あつ森滝 斜め。 【あつまれどうぶつの森】島の地形の作り方・構想のやり方!素材とみんなの島クリエイトまとめ【あつ森】

<あつ森>島クリエイター河川や崖の削られ方の特性

あつ森滝 斜め

滝の形と作り方 基本的な滝の作り方 基本的な滝の作り方の手順• 島クリエイターを起動する• 「河川工事」で崖を 上から掘る• 滝の上下を整地して完成 1:島クリエイターを起動する 滝を作るときはまず、スマホから「島クリエイター」を起動します。 2:河川工事で崖を上から掘る 河川工事ライセンスを選択したら、滝を作りたい崖の上に登って崖を掘ると滝が現れます。 滝を作るときは 上から崖を掘らないと作れないので注意が必要です。 3:滝の上下を整地して完成 滝が現れたら近くの川から水を引いたり、流れを下流の川までつなげてみたりと、自由に整地して理想の川や滝作りを楽しみましょう。 2段滝の作り方 2段滝の作り方の手順• 2段目の崖に登って河川工事で掘る• もとから島にある崖や島クリエイターの「崖工事ライセンス」を使って2段の崖を用意しましょう。 4:1段目の崖も掘って完成! 2段目の滝を掘ったら1段目に降りて滝が繋がるように掘ります。 これで2段の滝は完成です。 滝の道の作り方 滝の道の作り方の手順• まず川の道を作る• 両脇に崖を作る 2段滝も可• 崖を河川工事で掘って完成!• 川と滝を同じ長さにする場合は2マス長い崖が必要 1:まず川の道を作る 滝の道を作るときはまず川を先に作ってしまいましょう。 崖を作ったあとで川の幅や長さを変更するのは手間になってしまいますので、ここで予め完成後の川を予想して道を作っておくと、設計に失敗するリスクを減らせます。 2: 両脇に崖を作る 2段滝も可 続いて崖の作成では、川の両サイドに島クリエイターで崖を作ります。 この時 崖の横幅は1段滝なら2マス、2段滝なら4マス必要になるので、予め「お片付けサービス」などで整地しておきましょう。 3:崖を河川工事で掘って完成! 崖を用意できたら上に登り、川に面している部分を「河川工事ライセンス」ですべて掘っていきましょう。 これで滝の道の完成です。 1段滝なら1マス、2段滝なら2マス長くしないと滝を同じ長さにできないので注意しましょう。 滝を作る時の注意点 崖の角には滝を作れない 崖の角には滝を作ることはできません。 画像のピンクのマスのように、滝を作るには崖の角から1マス以上離れている必要があります。 斜めの滝は作れない 斜めになっている崖にも滝を作ることはできません。 縦か横向きの崖にしか滝は作れないので、縦横の滝を組み合わせて 斜めに見える滝を作ることは一応可能ですが、完全に斜めの滝は作れないことは覚えておきましょう。 3段滝も作れない 3段の滝は作ることができません。 滝を作るには崖を上から掘る必要がありますが、 プレイヤーの登れる崖の高さが最高で2段目までなので3段の滝は作れない仕様になっています。 滝を埋め立てる場合 島クリエイターの河川工事によって埋められる 滝の埋め立ては島クリエイターの「河川工事ライセンス」で埋めることができます。 元から島にある滝で気に入らない場所にある滝は埋め立ててしまいましょう。 ですので納得がいくまでおしゃれな滝を作ってみるのも楽しいですね。

次の

【あつ森】南半球で釣れる魚図鑑・出現場所一覧【あつまれどうぶつの森】

あつ森滝 斜め

滝の形と作り方 基本的な滝の作り方 基本的な滝の作り方の手順• 島クリエイターを起動する• 「河川工事」で崖を 上から掘る• 滝の上下を整地して完成 1:島クリエイターを起動する 滝を作るときはまず、スマホから「島クリエイター」を起動します。 2:河川工事で崖を上から掘る 河川工事ライセンスを選択したら、滝を作りたい崖の上に登って崖を掘ると滝が現れます。 滝を作るときは 上から崖を掘らないと作れないので注意が必要です。 3:滝の上下を整地して完成 滝が現れたら近くの川から水を引いたり、流れを下流の川までつなげてみたりと、自由に整地して理想の川や滝作りを楽しみましょう。 2段滝の作り方 2段滝の作り方の手順• 2段目の崖に登って河川工事で掘る• もとから島にある崖や島クリエイターの「崖工事ライセンス」を使って2段の崖を用意しましょう。 4:1段目の崖も掘って完成! 2段目の滝を掘ったら1段目に降りて滝が繋がるように掘ります。 これで2段の滝は完成です。 滝の道の作り方 滝の道の作り方の手順• まず川の道を作る• 両脇に崖を作る 2段滝も可• 崖を河川工事で掘って完成!• 川と滝を同じ長さにする場合は2マス長い崖が必要 1:まず川の道を作る 滝の道を作るときはまず川を先に作ってしまいましょう。 崖を作ったあとで川の幅や長さを変更するのは手間になってしまいますので、ここで予め完成後の川を予想して道を作っておくと、設計に失敗するリスクを減らせます。 2: 両脇に崖を作る 2段滝も可 続いて崖の作成では、川の両サイドに島クリエイターで崖を作ります。 この時 崖の横幅は1段滝なら2マス、2段滝なら4マス必要になるので、予め「お片付けサービス」などで整地しておきましょう。 3:崖を河川工事で掘って完成! 崖を用意できたら上に登り、川に面している部分を「河川工事ライセンス」ですべて掘っていきましょう。 これで滝の道の完成です。 1段滝なら1マス、2段滝なら2マス長くしないと滝を同じ長さにできないので注意しましょう。 滝を作る時の注意点 崖の角には滝を作れない 崖の角には滝を作ることはできません。 画像のピンクのマスのように、滝を作るには崖の角から1マス以上離れている必要があります。 斜めの滝は作れない 斜めになっている崖にも滝を作ることはできません。 縦か横向きの崖にしか滝は作れないので、縦横の滝を組み合わせて 斜めに見える滝を作ることは一応可能ですが、完全に斜めの滝は作れないことは覚えておきましょう。 3段滝も作れない 3段の滝は作ることができません。 滝を作るには崖を上から掘る必要がありますが、 プレイヤーの登れる崖の高さが最高で2段目までなので3段の滝は作れない仕様になっています。 滝を埋め立てる場合 島クリエイターの河川工事によって埋められる 滝の埋め立ては島クリエイターの「河川工事ライセンス」で埋めることができます。 元から島にある滝で気に入らない場所にある滝は埋め立ててしまいましょう。 ですので納得がいくまでおしゃれな滝を作ってみるのも楽しいですね。

次の

[svn] [114] Added ramdom Japanese data generator. (Tritonn

あつ森滝 斜め

