猫 鼻くそ が 黒い。 猫の鼻水は危ない? 知っておきたい猫の鼻水の原因と対策

猫の鼻くそ・取り方・溜まる原因・取れない時・病気・黒・白・緑・血|猫ブログ

猫 鼻くそ が 黒い

スポンサーリンク 鼻くそって何なの? まず1番最初に、病気への理解も深めるために「そもそも鼻くそって何?」について見て行きましょう。 ズバリ、 鼻くそ=鼻水や鼻から入ったホコリが固まったモノなんです! 正確には『鼻糞』と書くのですが、文字通り 鼻から出る汚物という感じ。 そして先ほどもお話しした通り、基本的に鼻くそは鼻水とホコリが固まったモノなので、 鼻くその量も比例して多くなると言えるんですね! 原因としては下記があります。 風邪で発生した粘膜の炎症の延長上で起こる• 花粉症で発生した鼻腔内の炎症が広がる• 鼻の内部が極端に曲がっている 3つ目の原因は、曲がっている側の鼻の通りが悪くなって副鼻腔に炎症が起こってしまう事になります。 例え、量が多くなくても、 鼻くそ1つの大きさが大きくて鼻呼吸しにくいケースあるんですね・・ 原因としては、何らかの鼻の症状が出ている時に、鼻をかんだり鼻くそをほじってしまう事による細菌感染です。 そのため常に鼻が詰まっている感覚になり無意識的に口から呼吸してしまい、風邪になりやすいという悪循環に陥ったりするんですね・・ アレルギーは薬を飲んだだけではすぐ治らないので、 長い期間、根本的な治療を続ける必要があります。 そして体内にいるウイルスや菌を体外に排出しようとした結果、鼻くその量が多くなったりします。 今まで見てきた通り、 『鼻水が多い=鼻くその量が多い』という傾向がありますますが、注意して欲しいのが鼻水が出た時に勢い良くかんでしまうと、 粘膜を傷つけてしまう事があるという点です。 かみ終えた後 にジンジン痛むのが、その証拠です!僕も気を付けてはいるのですが、よくやってしまいます・・(笑)• 白い場合 鼻くそを見ると色んな色がある事に気付きますが、 白色は問題ないと言えます。 というのも白い鼻くそになるのは、白い鼻水が原因になっている事がほとんどだからですね。 ただし明らかにネバネバした状態が続く場合は、 副鼻腔炎の可能性が強いので、要注意です!• 黄色い場合 風邪を引いている状態だと鼻くそも黄色になります。 よく「風邪引を引いたら黄色になる」と言いますが、アレは間違いではないんですね縲彌r 原因はウイルスや細胞の死骸が膿(うみ)となって鼻に残っている事なので、黄色の場合は 病気の可能性は低いと言えます。 緑の場合 コチラは、先程の 黄色い状態から悪化した事が原因です。 原色の緑色というより黄緑っぽい感じですね。 色の程度にもよりますが、白や黄色と比べて良い状態とは言えないので、より 蓄膿症に気を付けてください! 黒い鼻くそが出るのも病気なの?• 空気が汚れている、または乾燥した場所に長時間いる• ホコリや花粉が多い場所にいる• 乾燥している場所にいる 汚れている場所は分かりやすいと思いますが、乾燥している場所も鼻くそが多くなりやすいんですね。 鼻の粘膜が乾きやすいので、固形化して鼻くそになるワケです。 ホントに奇跡的に全てが上手く機能しているので、生きてるだけでスゴいと思わせてくれます! 気付いたら、 「鼻くそが多い」という疑問から、人体のスゴさに辿り着いてしまいました(笑).

