まぶしく て 私 たち の 輝く 時間。 ノーカット「まぶしくて―私たちの輝く時間―」第6

まぶしくて私たちの輝く時間の動画を日本語字幕で無料視聴!最速配信はどこ?

まぶしく て 私 たち の 輝く 時間

高齢化社会に伴い、韓国でも老後をテーマとしたドラマがみられるようになりました。 本作は「SKYキャッスル」や「ミスティ」など名品ドラマを生み出したケーブルテレビJTBCが手掛けた認知症を新たな視点から描いたドラマです。 近年はやりのタイムスリップものかと思いきや、ドラマ後半にコミカルなファンタジーから現実へ劇的に反転。 これにより視聴者は少し無理な設定だと思っていた点が現実的にありうる展開だと悟り、大きな衝撃を受けるのです。 本作の作品性と共に評価されたのがキャストたちの高い演技力。 ハンジミンさんやソンホジュンさんはもちろん、人気若手俳優ナムジュヒョクさんは本作により演技派としてステップアップしました。 断トツは何といっても70歳のキムヘジャさんを演じた女優キムヘジャさんです。 1941年生まれですので、ドラマ放送時の2019年時点で実際の年齢は78歳。 自分のキャラクターにハンジミンが演じるキムヘジャの特性まで演じるという驚くべき感情演技で、さすが名優と絶賛されました。 第55回百想芸術大賞でキムヘジャさんはテレビドラマ部門大賞を、イジョンウンさんは助演女優賞を受賞しています。 スポンサーリンク まぶしくて【韓国ドラマ】あらすじ 幼いころに時間を巻き戻せる腕時計を手に入れたヘジャ(ハンジミン)は、それを使うと巻き戻した時間の分だけ自分が年を取ってしまうことに気づき、封印していた。 25歳になったヘジャはある日父を交通事故で亡くしてしまう。 父を救うために腕時計を使って時間を巻き戻し、幾度かの失敗の末に父を助けることができたが何度も使ったせいで自分の姿は70歳になってしまっていた・・・。 まぶしくて【韓国ドラマ】視聴率 ハンジミン・ナムジュヒョク・キムヘジャという人気キャストの共演が期待され、視聴率は初回から3. 185%の好スタートでした。 4話で魔の5%を超え、その後は自己最高視聴率を更新し続け、8話では8. 447%と地上波ドラマとの差をつけました。 最終回はJTBC月火ドラマ歴代最高視聴率を記録し、有終の美を収めました。 スポンサーリンク まぶしくてキャストインタビュー キムヘジャ キムヘジャさんは70歳になった25歳の女性を演じたわけですが、 「25歳が70歳になるなんていうありえない話、聞いたことも見たこともないことをどんな風に演じるかたくさん悩んだ。 声はできるだけ細く、そして若い人は早口だからその点を意識した」 と、その役作りを語っています。 ご自身の25歳当時は結婚して息子さんを生んだばかりのころだったそうで、仕事も学校もやめて育児に専念していたそうです。 ハンジミンさんについては 「とても愛らしい人。 自分の25歳を演じてくれて、たくさん助けられた」 ナムジュヒョクさんについては 「男らしい面がある。 どんな俳優に成長するか見守りたい」 ソンホジュンさんについ て「魅力的な俳優。 面白くて才能豊かな人だと思う」 とそれぞれ話していました。 キムヘジャさんは本作で 「今日を生きなさい。 まぶしいくらいに。 あなたはその価値があります。 」 というメッセージを残しています。 ナムジュヒョク 普段ほとんど泣いたりしないというナムジュヒョクさんはこのドラマに感動してたくさん泣いてしまったとか。 キムヘジャさんが演じるキムヘジャは時々ハンジミンさんにとても似ていて、実際演じていても二人は同じ人なのではないか?と思うことがあったそうです。 キムヘジャさんからは 「今のように誠実に、初心を忘れずに素敵な俳優になってね」 と言われたのが深く心に残っているそうで、大先輩との共演がまだ夢のようだとのこと。 ナムジュヒョクさんといえばいつも「モデル出身」の枕詞がついており、ただかっこいい俳優というイメージしか持たれていませんでした。 本作は今後の俳優人生を変える転機となったのではないでしょうか。 人生のありがたみについて考えることになるドラマだった。 今日一日も感謝しながら生きようと感じた。 ・認知症で苦しんで亡くなった祖母を思い出して号泣した。 私をかわいがってくれていた祖母に何もしてあげられなかったことが申し訳ないと思った。 ・韓国ドラマでこれ可能なの?って思う展開。 作家さん天才?って思った。 よく書かれたシナリオに演技派俳優たちの演技、キムヘジャさんに感謝したい。 今タイトルだけ見ても涙が出るほど感銘を受けた。 ・高齢者の生き方、いつか自分にも訪れることであり、そういう部分をよく描いたと思う。 ・ナムジュヒョクへの見方が変わった。 こんなに演技力がある人とは思わなかった。 まとめ:これまではアルツハイマーは否定的に描写され、社会の中で厄介者扱いされがちな高齢者の現実を肯定的な方向で制作されたと評価されています。 特に最後のキムヘジャのナレーションには涙腺崩壊です。 最後に ここ数年地上波ドラマの作品性が落ちてきたと言われており、この作品をみて地上波も覚醒しなければならない、という世論もありました。 これまで多くの作品で活躍されたキムヘジャさんは本作について 「こういうドラマは初めてみた。 とても珍しいドラマ。 ゲラゲラ笑えると思ったら泣いている。 このドラマの中に人生が全部入っている。 とにかく見てください、としか言えない」 と話していました。 多くの人の心に残るドラマだと思います。 ぜひみてくださいね!.