: 名無しさん@お腹いっぱい。 マカロニ・ジーパン時代はボス以外の刑事が欠場する事も多かったが、 いずれの場合も通常通りにクレジットされていた。 3 : 名無しさん@お腹いっぱい。 スコッチ復帰以降、2番手は若手中心刑事の定位置に。 トップGトメ(神田・三田村)の位置はより明確に。 途中スコッチ、ボス未出演の回あり。 通常通りにクレジットされる。 4 : 名無しさん@お腹いっぱい。 トメ前だったトシさんはトップGトメに移動。 途中ラガー、ボス未出演の回あり。 通常通りにクレジットされる。 5 : 名無しさん@お腹いっぱい。 初めてトップクレからボスが消える。 最終回(718話)のみ、警部(渡哲也)の前に差し込む形でボスがトップクレ。 ちなみにボスのカット挿入に伴い、 裕次郎不在時には3カットあった警部(渡哲也)のカットが1カットになっている。 PART2で久しぶりにトメG復活。 変則的ではあったが72年の番組初回と87年の最終回の両方にクレジットされているのは 長さん(下川辰平)のみ。 ありがとうございます&修正痛み入ります。 しかし何という偶然。 実は今日、何ヶ月か振りにこの表を確認して、 修正を入れて(ハナ肇のクレその他)どこかに貼り直そうか考えていたところだったのです。 そしたらこちらに誘導されて最初のカキコがこの表だったので驚きましたw 一応一箇所だけ修正を。 の、ジプシー加入時のクレなのですが、このバージョンから ロッキーとラガーのクレ順が逆転しています。 実はこのミスも今日ようつべでたまたまOP動画を観て気が付いたのですが。 私もどうせ作るのなら最初のクレはこの表だろうとオモってましたw 8 : 名無しさん@お腹いっぱい。 『私は貝になりたい』 58年=ラジオ東京テレビ(TBSの前身)単発 ~縦書き表示~ フランキー・堺(清水豊松) 桜むつ子(その妻 房江) 平山清(息子健一)高田敏江(敏子) 坂本武(三宅)増田順二(竹内) 十朱久雄(根本)垂水悟郎(酒井正吉) 有馬是馬(松田老人)里木三郎(客)伊藤正次、伊藤克(中学生) 梶哲也、永島明(刑事)峰夕美子、安井奈菜、大木弦介(近所の人) 大森義夫(参謀)原保美(司令部担当将校) 恩田清二郎(尾上少佐)浅野進治郎(足立少尉) 清村耕次(木村軍曹)小松方正(立石上等兵)熊倉一雄(滝田二等兵) 内藤武敏(大西三郎)佐野浅夫(西沢卓次) 河野秋武(小宮教悔師)田中明夫(通訳) 織本順吉、幸田宗丸、神本貞也(戦犯)鶴田全夫(アナウンサー) ハワード・ラーセン、トメス・マクベイ、ジェームス・ウォレス、ウォーレン・ミッチェル、ディブ・ビックラー(判事) ドナルド・ウォーレン(拘置所長)N・クラーク(通訳)ブライアン・ムーア、ハロルド・モス(検事) ジェリー・イトウ、ジョーン・オガード、B・N・リード、ジョージ・ラウリア、ジョーン・キャスグローブ、他(MP・警備兵) 三期会、七曜会、生活劇場、土曜会、新 演 8プロ、人生派、青 俳、バンビ、子 鹿、他 ジョージ・ファーネス(弁護人) =特別出演= 南原伸二(日高大尉) =特別出演= 佐分利信(矢野中将) =特別出演= 脚本=橋本忍、演出=岡本愛彦 放送データによれば、このドラマは主人公が逮捕される前半30分がVTRで 残り部分は当時主流の生放送ドラマだったらしい。 9 : 名無しさん@お腹いっぱい。 レギュラー陣は顔出し横書きクレ。 12 : 名無しさん@お腹いっぱい。 あのクレは俺も納得いかんかったわ。 15 : 名無しさん@お腹いっぱい。 テーマ曲をオリジナルメインテーマに戻し、クレジットもトメGを作ってある。 そのかわり、渡のトメ表示の映像が短くなってしまっている。 19 : 名無しさん@お腹いっぱい。 なお、吉行和子はこの時点でレギュラー降板済みです。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 山村聰がその番組にゲストで出て 拉致されていく場面。 22 : 名無しさん@お腹いっぱい。 最終回のラストシーンも、山口&松下の2ショット。 蓋を開けたら、水野真紀って単なる柳葉の相手役のポジだった。 東宝サイドのゴリ押しと見るか、3番手なのに評判悪くて4番手以下の扱いに なったと見るかだね。 24 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ゲストの伊東四朗や白川由美は中トメ扱いだったかと。 30 : 名無しさん@お腹いっぱい。 そうそうたるメンバーですな。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 現在では珍しいが往年のTBS・石井ドラマにはよく使われていた手法。 34 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ピン子の初トップ回。 これによって、 このドラマはその回で中心となる家族がトップクレになるというルールが示された。 35 : 名無しさん@お腹いっぱい。 この回は次女・五月(泉ピン子)がトメトップという珍しいクレ。 36 : 名無しさん@お腹いっぱい。 37 : 名無しさん@お腹いっぱい。 父・大吉(藤岡琢也)が登場しない珍しい回。 この後、「幸楽」の遺産相続問題を中心に、ピン子トップが多くなっていった記憶が。 三女・文子(中田喜子)のトップ回もあり。 杉村春子ゲスト回は個人的に興味があるので、持ってる人がいなかったら レンタルしてくるつもりです。 確か話は山岡が主役なのに、ピン子トップで杉村御大が特出トメだったと思うけど。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 この山岡の位置は、4番手というよりは、先頭グループトメだと思われます。 39 : 名無しさん@お腹いっぱい。 パート1~3にかけて、山岡と泉はほぼ同等の扱いでしたが、厳密に言えば、泉>山岡だったんでしょうね。 41 : 名無しさん@お腹いっぱい。 思うに、橋田・石井両御大的には、役柄的にも個人的交友的にもピン子を 優遇したいところだったのだけれども、山岡という存在が大きすぎて 露骨にピン子だけをクレ優遇はし切れなかったと。 それが第4シリーズ開始前の山岡の降板騒動で心おきなくピン子をトップに 据える事ができたという事なんでしょうね。 その場合誰をトメにするかでまた問題になりそうですが。 43 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ちなみに、家族構成別クレジットにするなら、パート2の第1回第2回と同じように、 トメなしで問題ないと思います。 44 : 名無しさん@お腹いっぱい。 そう考えると、かなり貴重な存在なんだな。。。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 一年間慣れ親しんだ点滅表示が、スクロールで左から右へ流れる様を見て、 年末の雰囲気と深夜(子供にとっては夜22時台は充分深夜だった)の静けさを 感じたもんだった。 47 : 名無しさん@お腹いっぱい。 48 : 名無しさん@お腹いっぱい。 49 : 名無しさん@お腹いっぱい。 パート1パート2の最終回は、泉トップ、山岡トメでしたが、 パート3最終回は山岡トップ、泉トメ。 ちなみにパート1~3の最終回、藤岡は全て2番手。 50 : 名無しさん@お腹いっぱい。 毎回誰がトップか、誰がトメか、 ピン子はトメか、藤岡は2番手かトメ前か、ワクワクしながらクレチェック してた頃が懐かしい。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 大滝秀治、井上孝雄、河原崎長一郎らベテラン勢も連名だった回もあった。 中村玉緒にいたっては、クレジット漏れもあったし 笑。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 「白い巨塔」第8回 1978年フジ・縦書き 田宮二郎 島田陽子 太地喜和子 河原崎長一郎 高橋長英 戸浦六宏 連名) 中村伸郎 加藤嘉 井上孝雄 小松方正 小沢栄太郎 (連名) 渡辺文雄 金子信雄 曾我廼家明蝶(特別出演) 山本学(トメ) 53 : 名無しさん@お腹いっぱい。 