だるま 目入れ。 ダルマの目はどちらから入れるの?

ケーキカットの代わりの演出『だるまの目入れ』とは?

だるま 目入れ

私の住んでいる町でも、毎年行われる年末年始の市では、 だるまを売る威勢のよい声が聞こえてきます。 毎年のことながら「あっ、もうそんな時期なのね…」と思い、その声に釣られるようにだるまを購入するのです。 ところで、だるまを購入したのよいのですが、まだ白い 左右の目に いつ目入れをするのかご存じでしょうか?。 私の友人はだるまに目入れをせずに、また処分の方法もわからないため、「倉庫に3つほど置きっぱなしになっている」と言っていました。 このように、意外と だるまの目入れのタイミングや 処分の方法がわからなくて困っている方、少なくないようです。 そこで今回は、 だるまの目入れのタイミングやそのやり方、処分方法などについての基本的知識をまとめてみました。 「だるまの目」左右に入れるタイミングは? だるまは、私たちの願いを叶えてくれる 「万能の縁起物」と言われています。 この縁起物のだるま、実は ご利益の期限は1年間なんですね。 12月末や新年、または年度の変わり目などに新しいだるまを購入される方が多いと思います。 だるまへの最初の目入れは、 購入したらすぐに「新しい願いを込めて」してください。 「だるまの目、左右どちらから入れるの?。 」 その場所は、 だるまの左目(正面から向かって右側の目)からです。 そして、願いが叶ったら、 だるまの右目(正面から向かって左側)に感謝を込めて入れます。 これは、 「阿吽(あうん)」という言葉からきていて、 左目は「阿(あ)」(物事の始まり)、 右目は「吽(うん)」(物事の終わり)を意味します。 ところで、「今年の願い叶っていない」という方もいらっしゃるかと思います。 そのような場合は、たとえ願いが100%叶っていなくても、もしも、皆さんの生活がこの一年間「まずまず」であったならば、そのことに感謝して、だるまの右目に目を入れることをおすすめします。 まずまずの生活でも、それは「だるまのご加護」かもしれませんからね。 だるまの目入れの時期やタイミングは? それでは、だるまの左右の目に 「目入れ」する具体的な時期やタイミングはいつでしょうか。 スポンサーリンク だるまの目入れには何を使うの? ところで、 目入れには何を使う のがよいのでしょうか。 私のおすすめは、 油性のマジックペンや筆ペンです。 よく、習字の筆で目を入れるのを見かけますが、素人では墨汁をたれさせてしまう恐れが…。 そうすると、 だるまが泣いてしまいます。 高いお金をだして購入しただるまです。 残念な結果にしないためにも、マジックや筆ペンで入れてみてください。 だるまはいつまで飾っていいの? だるまのご利益の期限は1年間と言われています。 ですから、新年や年度の変わり目に購入した新しいだるまは、 一年後には処分(供養)をしていただくことをおすすめします。 しかし、「だるまを購入した記念に」という事で取っておくという方いらっしゃいます。 それでもOKです。 ちなみに、願い事が叶っていない場合でも、区切りとして新しいだるまを購入する方は多いです。 ・ご近所の「どんど焼き」を行うところで焼却してもらう ・ご自宅の近くの「お寺」に納める ・近くに「どんど焼き」の風習がなく、「お寺」もない場合は近くの「神社」に納める 我が家では、1月14日あたりに、近くの神社で処分(供養)をしていただいています。 その神社では、直接焼く場所と「回収ボックス」とがあります。 ところで、「だるま」は元々仏教の僧侶である 「達磨大師」からきているため、神社で処分をせずにお寺に納めることがベターであるという考えがあります。 しかし、それにこだわらないという説も強く、私的には「こだわらない」説に賛同して近くの神社の 「どんど焼き」で実施しています。 ちなみに、 高崎だるまで有名な少林山だるま寺をはじめ、各地域にだるまやお人形などを処分してくれるお寺や神社、業者がたくさんあります。 お焚き上げ料として、1. 000~2000円程度かかるところが多いようですが、もしお近くにだるまを処分してくれる場所がない場合は、そのようなところで郵送して処分をされてはいかがでしょうか。 ・上に人が通る所 ・エアコンの風が当たる所や台所 ・不浄な場所 ・北向き だるまの置き方は、地域や家の風習により異なりますので、「これが正しい」という事はありません。 また、だるまは仏教僧侶の達磨大師に由来するため「神棚に置くのはよいことなのか?」という考え方があります。 しかし、 だるまはあくまで「縁起物」 であり、宗教として拝むものではありません。 だるまは、カビや埃に気をつけて、きれいにして飾ってあげてほしいと考えます。 まとめ だるまを購入しましたら、是非とも1年間大切に飾ってください。 左目から目入れをして、1年後や願いがかなったタイミングで 右目に目入れ し処分(供養)することで私たちの幸せを守ってくれますよ。 ところで、 カア~ッと見開いた 「だるまの目」は、達磨大師の修行からきているそうです。 達磨大師は、日々過酷な修行を実施してきました。 特に、壁に向かって9年間も座禅を組むという修行は有名です。 そんな厳しい修行ですから、時々睡魔に襲われても不思議ではありません。 そこで達磨太師は、寝ないようにするために自分のまぶたを切り取ってしまったそうなんです!。 いやぁ、ホント凄まじいですね。 この達磨大師の凄まじい思いが縁起物の「だるま」の姿となり、私たちの心の支えとなっていると思うとなんだか感無量です。

