切手 代 封筒。 サイズや重さ毎に変わる封筒の切手代を解説|料金間違いを防ぐために知っておきたいこと

【解説】封筒の切手代はいくら?封筒サイズ・重量別で異なる

切手 代 封筒

郵便物の種類 重量 切手の料金 定形郵便物 25g以内 82円 50g以内 92円 定形外郵便物 規格内 50g以内 120円 100g以内 140円 150g以内 205円 250g以内 250円 500g以内 380円 1kg以内 570円 2kg以内 取扱い無し 4kg以内 定形外郵便物 規格外 50g以内 200円 100g以内 220円 150g以内 290円 250g以内 340円 500g以内 500円 1kg以内 700円 2kg以内 1,020円 4kg以内 1,330円 定形郵便物?定形外郵便物?なんだかあまり聞きなれない言葉ですよね。 封筒の切手代を正しく把握するためには、『 定形郵便物』と『 定形外郵便物』の違いを理解することが大切なんです。 そこで、この2つの違いを詳しくご説明していきますね。 一般的な82円や120円で送れる重さや厚さについては『』の記事でも解説しています。 この範囲を超える郵便物は、規格内として送ることができません。 さらに、重さが4kg以内とされています。 定形外郵便物の切手代も、上記の範囲のうち重さによって金額が定められています。 もう一度下記の表で確認しておきましょう。 郵便物の種類 重さ 切手の料金 定形外郵便物 規格内 50g以内 120円 100g以内 140円 150g以内 205円 250g以内 250円 500g以内 380円 1kg以内 570円 2kg以内 取扱い無し 4kg以内 定形外郵便物 規格外 50g以内 200円 100g以内 220円 150g以内 290円 250g以内 340円 500g以内 500円 1kg以内 700円 2kg以内 1,020円 4kg以内 1,330円 定形外郵便物、さらに規格外になると、切手料金が一気に高くなりますよね。 安く抑えるコツは、何よりもサイズと重さをきちんと測ることですよ。 中身に対して無駄に大きな封筒を使ってしまったり、1gでも範囲を超えてしまったりすると、定形郵便物から定形外郵便物へ、規格内から規格外へと変わり料金が上がってしまいますので注意してくださいね。 定形外郵便物の形は自由 ちなみに、 定形外郵便物は、サイズと重さが定められた範囲内であれば、長方形の封筒でなくても送ることが可能です。 もし封筒に貼る切手代が料金不足だった場合 「 切手代が足りてなかったかも…。 」すでに見てきた通り、封筒のサイズや重さによって金額が細かく定められ、慣れるまでは少しややこしい切手代。 ポストに投函してから、切手代がちゃんと足りているのか不安になることもありますよね。 もし、封筒に貼った切手代が料金不足だった場合、その封筒はどのように扱われるのでしょうか。 そして、そんな時どのように対処すればよいのでしょう。 続いては、そんな気になる『 ?』をすっきり解決!切手代が料金不足だった時の封筒の行方と、その対処法について詳しくご説明します。 万が一の時にも慌てず対応できるよう、しっかり把握しておきましょう。 料金不足の封筒の行き先 『』に記載の通り、切手代が料金不足だった郵便物は、下記のいずれかの方法がとられています。 受取人に届く前に差出人に返送される• 受取人に届いて、受取人が不足額を支払う• 受取人が不在の場合や支払いを拒否した場合は、差出人に返送される 切手代が料金不足だった場合、どうして差出人に戻ってくるケースと、受取人に届いてしまうケースがあるのでしょう。 実は、 差出人の氏名・住所、そして、どこで投函したかが封筒の行く先を決めるポイントとなっているんですよ。 それでは、料金不足の封筒の行く先についてもう少し深く掘り下げていきましょう。 封筒に差出人の氏名・住所が記載されている場合は差出人へ 封筒の切手代が料金不足の場合、差出人の名前・住所が記載されていれば、基本的に差出人の元に返送されます。 封筒には、差出人の氏名・住所を必ず記載するようにしましょう。 