面白いのは、 中村伸郎 加藤嘉 井上孝雄 小松方正 小沢栄太郎 この、井上と小松の間の隙間が、クレジット的配慮の所謂「隙間」ではなく、 タイトルバックデザインによる隙間だという事。 基本的にこのドラマの「陰の主役」ともいうべき中村伸郎と小沢栄太郎の、 トップとトメという、一連のグループになっている。 全話所有しているので貼りたいのはやまやまなんだが、 何せ隙間が多いのと連名の人数が半端じゃないので躊躇してしまうw しかし連名Gがめちゃめちゃ豪華な回もあったりするので、省略するのももったいないしw : 名無しさん@お腹いっぱい。 90年代半ばに病気で仕事を休止するまではそれなりの扱いだった。 無我に限らず、現在休業中の俳優達が現役復帰して、 果たしてどこまで往年の扱いをされるか疑問だな。 劇場の芸術監督や舞台演出・その後の大病での闘病生活などで一時俳優業を休んでいた 高橋昌也の扱いを見ても判る。 高橋幸治・露口茂なども、たとえ復帰したとしても、酷い扱いをされるかも。 二谷英明はもうさすがに無理かもしれないが・・・ : 名無しさん@お腹いっぱい。 したがって荒木が二番手なのはこのバージョンのみ。 ちなみに新番組の予告では神代以下は順番が逆転して紹介されてます。 59 : 名無しさん@お腹いっぱい。 だがそのために桜木のポジションが不明瞭なものに。 結局桜木は169話で降板したので翌話では外されました。 60 : 名無しさん@お腹いっぱい。 そんな意図があったのですね。 勉強になりました。 61 : 名無しさん@お腹いっぱい。 62 : 名無しさん@お腹いっぱい。 『お仕事です!』の雛形はEDで顔出しだったが……これが配慮か。 72 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ゲスト枠が少なかったせいか、ベテラン俳優陣の連名も多かった。 新劇系の米倉斉加年、映画ベテランの宮口精二、藤田進とか。 77 : 名無しさん@お腹いっぱい。 古い作品だし仕方ないが 航空会社やホテルの協力が入るとゲストがオール4連名で3枚だけに無理やりまとめたりw : 名無しさん@お腹いっぱい。 画替わりのところで隙間が入るんだけれど、 一応時代劇板のクレスレのように分かりやすくしてみました。 それにしても佐分利が特出もつかずトメでもないクレ()ってのは結構珍しいんじゃないだろうか? 83 : 名無しさん@お腹いっぱい。 田宮版・白い巨塔というと最終回のキャスト・スタップクレジットが無かった。 DVD版でもそのまま、無かった。 たぶん、ドラマでキャスト・スタッフクレジットが無かったのは、初めてか? ちなみに、メイン俳優のクレジット漏れが2回あった。 河原崎長一郎と中村玉緒 85 : 名無しさん@お腹いっぱい。 隙間の有無(両隙間・片隙間とも)、表示位置(中央・左右上下)、 表示とスクロールの違い(特に連名G)は、基本的にデザイン重視かと思われる。 因みに橋爪・岩本(主人公の両親)、 若山・根津・神山・加藤(連合艦隊首脳陣)は、冒頭のワンシーンのみ、 森光子(日系二世・マッチの母親)はラストのエピローグのみに登場。 ほか、菅原文太・宍戸開も途中のワンシーンのみ。 それぞれ単なる顔見せというより、短いがちゃんとした見せ場になっている。 89 : 名無しさん@お腹いっぱい。 のトメGは上村が画面右側で米倉・佐分利は画面左側。 明蝶が普通に右側に出てるのでこの二人をあえて別枠扱いにしている模様。 96 : 名無しさん@お腹いっぱい。 (ただ、明蝶の特出は妥当なんだけどね) けど面白いね。 こういうクレを見ると、トメGだとか中トメだとか隙間だとかで格付けをしたがる連中も クレジットが単なる格付けの為のものじゃないって事の勉強になると思う。 スクロールと違って趣きもあるし。 99 : 名無しさん@お腹いっぱい。 橋爪功・長塚京三・小林稔侍・大杉蓮らのブレイクはリアルタイムで見ていたのだが。 100 : 名無しさん@お腹いっぱい。 101 : 名無しさん@お腹いっぱい。 しかしそれにしても 中村伸郎 加藤嘉 小松方正 金子信雄 渡辺文雄 井上孝雄 戸浦六宏 小沢栄太郎 この並びはうっとりするなw 119 : 名無しさん@お腹いっぱい。 もうこうしたベテランで重厚のある俳優さんはいないのがさびしい。 120 : 名無しさん@お腹いっぱい。 うる覚えだが 中村、加藤、岡田、小沢、玉緒、明蝶、 北村和夫、北林谷栄がピンクレで 金子、渡辺、大滝らは連名だった気が。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 とでピンクレが一部ずれているのは画面右寄り表示のことです。 ただあまり法則性が見出せない。 126 : 名無しさん@お腹いっぱい。 は一切省略してませんが、一人を除いてピンクレばかり。 最近の出演者に気を遣いすぎるドラマでもなかなかこういうクレはお目にかかれませんな。 逆に言うとそれだけ濃密なドラマが展開された回と言えるかも。 赤いシリーズのクレはなかなか面白い。 もし他の回もあれば貼ってほしいな。 それにしてもの『赤い衝撃』は文字通り衝撃ですなw 138 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ゲスト枠は4枚、よってゲスト大杉のときはレギュラーを連名圧縮させて レギュラー背景に食い込む 141 : 名無しさん@お腹いっぱい。 それまでピンで固定だったレギュラー陣がことごとく連名に。 しかし当時の大滝は仕方がないとしても、金子・渡辺が連名で北村和夫がピンなのが 俺的に違和感だったな。 150 : 名無しさん@お腹いっぱい。 映画、舞台のベテラン俳優から、時代劇のおなじみ悪役俳優、 ヌード要員は、当時の日活ロマンポルノやピンク映画の女優と楽しめた。 151 : 名無しさん@お腹いっぱい。 なぜか、関西系お笑い事務所の松竹芸能の製作で。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 『星の金貨』 95年=日本テレビ 1 酒井法子(倉本彩) 大沢たかお(永井秀一) 竹野内豊(永井拓巳) 細川直美(結城祥子) 中丸新将(佐野孝)加藤善博(前田医師) 中野公美子(花岡香代子)久本朋子(木下朱美)菊地則江(恩田晴江) 西村知美(遠藤園子) えいり未知(母親)戸村美智子(タキ)三貴将史(青木)西川義郎(勝叉) 大滝秀治(森岡四郎)=(特別出演)= 酒井和歌子(永井美智代)=(友情出演)= 伊武雅刀(小森敏彦) 葉山レイコ(拓巳の女)田山涼成(川田) 田島穂奈美(タイトルバック)佐野和敏 浅川剣介 ヤマプロ 東京プレイハウス 新堂有望 田中美奈子(小泉美和) 竜雷太(永井誠一郎) 大滝秀治唯一の特別出演回。 尚、特出や友出のところに「=」をつけているが実際はついていません。 161 : 名無しさん@お腹いっぱい。 163 : 名無しさん@お腹いっぱい。 トメGは、トメ>トメGトップ>真ん中 かな? : 名無しさん@お腹いっぱい。 これでトメGは、トメ>トメトップ>トメG2番手>トメG3番手 確定かと・・・ 168 : 名無しさん@お腹いっぱい。 169 : 名無しさん@お腹いっぱい。 174 : 名無しさん@お腹いっぱい。 