票率は30%程度まで回復する可能性がある」とし、「条例破りの問題は県民の関心を高める材料になる。 それを浸透させた上で政策論争を展開できれば、投票率はさらに向上する」と指摘する。 前回知事選では都内に通勤・通学する埼玉都民が多い県南部で投票率が低かったため、県選管は8月3日からJRや西武鉄道などの車内で動画広告を流す。 また、投票率が高齢者の3分の1程度だった若年層への波及を狙い、知事選公式サイトを充実させ、検索大手「ヤフー」のスマートフォン用サイトに広告を出す。 松本氏は「前回と比べて投票率が上がれば、結果的に投票に行かなかった人たちの関心を呼び起こす刺激になる。 今後につなげるためにも投票率の向上は非常に重要だ」と話している。 (川畑仁志) 関連記事.

次の

埼玉県知事選、投票率32.31% 前回を5.68ポイント上回る :日本経済新聞

埼玉 県 知事 選挙 投票 率

大変失礼致しました。 2019年の埼玉県知事選挙が既に告示され、選挙戦の終盤に入りつつあります。 立候補しているのは、立憲民主党や共産党などの野党統一候補の、大野もとひろさん、自民党が推薦する青島健太さん、NHKから国民を守る党の浜田聡さん、無所属の桜井志津江さん、武田信弘さんの新人5人です。 メディアの世論調査では、自民党が推す青島健太さんが僅かにリード、野党統一候補の大野もとひろさんが激しく追う、と報道されています。 実際のところ、自民党の推す青島健太さんが優位に選挙戦を進めていると考えられ、なんとか終盤で大野もとひろさんが巻き返せるかが注目を浴びています。 当ページでは、埼玉県知事選挙2019の情勢予想と根拠、争点や投票率についてもまとめてみたいと思います。 埼玉県知事選挙2019情勢予想、大野もとひろ苦戦か 埼玉県知事選挙の情勢調査については、以下のように報道されています。 自民、公明が推薦するスポーツライターの青島健太氏(61)が、上田清司知事と立憲民主、国民民主、共産、社民の各県組織などが支援する元参院議員の大野元裕氏(55)を僅差でリード。 大野氏が激しく追う展開となっている。 他に出馬している3氏は支持に広がりを欠く。 ただし5割弱が投票先を決めておらず、終盤に情勢が変わる可能性がある。 google. amp 上記の報道の仕方であれば、野党統一候補の大野もとひろさんが、自民の青島健太さんかわ数ポイント以内の僅差で追っている、と読み解くことができます。 当サイトでも、メディアの世論調査通り、大野もとひろさんが追う展開であると予想します。 また、その差はメディアの世論調査の結果よりも大きいと思われます。 毎日新聞はどちらかというと国政野党寄りのメディア、というイメージが、国政与党支持者の中にあり、国政与党支持者は毎日新聞の世論調査に協力しない傾向があるからです。 今のままであれば、割と早い段階で青島健太候補に当確が打たれる状況かと思われます。 ここのところ沖縄以外での野党候補勝利というものが見られません。 終盤で大野ともひろさんがなんとか巻き返せるかが注目されるところです。 スポンサーリンク 埼玉県知事選挙争点や政策は? 埼玉県知事選挙の争点は、現職の埼玉県知事の継承の可否と共に、人口減少対策、他の都道府県による埼玉県の良くないイメージ(ださいたまとも揶揄される)の払拭などが挙げられます。 埼玉県は、南部は首都圏に近く、利便性から経済活動が行いやすい環境にあります。 また、北部に行けば、秩父山系の豊かな自然が豊富にあり、観光客や登山者にも人気があり、決して魅力の低い県とは言えません。 政権に忖度したメディアの地方を蔑視するような報道がやめられれば、あとは利便性や豊かな自然をPRしていくだけでださいたまのイメージは払拭できるはずです。 重視される課題は人口減少対策です。 自民党の推す青島健太さんは、スポーツ誘致、インフラ整備など、どちらかというと富裕層のための政策で人口対策を掲げているのに対し、野党統一候補の大野もとひろさんは、福祉の充実、災害対策など、庶民目線の政策をかかげているところに違いがあります。 埼玉県は、現在は人口は微増、もしくは横ばいの傾向です。 将来的には減少していくと予想されます。 全国的には既に人口減少が始まっている中、埼玉県はむしろ持ち堪えている方です。 今後人口減少対策は必要ですが、他の都道府県と比較して、埼玉県が特に人口減少が緊急事態というわけでもなく、現職知事の路線は概ね上手くいっていると思われますので、継承、さらには高齢化に備えて福祉政策を発展させていくことがのぞましいでしょう。 NHKから国民を守る党候補は、国政でも地方でも相変わらず「NHKをぶっ壊す」のワンイシューです。 埼玉県知事選挙投票率は? 2015年の埼玉県知事選挙は、投票率が26. 63パーセントと、かなり低い水準になっています。 2019年は、実質与野党対決で、全国的にも注目されているので、もう少し県民の関心も高まるのではないかと思われます。 できるだけ多くの埼玉県民の方が埼玉県知事選挙にさんかしてほしいところですね。