尚、 受取人が不在だった場合や、不足分の支払いを拒否した場合、封筒は郵便局で一時保管された後破棄されます。 差出人の住所と投函したポストの集配管轄エリアが異なる場合は受取人へ 手紙や書類を送るのに、いつも必ず最寄りの郵便局やポストを利用するとは限りませんよね。 仕事先や外出先から発送した場合、自宅から遠く離れたポストや郵便局を使うことになります。 差出人の住所と投函したポスト・郵便局の集配管轄エリアが異なる場合、料金不足の封筒は差出人の元へ返送されません。 受取人の元へ届けられ、切手代の不足分は 受取人が支払うことになります。 調布市在住:集配管轄は調布郵便局• 尚、 受取人が不在だった場合や、不足分の支払いを拒否した場合は、差出人の元へ返送されます。 この場合は、戻ってきた封筒に不足分の切手を貼って再度ポストに投函するか、郵便窓口へ持って行って不足分のお支払いをしてください。 郵便料金が不足した場合の受取人払いについては『 』の記事で詳しく紹介しています。 料金不足の封筒を回収する方法 投函した封筒の切手代が不足していても、自分の元へ返送されるならあまり問題はありませんよね。 すでにお話した通り、待っていれば返送されてくるので、不足分の切手を貼るか、郵便窓口まで持って行って不足分の金額を支払えば再度郵送してもらえます。 問題なのは、 自分の元へ返送されず、不足分が受取人へ請求されてしまう場合です。 とても失礼にあたりますので、相手に届く前に料金不足に気づいた場合は、すみやかに封筒の回収手続きをしましょう。 封筒を投函したポストの管轄エリアへ電話する 料金不足の封筒を回収したい場合は、投函したポストの集配を管轄をしている郵便局にまず電話で問い合わせします。 切手料金の種類 ところで、切手の料金にはどれくらいの種類があるのかご存知ですか? 使う頻度の高い、62円切手・82円切手・92円切手くらいまでは把握していても、その他にはどのような金額の切手があるのでしょう? 実は、切手はかなり種類豊富。 利用頻度の高い普通切手には、なんと 19種類の切手が用意されているんです。 切手料金の種類を把握しておけば、何かと便利ですよ! そこで最後に、切手料金の種類について詳しくみていきましょう。 普通切手の料金は19種類 普通切手とは、郵便局で常時販売されている切手のことで、様々な郵便料金に対応した切手のほか、慶事用・弔事用の切手も用意されています。 現在、普通切手の料金には、次の19種類があります。 10円• 20円• 30円• 50円• 62円• 82円• 92円• 100円• 120円• 140円• 205円• 280円• 310円• 500円• 1,000円 切手は、必要な分の料金になるよう複数枚組み合わせて使うことができるんです。 手元に中途半端な金額の切手が残っていた場合も、これだけ豊富な料金が揃っていれば無駄にすることなく使えますよ。 例えば、日本郵政では度々郵便料金の改定が行われているので、50円切手や80円切手など、改定前に購入した切手が残っている場合もありますよね。 「 50円切手、もう使えないのかな…。 」と思いがちですが、そんな時は、30円と2円切手を買い足せばOK。 定形郵便物が送れる切手料金に早変わりです。 まとめ 郵便物は、サイズによって定形郵便物と定形外郵便物に分類され、その中で重さごとに切手の料金が定められています。 定形外郵便物は、さらに規格内と規格外に分けられるので、少しややこしく感じますが、一度押さえてしまえば簡単ですよ。 封筒のサイズと重さをしっかり測って、切手料金の間違いを防ぎましょう。 また、万が一、切手料金が不足したままポストに投函してしまうと、差出人氏名・住所が記載されていかったり、管轄エリア外のポストを利用した場合に、不足分が受取人に請求されてしまいます。 失礼にならないよう、 切手料金には十分注意してくださいね! 不安な場合は、投函前に郵便局で確認してもらうと安心です。 料金分の切手をしっかり封筒に貼って、大切な手紙や書類を無駄なく確実に送り届けましょう!.