週刊テレビガイド1985年8/24ー8/30号より。 どなたか、本編のクレをお持ちの方いませんかね? 178 : 名無しさん@お腹いっぱい。 仲代・吉永・加藤の「海は甦る」とか、 森繁の高橋是清ものとか(2・26事件の描写はトラウマ)、 江守・緒形の森鴎外もの(米倉斉加年の乃木大将夫妻の自刃シーンもry)とか。 うちの田舎にはTBSのネットがなかったもんで、数週間ズレで土曜日の昼とかに放送してたっけ。 「そして戦争が終わった」だけ放送しなかったんだよな。。。 いまだに観てみたい。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 林美智子と出演が被ることがほとんどなくて、たいていは林の位置だったと思う。 183 : 名無しさん@お腹いっぱい。 藤岡不在のときは、いかりや、京、林がトメてたのかな? 藤山トメはないと思うが… 184 : 名無しさん@お腹いっぱい。 その回は桜井がトップクレとなっていた。 一応ピン子と桜井のWヒロインという体裁でもあった作品だしね。 ヒロインの子供時代に子役がトップクレになった例は別として、 このように番組途中でヒロインが一時的に出演せず、ヒロイン以外がトップクレになった例は 「ふたりっこ」くらいか? 187 : 名無しさん@お腹いっぱい。 大物に気を遣いすぎている?クレジット・・・。 おおよそはわかるんですが、1回1回の詳細を知りたい。 190 : 名無しさん@お腹いっぱい。 子供心に不思議に思ってた。 192 : 名無しさん@お腹いっぱい。 (志村喬はすでに退場済み) 三国は中軸からトメに移動。 役柄上トメにふさわしい三国が中軸だったのは、有馬がトメを要求したからだと想像。 役柄的にトメにふさわしいのは中条静夫だが、 田村、南田、長門、大坂、草笛といった面々が揃ってる中で、当時の中條がトメるのは無理か。 加藤武の連名は驚き。 細川俊夫の落ちぶれようは悲惨。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 出演時はトメグループ? 大女優杉村春子出演時は、高橋英樹と被らず、普通にトメに収まってたような。 199 : 名無しさん@お腹いっぱい。 池内、山岡がトメに回ることも多かったような。 200 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ご冥福を。 202 : 名無しさん@お腹いっぱい。 出演しない時は高橋がトメ。 このドラマはこの二人しかトメやってないんじゃないかな? 梶芽衣子は「花嫁衣裳は誰が着る」か「アリエスの乙女たち」でトメてたのでは? : 名無しさん@お腹いっぱい。 なんとなく、毎回トメGに いたように記憶してたが、錯覚だったか……。 それにしても、そんなに重要な役じゃない中条が大トメなのは子供心にも 不思議だった(今考えても、さほど大物俳優というイメージもないし)。 自分がクレ順に興味を持ち始めたのは、このドラマが原因かもしれない。 210 : 名無しさん@お腹いっぱい。 役柄と役者格と大映テレビ貢献度をあわせれば山下真司でもいいかな。 213 : 名無しさん@お腹いっぱい。 また役柄の話になってしまうが、3番手とは言え風見慎吾もかなり重要な役なので、 ヒロインの相手役と言うことを見ても、風見2番手、山下トメでも自然な感じがする。 214 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ガードマン功労賞? 216 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 220 : 名無しさん@お腹いっぱい。 224 : 名無しさん@お腹いっぱい。 回想かなにかだったのか? 226 : 名無しさん@お腹いっぱい。 それでも連名はないわな。 228 : 名無しさん@お腹いっぱい。 その前と後にはずっと出てるけどw アリエスの乙女は若林豪が一番トメてたとオモ 吉行さんは中ドメが多かったんじゃ?スクールコップも。 あれはゲストだからだけど。 それより岡田奈々がほとんどトメ前待遇なのが気になった。 不良少女、乳姉妹、おんな風林火山(後半)、スクールコップ TBSの大映ドラマは男一番手が多かったよね。 でも乳姉妹の鶴見トップは違和感ありありだった(本来伊藤か渡辺) それからはヒロイン一番手ばかりになったんじゃないかな。 231 : 名無しさん@お腹いっぱい。 1985年NHK「破獄」 緒形拳(佐久間清太郎) 中井貴恵(佐久間マキ子) 趙方豪(井原吾一)織本順吉(安藤看守) なべおさみ(青森副看守長)玉川良一(秋田保安課長) 田武謙三(札幌刑務所長)小瀬格(青森刑務所長) 綿引勝彦(網走戒護課長)宗近晴見(桜井警部補) 樋浦勉(二世少厨)草見潤平(尾中大助) 成瀬正(安藤看守)尾崎義也(高山看守) 内山森彦 真鍋敏(秋田刑務所看守)大友柳三郎(浦川由蔵) 田村元治 戸沢佑介(青森看守)長谷川弘(網走看守) 高木孔美子(飲屋のおかみ)大島宇三郎(作業員)江幡高志(老受刑者) 佐藤是也 きくち英一(青森受刑者)佐藤一美(佐久間マキ子(少女時代)) 三田康二(網走看守)|小野泰次郎(方言指導) 鳳プロ 劇団いろは 若駒 佐野浅夫(網走刑務所長) 津川雅彦(鈴江圭三郎) 原作:吉村昭、脚本:山内久は緒形拳の前、スタッフは津川雅彦の後ろの表示 2番手の中井貴恵は終盤5分前に少しだけ登場、セリフもあまり多くなかった気がする。 このドラマは初見だったが、緒形拳の偉大さをかなり感じた作品だった。 243 : 名無しさん@お腹いっぱい。 なお、佐分利信はこの中で唯一単独扱いで、 やはりある程度の別格扱いがされている模様。 248 : 名無しさん@お腹いっぱい。 この頃は島田陽子も堂々と主演を張っていましたから、この並びで当然だったのかなとは思います。 249 : 名無しさん@お腹いっぱい。 それだけ。 251 : 名無しさん@お腹いっぱい。 三上博史の多重人格演技はもはや伝説。 人格別に2回三上の名前を出す革新的な表記も見たかったかも。 小泉視点のドラマだったので、小泉トップクレ、三上トメのほうがよかったかもね。 未成年では3番手の河相我聞もこのドラマでは酷い扱い。 253 : 名無しさん@お腹いっぱい。 俺もこれは小泉トップ、三上トメのほうが 違和感なかったと思う、しかし、「最近何やってる?」という感じの 出演者がやたら多いなw 第3話の麿赤児は「たったこれだけの出番に麿さん使うのかよ」という 感じだったので強烈に印象に残ってる。 団時朗も早々と退場だった。 254 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ただ宮口精二は(米倉と同じ回にゲスト出演した際)橋爪功、今福将雄と三連名だった 255 : 名無しさん@お腹いっぱい。 どんなドラマだったのやら。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 それじゃ、途中からは三上の名前を3回出さなきゃならなくなるよw : 名無しさん@お腹いっぱい。 youtubeで動画が見れるけど 岸田と草野のところが おもしろかった。 三上博史は7話より1人3役です。 ユリ・ヤキマイネンはその次に表示。 前に述べたように、小泉トップ、三上トメのほうが理想。 