次の

猫の鼻くそ・取り方・溜まる原因・取れない時・病気・黒・白・緑・血|猫ブログ

猫 鼻くそ が 黒い

Contents• 朝の洗顔 猫の鼻くそ 朝の洗顔 猫は自分のことはなんだって自分でできます。 朝の洗顔もそうです。 目ヤニはもちろん、歯磨き、耳垢、鼻くそまでの掃除一式を目覚めてから数分のうちに済ませてしまいます。 耳くそ飛ばし、鼻くそ飛ばしにいたっては顔の振り方が180度異なり、ちゃんと飛ぶように計算されています(正確には90度です)。 くそたちの呼び名 このそれぞれの汚れ物の呼び方が三者三様で、 目は目垢(めあか)、目ヤニ(目脂)、目くそ、耳は耳垢(みみあか・じこう)、耳くそ、と上品下品と取り揃えているのに対し、鼻だけ鼻くそのみ、正式名称が「鼻くそ」だったのですが…… とうとう2015年鼻垢が正式に使えるようになったようです。 当然、うちのも、自分で洗顔するのですが、床に飛び散った垢や、こすりつけられた柱を結局はふき取らないといけません。 それに、百歳越えのためか、頭を振りすぎた後に貧血気味になってしまうので、うちでは毎朝ティッシュで洗顔をしてあげています。 目ヤニ取り ティッシュで目を覆い、目頭の部分を書き出すように拭き取っています。 目ヤニは少し強めにしっかり取ってあげています。 なぜかというと目ヤニをしっかり取ってあげるとその次の眼球マッサージを安心して行えるからです。 眼球マッサージ ティシュで目を覆い、手のひらや、指先でグリグリしてあげます。 ご機嫌度を感じ取りながらマッサージしてあげます。 鼻くそ掃除 実は結構鼻くそがたまっていることがあります。 毎日必要だったりします。 鼻くそ掃除の手順は後ほどまとめて紹介します。 歯磨き 鼻くそ掃除の後の歯磨きはちょっと抵抗ありますが、手順が逆だと臭くて嫌かな、っと。 歯磨きといっても、上下の犬歯を軽く拭くだけです。 前歯(門歯・切歯)や奥歯(前臼歯と奥臼歯)は嫌がらない程度になぞってあげています。 うちの猫はお婆ちゃんですが、ドライフードがメインです。 元々猫は噛み砕くことはしないので、柔らかいものに変更する必要はないとのことなので。 たまに缶詰めを与えることもあるのですが、水で薄めた「だし入りの水」状態にしないと食べてくれません。 というか飲むだけ。 耳垢の悪臭による害虫予防の必要はないからです。 普段は、ふき取るというよりは押し当てて吸い込ませています。 軽く汗を拭きとるような感じです。 強くふき取るのはあまり頻繁にやると傷つけそうだからです。 その代り、定期的に綿棒と、ティッシュで掃除してあげています。 おまけ そして最後に、軽くおしりをちょんちょんとします。 たまに思わぬお土産をいただくことがあります。 この程度だと、出勤前の数分で完了できます。 実際はこれにトイレ掃除が加わるので5分くらいです。 まさしくくそ三昧ですね。 鼻くそ掃除の仕方 まずはとれた鼻くそから。 朝の洗顔を終え、昼過ぎに改めて鼻掃除を行った時の写真です。 とれた鼻くそ 耳垢と鼻垢はなぜかいつもまっ黒(こげ茶?) 鼻の掃除には、よく親指と人差し指でつまむようにして人間のように鼻をかむ感じでふき取ることが多いと思います。 とりあえずはそれでもよいとして、もっと丁寧に鼻掃除をしてあげたい時の手順を紹介します。 ちなみに、黒い鼻くそが、鼻の周りに付いていることがあるのですが、それは振り飛ばしに失敗したものです。 まずは鼻掃除の必要性の有無の確認から• 鼻くそ、鼻ミズの有無の確認 (人間の)親指と人差し指で鼻をつまむように、あるいは人差し指で片鼻ずつ鼻を押してみます。 その時にペチペチしたり、ベタベタしたら要鼻掃除です。 鼻ミズ吸い取り ティッシュを鼻の穴に合わせて横から軽く添えます。 ちょうどよい位置に添えれればこれだけで鼻水の吸い取りが始まります。 急いでいるときはふき取りたくなりますが、出来ればじっくり様子を見ます。 鼻ミズ引き出し&鼻くそ取り出し 鼻に当てたティッシュを鼻の穴の向きに合わせてゆっくり前方にずらすと、鼻ミズを奥から引きずり出せます。 同時にこの時に鼻くそも取れます。 鼻くそがうまく取れないときには、先の鼻つまみを再度行い、鼻くその形をちょうど良く変形させてから、再度取り出しに挑戦します。 結構、大量の鼻ミズが取れることもあります。 またその時に奥の鼻くそが取れることもあります。 鼻ミズに頼らなくても出口付近の鼻くそはティシュを充ててから、鼻をつまむとティッシュにくっついて取れることもあります。 注意事項は鼻ミズの量、頻度によりますが、鼻を痛くさせないように、無理をしないことです。 この辺は人様と同じですね.