次の

だるまの目はすぐに入れよう!意外と知らないだるまの飾り方|さんち 〜工芸と探訪〜

だるま 目入れ

配送について 配送料について 配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。 ご注文商品代金8,000円以上、および送料無料商品を含む場合は、株式会社もしもが送料を負担いたします。 ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。 その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。 配送業者について 商品の配送は、佐川急便に委託しております。 一部の直送商品につきましてはヤマト運輸等、他の配送業者がお届けする場合がございます。 商品は「株式会社もしも」名義でのお届けとなります。 一部の直送商品につきましては、「株式会社もしも」名義ではなく、卸業者名、メーカー名になっている場合がございます。 あらかじめご了承ください。 配送業者の都合上、お届けができない地域がございます。 その際はご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。 出荷目安について 出荷目安はご注文から出荷手配が完了するまでの期間となります。 こちらは、土日祝日や年末年始、お盆休みを含まない営業日で計算しております。 日曜・祝日・年末年始・お盆の場合は翌営業日に出荷いたします。

次の

ケーキカットの代わりの演出『だるまの目入れ』とは?

だるま 目入れ

スポンサーリンク だるまの目の入れ方はどっち? 「だるま」に目を入れる時は、 まず 「左目」から入れることになっています。 左目ということは、こちら側から見て、向かって右側の目ということになります。 最初に 左目を入れて、 だるまにお願いごとをするのです。 そして、 その願いが叶ったら、右側の目も入れるという順番になります。 なぜ、このような順番で目を入れるのでしょうか? これは、陰陽道に由来すると言われています。 陰陽道では、 「物事は全て東から始まる」とされています。 そして、赤いだるまは、 「火」「太陽」を象徴していると言われています。 日本では、太陽は南側にあるとされており、太陽を象徴するだるまを南に置くと、 東は左側になります。 だるまの目はペンで良い? では、「だるま」に目を入れる際は、何で書けば良いのでしょうか? 本来であれば、だるまの目は、 黒い墨と 筆で入れるのが良いと言われています。 でも、だるまの目入れは、 黒い色であれば、他の筆記具を使っても大丈夫です。 もし家にペンしかない場合は、ペンで目を入れても問題ありません。 ちなみに、筆以外に、だるまの目入れにおすすめの文房具は、 筆ペンです。 筆ペンで目を入れれば、筆で書いたような質感と雰囲気が出ます。 なので、マジックペンなどよりも良いかもしれませんね。 ただし、だるまは縁起ものなので、葬儀などに使う 薄墨の筆ペンは避けてください。 スポンサーリンク だるまの目でもう片方はいつ入れる?書き入れるタイミング さて、「だるま」の もう片方の目は、先ほどお話した通り、 願い事が叶ってから入れる とされています。 ですから、合格祈願をお願いしていたなら、合格後にもう片方の目を入れます。 でも、もう片方の目を入れるタイミングは、必ずしも願い事が叶った後でなくても 良いのです。 願い事の種類によっては、だるまを買った当初から両目を入れてしまうこともあり ます。 例えば、交通安全・健康祈願・商売繁盛、家内安全、金運向上などです。 「いつまでにこれを達成する」という 明確な期限が存在しない願い事の場合が、これ に当たります。 なので、だるまに何をお願いするかによって、目の入れ方が変わってくるのです。 さて、願いが叶い、 役目を終えた「だるま」は、どうすれば良いのでしょうか? この場合、神社や寺に持って行き、 お炊き上げしてもらうのがおすすめです。 役目を終えて古くなった「だるま」は、 感謝の気持ちを込めて、供養してから処分す るのが良いとされています。 もし、地元に「どんど焼き」の風習があれば、そこでお炊き上げしても良いでしょう。 さいごに 「だるま」は、陰陽道に基づき、左目から入れ、願いが叶ったら右目を入れます。 でも、願い事によっては、最初から両方の目を入れてしまうというケースもあります。 「だるま」の目は、筆で入れるのが理想ですが、普通のペンを使っても大丈夫です。 最もおすすめの筆記具は、筆ペンですが、薄墨のものは避けてくださいね。 また、役目を終えた「だるま」は、神社などでお炊き上げしてもらい供養しましょう。

次の