寝違え て 首 が 痛い。 寝違えて首が痛い | 盛岡せんぼくバランス治療院

首が痛い!寝違えた!整体師が勧めるツボは?応急処置に最適

寝違え て 首 が 痛い

来院者 女性 50 代• 期間 2020年6月 ~ 2020年6月• 頻度 週2~3回• 通院回数 2回 施術と経過 身体をみると強い炎症反応を示していたため、背中のツボを使うことで対応した。 3割ほど回旋の動きが改善された。 また、胸鎖乳突筋に強い緊張があったので手の甲のツボを加えた。 最後に患者さんの生活環境から立ち作業が多いことを聴取していたため、姿勢筋であるハムストリングスのツボを追加した。 『首の動きは半分程度かな、けど下半身がすごい楽だわ』と教えてくれた。 この後、活法整体 カスミ を行うことで腕からの緊張を解き1回目を終えた。 2回目の4日後、『かなり楽になったわ、首を右向けたときに左の頸の突っ張り感が気になる』とのこと。 手の甲のツボ・小指にあるツボ、仙骨にあるツボを使うことで動作時痛に対応し施術を終えた。 使用したツボ ツボのアイコンからツボの詳細が見られます•

次の

寝違えて首痛い!やってしまったときの対処法と予防法

寝違え て 首 が 痛い

始まりは突然に。 数日前、こんなことがありました。 なんとなく軽く後ろに振り返って元に戻ったら、首がイテテっとちょっと吊ったような感覚がありました。 そのあと、首を動かすと急に寝違えたかのような痛さが走りまして、とにかく首が痛くて上下左に動かせないのであります。 右だけは動きます。 多分寝違えみたいなもので、筋違えたのかな。 明日になれば少しはよくなるであろうと、その日は寝ました。 次の日から、寝違えだったら脇を伸ばすストレッチかなーとせっせと、腕を上げて20秒とか数えてました。 いつもの寝違えならこれでわりと首が動くようになるんですけど、今回はよくなってる気がしません。 まあ、ひどい寝違えだと1週間くらい痛いし、そりゃ時間はかかるよね。 そんな風に考えつつも、机に向かってうつむき加減でいるとズキズキして全く仕事に集中できません。 確実に痛くない角度もあるんだけど、特定の領域に入ると、激痛が走るのでつい「ングッ・・!」とか「ヴッ・・!」とか「イッ・・!!」「タタ・・・!」って変な言葉を口走ってしまう感じ。 さすがに湿布でも貼ろうかと思ったんですけど、この場合冷湿布なのか温湿布なのか、ちょっとよく分からなくて、何にも処置は施してません。 とりあえず、あんまり動かさないようにして、寝て起きれば少しずつよくなっていくであろうと高を括って過ごしておりました。 何かがおかしい。 朝になれば少しは・・・とウトウトと床について体を休めました。 今日もよく頑張ったと、気持ちよく眠りにつきました。 どれくらい寝たのか分かりません。 多分いつもどおり無意識に寝返りを打とうとしてたんだと思います。 本当の辛さは、ここから始まりました。 う゛っ・・・?!!!! 寝てる状態で痛さにビックリして、目が覚めるとか。 目が覚めたと思ったら、頭動かせないくらい首がズキンズキンと脈打ってます。 た、頼む。 頼むから寝させてくれー・・・と、何にお願いしているのか、痛みと眠気に朦朧としながら少しでも痛くない角度を探して、寝ようと努力し続けた夜。 そろそろ普通じゃない痛さなんだから気がつけばいいようなものですけど、この後に及んで「寝れば治る、だから寝なくては!」とまだ思ってました。 さすがに病院へ。 結局、あんまり寝れずに朝を迎えました。 睡眠にまで支障をきたすと本気で家事もままならないし、まして仕事どころじゃないし・・。 そろそろお医者さんに助けを求めたいのは山々。 しかしこれまでの経験上、個人病院にはちょっとしたトラウマがあるんですよね・・。 当たりハズレっていうのか。 