その他は河相を小高の後ろでいいから連名は避けてほしかった。 262 : 名無しさん@お腹いっぱい。 このクレは1984年放送の第2シリーズの2回目のもの。 80年に放送された分は4回で打ち切られたが、84年に復活し10話放送されたみたい。 ただし1クールじゃなくて10日連続。 復活した理由は主題歌担当のアルフィーのブレイクにかこつけてと想像するが。 4週で打ち切りとか、10日連続放送とか、昭和のテレビはわからんw 263 : 名無しさん@お腹いっぱい。 266 : 名無しさん@お腹いっぱい。 中Gの佐々木蔵之介、永井大も今は、主役でトップになっているの月日を感じる。 あと、亡くなられた深浦加奈子さんが、トメの児玉清の前なのも。 271 : 名無しさん@お腹いっぱい。 福山を野獣というのは無理があるな。 272 : 名無しさん@お腹いっぱい。 渡部はトメがいいかなと思ったけど、神田は2番手という感じでもないからこれでいいのかなと。 遊井亮子は5番手、宮崎彩子はトメ前ピンにしてほしかった。 274 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2番手ですら初めてに近いのに。 275 : 名無しさん@お腹いっぱい。 剛・光一同時表示だから、結局はW主演扱いなんだろうが。 バックのバスケの映像もシュートを決めるのが光一にさし変わってて面白かった。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 スクロールの場合は、連名で矢印1つ。 通常は矢印3つ。 点滅の場合は、同時表示で点、通常は矢印2つ、フェードアウト切り替えは矢印4つ。 277 : 名無しさん@お腹いっぱい。 山口達也は仕方ないとして、西村和彦の冷遇が目立つ。 田中美奈子は割と重要な役ではあるが、別所哲也は役名表記なしの同窓生と変わらない重要度なのに3番手。 山口は国分との役の重要度が全然違うので俳優の立場上はキツイいだろうが、ピンにしたらよかったのに。 284 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [Vol. [Vol. 柄本は優遇されすぎかと。 1シーンでトメだしね… 中Gが妥当かと。 290 : 名無しさん@お腹いっぱい。 291 : 名無しさん@お腹いっぱい。 役者が次々に降板して主役が完全に変わってしまったってのもあるが。 荻野目慶子は人間・失格でも加勢大周や斉藤洋介を差し置いてトメになってるから結構優遇気味なんだろうけど。 294 : 名無しさん@お腹いっぱい。 309 : 名無しさん@お腹いっぱい。 318 : 名無しさん@お腹いっぱい。 第2話では近藤と稲森は連名になってるから、クレはどうでもいいって感じだったのかね。 320 : 名無しさん@お腹いっぱい。 好待遇の高並・菅原より扱いの悪い江角。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ありがとうございます。 演出は岡田太郎か。 340 : 名無しさん@お腹いっぱい。 中山仁ゲスト時は篠原の後ろ及びトメG先頭。 ドラマ4話頃までは堂本・上川・奥菜中心、7話頃までは安藤・篠原・上川中心、それ以降は上川中心になるのでクレジットは変化させたほうがよかった。 全体を通しての主演は上川隆也が妥当。 344 : 名無しさん@お腹いっぱい。 千葉ちゃんはともかく、安部徹が高松英郎を抑えてトメてるのは意外 あと、ヒロイン(だと思われる)吉沢京子がピンじゃないのも意外 デビュー間もなくだからかな? 365 : 名無しさん@お腹いっぱい。 あと回によってトメ組がゲストに何組かいたようです。 第15~52話 内田宗吉がセミレギュラーに降格に伴いオープニングから消える、しかも役名表記もなし。 事務員が初登場したせいか、新規の準レギュラーに役名表記が。 格上ゲスト役者は画面真下に表記。 トメゲスト表記が排除。 レギュラー刑事は欠場に関係なく通常通りにクレジットされていた。 393 : 名無しさん@お腹いっぱい。 だがなんでこうなったのか理解に苦しむほどの先頭G大変動。 世良の実績考えたら妥当なことは妥当なんだが。 スコッチ復帰以降、2番手は若手中心刑事の定位置に。 395 : 名無しさん@お腹いっぱい。 準レギュラーが役名なしに。 新人刑事なので当然ラガーの次。 でもどうしてこの位置づけになったのか。 ほんとはもう1回使われるはずだったとか。 これによりトメなしに。 DJは一応新人刑事扱いだが、知名度の点からブルースより先。 今だと、まず考えられない。 近藤正臣がブレイクしたきっかけとなった作品のひとつでもあるのでしょうが。 しかし、この2~3年後の大河ドラマ「国取り物語」では、スピード出世して、 並み居る大物を押さえて堂々のトメとったりするんですよね。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ドラえもんのび太のアニマル惑星 ドラえもん 大山のぶ代 ・ のび太 小原乃梨子 ・ ジャイアン たてかべ和也 スネオ 肝付兼太 しずか 野村道子 ママ 千々松幸子 ・ ・ ・ チッポ 田中真弓 ・ チッポの父 キートン山田 チッポの母 佐々木るん ・ ・ ・ 433 : 名無しさん@お腹いっぱい。 他にも3番手にゲスト役が来た作品があったと思う。 森繁の場合は、無茶苦茶バカ広い間隔を開けて特別出演トメだったな。。 435 : 名無しさん@お腹いっぱい。 すごいことするなあと思った。 フランキー堺といえば、大河「おんな太閤記」で途中から家康役で登場。 それまで主役佐久間良子がトップ、秀吉西田敏行がトメだったが、 西田は佐久間の次に移動しちゃうのかなあと思ったら、フランキーは中ドメ、 西田がトメに踏ん張った。 西田の上昇を強く感じた瞬間である。 438 : 名無しさん@お腹いっぱい。 だから、W主役での連名だと思われるのでは。 今現在で言えば、NHKの朝ドラの「だんだん」でマナカナが主役なのに連名になっていると同じ事。 440 : 名無しさん@お腹いっぱい。 映画ではかつて連名が普通だったので、その感覚なのかなあと思ったものだ。 「あ・うん」だからあえて狛犬よろしく「フランキー・杉浦」と並べたのかな。 (要するに438さんと同じ帰結か) 最近は連名もたまに見かけるね。 記憶ではW浅野の「抱きしめたい!」以来だと思う。 ただ温子の方が先に名前が現れるというように一応差別はあった。 浅野ゆう子・いしだあゆみの「男について」が完全な同時連名だったな。 しかし内容はどうみても浅野が主役だった。 役者の格に関して色々あった結果ああなったんだろうな。 そういう、クレジットの位置からその瞬間の役者の格(位置)が窺えるから面白いのだ。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ちなみに連名以降のピンクレは 中村玉緒、黒柳徹子、三木のり平、藤岡琢也 フランキー堺、岸田今日子、志村喬、奈良岡朋子、有島一郎 宇野重吉、北林谷栄、芦田伸介、森光子 と凄い顔ぶれでした(最終回の場合)。 442 : 名無しさん@お腹いっぱい。 特撮になるけど「帰ってきたウルトラマン」見てたら石橋正次と服部妙子が連名大勢の一部の扱いだったのが驚きだった。 