次の

ナム・ジュヒョク×ハン・ジミン&キム・ヘジャ共演作「まぶしくて―私たちの輝く時間―」心に響く名セリフに投票!Twitterキャンペーンが開始

まぶしく て 私 たち の 輝く 時間

もくじ• しかも、今回の主演ハン・ジミン、キム・ヘジャそしてナム・ジュヒョクは、それぞれの作品で主人公を演じていて、製作チームと縁のある俳優陣が集結されていました。 旬の演技派ぞろいのキャスティング つい先ごろ、5月に行われた 第55回百想芸術大賞では、 キム・ヘジャさんが本作でテレビ部門大賞を、ハン・ジミンさんは映画「ミス・ペク」で最優秀演技賞に。 ナム・ジュヒョクも映画「安市城」新人賞でノミネートされていました。 本当に豪華な顔ぶれでした! 冒頭あらすじ アナウンサー志望25才のヘジャは、そろそろこの夢がかなわないことに気づいていたが、引導を渡したのは先輩を通じて知り合った記者志望のジュナだった。 同じ町に住んでいて二人は親しくなり淡い思いを抱いていたが、ヘジャはある日70代の老人に変わってしまった。 ヘジャは幼いころ、時間を巻き戻せるが使った分だけ年齢を重ねてしまう時計を拾っていた。 お父さんが交通事故で亡くなることを食い止めるために時計の力を使い果たし、ヘジャは70才の姿になったのだった。 予告編 ここではヘジャが愛してやまない孤独な人生を耐え生きてきたジュナとの出会いと彼との夢のような時間を切り取ったナム・ジュヒョクver. ともいえる予告をご紹介します。 その力を使い果たし、25才のヘジャの体は70才になってしまいます。 好意を抱いたジュナとの関係を取り戻すべく、元に戻る方法を探るヘジャ。 高齢者を取り巻く事情をコメディタッチに描く 70才になったヘジャを中心に、 高齢者を取り巻く現代の諸事情や事件・問題がストーリーにぎっしりと盛り込まれていました。 モブキャラクターのおばあさんやお祖父さんがたのキャラも立っていて、コメディタッチで描かれるご老人方のシーンは明るく軽やかでした。 10話のラストに突然にやってくる真相への「出口」(見ている私たちにとってはまさに出口なんです)。 そこからラストまでのヘジャの思いや姿がはっきりと見えてくる構成とストーリーは、見る人の胸を打つはずです。 日本版DVDの予告編 ここで日本版DVD発売元の予告編をご紹介します。 とても感性豊かに編集されている予告編で、ちょっと見ているだけで本作を思い出してうるっと来てしまいました。 ここから後半はネタバレがあります ご注意ください ネタバレ感想 子育てが成功だったかどうか、 自分の人生が幸せだったかどうか、 そんなことはこの世を去る瞬間にしか分からない そんな風に思っているのですが、本作は、 この世を去る時期に差し掛かったヒロインの願いや後悔そして幸せな思い出を描きこんだ物語でした。 