何度もハシゴしてやっと完治、ということも多々ありまして、その度にお金かかると、もう根性で自然治癒に任せればよくね・・?と思うようになってくるのであります。 ちょっと痛そうなとこ触って、「あー、寝違えだから、湿布出しておくから」で、終了。 ろくに話も聞かずに「痛かったらまた来て」で、おしまいとか。 そんな結果で終わるのではないかという恐ろしさもあり・・。 でも本気で痛いし、そろそろ涙目だし、たとえ湿布しか出なくても薬局で買うより安上がりなわけだし・・・と半ば諦めもありつつ、希望は捨てずに情報収集。 先生のプロフィールなんかもチェック入れて、ちゃんと話を聞いてくれそうなところ、それなりの設備が整っていそうな整形外科へ行きました。 単なる寝違えじゃなかった。 病院では、真摯に話を聞いてもらえました。 初診だったので問診票もわりと細かく記入して、その後状況を聞いてもらい、レントゲンを撮りました。 最終的にお医者さんの診察を行い、レントゲン写真を見ながら説明してもらったわけですが、初めて知らされた内容に動揺してしまうなど。 普通、人の首の骨は反るようにに曲がってて、人間はこの状態で頭を支えてうまくバランスをとってるそうです。 しかし私の首の骨は、完全に逆向きに曲がってました。 細かく話を聞いたのですが、要約するといろいろ負担がかかるので、そうとう筋肉が凝り固まって限界がきてこうなったね、ということでした。 しかも鎖骨が人より下がってるらしく、なで肩だから首に一層負荷かかるとのこと。 外見は肩はがっしり目なイカリ肩なのに、実はなで肩だったという衝撃の事実まで。 なで肩って、見た目じゃわからないのですね。 というか、自分、骨の形がおかしかったのかー・・・ 思い起こせば、 ・肩が凝りやすい ・よく寝違える ・寝てなくても今回のように軽く痛くなることは何度もあった ・疲れると頭が割れそうなくらい痛い頭痛が起きることもある ・仰向けで寝てると腕が痺れる などなど、子どものころから悩まされてたことがありました。 あまりの偏頭痛っぷりに脳外科とかでも診てもらったこともありましたが、その時はなんともないよって言われてたので、ストレスだな、と軽く考えてました。 もろもろの不調は首からきていたのかと、妙に納得してしまいました。 とりあえず、痛くて普通の生活も困難なので痛み止めの注射をしてもらって、現在はお薬飲みながら療養中であります。 痛みがとれたら、姿勢直すストレッチとかいろいろやっていきましょうと。 でも、痛みがなかなかとれなかったらヘルニアの疑いだそうです。 なんてこった。 うーむ、痛いってつらいです。 辛いですけど、とりあえず病院に行ったおかげで睡眠はとれるようになったし、いろいろ判明したし、行ってよかったです。 とにかくちゃんと話聞いてくれるお医者さんでよかった。 ラクに過ごせるようになっただけでも有り難いです。 というわけで、やたら寝違えが多いなあと感じている方は、いつか私のように激痛が走る可能性があります。 一度ちゃんと診てもらうと安心かも。 nekonomamaさん コメントありがとうごさいます。 私が行った病院は秋田市内の個人病院でした。 病院を探すにあたって、整骨院ではなく整形外科であること、リハビリに対応してること、スポーツドクターであることを重視しました。 あとはその病院は内科と、皮膚科も兼ねていたというのもあって、いろんな要素から原因を調べてもらえるのではないかと思ったからです。 あとMRIなどの検査機器もそろっていたのもありますけども。。 それと、ホームページをしっかり作っていて 更新が行き届いていたのも決め手になりました。 個人的に仕事上の経験から、直感でここならいいかなと感じたのが一番大きかった気もしますけど… もちろん、設備が整ってるからいいとかそんなことはないのですが、患者さんと向き合ってくれる姿勢を感じるところが安心ですよね。 