石橋はそれ以前に映画で主役張った経験あるからなおさら。 443 : 名無しさん@お腹いっぱい。 それにしてもメンバーすごい。 書いてある順序ってことでいいですか? やっぱり森光子が最後か。 こういうのはリアルで見たらドキドキだな。 主役連名がなくなったのっていつ頃なんだろうか。 「あ・うん」のスタッフにはまだその感覚が残っていたのかもしれない。 「とびだせ青春」との前後はどうなんだろう。 あれで人気が出たあとの ウルトラ出演はないような気がするが、多少の時差はあるからなあ。 でも映画主演後のウルトラは不思議。 売り出しに事務所躍起? 444 : 名無しさん@お腹いっぱい。 がテロップ位置は先頭Gの前バージョンの流れに無理やり付け足した印象 >スコッチ病死、入れ替わりにジプシー加入。 だがなんでこうなったのか理解に苦しむほどの先頭G大変動。 ドック(神田正輝)の初クレの位置はまぎれも無く「先頭Gトメ」。 当時の神田は既に青春ドラマ等での知名度もあり、木之元や山下のように「太陽」が実質デビューの新人とは違う。 更には役柄上での立場も、二人よりも先輩という設定。 そこでそういう位置に置いたのかと。 だからスコッチ病死後の大変動では晴れて二番手の位置に。 ラガー(渡辺徹)がロッキーを飛び越えていきなり三番手に入ったのは確かに?だが、 期待の新人という事で破格の扱いだったのかも。 ジプシー(三田村邦彦)の先頭Gトメは、やはり三田村の実績(既に主演映画もあり、まるっきりの 新人ではなかった)によるものではないかな。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 451 : 名無しさん@お腹いっぱい。 鈴木、倉田の出演がないため。 個人的にはいしだあゆみがトップでもよかったんじゃないかな?と思う。 452 : 名無しさん@お腹いっぱい。 オープニングの曲調が2回目の変更。 また、樹木希林の初登場。 帳面白い長屋の大家さん役。 453 : 名無しさん@お腹いっぱい。 454 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ちなみに2~6・8・9話にて連名扱い。 457 : 名無しさん@お腹いっぱい。 462 : 名無しさん@お腹いっぱい。 465 : 名無しさん@お腹いっぱい。 本当は役名表記もあり) 基本的に家族でグループ分けがされているのだが 山岡が役の重要度から見てもトメでもおかしくはないような感じだった 473 : 名無しさん@お腹いっぱい。 庄司永建はピンに戻る。 途中裕次郎が病欠するが、未出演回も名前表記はあり。 なお寺尾は終盤に殉職するが、最後の2回は映像だけが残り、名前表記は無い。 舘は中トメ的な場所へ移動。 最終回まで映像やクレの変更はなかったと思う。 ただ途中で八木美代子が抜けて、武藤章生もピン表記(映像は無し)になっていた筈 478 : 名無しさん@お腹いっぱい。 それも新規のクレジット枚数だけ。 なぜその都度全部作り直そうとしなかったのか? クレジット新たに作るにも金かかるのか。 82年ごろからそういった状況は改善されていったようだが。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 操演は特撮ものの専売特許みたいなもんだと思ってた。 491 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 好評だったため朝日放送の希望で制作が延長され、第53話以降は制作局が同局に変わり 放送時間も移動した これって珍しいケースかも : 名無しさん@お腹いっぱい。 498 : 名無しさん@お腹いっぱい。 試しに「アイアンキング」見てみることをお勧めする。 506 : 名無しさん@お腹いっぱい。 放送日:1977年6月3日 脚本:安本莞二 監督:増村保造 出演者とスタッフの名前は、明朝体表示。 サブタイトル・横二列表示 出演者・スタッフの名前は、縦書き表示。 宇津井健 水谷豊 竹下景子 松尾嘉代 前田吟 馬渕晴子 赤木春恵 鈴木ヒロミツ・大石悟郎・神山繁 3人連名表示 中島久之・堀内正美・久木田美弥 3人連名表示 辻しげる・柿沼真二・杉浦賢次 3人連名表示 ・ナレーター:内藤武敏 緒形拳 小沢栄太郎 石立鉄男 山口百恵(特別出演) 第1回のみのゲスト出演 岸恵子(特別出演) トメ ちなみに、岸惠子さんが出演しないときは、石立鉄男さんが、トメ立ったと思います。 ちなみに、石立鉄男さんの赤いシリーズ初出演作品です。 520 : 名無しさん@お腹いっぱい。 522 : ma. DVD化も、されていないと思いますので。 かなり気になります。 松村達雄さんと淡島千景さんの配置が気になります。 528 : 名無しさん@お腹いっぱい。 谷原は、まだ中Gで連名だったね。 ~OP縦書き表示役名省略 ~ 京塚昌子 佐良直美 尾藤イサオ・岡本信人 2人連名表示 石坂浩二 佐野浅夫 研ナオコ 金田龍之介 上村香子 奈良岡朋子 ビッグストーン 若山直嗣・伊藤洋一・浜田雅子 3人連名表示 藤岡琢也 長山藍子 大和田伸也 沢田雅美 音無美紀子 井上順 山岡久乃 トメ 脚本:平岩弓枝 プロデューサー:石井ふく子 演出:川俣公明 : 名無しさん@お腹いっぱい。 これが個人的に一番気になりました。 それから、どうしても石坂の位置が何となくイマイチに思えてしまいますね。 役柄から言っても、当時の人気からしても、それに大河で主演も張ってたくらいですから、 二番手かトメが一番ふさわしい感じではあるんですが。 531 : 名無しさん@お腹いっぱい。 532 : 名無しさん@お腹いっぱい。 第1回『女と男の約束』 放送日:1980年11月21日 出演者表示は、縦書き表示の明朝体表示。 柴田恭兵 榊原郁恵 泉ピン子 渡部絵美 馬渕晴子 藤田弓子 新克利 結城美栄子 中島久之 北詰友樹 高橋昌也 杉山とく子 ・高橋和興・野瀬哲男・今井久・岩城一男・柴原孝典 6人連名表示・杉山とく子と高橋和興の間にすき間がある表示 小沢栄太郎 赤木春恵 山本學 トメ 脚本:安本莞二 監督:増村保造 主題歌:『幸福によろしく』唄:榊原郁恵 : 名無しさん@お腹いっぱい。 TBSチャンネルの『赤い嵐』の番組表の写真にも、宇津井健さんが映っているので、もし宇津井健さんが、出演している回のデータをご存知の方は、書き込みをお願いします。 宇津井健さんは、特別出演なのでしょうか? そこも、気になります。 でも、宇津井健さんが、『赤い嵐』に出演しているかどうか、かなり気になりますので。 他の掲示板に、その事を書き込みしたら、宇津井健さんは出演していないように言われて、どうしても気になるので。 『肝っ玉かあさん』でトメだった香川京子さんも、レギュラー出演しているようなので香川京子さんの配置も気になります。 ハナ肇 佐良直美 馬場のぼる 山岡久乃 杉村春子 尾上松緑(特別出演) 上の6人の序列は、『明日がござる』の序列の一部分だそうです。 出来れば、全員教えて下さい。 『赤い嵐』もよろしくお願いします。 541 : 名無しさん@お腹いっぱい。 542 : 名無しさん@お腹いっぱい。 放送日:1977年6月3日 脚本:安本莞二 監督:増村保造 出演者とスタッフの名前は、明朝体表示。 サブタイトル・横二列表示 出演者・スタッフの名前は、縦書き表示。 