ヘジャの現実と願いが詰まった物語 全12話のうち、 ラストの2話で、時計が紡いだファンタジックな時間旅行の真相 が描かれました。 映画でもラストで急反転する作品がありますが、ドラマだと重ねてきたエピソードの多さから厚みが増します。 本作の反転は、ある意味 夢オチともいえる、アルツハイマーを患ったヒロインが現実と空想を交錯させたことによって展開していた物語でした。 10話かけて描かれた 空想のなかに、ヒロインヘジャのリアルな現実と思いが詰まっていて、真相が見えてからのあらゆる事情が当事者のごとく胸に迫ってきました。 時計の意味 ヘジャの現実と過去をつないだ金色の時計は、プロポーズされた時、 ヘジャからジュナに贈ったものでした。 結婚し可愛い息子が生まれ幸せだったある日、清廉な新聞記者として働いていたジュナが記者狩りのような取り調べにあい、警察に捕まったまま戻らぬ人となりました。 取り調べ中の暴力と、弱った体に患った肺炎が死因でした。 遺品の中に時計はなく、ジュナの取り調べをした刑事があの時計をしていたためヘジャはずっと胸かきむしるような悔しい思いを抱えていたはずです。 その時計をした老人が同じ療養所にいた。 おそらくはその時計を見たことでヘジャの心は過去に戻ってやり直したい願いとつながっていたのかもしれません。 あるいは、療養所の担当の医師はジュナにうり二つだったことなど…。 さまざまな偶然が重なりました。 時間が戻せるなら…切実な思い あの頃に戻ってやり直せたら。 本作の主人公ヘジャの戻りたい時間は、 愛するジュナと出会った頃や、ジュナを何としても警察の牢から助け出してあげたかったこと、そして大切な息子が事故に遭い足の障害を負うことを止めたかったあの瞬間でした。 コミカルに描かれた10話までのヘジャの冒険の中には、混乱する思考の中で求めていた ヘジャがもっとも心を痛め続けていた後悔につながっていたのでした。 , Ltd. all rights reserved. キム・ヘジャ、ハン・ジミン無くしては語れない物語だったのですが、二人が思い続けることになる ジュナ役の存在感の大事さはとてつもなく大きく、ナム・ジュヒョクはその役割を果たしきりました。 孤独で純粋、聡明だけれど不器用で悲しそう、だけど温かい。 佇まいから醸し出される雰囲気だけではく、演技面での成長が見られた本作のナム・ジュヒョクには驚きました。 スタイル抜群のどう見てもカッコいいはずの人が、そのことをひと時忘れさせ、ジュナという人物の人間性が伝わってきました。 ナム・ジヒョクのドラマ出演作としては本作が 俳優としてまたステップアップしたことを証明した一本だったと思っています。

次の

ナム・ジュヒョク×ハン・ジミン&キム・ヘジャ共演作!日々平穏に生きることのありがたさが心に響く感動作「まぶしくて―私たちの輝く時間―」名セリフに投票するTwitterキャンペーン開始!