なので、長期通院しても苦痛にならないシステムの病院も私のなかではポイント高いです。 私は今でもマッサージをうけに時々行ってますが、だいぶラクになりました。 娘さん心配ですね。。 いい先生に巡りあえて、はやく痛みが少しでもよくなることを祈ってます。 ありがとうございました まさか すぐに お返事書いていただけるとは・・ うれしいです 朝 一番にこちらを見てから 娘に伝えました 整骨院ではなく整形外科であること、リハビリに対応してること、スポーツドクターであることを重視 ということ おかげさまで ネットで探して 行ったようです 前々からストレートネックと言われていたので、ヘルニアだったら と心配しましたが ヘルニアまではいってないけど 筋をひどくいためた状態ということだったらしいです。 注射とお薬ともらってきて少しは楽になり しばらく通院するようでした。 娘はピアニストなので 近くライブがあるので心配していました。 ありがとうございました。 恥ずかしいのですが 私は 還暦過ぎたwebクリエイターです。 老化で 指がへバーデン結節とからしいのですが 今度病院に行ってみようと思います。 こちらはきれいなwebですごく素敵ですね WORDpress も 勉強しないと・・と思いました どうぞ お体大事に これからも 素敵にお仕事してください 長くなりましたが ありがとうございました ぴらめこ様 いつも拝見させていただいています。 見やすくわかりやすい記事を提供くださって感謝です。 そういえば、わたしも首痛を経験しました。 ある朝突然首を持ち上げることができなくなりかといってうつむいていれば楽かというとそうするとまた激痛が。 今から思えば病院の対応は???ですが(というのは原因の追及のための検査等なかった)、かなりごっつい首サポーターらしきものをだされてしばらくそれをつけて出勤していました。 そのサポーターをしているとかなり傷みが軽減されてはっきり覚えていませんが、1~2週間で痛みがなくなり、普通に生活できるようになったと思います。 別の機会に整形外科医から「あなたはストレートネック」を言われ、「事故にあったとかそういうことはなかったか」と聞かれ、「覚えがない」と申しますと、「なにか過去に強打したことがあったはず」と言われました。 あれ以来あの激痛は訪れていないのですが、首痛や肩こり頭痛が来そうな予感がしたときは首枕をして予防するようにしています。 それから(寝るときの)枕や布団の硬さにもこだわっています。 首を冷やさないのも大事かなと思い、心がけています。 お互いに気をつけましょうね! さつまいもきなこ さん こんにちは。 さつまいもきなこさんもストレートネックなんですね。 病院での話で、強打したことがあったはず、というのは驚きです。 私も危険な事故にあった記憶はないのですが・・強いて言えば数年前に豪快に階段から滑り落ちたことがあったので(数週間背中が痛かったけど病院へは行っていない)、もしかしてあれがまずかったのかな・・とか、スノボで転倒時かなとか、他には・・と、ちょっと考えてしまいました。 ・・・しかし今となっては、今後の生活を気を付けるしかないんですけどね。 しばらく病院へは行っていなかったんですけど、今年に入ってから今度は肩甲骨付近が痛くて先日病院へ行ってきたところです。 やはり冬場は痛くなりがちです。 寒いと凝りがひどいのでやっぱり首周りは冷やさない方がいいですよね。 気を付けてると割と大丈夫なんですが、気を抜くと痛くなるので、私も布団ももう少しこだわってみようかなと思いました。 お話し聞かせてくださってありがとうございます。 同じ症状の方の話を聞くと一人じゃないという安心感があります。 たくさん病人がいることはよいことではないので不謹慎かもしれませんが・・ 私も頑張ろうって気持ちになりました。