宇津井健 水谷豊 竹下景子 松尾嘉代 前田吟 馬渕晴子 赤木春恵 鈴木ヒロミツ・大石悟郎・神山繁 3人連名表示 中島久之・堀内正美・久木田美弥 3人連名表示 辻しげる・柿沼真二・杉浦賢次 3人連名表示 ・ナレーター:内藤武敏 緒形拳 小沢栄太郎 石立鉄男 山口百恵(特別出演) 第1回のみのゲスト出演 岸恵子(特別出演) トメ ちなみに、岸惠子さんが出演しないときは、石立鉄男さんが、トメだったと思います。 ちなみに、石立鉄男さんの赤いシリーズ初出演作品です。 『赤い嵐』 宇津井健さんの出演の回の序列 と『明日がござる』よろしくお願いします。 役名も。 山岡久乃さんと伴淳三郎さんの配置が気になります。 宇津井健さんも 547 : 名無しさん@お腹いっぱい。 特に、細川俊之、仲谷 昇の2連名とか 沢田亜矢子、今井和子、佐原健二、小栗一也、下條正巳 の5連名とか。 実際は役名も、表示されていますがYouTubeで確認したので、大体は分かりますが、千石規子さんと栗田貫一さんの役名が分かりません。 『くれない族の反乱』に詳しい方、申し訳ないのですが教えてください。 千石規子さんと栗田貫一さんの役名。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 第6シリーズにも2回ほど、出演していましたがその時は、連名表示でした。 2人の連名 でも今回は、ピン表示。 従兄弟同士の吉村涼さんとえなりかずきさんは連名でも、上戸彩さんはピン表示。 吉村涼さんと上戸彩さんは、明らかに吉村涼<上戸彩 上戸彩さんの方が、格が上。 えなりかずきさんの場合でも、えなりかずき<上戸彩なのでしょうか? 上戸彩さんの方が、格が上。 皆さんは、どう思いますか? 書き込みをお願いします。 557 : 名無しさん@お腹いっぱい。 主演は、島田陽子さんだと思います。 序列を知りたい理由は、脇の出演者がかなり豪華なので物凄く気になったからです。 三船敏郎さん、池部良さん、香川京子さん、中村雅俊さんという感じです。 個人的にそう思いました。 1981年9月29日放送 です。 出来れば、省略しないで全員教えて下さい。 本当にお願いします。 562 : 名無しさん@お腹いっぱい。 』 タイトルは、赤色の明朝体表示。 サブタイトルは白色の明朝体表示。 出演者も明朝体表示。 小泉今日子 辰巳琢郎 賀来千香子 カクチカコ・片仮名でふりがな表示されています。 宇津井健さんの表示は、1976年~1977年に放送された『赤い衝撃』 TBS系 同様、『特別出演 宇津井健』という形で監督の前に、クレジット表示されていました。 宇津井健さんは、大映テレビ製作のドラマに数多く主演級で出演しているのでこういう扱いなのでしょう。 そういう意味で石立鉄男さんと宇津井健さんの間に、隙間を入れました。 脚本も、監督も、第3回のものです。 他の回は、違う方が担当されています。 568 : 名無しさん@お腹いっぱい。 個人的には、パート1、パート2のクレも気になるところです。 570 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 「雑居時代」について言えば 内容から言ったら 2番手が妥当だし。 575 : 名無しさん@お腹いっぱい。 606 : 名無しさん@お腹いっぱい。 今にして思えばこのドラマが綿引のキャリアの大きな転換期だったんだな。 616 : 名無しさん@お腹いっぱい。 同時期のゴールデン枠のドラマでも我聞は主役グループでピン扱いが当たり前だったが、 にも関わらずこのシリーズでは最後まで連名扱いだった。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 しかし、スレ違いだが3男役は事故死しちゃうし、若林は殺人事件目撃してショックで引退しちゃうし ドラマ終わってからの子供らはめぐまれてないな。 620 : 名無しさん@お腹いっぱい。 622 : 名無しさん@お腹いっぱい。 』 80年=関西テレビ・宝塚映画 第14回「邪魔してみせるわ!! しかし、何より西山浩司の優遇が、当時のイモ欽トリオ全盛ぶりを物語っていますね。 確かこの頃山口良一も俳優として、なかなか活躍していましたね。 632 : 名無しさん@お腹いっぱい。 この頃は坂口の方が、まだ格上ですね。 637 : 名無しさん@お腹いっぱい。 三ツ木は福山の上司役で、河原崎出演の第9回、第12回(最終回)以外はすべてトメ。 その他、クレ変動としては以下の感じ ・第3回から西田尚美がピン昇格し、高島礼子退場後の第8回以降は中Gトップ(高島の位置に固定) ・大杉漣が第8回で単独中軸(ただし役名つかず。 661 : 名無しさん@お腹いっぱい。 亡くなった人やら引退した人やら大成した人とか。 20年以上経つと色々あるな。 』 03年=TBS 01「17歳の性事情」 ~OP横書き表示~ 二宮和也 山下智久 鈴木 杏 成宮寛貴 小栗 旬 加藤貴子・松本莉緒 塚本高史・ベッキー・AKINA(Folder5)・上野なつひ 勝地 涼・邑野未亜・水野はるか・芦名 星・香子(ちぇきな)・真琴(ちぇきな) 金沢美波・JUNYA・菊田高之・小貫華子・平井愛子・松本和義・工藤 拓・ローズむさし・樋口達也・田島健吾・美山加恋・恩地我空・星野悠月 釈由美子 的場浩司 中略 芸プロ・劇団ひまわり 丸岡奨詞・清水めぐみ・劇団ひとり 酒井敏也・おかやまはじめ 清水章吾 杉田かおる 西田尚美 段田安則 片平なぎさ 674 : 名無しさん@お腹いっぱい。 』 03年=TBS 06「火傷しそうな恋!」 ~OP横書き表示~ 二宮和也/山下智久/鈴木 杏/成宮寛貴/小栗 旬/ 加藤貴子・松本莉緒/塚本高史・ベッキー・AKINA(Folder5)・上野なつひ/ 邑野未亜・水野はるか・芦名 星・香子(ちぇきな)・真琴(ちぇきな)/ 釈由美子/的場浩司/ 水川あさみ・佐藤二朗・川俣しのぶ/江川有未・岩崎杏里・猪俣ユキ・氏家 恵・春 花・林 剛史・芸プロ・劇団ひまわり/ 岡本 麗/丸岡奨詞・吉沢京子・清水めぐみ・劇団ひとり/酒井敏也・おかやまはじめ/ 清水章吾/杉田かおる/西田尚美/段田安則/片平なぎさ 『Stand Up!! 』 03年=TBS 09「親友に奪われた恋」 ~OP横書き表示~ 二宮和也/山下智久/鈴木 杏/成宮寛貴/小栗 旬/ 加藤貴子・松本莉緒/塚本高史・ベッキー・AKINA(Folder5)/ 邑野未亜・水野はるか・芦名 星・香子(ちぇきな)・真琴(ちぇきな)/ 釈由美子/的場浩司/水川あさみ・岩崎杏里・川村陽介/ 芸プロ・劇団ひまわり/ 丸岡奨詞・半海一晃・清水めぐみ・劇団ひとり/酒井敏也・おかやまはじめ/ 清水章吾/杉田かおる/西田尚美/段田安則/片平なぎさ 『Stand Up!! 劇団ひとりなんかも、この頃はまだゴールデンにもそんなに出てなかった頃でしょうから、 劇団ひまわりの後に名前が来ているので、多少紛らわしかったかもしれませんね。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 どう見てもワザととしか思えないですから。 678 : 名無しさん@お腹いっぱい。 森繁以外にも、芦田伸介、岸田今日子、谷幹一、頭師孝雄も故人になってしまった。 子役当時の小栗旬が森繁の孫役で出演していた。 689 : 名無しさん@お腹いっぱい。 