うさぎ の しっぽ 恵比寿。 恵比寿店

うさぎのしっぽとは

うさぎ の しっぽ 恵比寿

ご来店のお客様へのお願い 【うさぎのしっぽの安全対策とお客様へのお願い】 新型コロナウイルス感染症対策の基本方針をふまえ、当店でも様々な対策を行っております。 うさちゃんの生活を支える使命がありますので、できる限り皆様のサポートを行いますが、ご来店の際にお願いしたい事項がいくつかございます。 1:発熱・咳・体調不良等の症状がある場合には、ご来店なさらないでください。 感染拡大につながることが予測されます。 2:マスクの着用をお願いいたします。 3:店頭入店数の制限を行っております。 4:1グループ1名でのご来店でお願いいたします。 5:お買い物は10分程度でお願いいたします。 6:うさちゃんにはケージ越しに触らないようにお願いします。 スタッフは、営業前の体温チェックと次亜塩素酸ナトリウム希釈液にて店内の消毒を行っております。 また、接客の際には、一定の距離(ソーシャルディスタンス)とマスクやシールドを着用させていただきます。 ご理解よろしくお願いいたします。 コインパーキングをご利用ください。

次の

「うさぎのしっぽ 恵比寿店」(渋谷区

うさぎ の しっぽ 恵比寿

年齢に応じた栄養素が含まれていること。 タンパク質やカルシウムの含有量が多く、嗜好性に優れています。 年齢を問わず与えることができますが、栄養価が高くカルシウム分が多いため肥満や結石などの原因となることもあります。 高繊維質で低タンパク、カルシウム含有率も低く維持期のうさぎに適していますが、離乳期から成長期のうさちゃんには十分な栄養をとれない可能性もあります。 日本では、最初オックスボウ社(アメリカ)のバニーベーシックTで有名になりました。 今、日本のペレットでは、多くのティモシー主原料のペレットが販売されていますが、年齢や栄養状態を考えて与えることが重要です。 からだを作る大切な時期です。 急激に成長する6ヶ月までは、高タンパクなアルファルファ主原料のペレットを好きなだけ食べさせてください。 また6ヶ月から1歳半くらいまでは、人間でいうと中学生から成人くらいの時期にあたります。 まだまだ充分な栄養が必要です。 アルファルファ主原料のペレットをお勧めします。 ただ、ネザーランドドワーフなど小型の品種は成長が早く、1歳くらいでも肥満傾向になる場合もあります。 ペレットの量の調整やティモシー主原料のペレットへ切り替えが必要になる場合もあります。 ご相談下さい。 太りやすい体質や食べ過ぎて肥満になってしまう子がいます。 アルファルファ主原料からティモシー主原料のペレットに変えてもいいでしょう。 ただこの年齢からすべてのうさちゃんがティモシー主原料のペレットに変えなくてはならないという訳ではありません。 適正体重を維持しているうさちゃんややせ気味のうさちゃんは、今まで使っていたアルファルファ主原料のペレットを与え続けてもかまいません。 うさちゃんと飼主さんとの関係も顔を見るだけで健康状態や何をしてほしいかが分かるようになっています。 運動量も次第に減ってからだの代謝も落ちてきます。 人間でいえば、40代になり健康面にも注意が必要です。 