次の

封筒を郵送するときの送料(切手の料金)

切手 代 封筒

会社やビジネスでは A4の書類を郵送する機会が多いですが、 書類を折りたたまずに送るときに使う封筒は角A4や角形2号といわれるサイズの封筒です。 封筒に書類も収まったし一件落着と行きたいところですが、次に出てくるのは A4サイズの封筒には何円の切手を貼ればいいのかという疑問です。 普通の手紙なら82円の切手でOKですが、同じというわけにはいきません。 A4の書類を折りたたまずに送るという場合、履歴書や願書など重要な書類ということ多いですよね。 万が一、切手代が不足なんてことになると心象を悪くするぐらいならまだしも期日に届かなかったら大問題です。 そこで、本日は A4封筒に貼る切手代が何円なのか、 書類や封筒の重さの目安を交えて詳しく解説していきますね。 A4封筒の切手代 さて、封筒に入った郵便物のことを封書なんて言い方もしますが、 封書の大きさによって定形郵便物と定形外郵便物に分かれます。 定形郵便物は、手紙を送るときの封筒サイズをイメージしていただければOKですが、こちらの切手代は一般的に82円です。 本日のテーマの A4サイズが入る封筒は定形外郵便物となり、 切手代は通常は120円です。 ただし、 120円切手で送れるのは郵便物の全体の重さが50g以内に収まっているとき。 50gまでの重さの目安については後ほど詳しくお伝えしますが、まずは 50gを超えた場合の切手料金をご覧ください。 普通郵便で大丈夫な場合と、急ぐために速達を使う場合があると思いますので、両方の切手料金の一覧表を用意しました。 A4封筒を普通郵便で送るときの切手代 郵便物の重さ 切手代 50g以内 120円 100g以内 140円 150g以内 205円 250g以内 250円 500g以内 380円 1kg以内 570円 1kg超 取り扱い不可 A4封筒を速達郵便で送るときの切手代 速達料金は、手紙の重さによって次の金額が普通郵便切手代にプラスされます。 通常のA4サイズの封筒を使っての郵送で、なかなか3cmを超すことはないと思いますが、念のためにご紹介しておきますね。 郵便物の重さ 切手代 50g以内 200円 100g以内 220円 150g以内 290円 250g以内 340円 500g以内 500円 1kg以内 700円 2kg以内 1,020円 4kg以内 1,330円 4kg超 取り扱い不可 では、続いて50g以内120円で送れる郵便物の目安を見ていきましょう!.

次の

郵便切手》値上げ2019/郵便局/切手代/料金代金/種類/手紙/封筒封書/はがき/値段/定形外/サイズ

切手 代 封筒

知っ得情報:消費税の増税によって郵便料金もアップ!? 2019年の10月に消費税が8%から10%に増税しました。 その影響を受けて、郵便料金も上がりました。 通常はがきには、年賀はがきも含まれているので、ますます年賀状離れが進みそうですね。 ちなみに、2004年用の年賀状発行枚数は44億5,936万枚でしたが、2019年は23億5,000万枚となり、半分近くに減ってしまいました。 角形2号の封筒の重さを概算する 先述した通り、 角形2号の切手代は「重さ」によって変わります。 そのため、切手代を求めるには、重さをはかる必要があります。 しかし、いちいち重さをはかるのは面倒くさいですよね。 重さを概算することができれば、いちいち重さをはかる手間はなくなります。 郵便物の重さは、「用紙」「封筒」「クリアファイル」の3つから概算することができます。 用紙の重さ• 封筒の重さ• クリアファイルの重さ 用紙の重さ 用紙の重さは、紙質によって異なるので、あくまで参考程度にお考えください。 角形2号の封筒の宛名の書き方 宛名の書き方は、「縦書き」と「横書き」に分かれます。 (縦書きの場合が多いです)• 縦書き:目上の方や改まった内容• 横書き:親しい方やちょっとしたお礼状 1.縦書きの場合 表書き• 左上に切手を貼る• 右上に送り先の郵便番号を書く• 郵便番号を書く• 住所を書く• 自分の名前を書く 2.横書きの場合 表書き• 右上に切手を貼る• 送り先の郵便番号を書く• 郵便番号を書く• 住所を書く• 自分の名前を書く 封筒に関する知っ得情報 定形郵便と定形外郵便の違い 定形郵便と定形外郵便は「サイズ」と「重さ」によって決まります。 簡単に考えると、定形郵便に当てはまらないサイズは定形外郵便になります。 ちなみに、定形外郵便に当てはまらないサイズは郵便扱いにはなりません。

次の