』 81年=TBS 第1回「女ともだちのスタート。 」 ~OP横書き表示・一部横書き縦スクロール~ 森 昌子(佐伯のぶ代)古手川祐子(吉川久美子) 田中裕子(池谷香織)・ 柴田恭兵(根本典夫) 児玉 清(吉川武志)谷口 香(妻・優子) 前田武彦(佐伯賢作)坂本スミ子(妻・静子) 佐藤 慶(池谷信吾)佐々木すみ江(妻・由起子) 菅野忠彦(松永課長)浜村 淳(沖田弘人)平田 満(古屋係長)名倉 良(大沢良一郎) 安藤一人(佐伯茂)遠藤アコ(中田初江)黒川明子(高岡幾代)磯田俊比古(営業マン)平野克己(バーテン) 福士秀樹(宮地車掌)菅原園美(三河章子)長沢けいこ(秋川元子)吉田友子(阿波光子)岩川むつ子(大宮敏江) 矢野智美、森脇 恵、大久保龍子、松尾紀子(チアガール)浅井直湖(チアリーダー指導) 岡本直樹(池谷理一)岡本ひろみ(妻・葉子)北川真由美、池田智子、大須賀裕子(娘たち) 円演劇研究所、俳協養成所 エンゼルプロ、劇団いろは/小田急電鉄(協力)参考資料、略 本編と同時進行の間合いにクレ表示、スタッフ枠は横書き縦スクロールで対応 なお、加藤健一のクレが欠落している 脚本=山田太一、P=大山勝美、音楽=ザンフィル・小室等、演出=鴨下信一が担当 山田太一は番組タイトルの前の一番最初に表示される : 名無しさん@お腹いっぱい。 712 : 名無しさん@お腹いっぱい。 3%を記録した回 ちなみに数回後の最終回もほぼ同じクレでした。 713 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 てっきりデビューはタロウのちょっと前くらいに勝手に思ってた。 717 : 名無しさん@お腹いっぱい。 718 : 名無しさん@お腹いっぱい。 役柄上は当然明らかに露口の方が上なんですが、 竜は青春ドラマの主演俳優として当時は主演(特に日テレ)も多かったし、 露口は主演と言うよりは脇で重要な役をやることが多かったですからね。 でも結局早い段階で露口>竜は決定的になりましたけど。 722 : 名無しさん@お腹いっぱい。 733 : 名無しさん@お腹いっぱい。 734 : 名無しさん@お腹いっぱい。 OPは第1話かどうかはわからないけど、おそらく初期の頃かも 藤岡弘など後発 メンバーが出てないし。 特捜最前線のEDクレですが、最終回近くになると のとおり、トメなしが多くなったり、トメを飾る俳優はいてもかつてのような トメグループってのが存在しなくなりましたよね。 特に第499・500話ですがこの回に出てる田口計や近藤宏は以前のEDクレなら トメグループの位置に来てもおかしくなかったような。 741 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ] 片山滉 武藤 上西弘次 ボス エンベル・アルテンバイ ウィリー・A・ドーシー 外人兵 団次郎【現・団時朗】 次郎 紹瑛 真理 [トメ] ヒロインの真理アンヌは第2話だと小野進也と連名だがこの回では 中トメ? でピン。 んでもって小野進也もピンではあるけどクレ先頭 ではないんだな。 第2話同様草波役の川津祐介がクレの先頭を飾っ てて、その回のメインゲストがトメになってる。 743 : 名無しさん@お腹いっぱい。 通常の表示方式ならメインゲストの 新井茂子が先頭クレでピンを飾って、浅沼創一はピン表示でトメに 回りそうなんだけど、両者とも先頭クレで連名なのね・・・ : 名無しさん@お腹いっぱい。 『晴れのち晴れ』 77年=テレパック・TBS 第五回 ~OP縦書き表示~ 山岡久乃(山沖みさ子) 坂口良子(山沖朋子) 西田敏行(山沖昌平) 井上純一(山沖浩次)マッハ文朱(増田小百合) 由利 徹(増田駒造) 赤木春恵(増田ひな) 吉田日出子(増田照子) 平田 満(木村要一)山本道子(落合乃利代) 長瀬由香子(リカ)稲川善一(医者)吉田義応(客A)高嶋俊雄(客B) 中村伸郎(醍醐藤吉) 泉ピン子(谷スエ子) 初井言榮(町田まつ江) 池上季実子(深作乙女) 梅宮辰夫(深作天海) 千秋 実(山沖鉄馬) 藤江喜幸(学生A)見城貴信(学生B)/劇団いろは、エンゼルプロ 草笛光子(鹿島艶子) 黒沢年男(野間豊) 747 : 名無しさん@お腹いっぱい。 父親役の宇津井健を抑えて、長女役の竹下景子がトメ。 宇津井より寛平の方が優遇されているという感じ。 三林は宇津井の妹役ということだけ覚えているが、後は忘れた。 宇津井と三林、寛平と竹下の間は隙間あり。 765 : 名無しさん@お腹いっぱい。 ということなら、 >宇津井より寛平の方が優遇されている、 ということはないと思う。 宇津井と竹下は隙間付き、ということで、他よりもいい待遇ということ。 竹下>宇津井、に関しては、当時の宇津井はこれくらいだったのかな、と思う。 過去、主演俳優だったわりには、80年代~90年代に関しては、 クレ待遇があまりよくなかった感じがする。 766 : 名無しさん@お腹いっぱい。 役柄的にも、四姉妹物もので父親がトメなのは自然だし。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 時代劇板クレスレ住人の方は是非いらして下さい。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 774 : 名無しさん@お腹いっぱい。 若い頃は山田洋次作品等で主役扱いのものもあったし、テレビの単発でも主演は多い。 だが脇に回ると2番手・トメからピンでも微妙な位置にクレされる事も多い。 こういった扱いは吉行和子とも共通してるな。 だからこの二人の場合は作品ごとの役柄やプロデューサーの中での位置づけでその都度扱いは 変わるんじゃないだろか。 776 : 名無しさん@お腹いっぱい。 いち早く立ててくれたスレ立て人に感謝して住人の皆様お戻り下さいませ。 山本のほか、フジの「白い巨塔」のキャストが多い。 786 : 名無しさん@お腹いっぱい。 788 : 名無しさん@お腹いっぱい。 若山不在の回があるとしたら 誰がトメだったのか気になる。 791 : 名無しさん@お腹いっぱい。 803 : 名無しさん@お腹いっぱい。 805 : 名無しさん@お腹いっぱい。 807 : 名無しさん@お腹いっぱい。 原田空幕長役の土屋嘉男は、結局1回もピンクレがなかった。 坂東正之助も最初は、ピンだったけど、その後は二連名だった。 逆に特出のいしだあゆみ、トメGの大谷直子のクレがいい扱いかな。 俳優とか役名の誤植?が結構あった。 808 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 」 【OP=縦書き表示】 小野寺俊夫 村 野 武 範 阿部玲子 由美かおる 黒 沢 年 男 鳳 啓 助、京 唄 子 内 田 朝 雄、佐々木孝丸 東 野 孝 彦 三重街恒二、村 上 幹 夫、麻里とも恵 殺陣 宇 仁 貫 三 ナレーター 内 藤 武 敏 中村鴈治郎 田所博士 小 林 桂 樹 818 : 名無しさん@お腹いっぱい。 823 : 名無しさん@お腹いっぱい。 841 : 名無しさん@お腹いっぱい。 以後、アメリカ近畿商事の回へ続く。 : 名無しさん@お腹いっぱい。 847 : 名無しさん@お腹いっぱい。 最近、亡くなられたようですけど。 848 : 名無しさん@お腹いっぱい。 854 : 名無しさん@お腹いっぱい。

次の