まぶしく て 私 たち の 輝く 時間

— 2019年 9月月6日午後11時13分PDT 嗚呼。。。 もう言葉がないですわ。。。 神ドラマすぎてしんどいって。 見終わった後泣きすぎて頭ガンガンしてました。 笑 余韻がすごくて1時間くらいボーッとしてました。 すぐに感想レビュー書きたかったんですけど、余韻がやばくてですね。。。 このドラマはちょっと別格。 もう他と比べたらあかんやつ。 ずっとずっと見たかったドラマやったんですけど、想像はるかに超えてました。 DVD出たら絶対買うと思います。 余裕で。 んでこのドラマは絶対にネタバレしたらあかんやつなんでストーリーの方はフワ〜っとした感想レビューになりますがご了承くださいまし。 だが時間を戻すとその分自分の時間は人より早く流れると気づき、時計は封印していた。 25歳になったヘジャはアナウンサーを目指すも厳しい現実を前に挫折気味。 ある日、記者志望生のジュナ(ナム・ジュヒョク)と出会う。 アル中の父を抱え祖母と暮らしてきたジュナは一見完璧ながら、心に傷を抱え周囲に壁を作って生きてきたのだった。 感情をそのままに出すヘジャに好奇心を抱くジュナ。 そしてヘジャもジュナに惹かれていく。 そんな中、ヘジャの父(アン・ネサン)が突然交通事故で亡くなってしまう。 父を救うため時間を戻す決意をするヘジャだが、時間を戻しても交通事故を防ぐことができず泣き濡れる。 心配したジュナは事情を知らないながら、それでも諦めるなと励ます。 その結果、ヘジャは数十回も時間を戻し、何度も苦戦するうちに遂に父親を助けることに成功する。 だが、次の日目覚めると何度も時間を戻したために 70歳のおばあちゃん(キム・ヘジャ)の姿になっていた! 出典:KNTV Advertisement このドラマ「眩しくて」の企画意図がこちら。 時間とは何だろう? なぜ人々は同じ時間の中でも 別の人生を生きているのだろう? ここでは自分に与えられた時間を奪われ高齢者になってしまった 地図を奪われた25歳の悔しい女性がいる。 そして自分に与えられた時間を自ら投げ出し捨ててしまった 1日も早く老けこの世界を去りたい26歳の男性がいる。 時間を操る能力を持ったのに時間の前にあくせくするだけの女。 誰よりも輝く時間を持ったのに時間の前に無力なだけの男。 同じ時間の中で生きていくが、 異なる「時間」を持ったそれらの人を介して時間の意味を描きたい。 出典:JTBC「眩しくて」公式 韓国のゴールデングローブ賞と呼ばれることもある百想芸術大賞で国民的大女優キムヘジャさんがこの「眩しくて」で大賞に輝いてます。 まあもうキムヘジャさんありき、キムヘジャさんの為のドラマですね。 これは。 神すぎました。 時間を戻すことができる時計を手に入れたヘジャのファンタジーロマンスって聞いたら、あ〜韓国ドラマにありがちな時間離脱系のやつな。 ってなりますよね。 あらすじみても実際あんまりピンとこーへん方多いと思いますし、私も実際そうでした。 見始めて最初の方とかもえ?どゆこと?へ???ってなることも多かったし、多分途中で見るのやめた方も多いドラマなんじゃないかな。 と思います。 ですが このドラマは絶対に最後の最後まで見て頂きたい。 もうそれしか言えませんです。 あんまり他にこうゆうドラマ見たことがないってくらいかなり斬新な作品です。 この役で演技の評価が爆上がりしはったみたいですが、いやあまじ納得しかないです。 今まで抱いてきたナムジュヒョクさんのイメージマジで覆るくらいめっちゃくちゃいい俳優さんにならはった感じしましたね。 