次の

寝違えた首の痛みの正しい対処方法と治し方!ストレッチは逆効果のリスクが高い!?

寝違え て 首 が 痛い

人間の頭部は、正面から見た首の幅に対して中間の位置にあるのが望ましいのですが、睡眠中はどうしてもその位置からずれがちです。 長時間にわたって首がおかしな方向に曲がったままになっていると、首の筋肉が部分的な阻血状態になり、筋肉も凝り固まりやすくなります。 そのような状態で起床時に急に頭首を動かすと、寝違えが発生するのです。 例えば運動をするとき、ストレッチをせずにいきなり激しい運動をしたら筋肉を傷めてしまいますよね。 それと同じで、 睡眠中に凝り固まった筋肉をいきなり動かすと、軽度の肉離れが起きるのです。 つまり寝違えは、寝ているときに生じるわけではありません。 寝違えの原因は睡眠中に作られますが、寝違えの炎症が発生するのは起床時なのです。 筋膜を傷めているケースと、中心部分を傷めているケースです。 例えば、首を右に回したときに左側が痛ければ、筋膜(筋肉の表面を覆う膜)が傷ついている可能性が高いと言えます。 反対に、 首を右に回したときに右側が痛ければ、筋肉の中心部分が傷ついている疑いが。 前者の方が痛みは強く、治りにくい傾向があります。 痛みが出てから48時間程度は、消炎鎮痛成分が入っている冷湿布を貼るのもおすすめ。 ただし、長時間貼るのは避けてください。 目安は1時間程度です。 寝違えは炎症、つまりケガです。 なるべく動かさない・触らないようにしてください。 痛みや違和感を治そうと、首のストレッチをしたりもんだりするのもNGです。 また、 アイスパックや氷のうを使って長時間冷やすのもおすすめできません。 アイシングをすると、一時的な鎮痛効果は得られます。 その一方で筋肉の血流が悪化するため、損傷部位の回復が遅くなる可能性が考えられます。 また、筋肉ではなくじん帯や神経を傷めている場合は、炎症が首の奥深い部分にあるので、冷やしたところで鎮痛効果が期待できません。 このほか、炎症を起こした直後は温めるのも良くありません。 患部は熱を持っているため、 温めると炎症を助長させてしまうおそれがあります。 温湿布やカイロを使って温めるのはもちろん、湯船につかるのも避けたほうがいいでしょう。 寝違えた直後は一時的に冷やすのはOKですが、長期的に冷やすのはNG。 温めるのは、痛みが治まる安定期までNGと覚えると良いでしょう。 炎症が筋膜に生じているとき:4日~1週間程度• 「痛い」と感じる動作は避けてください。 傷ついた組織を修復するためには、これ以上の治療はないとも言えます。 痛みが和らぐ安定期に入ったら、血流を良くして回復を促しましょう。 血流改善には、温める・ストレッチをする・マッサージをするなどいろいろな方法があります。 どの方法が適切かは病態によって異なるため、専門家の指示に従うように。 顎を安定させることが目的なので、首が苦しくなるほどきつく巻く必要はありません。 仕事の都合などで首にタオルやマフラーを巻くのが難しい場合は、腰にコルセットをつけるのがおすすめです。 腰にコルセットをすると背骨がまっすぐ伸びるので、首周りの筋肉に負担がかかりにくくなるのです。 もしも、できるだけ早く治したいというのであれば、専門医を受診するといいでしょう。 ただし、 あまりに頻繁に寝違えを起こしているようであれば、一度検査と治療を受けることをおすすめします。 首の骨が本来あるべき位置からずれていて(いわゆるストレートネックなど)、首周りの筋肉を日常的に圧迫している可能性があるからです。 関連: 寝違えの原因は、睡眠時に作られます。 つまり予防のためには、就寝環境の改善が要になってくるのです。 寝相の良い方は、就寝中に姿勢があまり変わっていない可能性が高く、筋肉・血流が凝り固まりやすいからです。 就寝時の姿勢と起床時の姿勢があまり変わらない方・寝相が良いと人から言われる方は、自然な寝返りを促す就寝環境を作るようにしましょう。 例えば、 マットレスは硬めのものがおすすめです。 低反発や柔らかい素材は寝返りが打ちにくくなるので、避けましょう。 あまり寝返りを打たない人でも、枕の位置を正しくセッティングするだけで寝違えのリスクは随分減ります。 冬場はもちろん、夏場もクーラーで冷やしすぎないように気をつけましょう。 その理由はふたつ。 ひとつは、筋肉内の血流が低下しやすくなること。 もうひとつは、酔っていると感覚が鈍くなるため、寝返りの回数が激減することです。 また、過度に疲れているときにも、お酒を飲んだときと同じことが起きやすくなります。 飲酒後やいつもより疲れているときは、 寝る前に経口補水液などでミネラル分を補給するのがおすすめです。 ミネラル分摂取は血流の低下を防ぎ、寝違えの予防につながります。

次の