次の

祝! 埼玉県知事選挙の投票率5.68ポイント増!!│みさきゆみこ

埼玉 県 知事 選挙 投票 率

概要 [ ] 現職の知事の任期満了に伴う選挙。 なお上田は、2019年6月15日ので、知事選に立候補せず、知事の退任を表明した。 これにより16年ぶりの立候補者が全て新人候補による選挙となり、が多数を占めるとのねじれが解消されるかが注目された。 選挙戦直前までは、立候補届け出順 に、・・の各県政野党が支持、県委員会が自主支援する前参議院議員の 、無所属で元埼玉県立高校英語教諭の 武田信弘、公認で専門医の 、無所属で元建設会社社員の 櫻井志津江、自由民主党・など県政与党が推薦する元プロ野球・選手での と、記者会見による立候補表明順 に、元の、旧民主党系で前参議院議員のの、7人による選挙戦になると想定されていた。 しかし、告示日前日に行田が、告示日当日に山口が立候補を辞退し、大野、武田、浜田、櫻井、青島の、5人の争いになった。 同年7月に開催された以降では、最初の大型選挙であり与野党対決型の選挙ともなったことにより、与野党ともに党首および幹部クラスが応援に駆け付けた。 選挙終盤まで大野と青島の接戦が報じられ、最終的に歴代の埼玉県知事選挙で最も僅差となる約6万票差(大野92万3482票、青島86万6021票)で、大野元裕が初当選した。 選挙データ [ ]• 2019年(令和元年)8月30日任期満了• 2019年8月8日(木)告示• 2019年8月25日(日)投開票 投票時間帯:午前7時~午後8時(投票所により異なる場合あり)• 今回の選挙の啓発ポスター・CMには、埼玉県を舞台にした漫画『』の主人公・白鵬堂(実写映画版では「壇ノ浦」)百美と麻実麗を使用。 その後、でも起用。 候補者すべて新人。 大野元裕…• 武田信弘…• 浜田聡…埼玉県内における、NHKの放送電波の受信を希望しない人には電波を届けない、スクランブル放送化を推進。 接種の積極的勧奨再開、埼玉高速鉄道の延伸。 川越線の複線化。 櫻井志津江…など道路・歩道橋等の補修 ・整備や、の安全確保 をして、事故防止を図る。 社会福祉を充実させて、少子高齢化対策を推進。 など、子育て世代にかかるの増額支給。 賃貸世帯の家賃補助。 高齢者の年金や介護。 低額で入所できる介護施設を増設する。 県内のイベントや特産物を紹介するチラシや冊子の作成、配布により、県の魅力を高める。 地元テレビ局で、県の魅力の発信に努める。 県庁舎の建て替えについては、修繕修理を行ったうえで検討すべきである。 商工業・農林・産物も円滑生産。 さらなる発展と固定化に取り組んでいく。 青島健太… 立候補を取りやめた人物 [ ]• - 前参議院議員 2019年5月9日、自身のブログで立候補を表明。 同年6月23日、記者会見で立候補を表明。 同年8月6日、の疑いで入院し、翌7日、立候補を取りやめた。 を参照。 - 元 2019年2月12日、記者会見で立候補を表明。 同年8月8日の知事選告示日、立候補を届け出なかった。 永瀬謙 - 無職 2019年7月9日、立候補予定者説明会に出席。 同年8月8日の知事選告示日、立候補を届け出なかった。 タイムライン [ ] 2019年• 2月12日 - 元不動産鑑定士の山口節生が、記者会見で立候補を表明。 5月9日 - 前参議院議員の行田邦子が、自身のブログで立候補を表明。 6月5日 - 前参議院議員の 大野元裕が、記者会見で立候補を表明。 6月5日 - 自民党埼玉県連が、スポーツライターの 青島健太に、立候補を要請する方針を固める。 6月15日 - 現職の上田清司が、不出馬を表明。 6月18日 - 青島健太が、記者会見で立候補を表明。 6月18日 - 埼玉が、大野元裕の推薦を決定。 6月19日 - 自民党埼玉県連が、青島健太の推薦を党本部に申請。 党本部が県知事選候補者を推薦するのは、16年ぶりとなる。 6月20日 - 日本商工連盟川口地区が、大野元裕の推薦を決定。 6月23日 - 行田邦子が、記者会見で立候補を表明。 また、自民党に支援を求めたが断られた経緯を明かした。 6月27日 - 公明党が中央幹事会で、青島健太の推薦を決定。 7月5日 - 上田清司知事が、大野元裕を全面的に支援すると表明。 7月9日 - 埼玉県が、県庁で知事選挙の立候補予定者説明会を開き、大野元裕、元埼玉県立高校英語教諭の 武田信弘、元建設会社社員の 櫻井志津江、青島健太、行田邦子ら7陣営が出席。 