表情演技特に泣きの演技がすごく多かったと思うんですけど、こちらに訴えかけてくる目の強さってゆうか目の悲しさってゆうかほんと目の美しさが印象的でした。 この豪華キャスト、べテラン俳優陣の中にあっても輝くナムジュヒョクの魅力。 半端ないわ。 — 2019年 2月月11日午後12時45分PST ソイングク殿でゆう「空から降る一億」的な、俳優としての転機的な作品になったんじゃないんでしょうかね。 多分私のように今までナムジュヒョクさん素通りしてきた方もこの「眩しくて」のナムジュヒョクさんにはやられると思います。 間違いなく。 (しつこくさん付け) 多分そんなにキュンを狙ったドラマじゃないんですけど、死ぬほどときめいたしナムジュヒョクさん出てくる度沸いてました。 若いのにめっちゃくちゃ落ち着いてはるし雰囲気醸し出しすぎ。 まじで。 絶対に過去出演作気合い入れて見直します。 ほんますんません。 (土下座) あとなんといってもハンジミン。 ハンジミンはやはり最強すぎた件。 — 2019年 2月月18日午後10時19分PST このドラマはほんまにキムヘジャさんありき。 この方が全てていっても過言ではないです。 キムヘジャさんがこの「眩しくて」ってゆうドラマを通して「人生」とは何かってことを教えてくれるような。 ラストのキムヘジャさんのメッセージ心に響き過ぎて何回も見直しましたわ。 キャストも最強すぎたけども、このドラマは脚本がもう神すぎた。 人生の格言みたいなものが各所に散りばめられてるんですけど、その表現が直接的じゃなくって後から後からじわ〜ってくるような凄い素敵な表現しはるんですよ。 それをキムヘジャさんが言わはるんですよ?最強すぎるやろて。 響かんわけないやろて。 もうね、何を書いてもネタバレになるんじゃないかと異常に恐れてましてストーリーにはあんまり触れたくないんですけども。 ある大きな事実が発覚するんですね。 ある話数で。 その前後では違うドラマを見てるんじゃないかってゆうくらいストーリーが大きく反転するんですね。 本当にその瞬間から全てが綺麗につながっていくんですが、もう鳥肌が止まらなくって、全てに涙が止まらなくって、見終わった瞬間自分の中で何かが変わってました。 — 2019年 3月月19日午後8時27分PDT 辛くて辛くて逃げ出したくなるような瞬間も、愛する人と歩んだ幸せすぎた瞬間も全てが尊い眩しすぎる一瞬。 人生をどの瞬間も丁寧に生きていこうって思わせてくれるもはやドラマを超えたメッセージ性がこの作品にはありましたね。 多分見る人の年齢や状況によって感じるものが全然違うかもしれないですが、おそらくどの年代でもこのドラマが心に響かない人はいないんじゃないかな。 めちゃくちゃ重いドラマやと思うかもしれないですけど、ほんまにそんな事なくって、クスッと笑える箇所もキュンとする場面もたくさんあってほんまにバランスの良い作品。 「空から降る一億の星」以来、これ!!ってゆうドラマにはなかなか出会えませんでしたが、このドラマは人生で一度出会えるか出会えないかくらいのほんま素晴らしいドラマでした。 ちなみに私余韻やばすぎてすぐに2周目いってますからね。 笑 ぜひ見ていただきたいってゆうかこれ見ずして他何見る?くらいの。 もう別格な作品。 日々の生活に疲れた現代の全人類に見ていただきたい。 「眩しくて」は全ての愛が詰まった涙必須の名作でした。 他のドラマ今みれへんくらいの威力ですけど、ナムジュヒョクさんが鬼イケすぎたんでちょっと過去作チェック入ります。 2019. 2018. 2019. 2019. 笑 そんな […][…]• 2019. 2019.

次の