次の

【猫】病気・ケガ(病気全般)

猫 鼻くそ が 黒い

猫の鼻くそについて 猫の鼻くその取り方 手で簡単に取れるようであれば優しく取ります。 綿棒を使う方法もありますが、 鼻の粘膜はデリケートなので綿棒で傷つけてしまったり、反って鼻の奥に押し込んでしまうことがあります。 取りにくい場合は、コットンやガーゼをぬるま湯で湿らせ鼻に当てて、鼻くそをゆっくりふやかすようにして除去しましょう。 猫に鼻くそが溜まる原因 人と同様、鼻に侵入したホコリや異物を除去するために生理的に鼻水が出たものが固まって鼻くそになることもあれば、感染症やアレルギー、腫瘍などの病気が原因となることもあります。 猫の鼻くそが取れない! 取れない鼻くそを無理矢理取ろうとしてはいけません。 前述した方法で取れなければ、動物病院で取ってもらいましょう。 鼻くその量が多く鼻詰まりを起こしている場合、匂いを嗅げず食餌を摂らなくなってしまうこともあるので、詰まったままにすることは危険です。 猫に鼻くそが毎日溜まるのは何かの病気? 鼻くそは生理的に出る場合と病気で出る場合がありますが、溜まるほど出ている場合には何かしらの病気の可能性が高いと言えます。 最も考えられる病気は、猫ウイルス性鼻気管炎や猫カリシウイルスなどの感染症です。 猫の鼻くそが黒いの理由 黒色で乾燥した鼻くその殆どは生理的なものであるため、あまり心配することはありません。 但し、くしゃみや鼻水、食欲低下など鼻くそ以外の症状を伴う場合には病気の可能性もあるので動物病院を受診しましょう。 猫の鼻くそが白い理由 猫は通常、白い鼻くそは出ません。 白い鼻くそのようなものがあれば、大抵はトイレ砂の匂いを嗅いだときに鼻に侵入してしまったトイレ砂です。 猫の鼻くそが緑色の理由 緑色の鼻くそは、病気の可能性が高いです。 主に細菌の感染によって緑色になりますが、細菌単独での感染よりもウイルス感染や口腔内疾患から二次的に細菌感染を起こすことが多いです。 白血球や死滅した細菌が混ざり、粘張性のある緑がかった鼻水が出て固まり、緑色の鼻くそになります。 猫の鼻くそに血が付いているのはなぜ 鼻くそに血がつくというよりは、血混じりの鼻水が乾燥し血の付いた鼻くそのようになることが多いです。 出血の原因には鼻粘膜が切れる、副鼻腔炎、腫瘍、クリプトコッカス症などが考えられます。 鼻腔内の粘膜はデリケートなので、くしゃみをし過ぎことで切れて出血する場合があります。 副鼻腔炎では、副鼻腔の粘膜が何らかの原因で炎症を起こすことで出血します。 癌の組織は、血管が多くもろいため鼻腔内に腫瘍が出来ると鼻血を出すことがあります。 口腔内腫瘍から波及して鼻から出血することもあります。 クリプトコッカスは真菌の一種で通常は土の中にいますが、鳩の体内に入り糞便中に排出され、便が乾燥し飛散することで感染が広がる人獣共通感染症です。 鼻炎と同様の症状を示す他、鼻に特徴的な肉芽腫を形成し、鼻孔を閉塞することもあります。 重症化すると肺炎を起こします。

次の