7月23日 - 国民民主党埼玉県連が、常任幹事会で大野元裕の支援を決定。 7月25日 - 日本共産党が今回の埼玉県知事選で、独自候補擁立を見送る方針を固め、事実上系候補の支援に回ることが、の取材で判明。 7月25日 - 櫻井志津江が、埼玉県選挙管理委員会による立候補予定者の事前審査を通過。 7月25日 - 武田信弘が、埼玉県選挙管理委員会による立候補予定者の事前審査を通過。 7月26日 - 行田邦子が、の宝登山神社にて決起集会を開催。 、長瀞町、など9市町村の首長が推薦を表明。 7月28日 - 立憲民主党埼玉県連が、常任幹事会で大野元裕の支援を決定。 7月29日 - 放射線科専門医の 浜田聡が記者会見を開き、NHKから国民を守る党公認での立候補を表明。 7月30日 - 青島健太が、内で総決起大会を開催。 、県連会長、川口市長らが参加。 なお奥ノ木はのちに大野支持を明らかにした。 7月31日 - 日本共産党・社会民主党が、それぞれ大野元裕の支援・支持を表明。 8月2日 - 武田信弘が、記者会見で立候補を表明。 8月6日 - 行田邦子の体調不良による入院を受け、陣営が行田本人に立候補辞退を促す方針であることを表明。 8月7日 - 行田邦子が、熱中症の疑いで、立候補を取りやめ。 8月8日 - 知事選告示。 大野元裕、武田信弘、浜田聡、櫻井志津江、青島健太が立候補を届け出。 山口節生は、立候補を届け出ず。 8月16日 - 出馬を取りやめた行田邦子が、動画メッセージを公開し、病院での検査中に出馬取りやめの方針が決まったこと、県政運営のスタンスに最も近い青島健太に投票することを明らかにした。 8月25日 - 知事選投開票。 大野元裕が初当選。 開票結果 [ ] 投票締め切りの20時での出口調査では、野党系の大野と与党系の青島での接戦が伝えられたが、大野が青島を僅差で破り当選した。 出典・参考・脚注 [ ] []• 2019年8月16日閲覧。 - 時事通信、2019年8月8日• 立候補者 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月24日• - NHK• 立候補者 - 読売新聞埼玉版22面、2019年8月9日。 立候補者 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月24日• 櫻井志津江の新聞広告 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月21日。 櫻井志津江の新聞広告 - 読売新聞埼玉版31面、2019年8月24日• - 東京新聞、2019年8月9日• 19知事選 候補者アンケート 上 Q1 知事として最も力を入れて取り組む政策 桜井志津江さん - 読売新聞埼玉版24面、2019年8月15日• 19知事選 候補者アンケート 上 Q3 今後加速する少子高齢化への対処 桜井志津江さん - 読売新聞埼玉版24面、2019年8月15日• 19知事選 候補者アンケート 下 Q6 県庁舎の建て替えについて賛成か、反対か 桜井志津江さん - 読売新聞埼玉版22面、2019年8月16日• - 日本経済新聞、2019年6月5日• 長谷川陽子 2019年6月5日. 朝日新聞. 2019年6月27日閲覧。 産経新聞. 2019年6月18日. 2019年8月28日閲覧。 日本経済新聞. 2019年6月20日. 2019年6月27日閲覧。 産経新聞. 2019年6月19日. 2019年6月27日閲覧。 2019年6月23日. 2019年8月28日閲覧。 日本経済新聞. 2019年7月5日. 2019年7月8日閲覧。 埼玉新聞 2019年7月24日• 共同通信 2019年7月25日• 産経新聞. 2019年7月27日. 2019年8月27日閲覧。 - 日本経済新聞、2019年7月29日• 井上峻輔 2019年8月3日. 東京新聞. 2019年8月27日閲覧。 日本経済新聞. 2019年8月3日閲覧。 - 埼玉新聞、2019年8月3日• 産経新聞. 2019年8月6日. 2019年8月6日閲覧。 - 埼玉新聞、2019年8月18日• リンク先の上部に、『回答のあった大野元裕氏、武田信弘氏、青島健太氏からの回答内容を併せて掲載します。 』と記載• 映像の0:33~1:02に説明あり.

次の