毎日の健康管理はもちろん、定期的な健康診断の回数も年2回は行って欲しいものです。 運動量が落ちてエネルギー代謝も落ちている反面、食欲は変わらないうさちゃんも多くいます。 肥満にならないように、低タンパクのティモシー主原料のシニア用ペレットに切り替え、コエンザイムQ10やラビットプロポリスなど免疫力強化のサプリメントも与えるのもいいでしょう。 一日中まったりとしている時間が多くなり、食事の時間になると動き出すうさちゃんも多いのではないでしょうか。 食欲も落ち体力も落ちてきます。 また、足腰などの関節が弱くなりトイレに上がれなくなってしまう場合もあります。 アガリクスなどが添加されたティモシー主原料のシニア用ペレットやコエンザイムQ10やラビットプロポリス、関節に良いコラーゲン、グルコサミンなどのサプリメントもいいでしょう。 7歳以上のスーパーシニア用のペレットも出ています。 食べ物や住環境、獣医さんの医療技術が進歩したおかげではないでしょうか。 これからは、ゆったりと過ごせる環境を作り、長生きさせてあげられるよう毎日の健康管理をしっかりしてあげましょう。 引き続きアガリクスなどが添加されたティモシー主原料のシニア用ペレットとともにコエンザイムQ10やラビットプロポリス、関節に良いコラーゲン、グルコサミンなどのサプリメントも与えてあげるといいでしょう。 4:ペレットを切り替える時の注意点 違うペレットに切り替える時、うさちゃんが食べてくれずに苦労する事があります。 実はこれは、ペレットを変えなくても違うロット(製造月日が違う袋)になった時にも起きる事があるのです。 実際に起きてしまうと、かなり深刻で心配になりどうしたらいいか分からなくなるかも知れません。 こうならないように、違うペレットや違うロットのペレットを使う時にはいつでも、前回のものと混ぜながら使う事をお勧めします。 全く違うペレットに切り替える、そしてその成分となる牧草が全く違う時、1ヶ月位の時間をかけてゆっくり慣らしていきましょう。 うさちゃんの味覚とお腹のバランスを徐々に変えていきます。 こうすると1ヶ月で完全に切り替わると思います。 5:数種類のペレットを与える 2011年3月にあった大震災のとき、実際に被災され避難所で普段与えているペレットが手に入らなくなったり、店舗が被災し物流が止まってしまって同じペレットを買うことができなくなったりした飼主さんも多かったのではと思います。 このような事態を想定し普段使っているペレットの他に数種類のペレットを与えて、うさちゃんが食べるペレットを知っておくことが大事です。 また、このような非常事態に限らず、普段あげているペレットを突然食べなくなってしまった場合にも、数種類のペレットをあげていれば安心です。 ) 毎週月曜日午前9:00(受付に時間指定があります。 )までのご注文を、その週の水曜日にクール便にて発送させていただきます。 そのため、他の商品と一緒にご注文いただきましても個別のクール送料がかかります。 送料無料について サンプル、カタログ等の無料商品につきましては、ご注文の際に一緒にお買物カゴにお入れください。 ご購入者のみ商品と同梱して発送いたします。 サンプル、カタログ(無料商品)のみのご購入はご遠慮ください。

次の

うさぎのしっぽとは

うさぎ の しっぽ 恵比寿

年齢に応じた栄養素が含まれていること。 タンパク質やカルシウムの含有量が多く、嗜好性に優れています。 年齢を問わず与えることができますが、栄養価が高くカルシウム分が多いため肥満や結石などの原因となることもあります。 高繊維質で低タンパク、カルシウム含有率も低く維持期のうさぎに適していますが、離乳期から成長期のうさちゃんには十分な栄養をとれない可能性もあります。 日本では、最初オックスボウ社(アメリカ)のバニーベーシックTで有名になりました。 今、日本のペレットでは、多くのティモシー主原料のペレットが販売されていますが、年齢や栄養状態を考えて与えることが重要です。 からだを作る大切な時期です。 急激に成長する6ヶ月までは、高タンパクなアルファルファ主原料のペレットを好きなだけ食べさせてください。 また6ヶ月から1歳半くらいまでは、人間でいうと中学生から成人くらいの時期にあたります。 まだまだ充分な栄養が必要です。 アルファルファ主原料のペレットをお勧めします。 ただ、ネザーランドドワーフなど小型の品種は成長が早く、1歳くらいでも肥満傾向になる場合もあります。 ペレットの量の調整やティモシー主原料のペレットへ切り替えが必要になる場合もあります。 ご相談下さい。 太りやすい体質や食べ過ぎて肥満になってしまう子がいます。 アルファルファ主原料からティモシー主原料のペレットに変えてもいいでしょう。 ただこの年齢からすべてのうさちゃんがティモシー主原料のペレットに変えなくてはならないという訳ではありません。 適正体重を維持しているうさちゃんややせ気味のうさちゃんは、今まで使っていたアルファルファ主原料のペレットを与え続けてもかまいません。 うさちゃんと飼主さんとの関係も顔を見るだけで健康状態や何をしてほしいかが分かるようになっています。 運動量も次第に減ってからだの代謝も落ちてきます。 人間でいえば、40代になり健康面にも注意が必要です。 毎日の健康管理はもちろん、定期的な健康診断の回数も年2回は行って欲しいものです。 運動量が落ちてエネルギー代謝も落ちている反面、食欲は変わらないうさちゃんも多くいます。 肥満にならないように、低タンパクのティモシー主原料のシニア用ペレットに切り替え、コエンザイムQ10やラビットプロポリスなど免疫力強化のサプリメントも与えるのもいいでしょう。 一日中まったりとしている時間が多くなり、食事の時間になると動き出すうさちゃんも多いのではないでしょうか。 食欲も落ち体力も落ちてきます。 また、足腰などの関節が弱くなりトイレに上がれなくなってしまう場合もあります。 アガリクスなどが添加されたティモシー主原料のシニア用ペレットやコエンザイムQ10やラビットプロポリス、関節に良いコラーゲン、グルコサミンなどのサプリメントもいいでしょう。 7歳以上のスーパーシニア用のペレットも出ています。 食べ物や住環境、獣医さんの医療技術が進歩したおかげではないでしょうか。 これからは、ゆったりと過ごせる環境を作り、長生きさせてあげられるよう毎日の健康管理をしっかりしてあげましょう。 引き続きアガリクスなどが添加されたティモシー主原料のシニア用ペレットとともにコエンザイムQ10やラビットプロポリス、関節に良いコラーゲン、グルコサミンなどのサプリメントも与えてあげるといいでしょう。 4:ペレットを切り替える時の注意点 違うペレットに切り替える時、うさちゃんが食べてくれずに苦労する事があります。 実はこれは、ペレットを変えなくても違うロット(製造月日が違う袋)になった時にも起きる事があるのです。 実際に起きてしまうと、かなり深刻で心配になりどうしたらいいか分からなくなるかも知れません。 こうならないように、違うペレットや違うロットのペレットを使う時にはいつでも、前回のものと混ぜながら使う事をお勧めします。 全く違うペレットに切り替える、そしてその成分となる牧草が全く違う時、1ヶ月位の時間をかけてゆっくり慣らしていきましょう。 うさちゃんの味覚とお腹のバランスを徐々に変えていきます。 こうすると1ヶ月で完全に切り替わると思います。 5:数種類のペレットを与える 2011年3月にあった大震災のとき、実際に被災され避難所で普段与えているペレットが手に入らなくなったり、店舗が被災し物流が止まってしまって同じペレットを買うことができなくなったりした飼主さんも多かったのではと思います。 このような事態を想定し普段使っているペレットの他に数種類のペレットを与えて、うさちゃんが食べるペレットを知っておくことが大事です。 また、このような非常事態に限らず、普段あげているペレットを突然食べなくなってしまった場合にも、数種類のペレットをあげていれば安心です。 ) 毎週月曜日午前9:00(受付に時間指定があります。 )までのご注文を、その週の水曜日にクール便にて発送させていただきます。 そのため、他の商品と一緒にご注文いただきましても個別のクール送料がかかります。 送料無料について サンプル、カタログ等の無料商品につきましては、ご注文の際に一緒にお買物カゴにお入れください。 ご購入者のみ商品と同梱して発送いたします。 サンプル、カタログ(無料商品)のみのご購入はご遠慮ください。

次の